リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がん情報発信サイト。 日本の前立腺がんに関して最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、また新たにサイクリングや写真も始められました。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。(現在治療はされていません)

ウェブページ

無料ブログはココログ

探鳥

2021年5月14日 (金)

サンコウチョウを探しに

【2021年 5月13~14日】
この時期サンコウチョウが東南アジアから渡ってきます。
先週の姫路市内北部に引き続いて、今回は六甲山系での探鳥ですが、イスと昼食を持参し気合たっぷりです~。



Dsc_4496
まずは新緑の中のキビタキ。



Dsc_4527
オオルリはあちこちで鳴いています。
さえずりがサンコウチョウと似たところがあり、同じポイントで鳴き続けていて紛らわしいことこの上なし。
思わず「ウルサ~イ!」(^^;
なんだかんだで、この日はおにぎりだけ喰ってボウズのまま撤退。
釣りでも同じですが、ボウズの日の帰路は疲労感満載ですね~。
ところが…!



Img_6668
翌日に探鳥ではありませんが、県内中央部のK市の杉林を歩いていると、突然目の前10mでほぼ目線の高さでとまりました。
しっぽが長いせいかとまり方が独特なので、私の超近眼でもすぐにわかります。
コンデジしか持ってなかったので、液晶画面では認識できずノーファインダーですが、証拠写真程度を撮りました。

半日粘って成果ナシの翌日に待ち時間なしでの出会い。
昨日の半日は何だったんだ?
やはり欲や力みがないのがよいのかなぁ~(^^)

2021年4月24日 (土)

コマドリ その2

【2021年 4月24日】
コマドリはこの時期2週間しか滞在しないと言われています。
あまり期待せずに出かけましたが、今回初めてのところで会うことができました。




Img_20210424_130643
満開のドウダンツツジ。秋の紅葉もきれいです。



Img_20210424_095418
シャクナゲも咲き始めています。



Dsc_4384
新緑とメジロ。


Dsc_4320
クロツグミ。



Dsc_4453
写りは良くありませんが、キビタキも来ています。



Dsc_4434
オオルリもあちこちで鳴いています。



Dsc_4344
意外ときれいな色のセンダイムシクイ。



Dsc_4379
コマドリの♀。
初めてのエリアで、さえずりナシで発見。家内の視力に感謝です。


六甲山系も新緑がだんだんに濃くなってきて鳥も見つけにくくなりましたが、素人ながら何となく見つけるコツも少しつかんできました。
今日もちょっとした鳥果、またポカポカ陽気下の野外ランチで春を満喫しました。

2021年4月16日 (金)

コマドリを探しに

【2021年 4月16日】
四国への旅行を計画していましたが、コロナの影響で越県はやめにして自宅から30分の探鳥に出かけてきました。




Img_20210416_080312
新緑がまぶしい六甲山系です。
木々の芽吹きと共に夏鳥がやってきているかな~?
朝方の小雨や平日で人が少なく、さらにさえずりがたくさん聞こえ期待感が増します。


Dsc_4176
まずはホオジロ。
この時期は巣作りに励んでいます。



Dsc_4229
シロハラ。



Dsc_4206_20210416225201
オオルリが出るころには晴れ間がのぞいてきて、青が鮮やかに見えます。


Dsc_4188_20210416224401
お目当てのコマドリ!
粘った甲斐がありました。


早朝5時起床!しかも車で走っていると雨が落ちてきました…。
まあ行くだけ行ってみるかといつもの場所に。
ところが意外にも3か所でコマドリに会うことができました。撮影できたのは2か所。
山菜と同様に今年は少し早く渡ってきたのかな?
おかげで帰路は充実感たっぷり‼

2021年4月 3日 (土)

海辺の探鳥

【2021年 4月 3日】
先日は墓園でしたが、今回は海辺の探鳥に行ってみました。
いずれも淡路島経由で渡ってくる猛禽類が目的です。




Img_20210403_112047
海辺の公園です。
背景の山の山頂付近は桜が満開です。


Dsc_4099
オオジュリン


Dsc_4133
セッカ



Dsc_4117
ヒクイナ


Dsc_4103
妙に足が長いですね~。



Dsc_4146
カイツブリ夫妻は浮巣作りに一所懸命です。
カイツブリと言えば、滋賀医大病院の図書館の名前を思い出します。
琵琶湖にいるカイツブリからのネーミングと思います。
入院中に頻繁に出入りしていたなあ…。


先週のお墓(公園のようになっていて自由に入れる)に引き続き、今回も同じ目的の探鳥です。
しかしベテランさんいわく、淡路島には在庫が切れたらしく(笑)、まったく気配がありませんでした。
せっかくなので初めての海辺の公園にも行ってみたところ、結構
珍しい(らしい)のに会えました~。
神戸は山も海も30分くらいで行けて楽しい所ですよ~。

2021年3月14日 (日)

ポカポカ陽気の探鳥 その2

【2021年 3月14日】
いつもの六甲山系の公園に探鳥に出かけました。
今年は何度も極寒探鳥に出かけましたが、やっと寒さが本格的に緩み、暖かかい野山はそれだけでごちそうです。

 

Dsc_3969
今日はなんとなく姿も見えないし、さえずりも少ないなあ~と思っていたら突然出てきた「ウソ」。
美しい色合いです。


Dsc_3987
エナガもふっくらしてカワイイ。


Dsc_4001
マヒワ。



Photo_20210316195701
今日のランチのデザートは、自家製焼き芋。
材料は「紅はるか」。安納芋より美味しいかも…?

ポカポカ陽気にのんびり感をたっぷり味わった一日でした。

2021年2月23日 (火)

いたぞ!ヤマセミ

【2021年 2月23日】
懲りずにいつもの寒い渓谷にヤマセミ狙いです。
大物狙いは当たればラッキー、外れたらどん底ですが、寒い中重い腰を上げて出かけました。



Dsc_3893
オシドリ夫婦。

 

Dsc_3839
今日はオスがたくさんいます。


Dsc_3848
…と、いた~~~!


Dsc_3851
またいた~!

Dsc_3877



今日はいつもの下流の場所に陣取ってから2時間。
かすりもせずに帰ろうと車まで戻りましたが、まあもう少し散歩でもしようと期待感はなく上流へ。
ヤマセミに会えたのはまぐれ、また遠いので証拠写真程度です。

それにしても家内の素晴らしき(^^;老眼!
近くは見えませんが(笑)探鳥に行くと視力2.0ではないかと思うくらい。
ヤマセミも周囲の背景と似た雰囲気のところにいることが多いのですが、もろともしません~。
天性の探鳥の目かも(笑)。私はと言えば近眼ゆえまったくの役立たず…。

このエリアのヤマセミの確率は2割か?(10回通って2回見えるかどうか)
やはり期待が大きいとだめで、力みが取れたのがよかったのかもしれません~。

2021年2月13日 (土)

ポカポカ陽気の探鳥

【2021年 2月13日】
極寒探鳥から一転、朝から快晴、無風のポカポカ陽気に誘われて、自宅から30分の公園へ探鳥に出かけました。

 

Dsc_3560
シジュウカラ

 

Dsc_3664
アオジ


Dsc_3592
ツグミ


Dsc_3638
メジロ

 

Dsc_3622
ルリビタキ♀


dsc_0294k
ルリビタキ♂
<クリックで拡大します>


dsc_3744
青がきれいです~。
<クリックで拡大します>
探鳥を始めてから望遠レンズに取り組んでいますが、まだまだ修行が足りません。
鳥の習性をつかみ、速写するのは難しいですね~。


極寒探鳥から1週間、代り映えのしない鳥たちばかりですが春めいた陽気の中を大物狙いでなく、また時間を気にしないのんびり探鳥は心が安らぐのは歳のせいでしょうか。
とにかく「あたたかい」のはごちそうです~。

2021年2月 7日 (日)

苦行 極寒探鳥

【2021年 2月 7日】
ヤマセミ狙いの探鳥はいつも自宅から車で約45分の渓谷に出かけています。
今シーズンは12/13、12/20、12/27と今回で4回目ですが、いつも極寒の中で三脚を立て、イスに座って数時間単位でじ~っと待つパターン。
ズボンや靴下はダブルではきます。とにかくあるものを全部着込み、カイロ持参でとにかく寒さとの戦いです。




Dsc_3448
いつものアオジが出迎えてくれます。

 

Dsc_3461
こちらも常連のカワセミ。いつも対岸の遠いところにいます。


Dsc_3487
ルリビタキ♀。

 

Dsc_3503
こちらも常連のカワウ。
でもいつもと頭の色が違いますが、発情期だそうです。
もし人間が発情期になるとどこかの色が変わるなんてことになったらとても恥ずかしいことに…。
街を歩けませんね(^^;;;

…てな写真しかなく、今日もヤマセミはボウズ。
朝方に川の上流で待っていた時に、少し下流で飛び込んでいたらしいですが、残念。。。

ボウズだと寒さが一段と身に沁みます。(ヤマセミが出れば寒さは吹っ飛びますが…)
遊びとは言いながら、苦行の趣きです(^^;

2021年1月28日 (木)

六甲山系で「アカウソ」

このところ武田尾ばかり出かけていたので、趣を変えて六甲山中の公園へ。
この時期、落葉しているので鳥が見やすいんです。
それにしてもこの寒い中、人は少ないですが見かけるのは探鳥の人ばかり…。




Dsc_3351
「ツグミ」


Dsc_3354
どこにでもいる「メジロ」ですが、なんとなく春を感じさせる美しい色合いです。



Dsc_3443
「エナガ」も意外とカッコイイ。


Dsc_3369
毎度の「ジョウビタキ」。

 

Dsc_3443
「シジュウカラ」

 

Dsc_3336
「ルリビタキ」はいつも暗いところにいます。

 

Dsc_3405
「アカウソ」…とは真っ赤なウソ!ではなく、本当の「ウソ」です…???
正しくは「アトリ科のアカウソ」です。


家内は朝から「今日はアカウソがいたらいいなあ…」とつぶやいていたのが本当に見られるとは…。
武田尾ほど寒くなく、いろんな鳥も見られて何より人の数より鳥の数の方が多いのがうれしいですね~。
どこかのヤマセミの見られる確率と違い、まぐれですが満足な1日でした。

2021年1月10日 (日)

お散歩探鳥

正月太りも嫌なので、近所(実家)をお散歩しながらの探鳥です。
寒いけど気持ちのよい好天です~。

 

Dsc_3112
歩き出して5分で「ベニマシコ」の♂。
このあたりはいつも団体さんがいます。
胸の赤がきれいですね~。



Dsc_3156
「ベニマシコ」の♀。
背景がうるさいですが、そういうところにいる鳥なので(^^;



Dsc_3239
目つきの悪い「ミヤマホオジロ」もいました。


他にツグミ、ジョウビタキ、カシラダカ、アオジ、シロハラなど…。
今年のお正月は気温が低く雪も降りましたが、この日は風がなくて日差したっぷり。
そしていきなりベニマシコとは今年も春から縁起がいいかも。
今年もコロナが落ち着いたら鳥も山もたくさん楽しみたいなあ~。