山(⑪日本100名山)

2017年10月14日 (土)

平湯温泉から乗鞍岳


【2017年10月8日・岐阜県高山市/長野県松本市・標高3,025m】

 

30年ぶりの乗鞍岳です。
2日前に初冠雪がありましたが、この時期は紅葉も楽しみです。

乗鞍岳といえば通常は標高2,700mの畳平までバスで行き、頂上までは1時間半位で登頂可能ですが、今回はふもとの平湯温泉からスタートです。

そうなると北アルプスの標高3,000m越えの結構な登山となり、標高差は1,700m、コースタイムは片道9時間15分とたっぷりです。

 

 

 

Cig_img008
スタートは平湯スキー場。
単調ですが、好天が望まれる朝は気持ちよいです~。
スキー場の草を食む羊さんは、朝からがんばっています。

しかしもうすぐ冬。この羊さんはさてどうなるのでしょう。
まさか…?

 

 

 

 

 

 

Cig_img017
スタート地点を望む。
我が愛車も見えます。
後ろは平湯峠への国道。

 

 

 

Cig_img024k
スキー場を1時間位で抜け、やっと登山道へ。

 

 

 

Cig_img026
朝の陽ざしに映えるダケカンバの美林。

 

 

 

Cig_img028k
鏡のような水面の「白猿の池」。

 

 

 

Cig_img030
笠が岳の勇姿。

 

 

 

Cig_img033
焼岳もこの方向からだとイメージが違います。

 

 

 

Cig_img040
笠が岳から抜け渡岳の稜線。

 

 

 

Cig_img044
今日も雲海がすてきです。

 

 

 

Cig_img050
草紅葉はきれいですが、今年の紅葉は台風の直撃のせいか今一つです。

 

 

 

Cig_img058
乗鞍大権現まで来ると森林限界を超え、大展望が待っています。

 

 

 

Cig_img063

 

 

 

Cig_img062

 

 

 

Cig_img068
槍ヶ岳が見えます。

 

 

 

Cig_img069
奥穂と前穂、吊尾根も真正面です。
穂高もまた行きたいなあ~。

 

 

 

Cig_img078
北アルプス大展望。

 

 

 

Cig_img080
やっと目指す乗鞍岳の頂上「剣が峰」が見えてきました。
(写真一番奥の突起)
それにしても空が大きく明るいコースです。         

 

 

 

Cig_img089
ウラシマツツジがきれいで
す。

 

 

 

Cig_img094
空も雲海も景色も植生もきれい。

 

 

 

Cig_img099
ここで乗鞍スカイラインと一時的に合流。
マイカー規制で見事にがらがら。
自転車が1台走っています。

 

 

 

Cig_img108
双六岳を思い出します~。
この辺りまでの登山者は視界の中に数名かゼロ。
静かな山歩きでした。

 

 

 

Cig_img111
剣が峰まではまだ少しあります。 (写真の一番左)

 

 

 

Cig_img112
県境です。

 

Cig_img113
上の写真の反対側。
素敵な県境です。

 

 

 

Cig_img117
肩の小屋を過ぎると、畳平までバスで来られた方が大勢。
そのため部分的に渋滞が始まります。さすがに3連休。

 

 

 

Cig_img124

 

 

 

Cig_img126

 

 

 

Cig_img125
なんとか6時間50分で到着。ところが狭い剣が峰(頂上)の「惨状」は…。

 

 

 

 

あんき屋5:41→乗鞍権現社8:32~8:47→硫黄岳9:37→大黒岳10:54→富士見岳11:19→摩利支天分岐11:28→肩ノ小屋11:35→朝日岳12:11→蚕玉岳12:17→乗鞍岳頂上小屋12:23→乗鞍岳12:31→乗鞍岳頂上小屋12:40→蚕玉岳12:57→朝日岳13:02→肩ノ小屋13:28→摩利支天分岐13:37→不消ヶ池13:42→鶴ヶ池13:55→畳平13:59

 

 

 

登りのUP-DOWNも含めた累積標高は2,100mでした。
よく頑張りました\(^_^)/

日帰りのため、さすがに下山はバスを利用。
下山後に予定していた温泉の「ひらゆの森」は、3連休の大混雑で駐車場が満杯だったので、パスしました。

 

しかし畳平から頂上は渋滞するほどの人、人…。また狭い剣が峰頂上は写真を撮る人でいっぱい。あんな山頂は初めて見ましたが、早々に退散です。

久しぶりの3,000m峰の北アルプス。
好天に恵まれ、途中の硫黄岳周辺の広々とした空を感じる絶品のコース、数人しかいない静かな山歩きができました。
(山頂付近以外は…)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

白山は花の百名山


白山は日本百名山ですが、かつ花の百名山でもあります。
いつもお盆休みを利用し登ることが多いのですが、その時期はお花の最盛期は過ぎています。
でも今年は少し遅いようで、いつもにも増してたくさんのお花が見られました。
色別に分類してみました。
(お花の名前は間違っているかもしれません)

 

クロユリの大群落は前の記事に載せています。

 

 

 

<黄色の花>

 

9
「ニッコウキスゲ」
いつもお盆にはほとんど終わっています。

 

 

 

10
ハナニガナ。

 

 

 

20
シナノオトギリ

 

 

 

37
シナノキンバイ

 

 

 

<紫色の花>

 

12
ハクサンフウロ。

 

 

 

14
ノアザミ

 

 

 

15
拡大

 

 

 

16
カワラナデシコ。

 

 

 

18
タカネマツムシソウ。

 

 

 

22
ハクサンフウロ

 

 

 

23
ミヤマリンドウ

 

 

 

34
イワギキョウ

 

 

 

36
ハクサンコザクラ

 

 

 

43
ハクサンコザクラの群生

 

 

 

13
シモツケソウ

 

 

 

17

 

 

 

<白色の花>

 

8
イブキトラノオ

 

 

 

11

 

 

 

21
山頂をバックに

 

 

 

32
イワツメクサと翠ヶ池

 

 

 

44
チングルマ(花)

 

 

 

45
チングルマ(花の後)

 

 

 

47
ヤマハハコと白水湖

 

 

 

デジイチ+マクロレンズなら良いのですが、高山に持って行くのは躊躇します。
今回はたかがコンデジですが、f1.8の明るいレンズは使い勝手がよいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

大満足の白山

3年ぶり6度目の白山です。
しかし今回は昨年の1ヶ月あまりの入院後初めての本格的な山で、正直体力・気力に不安があり、登れなかったらどうしよう…などといつもにはない不安を抱いたままのスタートです。

 

 

 

1
霧のブナ林を抜けると、見事な雲海が。
三方崩山を望む。
<クリックで拡大します>

 

 

 

2
山頂が見えると気持ちが盛り上がってきます。

 

 

 

3
今回初めて見た道標。
御岳噴火の影響でしょうか。

 

 

 

4
別山方面を望む。

 

 

 

7

 

 

 

19
御岳山を望む。
<クリックで拡大します>

 

 

 

25
左は白山神社奥宮。(この傾斜と青空が大好きです)
<クリックで拡大します>

 

 

 

26
室堂と別山。

 

 

 

28
御前峰より大汝峰を望む。
「花の松原」は池と大汝峰の間を右に下っていきます。
<クリックで拡大します>

 

 

 

29
山頂にて。
実家で採れたトウモロコシ。
とても美味しいですが、行きも帰りも重いです(^^)
<クリックで拡大します>

 

 

 

30
今日の頂上は遠望よりも雲海がとってもキレイでした。
<クリックで拡大します>

 

 

 

31
きれいです。
<クリックで拡大します>

 

 

 

35
「花の松原」は標高2,200m位。
山頂(2,702m)からだと標高差約500m程下ります。

 

 

 

46

 

 

 

48
いつもコバルトブルーなのに名前は白水湖。

 

 

 

49
無事下山。この登山口の雰囲気が好きです。

 

 

 

50
もっとお気に入りなのが、村営「大白川露天風呂」。

 

 

 

51
白水湖を望み、絶景と泉質、何もない設備がお気に入りのお風呂です。
(写真を撮っていただきました)
エメラルドグリーンの白水湖を目前に望む。イオウ臭の源泉掛け流しです。
石けん、シャワー等なし。300円。

 

 

 

 

大白川登山口4:48→大倉山避難小屋6:38→白山室堂8:30→白山頂上(御前峰)9:09~9:39→翠ヶ池10:01→大汝峰南・中宮道分岐10:16→花の松原10:50~11:25→大汝峰南・中宮道分岐12:18→白山室堂12:45~13:18→大倉山避難小屋14:10→大白川登山口15:21

行動:8時間39分
休憩:1時間54分
合計10時間33分
<GPSによる自動測定>

 

 

 

今年は白山開山1,300年。
奥宮でお守りを買いました。
宮司さんによると、今朝は3週間ぶりに初日の出が見られたそうです。今夏の天候不順は全国区のようです。

下山後のお気に入りの温泉にも入浴しながら、病気治療後でも無事登れたこと(おかげさまで途中で不安はなくなり、絶好調でした)、クロユリの大群生にあえたこと、好天に恵まれたこと…など沢山の幸せを味わえた1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

大群落、満開のクロユリ(白山)

夏の白山の花で一番楽しみなのは「クロユリ」です。
滅多に見ないのと、咲いていても数株程度です。
今回群生している場所があると聞き、行って見ました。
<写真はクリックで拡大します>

 

 

 

K24
こちらはいつもの室堂近くのクロユリです。
お盆には花が終わりかけです。
室堂周辺には2箇所くらい、いつもほんの少ししか咲いていません。
その他の場所では中央アルプスの千畳敷でちらほらと見たことがあります。

 

 

 

K38
こちらが群生地「花の松原」のクロユリ。

 

 

 

K40

 

 

 

K41

 

 

 

K39
見事です。こんな群生は見たことがありません!

 

 

 

K42
写真のずーっと奥、見えないところもクロユリです。
まったく想定外の量です。

 

 

 

とにかくクロユリの群生はすばらしいというよりは驚きです。
しかもほぼ満開!
いつもお盆では終わりかけなのですが、この「花の松原」は北側斜面で、残雪が遅くまで残っていて、開花時期が遅いのではと推測します。

これだけ多いと香りもすごいです。
まあ正直良い香りではないです。(雑巾の臭いといった方も…)

 

「花の松原」は山頂(御前峰)からのコースタイムは下り1時間40分、登り2時間10分で標高差500m程度あります。
そのせいか人も少なく、数人が黙々と撮影している程度でした。

 

今までのクロユリは何だったんだろう~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

快晴の白山と紅葉と温泉(平瀬道)

【2014年10月11日・岐阜県大野郡白川村・標高2,702m】

 

2年ぶり5度目の白山。
地図を見なくてもコースは目に浮かんできます。
当初は御嶽山に上る予定でしたが、噴火でこちら白山に変更です。

 

平瀬道の登山口を7時30分スタート。
あと2時間早く起きていればクマ…でなくて日の出が見られたんですが~。


 

 

 

ぼちぼち紅葉が始まっています。
バックのブナはまだ緑色ですが…。
(※すべての写真はクリックで拡大します)
Img_0859

 

 

 

見えてきました、白山の御前峰と剣が峰の雄姿です。
左側の御前峰が2,702mの最高峰です。
Img_0902

 

 

 

 

ダケカンバや植生がきれいです。
Img_0905

 

 

 

 

ヤマハハコ。
この時期咲いている花は少ないです。
Img_0925

 

 

 

室堂の白山神社から御前峰への斜面を望む。
快晴!
Img_0933

 

 

 

 

後ろは大きな山容の別山。
Img_0946

 

 

 

 

頂上はとにかく快晴ですが、稜線から北面は強風で、風に向かって息ができなくらいです。急ぎシェルを着込みました。
Img_0948

 

 

 

 

華やかな頂上ですが、後ろに見えるのは噴煙を上げている御嶽山。
ご冥福をお祈り致します。
Img_0941

 

 

 

 

北アルプスの展望。
左から槍、北穂、涸沢、奥穂、前穂と一望できます。
Img_0945

 

 

 

 

ハート型の紺屋ヶ池。
Img_0958

 

 

 

 

花を過ぎても長期に楽しめるチングルマ。
Img_0966

 

 

 

 

2つめのピークの大汝峰に到着。
御前峰(最高峰)から翠ヶ池等の池巡りに行く方は一割程度。
さらに大汝峰までは数%位かなあ。
このとき山頂では私とあと1人だけ…。
Img_0988

 

 

 

翠ヶ池と剣が峰。
今日もすばらしい碧さです。
Img_0968

 

 

 

 

 

 

大汝峰から翠ヶ池と剣が峰(左)と御前峰(右)を望む。
ここからの景色はなんだか御嶽山の頂上付近に似ているような気がします。
Img_0980

 

 

 

 

 

大汝峰から御前峰を望む。
相変わらず賑わっています。
Img_0986

 

 

 

 

大汝峰の頂上に突如現れた「ホシガラス」。
Img_0996

 

 

 

 

草紅葉もきれいです。
Img_1000

 

 

 

 

御宝庫を望む。
意外に飛び出ています~。
Img_1002

 

 

 

 

花の名前はわかりません(^_^;)
Img_1008

 

 

 

 

大倉山。
この付近もとても感じが良く、好きな山域です~。
Img_1025

 

 

 

 

明るいコースが続きます。
Img_1045

 

 

 

 

とにかくこの辺りのダケカンバは芸術的な形と周りの景色と共に味わいがあります。
Img_1034

 

 

 

 

ナナカマドの見事な赤。
Img_1031

 

 

 

 

Img_1063

 

 

 

Img_1077

 

 

 

14時15分、帰着。
Img_1079

 

 

 

 

登山口の駐車場は、湖のほとり、温泉もあり、もちろん無料。
なかなかの駐車場です~。
Img_1080

 

 

 

 

硫黄臭ただよう、完全源泉掛け流しでホンマモンの温泉です。
今日一日を振り返りながら、白水湖を眺めつつこれまた最高のひとときです!
※この写真のみクリック拡大しません(^^)
2014/10/14/tmp_imgresize.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大白川登山口7:30→大倉山8:50→白山室堂9:50→白山頂上10:10~10:40→翠ヶ池10:50→大汝峰11:10~11:30→白山室堂12:20~12:40→大倉山避難小屋13:20→大白川登山口14:10

 

 

 

台風前の3連休で予想通り快晴に恵まれ、登山口の駐車場や室堂・頂上は大盛況。
紅葉は登山口付近では少し早いものの、大倉山付近ではちょうどよい感じです。
今日は頂上の御前峰から翠ヶ池、大汝峰まで足を伸ばしましたが、御前峰の稜線から北側は強風でした。
下山後は心地よい筋肉痛をいつもの大白川露天風呂でほぐしてから帰りました。
初の2,000m超えのトレランは、快晴、紅葉、温泉と大満足の一日でした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

夢高原「かっとび伊吹2014」参加

【2014年8月31日・滋賀県米原市、長浜市・標高1,377m】

 

昨年は台風で中止となりましたが、今年で7回目(昨年も入れると連続8回目)の参加となり、自身では夏の恒例行事となっていて年間では一番好きなマラソン大会です。
スタート地点ではいつも気温が30度以上あるのですが、今日は例年になく少し涼しいです。

 

 

 

スタート地点。
例年は青春18切符利用で、スタート直前に到着となっていましたが、今回は車のためスタートまでをのんびり過ごせます。
001

 

 

 

スタート地点よりゴールの日本百名山である伊吹山山頂を望む。
今日の山頂付近は時々ガスがかかっています。
002

 

 

 

選手がたくさんに見えますが、本日の参加者(申込者)は1324名です。
8年前の初参加の時は800名余りでしたが今年のネットでの応募は2-3日で締め切られ、年々人気が高まっているようです。
003

 

 

 

いきなりゴール後のそば屋さん。
米原市内にある「伊吹野」。
ここ伊吹は日本のそば発祥の地とのことです。
味は…(コシはありません~・悲)
004

 

 

 

その後は車で15分ほどいった長浜市の「あねがわ温泉」。
入浴料785円の値段の割に立派な温泉でした。
005

 

 

 

 

 

 

 

薬草の里文化センター9:40→三之宮神社→1合目→3合目10:40→伊吹山頂11:30

 

いつもながら、私の参加する中でM度はMaxの大会です。
アスファルトの1合目まで(約5kmで距離では全体の半分)は追い越されまくり(^^)で、その後のオフロードに入って少し挽回できたかな。

よく言われるのは自身のハーフマラソンのタイムとなるようですが、目標は1時間40分台、順位が半分以下。
ゴール手前の渋滞がなければ目標タイムは達成していたと思います。…「たら」、「レバ」はいい訳ですね(^_^;)
9合目付近からは雨が降り出し、とても滑りやすくなり、また今日は例年にも増して登山者が多く、ゴール手前での渋滞が悔しかったなあ~。

それにしてもゴール後の山頂の寒かったこと。標高の割に気温や積雪量が高山並みなのが伊吹山です。
山頂の山の家では、おでんが欲しくなりました~。
メイン会場に戻り、とてもグルメな(B級)のアテを横目で見ながら、伊吹が発祥の地というそばを食べにいきました。いつもは青春18切符での参加ですが、今回は初めて車で出かけたので、行動範囲が広がります~。
その後温泉でくつろぎ、フルコースの一日を楽しめました~。

 

夢高原かっとび伊吹」過去の記録
2013年(台風で中止)
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

 

 

 

<9月9日追記>
米原市より(やっと)結果が公表されました。
申込受付数:1,324人
当日参加者:1,198人
完走者数:1,053人(制限時間2時間30分)

自身の結果
タイム:1時間50分05秒
総合順位:545位
今年の目標はタイムが1時間40分台、順位が半分以下でしたので、タイムはわずか5秒の未達成、順位は達成(対参加者数)というところです。
来年はタイムが1時間40分台、順位は400番台でゴールできればいいなあ~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

残念!夢高原かっとび伊吹中止

【2013年8月25日】

 

この夏は東北方面や山陰等一部を除き、猛暑で小雨でしたが、この週末は全国的に大荒れの天気でした。
この日参加予定していた「夢高原かっとび伊吹2013」は前夜まで開催予定でしたが、当日朝に中止が決定しました。
警報や注意報が出ていては、仕方ないですね。
特に伊吹山は標高の割に厳しい気象条件と思います。
準備にあたったスタッフの方々は車を使えないコースを人力で水や設備を運んだり、コース整備等、ずいぶん前から準備を重ねておられるようで、大変ご苦労様でした。

参加者への中止連絡は、HPで行う事になっていて、予定では当日朝の5時20分に発信ということでしたが、今回はアクセスの集中からか繋がらず、7時過ぎにやっと見られる状態になったそうです。スタートから2時間あまり前という状況で、現地へ向かう途中で中止を知った方もかなりおられたようです。
私はたまたま朝の5時20分頃に電話が繋がり中止を知りましたので、自宅を出ることはありませんでした。
まあ地方の大会ですのでそんなこともあるのかなあとも思います。来年以降は改善されることでしょう。

自身はといえば、年間では1番楽しみにしている大会でして、先週は3日連続で山に行ったり、今までになく準備してきたつもり(今までは全く準備していなかった・笑)なのでちょっぴり残念です。(ホントは昨対-10分を狙ってました~アハハ)
来年にまた参加できる環境で、体力が維持されていることを祈って…笑。

 

Img_20130825_0002

 

夢高原かっとび伊吹」過去の記録
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

紅葉の平瀬道から白山

【2012年10月20日・岐阜県大野郡白川村・標高2,702m】

 

白山の登山コースの中で、紅葉が一番なのは岐阜県からの平瀬道と聞いたことがあります。
この日は4回目の白山でしたが、中腹あたりでドンピシャの紅葉に巡り会うことができました。
またここからのダケカンバの植生はお気に入りで、これだけ撮影しに来ても良いのではと思うほどです。

 

※全ての写真はクリックで拡大します。

<広葉樹がたくさんあり見応えがあります>
Img_5200

<こんな中を登っていきます>
おかげで登りの辛さはありません~。
Img_5201

Img_5202

 

Img_5204

 

Img_5205

 

<ダケカンバと白山>
Img_5222

 

Img_5230

 

<大倉山避難小屋付近にて>
Img_5233

 

Img_5238

 

<最近は山でしか見なくなった気がする霜柱です>
Img_5240

 

<室堂に到着>
白山神社です。
Img_5258

 

<山頂に到着>
登山口からちょうど3時間でした。
Img_5262

 

Img_5268

 

<お池めぐりを楽しみます>
山頂からこちらにまわる方は1割もいないと思いますが見応えがあります。
一番色が綺麗な「翠ヶ池」。
Img_5291

 

<山頂を裏側から>
Img_5297

 

<血ノ池>
氷が張っています。
Img_5304

 

<千蛇ヶ池>
千匹の蛇を行きが閉じ込めています。
もし雪が溶けても、その時は上に見える岩石が落ちてきて蛇を閉じ込めるそうです。
Img_5317

 

<エコーライン>
室堂からテント場がある南龍ヶ馬場へのコース。
Img_5325

 

<室堂付近から別山を望む>
Img_5332

<室堂の白山神社>
Img_5339

 

<別山をバックに>
室堂付近のナナカマドは葉が落ちて実だけになっています。
Img_5345

 

<残照に映えるダケカンバ>
Img_5362

 

Img_5368

Img_5363

 

Img_5375

 

<見事なブナ林の中を下っていきます>
Img_5439

 

<登山口にある「大白川温泉」>
大好きな硫黄臭のする温泉で、とても効きそうです。
営業は日没まで。当然源泉掛け流しです。
なぜって電気が来てないからです。
Img_5449

 

 

大白川登山口8:05→大倉山9:35→室堂10:35→頂上(御前峰)11:05-11:30→翠ヶ池(昼食)11:45-12:45→千蛇ヶ池→室堂13:25→大倉山→大白川登山口15:50

 

往路の東海北陸道荘川ICで、車の外気温の表示が1℃…って温度計の故障かと思ったら国道の表示板も同じ温度でした。
まあ登山口は4℃、山頂ももっと高かったですが。

快晴、紅葉、温泉と久しぶりの大満足な山行でした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

今年も熱かった夢高原かっとび伊吹2012

【2012年8月26日・滋賀県米原市・標高1,377m】

 

今年で連続6回目の参加ですが、やはり今年も熱かったです~。

<スタート地点、頂上共に晴れているようです>
Sn3j4880

<ゴール付近>
制限時間は2時間30分です。
撮影時は2時間29分26秒です。昨年は参加者の約93%が完走しています。
しかし山頂は涼しい!ゴール後30分経つと寒くなります。
(写真は見学されていたOさんのものを借用しました)
P1160515

<帰路の「近江長岡」のホームから伊吹山を望む>
Sn3j4882

<電車から窓の景色を望む(^^)>
乗車前に既に8本飲んでいます~。(4人で)
何がしんどいって、ただの飲み過ぎです(^^;。
Sn3j4884

 

 

 

いつもながらかなり日差しを遮るところがないコースでは体温が結構上がっているのを感じます。
1合目を過ぎパラグライダーエリアでは、50m程先を走っている人が一人倒れました。
慎重さも重要ですが、その暑さに反して山頂はとても涼しいんです。
ゴールした満足感もありますが、実際にスタート前の案内では世界一の積雪量を記録した山だそうです。
調べて見ると1927年2月14日に積雪量1,182cmを記録し、90年近く経過した現在も破られていないそうです。

私の中ではスタート後に「くるんじゃなかった~」って思うダントツNo.1の大会でもありますが、いつもながらゴール後の達成感はピカイチです。
結果は1時間53分で昨年より2分遅れ。520位/1,145人中(申込者の人数で、参加者はもう少し少ないです)
目標は500位を切り、1時間40分台を目指していたのですが、まあ完走もできたしビールも美味しかったし、とっても楽しい一日でした。

夢高原かっとび伊吹」過去の記録
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

富士登山競争申し込み

【2012年3月26日】

 

あこがれだった富士登山競争、申込は3月26日の午前0時開始です。

 

山頂コースは標高差3,000m、距離21km、スタートとゴールの気温差は21℃、完走率は50%です。
五合目コースは標高差1,480m、距離15㎞となっています。

 

制限時間は山頂コース4時間30分、五合目コースは3時間30分ですが、私の力では山頂コースはとてもムリです…。
まあ参加資格は、過去3年間で五合目まで2時間30分以内という実績が必要で、初参加の場合は五合目コースのみの参加しかできませんが…。
というわけで5合目コースに申し込みです。

唯一の申し込み方法であるRUNNETが日曜日の夜11時30分頃からすでに混み始めています。
みんなが午前0時を待っているようです。
画面には「整理券」が表示されなかなか順番が回ってきません…。
一度でもどこかをクリックすると最後尾に回されるようです。
実際に一度クリックしてしまい、最後尾に並び1400人待ちになりましたが、0時44分頃に無事ゲットできました\(^^)/。

その後も様子を見ていると、「6627名の方が待っています」「予想待ち時間は3581秒です」(下記の画面)となっていますが、私の見た最高では約9,000人待ちでした。
募集は3,776名ですが、結構コツが必要なようです。
たぶん1時間位で売り切れたのではないかと思いますが、こんなところからすでに熾烈な競争が始まっています~。

 

Photo

 

その後の事情で、とても残念ですが参加はキャンセルしました。
でも来年も挑戦します~。

| | コメント (8) | トラックバック (1)