山(⑬日本300名山)

2019年11月 9日 (土)

快晴の野谷荘司山から三方岩岳

 

【2019年11月2日・岐阜県大野郡白川村/石川県白山市・標高1,797m

白川郷近くの白山白川郷ホワイトロード(旧白山スーパー林道)脇から登ります。
登山口で気温2℃。でも好天の予感です。




Img_4186
登りは20数年ぶりの鶴平新道から。
登山口からすぐにブナの紅葉が始まります。



Img_4199
霧の晴れた白川郷。合掌造りが見えます。



Img_4203
積雪はありませんが、霜柱はあちこちに見られます。



Img_4208
稜線到着。それにしても天気ええなあ~。



Img_4210
キレンジャク発見!(4羽いました)




Img_4214
「野谷荘司山(のだにしょうじやま)」到着。
20年以上前の景色は覚えていませんでした(^^



Img_4224
三角点より北アルプス(槍・穂高・笠)を望む。



Img_4231
同じく白山。意外と雪がありません。



Img_4239
野谷荘司山と三方岩岳の間にある、「馬狩荘司山」。
人の名前のような山名が続きます。



Img_4242
三方岩岳が迫ってきました。なかなかの雄姿です~。
(こちらは初めて登ります)



Img_4263
絵になる(?)ダケカンバ。



Img_4254
「白山白川郷ホワイトロード」からは30-40分で来られるピーク。
「三方岩岳」の標柱があります。



Img_4261k
こちらが本当の頂上。
今日のサバ缶は、岩手の水産業支援の(サヴァ(Ça va?)缶)。
オリーブオイルでとても美味しいです~。



Img_4266
頂上から北アルプスの槍穂高と手前に笠。



Img_4267
同じく乗鞍岳。さらに御岳も見えます。



Img_4288
見事な紅葉です~。


Img_4298



Img_4316
駐車地に帰着。
「白山白川郷ホワイトロード」のP13駐車場。
無料とは思えないロケーションです~。

 

歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較)

P13駐車場7:03→7:14鶴平新道登山口→8:51赤頭山→9:11鶴平新道分岐→9:23野谷荘司山10:19→鶴平新道分岐→11:04三方岩岳(昼食)11:57→12:05三方岩岳展望台→12:36三角点峰→白山スーパー林道馬狩料金所→14:00P13駐車場


久しぶりに快晴に恵まれた山行となりました。
穂高は雪を冠っていましたが、意外にも白山には雪はなし。(登った方によると本日が少しの初冠雪だったようです)

アルプスの展望を眺めながら、野谷荘司山と三方岩岳の山頂にはそれぞれ1時間ほど、晴ればれとしたブルーの空を見ながらボーっとできるぜいたくな時間を過ごしました。

下山後は近くの「しらみずの湯」へ。
のんびり山行に大満足の1日でした\(^_^)/。

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

六甲山(筆屋道~蛇谷北山~東おたふく山)

【2019年10月26日・兵庫県神戸市、芦屋市・標高931m】
8月以来のハイキング。
本日は車がないので電車で出かけますが、そうなると六甲山系がとても便利です~。




Img_4097
有馬温泉駅からスタート。
朝10時過ぎですが、ごった返しています。
大半は相当数のアジア系の外国の方。



Img_4102
有名な瑞宝寺公園の紅葉はもう少し~。
11月1日からお寺の前の道路は通行止めです。



Img_4107
水量たっぷりの太鼓滝。
前後で徒渉に若干困るところ3カ所程度あり。



Img_4112
このコースのプロムナード。
雪が降ってもステキなところです。



Img_4121
六甲山頂。
かなりの人ですが、先週のお昼時は座るところがないくらいだったとのこと。



Img_4120
今日のサバ缶。
オリーブ油使用で絶品でした。
日本酒はご存じアルミ缶で、モンベルのロゴ入りはこの夏限定だったようです。
軽くて蓋もできるし、山にピッタリ。
純米吟醸の原酒で濃厚フルーティー、飲み過ぎ注意です~ 。



Img_4123
グミが食べ頃…。(山頂にて)



Img_4131
帰路は、始めて登頂した「蛇谷北山(じゃたにきたやま)」。
展望はありませんが、クマザサが印象的。



Img_4145
東おたふく山より大阪市街地を望む。
笹原が減少しているような気がします。



Img_4155
秋の花、リンドウが咲きかけています。



Img_4160
センブリ。




歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較)

 

神戸電鉄有馬温泉駅10:14→金の湯→10:34瑞宝寺公園10:36→展望台→一軒茶屋→12:09六甲山(昼食)12:54→一軒茶屋→13:12石の宝殿13:15→13:25蛇谷北山13:29→13:46土樋割峠→14:00東お多福山14:16→14:44東おたふく山登山口バス亭


曇りがちの天気でしたが、8月以来の山行でうきうき気分でした。
太鼓滝から尾根筋までは分岐がたくさんあり、少し大回りとなりましたが、始めて登頂した蛇谷北山も雰囲気は良かったです。
PRO TOREK「PRG-330-1JF」のデビューでした。やはり標高の表示レスポンスがよく、楽しいですね~。

次は紅葉を楽しめる山がいいなあ~。

| | コメント (2)

2019年7月16日 (火)

桑ヶ谷林道から鷲ヶ岳


【2019年7月14日・岐阜県郡上市高鷲町・標高1,672m】

3連休は好天に恵まれずあきらめていましたが、朝から空を眺めているとなんと青空も見えています。これは出かけないと!

1時間前まで雨が降っていたので、ブッシュの少ない山、雨が降ってもよいように行程の短い山を選んで、急遽出かけました。

 

Img_3663
笹原の明るい尾根筋が続きます。
でもガスで展望無しです~。


Img_3642
ブナの枝振りは雰囲気が良いですね。


Img_3645
名前不明です。


Img_3651
頂上直下のみに咲いていたササユリ。


Img_3660
頂上の方位盤をくるくる回っていたクワガタ。

Img_3657
今日のサバ缶。
ニンニク+オリーブオイルでとても体に良さそう!
そして美味しい!


Img_8102
この写真は2013年5月の頂上からの写真。
別山(左)と白山(右)です。
他に乗鞍、御岳、北アルプスが一望でした。

 

 

桑ヶ谷林道終点P10:21→一ぷく平11:00→鷲ヶ岳11:40→(昼食)12:29→桑ヶ谷林道終点P13:20

雨には合わずですが、展望はありませんでした。
頂上ではクワガタと一緒に大好きなサバ缶をゆっくりといただくことができました。

帰路、「美人の湯しろとり」に入浴。確かに良いお湯です。
2時起きの日帰り上高地14km探鳥ツアー後の翌日にしては頑張りました~汗。(まだまだいけるぞ!)

| | コメント (0)

2017年5月 6日 (土)

野伏ヶ岳でザゼンソウに再会

【2017年5月3日・岐阜県郡上市石徹白町・標高1,674m】

「野伏ヶ岳(のぶせがだけ)」は日本300名山、岐阜100山に属しますが登山道がなく、積雪期のみ登ることのできる山です。
頂上の大展望とザゼンソウを楽しみに4年ぶりに訪ねてみました。

 

 

 

Img_0228
ふもとの石徹白町から見る野伏ヶ岳。(左側)

 

 

 

Img_0262
牧場跡にて。
背景は白山への尾根すじ。

 

 

 

Img_0273kk
芸術的なダケカンバ。

 

 

 

Img_0272kk
芸術的な?サルノコシカケ。
<クリックで拡大します>

 

 

 

Img_0314
これ以上雪が溶けるとブッシュが増え、登山不能となります。
特に登りはブッシュに逆らって進むことになり、難儀です。
登ることができるのは、5月中旬が限度かなぁ。

 

 

 

Img_0289
山頂直下より和田牧場跡を望む。

 

 

 

Img_0286
たっぷり登った感がありましたが、山頂です。
(標識はなし)

 

 

 

Img_0290
山頂より荒島岳。

 

 

 

Photo
山頂より薙刀山から別山、白山を望むパノラマ写真。
それにしても大きな裾野です。
<クリックで拡大します>

 

 

 

Img_0282
別山を望む。
他に御岳、乗鞍、北アルプス、恵那山が見えます。

 

 

 

Img_0337
帰路、コース脇の「クレソン」。
野生のものはとても辛いです~。

 

 

 

Img_0344
「アズマイチゲ」は白色とブルーがあちこちで咲いています。
コンデジですが1インチの受光センサーはきれいです。
<クリックで拡大します>

 

 

 

Img_0351kk
見つけました!「ザゼンソウ」。

 

 

 

Img_0347kk
<クリックで拡大します>

 

 

 

Img_0360
下山後に立ち寄った「満天の湯」の露天風呂からは野伏ヶ岳が見えます。       
見事な「ツクシ」の群生も。

 

 

 

 

 

 

 

駐車地点8:20→和田山牧場跡10:00→野伏ヶ岳12:07(昼食)12:36→和田山牧場跡13:45→駐車地点15:14

 

 

 

登山道がないためGPS(ガーミン)持参でも、コースを外れているのか合っているのかわかりません(^^)。
ヤマレコを見てもみなさんのコースは様々です。
今回2回目の山行で、やっとベストのコースが見つけられました。(利用できるのは次からですが・笑)

登り応えのある山ですが、雪解けが進むとさらにヤブコギが増えます。
登ることができるのは5月中旬までと感じました。

今回も「ザゼンソウ」に会えました。
また頂上からの大展望、特に白山の大きな裾野は感激でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

快晴の六甲最高峰

【2017年2月4日・兵庫県神戸市・標高931m】

 

 

 

好天の穏やかな休日。
裏六甲の滝は氷結しているかな?

 

 

 

P1100229
期待がふくらみます。

 

 

 

P1100233
ところが白石谷の滝の氷結は全くありません。

 

 

 

P1100268
帰路、紅葉谷から筆屋道コースへ。
もちろん太鼓滝は氷結はなし。

 

 

 

P1100236
予定よりコース変更しました。

 

 

 

P1100241
無事山頂へ。

 

 

 

P1100244
11時過ぎ、誰もいない六甲山頂。         

 

 

 

P1100250
まあこの青い空は少し得した気分です~。

 

 

 

 

 

 

ロープウェイ有馬温泉駅駐車場8:47→白石滝9:46→白竜滝9:59→六甲山11:11~(昼食)12:11→瑞宝寺公園13:19→ロープウェイ有馬温泉駅駐車場13:47

 

 

 

白石谷は滝の氷結はまったくなく、楽しみにしていた雪も少なかったけれど、空の青さとぽかぽか陽気はとてもごちそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

山の日は比叡山(大比叡)

【2016年8月11日・滋賀県大津市・標高848m】

 

今日は初めての「山の日」。
「山の日」ならやはり比叡山です。
「世の中に山てふ山は多かれど、山とは比叡の御山(みやま)をぞいふ」と百人一首で有名な慈円という方が、比叡山を日本一の山であると…。

そんなわけで、電車やケーブルを使って一路日本一の山、比叡山へ。

 

 

 

Img_4848
京阪の「1dayきっぷ」は、石山坂本線、京津線が乗り放題、ケーブルカー、比叡山入場料等が割引になって600円とお得です。

 

 

 

Img_4855
京阪は一部路面電車となっているかわいい電車です。
わざとカーブをつくったのではないかと思うくらい、急カーブが多いです~。

 

Img_4856
意外にも終点の坂本駅は、とてもしゃれています。

 

 

 

Img_4876
今日の山は軟弱なケーブルカー利用。
(今回は入院中の外出ゆえ、ケーブルカー利用です)

 

 

 

Img_4873
日本最長の2,025mの長さで、途中に駅やトンネルがあります。
運転手さんは盛んに指差呼称をされています。(若干の形骸化を感じましたが…)

 

 

 

Img_4890
手前から、「琵琶湖大橋」、沖島、伊吹山です。

 

 

 

Img_4897
ご存じ比叡山根本中堂。
山の日の催しが開かれていました。(撮影禁止でした)
その中で第1回「山の日」記念全国大会は比叡山で開催して欲しかったとのご発言がありました。
ちなみに今年は上高地での開催で、来年は是非とのことでした。

 

 

 

Img_4934
色鮮やかな鐘楼。(撞くのは50円/回也)

 

 

 

Img_4920
次は阿弥陀堂へ。
素敵な階段です~。

 

 

 

Img_4925
大比叡山頂へは東塔(左)と阿弥陀堂(右)の間から入っていきます。
(案内なし)

 

 

 

Img_4929
すぐに山頂です。
残念ながら展望はありません。

 

 

 

Img_4936
比叡山に戻り、くず餅をいただきます。

 

 

 

Img_4956
下山後の坂本地区の有名な「鶴喜そば」。
15時前でも行列ができています。
建物も築130年で国の登録有形文化財に指定されています。
期待大…。

 

 

 

Img_4959
ざるそばを注文。
なにより、庭を望むお座敷でいただくことができ、満足満足。

 

 

 

Img_4976
「1dayきっぷ」乗り放題なので、再度京阪に乗り反対側の終点の石山寺まで足を伸ばします。
ゆったり流れる瀬田川が良い感じです。

 

 

 

Img_4974
最後は、石山寺へ。
時間切れで内部は次回に。

 

ブログの主題は「山」ですので、山の日にはやっぱり山へと暑さをこらえて登ってみましたが、比叡山や山頂付近は意外と涼しく感じました。
のんびり、ゆったりと心休まる山の日を過ごすことができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月27日 (月)

六甲逆登山

【2014年10月25日・兵庫県神戸市】

 

家内が六甲山に探鳥会にでかけるというので、一緒に車で出かけました。
県立自然保護センター(記念碑台付近)で家内は探鳥会へ、私は単独でトレランへ。
9時15分スタートして、ノースロードからシェラインロードを下り、登りは小川谷を詰めて六甲山頂まで行ったあと、スタート地点に戻ってくる約15kmのトレランです。待ち合わせは12時。
…最近このパターンでよく出かけますが、交通費浮きます(^^)/

出発地点は標高約800m。
最初は下って、その後登ってゴールという逆登山?です。
なんとも精神衛生上よろしくない予感です。

 

 

 

スタート直後の快適なコース(ノースロード)にて。
Img_1246

 

 

 

シェラインロード登山口まで下ってきました。
尾根筋に比べ、下るにつれだんだんに道が狭くなってきます(^_^;)
Img_1248

 

 

 

小川谷から登りにかかります。
こちらは今年の台風11号の被害があちこちに。直径1m位の岩がごろごろ流れ出しているところもあります。
Img_1253

 

 

 

※クリックで拡大
小川谷にて。
Img_1256

 

 

 

 

小川谷をほぼ詰めたあたり。
上の紅葉を楽しんだあとは、土砂流出のためにコースがわからなくなり、10分程藪こぎしました・汗。
やっとコースに戻った瞬間…。
突然不気味な赤いものが。どきっとしました~。
Img_1257

 

 

 

小川谷の終点(最上部)です。
右に見えるのが(はっきりしない)コースで、地図ではもともと点線で一般的ではありません。
Img_1259

 

 

 

極楽茶屋にて。
裏六甲とちがって、尾根から南側は陽光が明るいです。(ヤブコギしたからかなぁ?)
Img_1265

 

 

 

※クリックで拡大
六甲山頂手前のグミ。
子どもの頃よく食べました~。
Img_1266

 

 

 

 

 

六甲山頂に到着。
Img_1271

 

 

 

スタート地点の自然保護センターに到着。
県立だけあって立派な施設です。
Img_1282

 

 

 

 

 

自然保護センターP9:15→唐櫃道行者堂9:30→シュラインロード登山口10:40→極楽茶屋9:45~9:50→六甲山頂11:15~11:20→自然保護センターP12:00

 

 

 

小川谷は今年の台風11号の被害でコースの数カ所に土砂、岩、倒木が流出していますが通ることは可能です。
林道終点の堰の上部が不明なところあり。10分程藪こぎしましたが、なんとか家内との待ち合わせの12時ちょうどに帰還しました。

 

山上に車を止め、下山してから登山という逆パターン。
まあ紅葉もあり、トレランでも楽しめるコースで、これもありかなぁ~。
意外とよかったです~。

 

 

 

★現在の六甲山について
10月25日現在、六甲山の山頂付近に出かけるには、車では裏六甲ドライブウェーしかありません。表六甲、西六甲の各ドライブウェーは土砂崩れのため通行止めです。
また登山道も紅葉谷、アイスロードが通行止め。
ただし通行止めになってないところも土砂崩れのところもありますので注意が必要です。
ロープーウェイ、ケーブルは動いています。
まあこの時期にしては人が少なくてのんびりできましたが…。

詳細は下記の神戸市の情報を参照下さい。
http://www.city.kobe.lg.jp/life/town/road/tsukodome.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

忘年ハイク(七曲滝の氷は?)

 

 

【2013年12月22日・神戸市・標高931m】

 

 

 

今年最後のハイキングにどこがよいかと練りに練り(前夜に迷っただけ…)、決めたのは六甲山。

数日間の冷え込みで、山頂付近の雪景色が予測でき、アイスガーデンと呼ばれる裏六甲の滝がひょっとして氷結していないかという淡い期待もありました。
でもきめては、今年8回を数えた六甲山系へのお出かけはどこよりも最多ですし、感謝を込めてやはり最後は六甲山で締めくくりです。

 

 

 

山頂からの眺望。
大阪湾が光っています。
ここで軽食とコーヒータイム。
Img_9239

 

 

 

六甲有馬ロープーウェイの駐車場からスタート。
現在ロープーウェイは工事で運行を中止していますが、温泉街から離れている割にはいつも車が結構います。
Img_9197

 

 

 

やっぱり七曲滝は、氷結していませんでした。
この程度の冷え込みではだめなようで、また連続した冷え込みも必要なようです。
Img_9201

 

 

 

極楽茶屋直下。
Img_9212

 

 

 

極楽茶屋にて
稜線までくると急に天気が良くなります。
 Img_9221

 

 

 

秋の六甲全山縦走の際には賑わっていた極楽茶屋前の広場。
今日は誰もいなくて、雪景色でいい感じです。
Img_9225

 

 

 

六甲最高峰を望む。
Img_9230

 

 

 

山頂直下。
Img_9234

 

 

 

到着です。
まだ11時前ですが、3組がおられました。
Img_9235

 

 

 

軽食は「超豪華さば缶」(^^)。
八戸製で、缶詰臭さがなく、おいしいです。
Img_9245

 

 

 

山頂より、神戸を望む。
六甲アイランド(?)付近かな。
Img_9246

 

 

 

旧六甲最高峰。
1992年まで約半世紀に渡って本当の最高峰は米軍が管理し、一般者はここまでしか立ち入ることができませんでした。
Img_9250

 

 

 

最高峰直下の一軒茶屋。
六甲全山縦走の際は、チェックポイントとして、とても大勢の人がいました。
今日も、ハイキング、自転車、バイク(さすがにほとんどいませんが)、車の方等で秋ほどではないものの、賑わっています。
Img_9256            

 

 

 

登りの紅葉谷道と、ここから下る魚屋道(ととやみち)も約20年ぶりです。

 

Img_9257

 

 

 

MTBでも平らすぎる魚屋道ですね(^^)。
Img_9272

 

 

 

Img_9273

 

 

 

有馬温泉名物「炭酸せんべい」の工場兼販売所。
割れは一袋130円で売っていました。
Img_9277

 

 

 

今日のお土産は炭酸せんべいではなく、こちらです。
 Img_9284          

 

 

 

天然酵母パンの「igel」です。
営業日は木~日まで、今年は23日が最後です。
Img_9278_2

 

 

 

店は焼くのも売るのもお一人で、売り場はこれだけ。
場所もわかりにくいし…、でも天然酵母ファンには人気なんです。
Img_9281

 



 

 

 

 

六甲有馬ロープーウェイ駐車場8:45→七曲滝9:15→(紅葉谷道)→極楽茶屋10:05→六甲最高峰10:45休憩11:20→(魚屋道)→有馬温泉(駐車場)12:40

 

 

 

下山後のお風呂は有馬温泉も良かったのですが、人が多くてやめました。
有馬温泉から10分の帰路にある鹿之子温泉「からとの湯」へ。

 

予想していた通り、残念ながら七曲滝の氷結はかけらもありませんでしたが、山頂付近の雪景色はたっぷり楽しめました。

今年を振り返りながら、弔事が多かったなあ~なんて…いやいや娘の就職が決まったり、よいこともたくさんあったなあなどと思いながら、またトレランや六甲全山縦走とは違っての~んびりと歩きました。
温泉で冬至のゆず湯も味わえて、とっても癒された山行でした~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

全縦プチ練習Ⅱ

【2013年11月16日・神戸市、芦屋市、西宮市、宝塚市】

 

六甲全山縦走の本番前の練習はあまりしないのですが、寄る年波から(^^;昨年より始めました。
今年は、前回暑い中の9月22日に妙法寺から再度山経由の新神戸駅までとしたため、今回は新神戸から宝塚のゴールまでを同様にトレランで行きました。
いやいや、正直プチ練習というには結構長い道のりで、本番でないと気持ちが折れそうになります。

 

 

 

新神戸駅からスタート。
上はホームですが、夏はここでBBQをされている方もいます。
Sn3j5164            

 

 

 

 

 

摩耶山(掬星台)に到着。
ここからカメラとしての携帯電話の電池切れ…(^^;
行く先々の紅葉が見頃でしたが残念です。
Sn3j5165

 

 

 

 

 

 

 

新神戸9:25→市ヶ原→(天狗尾根)→掬星台10:35→ガーデンテラス11:45(昼食)12:15→一軒茶屋12:40→宝塚(湯本台広場)14:25

 

 

 

気持ちが折れそうになった分、ゴールの湯本台広場のすぐ脇にある、「ナチュールスパ宝塚」のお風呂は浸かった時の「はぁ~」は20回位…(^o^)。
特に屋上のジャグジーはルートの塩尾寺や岩倉山付近が見渡せて良い気分です~。
またとてもとても最高のお湯の後のビールはこれまた絶品でした~。
これがあるからやめられませんね~。

いよいよ来週は本番です。
この歳では練習というより、来週まで疲れを引きずりそうです・笑。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)

大展望の鷲ヶ岳

【2013年5月5日・岐阜県郡上市高鷲町・標高1,671m】

 

鷲ヶ岳(わしがだけ)は一昨日に登った野伏ヶ岳と共に日本300名山に属します。
ちょうど20年前の5月4日に、鷲ヶ岳スキー場から2時間10分かけて登っていますが、今回は桑ヶ谷林道を利用し、1時間15分で登ることができました。
当時は急坂を笹をつかんで登った覚えがありますが、現在は階段が整備されていて登りやすくなっていました。


<いっぷく平から山頂を望む>
少し時間のかかる鷲ヶ岳スキー場から登ったら一服したくなるポイントですが、今回は一服せずです(^^)。
Img_8105


<階段は便利ですがしんどいですね~>
Img_8108

Img_8127


<別山(左)と白山(右)>
Img_8102

 

Img_8111


<御岳山>
今日は暖かいせいか霞んでいます>
Img_8112


<乗鞍岳>
Img_8113

 

<ショウジョウバカマ>
Img_8121


<おまけ>
「藤吉郎」という名の山菜。初めていただきました。
見た目もきれいで、クセがなく軟らかいです。
Img_8134


 

 

 




桑ヶ谷林道終点手前P10:05→いっぷく平10:45→山頂11:20(昼食)12:30→(往路と同じ)→P13:35

 

天気もよく、いい汗をかかせていただきました。
とにかく山頂からの展望は抜群で、御岳、乗鞍、北アルプスが目の前です。

帰路には「美人の湯しろとり」へ。
なぜ美人の湯なのかはわかりませんが、ぬるぬる感たっぷりのお湯につかりながら、好天のGWに3つの山に登ることができた喜びにひたることができました。
ありがたいありがたい~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)