リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。
  • 山とカヌーの休日
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽もたしなむ多才な方です。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 風に吹かれ 私の思いつくままの日々
    いろはにこんぺいとうさんは、音楽や気軽な日々の出来事をつづられています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がん情報発信サイト。 日本の前立腺がんに関して最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、また新たにサイクリングや写真も始められました。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。

ウェブページ

無料ブログはココログ

探鳥

上高地de探鳥

【2019年7月13日】

7月の3連休の唯一の雨のない一日は、家内と上高地に出かけました。
実家からは2時間弱のドライブとバスとなります。
曇天とはいえさすがに3連休、「あかんだな駐車場」から4時50分の始発のバスは3台が出発しました。

 

 

 

Img_3624
相変わらず絵になる景色です~。


Dsc_9371
一所懸命鳴いているミソサザイを発見。


Dsc_9383
親子連れです。上高地に住むのはぜいたくですね。


Img_3610
つかの間の青空と明神橋。


Img_3619
上高地に幾晩か泊まって、ピークハントも良いかも~。
キャンプもいいなあ~。


Img_3615
明神館に舞う白い綿毛。
雪のようで、みんなが幻想的な空を見上げています。

 

Img_3621
昨年、コマドリがいたところ。
鳴き声はあちこちで聞かれるも、残念ながら今年は見られませんでした~。


7月とはいえ、上高地の朝の5時過ぎは結構寒く、ジャケットを着ても震えていました。
この日の上高地は坂道はないものの、14kmも歩きました。
なんと現地滞在は10時間も!(バスツアーのチラシっぽく…)
見つけた鳥の成果はわずかでしたが、まあこの景色の中、上を見上げて坂を登りたくなったのはいうまでもありません(^^。

新緑の蒜山、大山

【2019年5月25~26日・岡山県真庭市、鳥取県

梅雨入り前の好天の週末、家内と探鳥の一泊旅行に行ってきました。

 

Img_3509
予想通りの快晴です。
蒜山高原は意外と広く、北海道を思い起こさせる風景があちこちにあります。

 

Dsc_0450_1
蒜山といえば、名物「蒜山焼きそば」と「ジンギスカン」。
両方いただきましたが、もちろん店によって味がさまざまです。(お店選びには失敗…)
別に「蒜山そば」(出汁でいただくそば)も有名ですので注意が必要です。


Img_3533
大山の国民休暇村は「休暇村奥大山」と改名されていました。
このような宿は以前に比べて、少しサービスの質が上がった気もしました。(値段も…)

 

Img_3532
大山鏡ヶ成には、たくさんの「ギンリョウソウ」。

 

Img_20190526_091322
有名な「鍵掛峠」より大山。
見る方向によって山容がかなり違います。


Img_3538
大山の鍵掛峠近くのブナ林。
新緑がとても気持ちよいです~。
あまり気持ちよくて、便意が…。
しょうがないので草陰で用を足していたところ、近くで話し声がしています。
双眼鏡で見られている雰囲気を感じます。そこは野鳥のポイントだったのです(--;)

 

Img_3544
大山寺付近。
この時期、人が少なめです。

 

Img_3548
大山寺近くにモンベルがあるのは知ってましたが、こんなにデカイ店とは。
駐車場も満杯、中にもたくさんの客が…。
2階ではセールをやってました。(2点も買ってしまった…)

 

Img_3551
私はこちらからの大山が好みです。
麓は田植えの準備でお忙しそうです。

 

癒される景色、時間に追われない旅で便秘も解消。
その際「アカショウビン」と間違われそうになりましたが、私のパソコンでは「アカショウビン」と入力すると「赤小便」と変換されます。
ん? 私のこと?(生検と小線源手術の直後は血尿がでました)
赤小便&くそオヤジの顛末でした~~(失礼)

ところで探鳥の成果は…。
蒜山高原、鏡ヶ成、鍵掛峠付近、大山寺付近を歩きました。
一般的な野鳥はいましたが、途中から「アカショウビン」ねらいとなり、結果は声も姿も未確認でしたが、そうなると益々見たくなるのが人情。
また近場にでも出かけようかなぁ…。

30年ぶりの乗鞍高原

【2019年5月4日・長野県松本市安曇

連休探鳥も、家内の実家から出かけます。
昨年は上高地へ出かけて、大きな成果(鳥がたくさんいた)がありましたが、今年は期待を込めてその近くの乗鞍高原へ。
家内と30年以上前に行って以来です。

 

 

Dsc_9156
水芭蕉が咲きかけていました。


Img_3460
逆さ乗鞍。
なぜか白い雲は池に映りません…。


Dsc_9125
シジュウカラ。
でも神戸でも見られる鳥ばかりでした(^_^;)


Img_3467
水芭蕉と逆さ乗鞍。


Img_3469
雰囲気を変えて乗鞍岳に向かって車で行ける最高地点の「三本滝」まで行きましたが、探鳥は不発でした。
さすがに標高1,800m。スキーも十分できる積雪が残っています。


Img_3475
歩き疲れたので、ソバをいただきます。
10割の手打ちそばです。


快晴の青空と雪をかぶった乗鞍岳、平原に水芭蕉やたくさんの白樺などの植生がとてもさわやかな乗鞍高原でした。
前回出かけたのは20歳台なので、景色はまったく覚えていませんでした。
1年半前に平湯温泉から登った乗鞍岳。乗鞍高原からも登ることができるのでまた挑戦してもいいかな~。

快気祝いで探鳥

 【2019年4月13日・兵庫県神戸市中央区

先週に引き続き探鳥へ。(3週連続です~)
今日はいつもの大師道。また今日もボウズかなぁ…。



Dsc_8948
いきなり今日の主目的のコマドリ発見!
神戸には2週間しか滞在しない鳥です。(写りはよくないです)


Dsc_9073l
次はキビタキ。
<クリックで拡大します>


Dsc_9086
胸のオレンジと黄色が鮮やかです。


Dsc_8972l
冬鳥のルリビタキ。もうすぐいなくなります。
<クリックで拡大します>


Dsc_9026
今日の2つ目の目標だったオオルリも。
こちらは夏鳥で来たばっかりです。


Dsc_9090l
結構間近に!
<クリックで拡大します>


Dsc_9098l
さらに近くに!
トリミングなしですがカラスのように大きな鳥はありません(^^)
(スズメ位です)
<クリックで拡大します>


Img_3165

今日のレンズはNikon 300mm f/4 PF + TC-14E Ⅲ。
家内が快気祝いで買ってくれました。
大口径ではないですが、はやりナノクリの単焦点は醍醐味があります~。

特に「NIKKOR」レンズ初のPF(位相フレネル)レンズで、焦点距離300mm単焦点レンズとしては世界最軽量の755g。
軽くてコンパクト、探鳥にはとっても便利です。
これに1.4倍のテレコンバータを取り付け、さらにカメラはDXタイプなので300mm×1.4倍×1.5倍=630mmの焦点距離となります。

4.5段分の手ブレ補正もついているので、これだけの焦点距離があっても手持ちで撮っています。とても快適!

他にセンダイムシクイ、ソウシチョウ等…今日は久しぶりに沢山の鳥に会えました。
やはり沢山出ると疲れませんね~。
満足満足。。。

初探鳥2019

【2019年1月5日・神戸市兵庫区】

昨日まで帰省しておりましたが、今年の正月は9連休。
まあ休みはいくらあっても余ることはありませんね(^^)

今日は曇天でしたが、自宅近くで鳥見に出かけました。

 

Dsc_8504
いました、いました。カワセミさん~。
(写りはあまりよくありませんが…)

春から縁起がよいです\(^o^)/
よし、今年もポジティブにいこう!

春の一日(上高地)

【2018年5月1日・長野県松本市安曇】

2年ぶりの上高地。
通過するだけだった上高地も、あらためて出かけると楽しいところがたくさん。
今回は探鳥が目的です。季節的に神戸にはいなくなった「コマドリ」に再会できるかも…。

 

Img_2066
朝6時の穂高と河童橋。
さすがに橋を渡る人はまばらです。

 

Img_2139
梓川の清流。
岳沢通って穂高登りたいなぁ~。

 

Img_2085
木道の背景も抜群です。

 

Img_2088
岳沢のわき水を含んだ清流。
立ち枯れの木々と背景は六百山。

 

Img_2105
明神池はキレイですが、有料です(^^)。

 

Img_2115
明神池と明神岳。

 

Img_2131
明神橋と明神岳。

 

Photo
ここからは野鳥の写真。
レア度はよく分からないので、あいうえお順です(^^)。
まずは「アオジ」

 

Photo_2
「アカゲラ」

 

Photo_3
「ウグイス」

 

Photo_4
清流に浮かぶ「おしどり」夫婦

 

Photo_5
目つきや足の感じがワルな「カケス」
オラオラオラ~じろじろ見るんじゃね~よ…ってなイメージです(^^;)。

 

Photo_6
「キクイタダキ」

 

Photo_7
「キセキレイ」

 

Photo_8
「コガラ」

 

Photo_9
「コサメビタキ」

 

Photo_10
「ゴジュウカラ」

 

Photo_11
会えました!「コマドリ(メス)」

 

Photo_12
「コマドリ(オス)」
オスの方がきれいですね~。

 

Photo_13
「ヒガラ」

 

Photo_14
「ミソサザイ」。(味噌サザエではありません・笑)

 

Photo
歩いたコース(赤線)
<クリックで拡大します>

 

14枚の鳥の写真、最後まで見ていただき、ありがとうございます。
見つけた鳥の種類は過去最高でした。
歩いた時間は9時間、距離は13kmでこれまた最長。
でも成果があると疲れませんね~。

コマドリ見つけた!

【2018年4月14日・兵庫県神戸市】
神戸には1年のうち、2週間しかいないという「コマドリ」を探して六甲山を歩きました。
探すこと2日目、やっと会えました。

きれいな鳴き声が馬に似ているから駒(こま)鳥だそうです。
姿も特にオス(写真)はかわいいです。

Dsc_7743

鳥の業界?では居場所は秘密らしいです。
公表すると人がわんさか来て、結局いなくなるのだそう。
初めて見るコマドリに家内も感激しておりました。

まだ気持ちが入り込めていませんが、やはり珍しくてきれいなものを見つけるとわくわくドキドキです。
でもこういう目にあうと、いいレンズがほしくなりますね~。(そっち?)
ちなみにこの日に出会った方のレンズは定価150万円のものでした(^^;
私のレンズの50本分…。
50本って農作業用の一輪車に一杯くらいかなあ。。。

冬枯れの紅葉谷から六甲山頂

【2017年12月28日・兵庫県神戸市・標高931m】

今年もいろいろありましたが、自分だけの納山祭は六甲山にしました。
例年と違い仕事が一日早く終わり、平日の静かな山を期待してでかけます。

 

Img_1519
紅葉谷の通行止め区間を迂回するために、炭屋道を利用。
それにしても開通に時間がかかっています。

 

Img_1530
街では見かけない霜柱。

 

Img_1539_1

 

Img_1543
極楽茶屋の「みつまた」。

 

Img_1544_1
大阪湾を望む。

 

Img_1546
車だとノーマルタイヤでギリギリです。

 

Img_1553
お昼時にだーれもいない六甲山頂は初めてです。
日頃見られない景色ですが、静かでとても良いです~。

 

Img_1552_1

 

Img_1554_1
久しぶりにコーヒーを入れます。

 

Img_1559
3日前に新聞に載っていた、ペンキで全面真っ黒に塗りつぶされた震災犠牲者の鎮魂碑。
とても残念です。

 

Img_1563
「カヤクグリ」。
ペアでしたが、怖がらない鳥です。

 

Img_1567

 

ロープウェイ有馬温泉駅9:21→極楽茶屋跡11:16→六甲山11:52(昼食)12:36→一軒茶屋→13:38ロープーウェイ有馬温泉駅駐車場

 

ほぼ平日に近い28日で、さすがに紅葉谷では一人も会わず、六甲山頂も誰もいない時間もありました。
住吉道で一部凍結していましたが、雪は思っていた通りほとんど無く、もちろん滝の氷結もみられませんでした。

平日とはいえ、有馬温泉は外人さんも含めて多くの人出でしたので、下山後のお風呂はみのたにグリーンスポーツホテルの「銀河の湯」へ。
高台にあり、露天風呂からの景色はとても開けて気持ちいいですが、個人的には「すずらんの湯」か「からとの湯」の方がよいですね~。

今年も少しですが山で楽しませてもらいました。
ありがとうございました。来年もたくさん行けたらいいなあ~。

武田尾の「カワセミ」

【2016年12月3日・兵庫県宝塚市、西宮市】

休日の朝の好天に誘われ、以前から気になっていた武田尾温泉周辺にやってきました。
目的は「ヤマセミ」に会うことです。

 

P1090958
紅葉真っ盛りです。<クリックで拡大します>

 

P1090953
利用したJR武田尾駅はホームがトンネルと鉄橋の境目にあります。
それにしても日照時間の短い地域です。

 

P1090959
ご存じ廃線ハイク。
従来、JRは自己責任、黙認という形でしたが、今年11月15日から正式に一般開放されました。
テレビなどでも紹介されたり、紅葉の時期でもあり、ごった返していました。(写真は夕方なので少ないですが…)
屋台の米粉鯛焼きも午後には売り切れでした。(米粉100%ではなかったので購入せず)

 

P1090949
廃線ハイクのコースは武田尾駅までで、道場駅側はほとんど歩かれていないですが、道は続いていて少し行ってみました。(道場駅までは途中が少し荒れてい るそうです)
写真は人用のトンネル。

 

P1090947
無料の足湯があったりします。
たかが足湯と思っていましたが、たくさん歩いた体にとても気持ちよかったです~。

 

Dsc_6843
今日の目的は探鳥。
目指すは「ヤマセミ」でしたが、会えませんでした。
代わりにお弁当タイムに「カワセミ」がずっといてくれました~。
<クリックで拡大します>

 

小春日和のやわらかな日差しを浴びて、たっぷり歩きました。
ヤマセミはいなかったけど、こんな平穏にまんぞく、まんぞく~。

上高地散策

36日間の入院を終え、治療としては大きな山場を越えました。
退院直後で、若干の副作用があるものの生活には支障はなく、記念としてささやかながら一泊で上高地へ散策に出かけました。

上高地は槍、穂高への登山口として利用したことはありますが、通過しただけで散策するのは初めてです。
主な目的はの~んびりすることと、家内の趣味であるバードウオッチングです。

 

P1090369
天気が…。
雨+雷。この日は台風の影響で大雨洪水警報もでました(>_<)

 

 

Dsc_6364
まあ雨のおかげで大正池の幻想的な景色もみられましたが~。

 

 

P1090468
翌日は晴れ。河童橋から望む穂高は少し雲がかかっていますがまずまずです。
また穂高登りたい~!

 

 

Dsc_64443

 

 

P1090466
河童橋から梓川と焼岳。

 

 

P1090424
今回は明神池まで鳥を見ながら散策です。

 

 

P1090362
自然にしては出来過ぎの感のある「田代池」。

 

 

P1090455
NHKの日本百名山の穂高岳のガイドをされていた山岳ライターの小林千穂さんが紹介されていた「岳沢湿原」。
楽しみにしていましたが、期待通りでした。

 

 

Dsc_0129
今回の宿泊は、大正池ホテル。
河童橋からは離れていますがその分静かです。
そして部屋の窓から大正池と焼岳が目の前です。

 

 

Dsc_6440
同じく部屋の窓から焼岳の山頂を望む。
お風呂やレストランからも望めます。

 

 

Dsc_6375
ここからは少し鳥の写真です。
「サメビタキ」の幼鳥かな?

 

 

Dsc_6416
「ゴジュウカラ」。

 

 

Dsc_6468
よく見えませんが、たぶん「ミソサザイ」。
日本で最小種の一つで、体重が7~12gしかないそうです。
それ以外に、カケス、コガラ、ヒガラ、マガモ、オシドリがいました。

 

 

Dsc_6470
オマケ。

 

 

一度上高地の朝を迎えてみたかったという家内。
予想通りとてもすがすがしい朝の空気がとてもごちそうでした。

雨も降りましたが、ゆったりとした時間、自然美を堪能した2日間でした。
来週からの36日ぶりの会社もがんばるぞ~という気持ちにさせてくれた、豪華ではありませんが、気分は贅沢な旅でした。
小さな幸せに感謝です。。。

より以前の記事一覧