リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
  • 八東ふるさとの森
    鳥取県にある有名な「森を楽しむ」町営の施設。 こちらのブログには私の撮った写真も載っています。
無料ブログはココログ

探鳥

2022年12月 6日 (火)

「国見の森公園」でピクニック

 【2022年 12月 3日】
兵庫県立公園のなかで『ふるさとの森公園』として6公園が整備されていて、公園によっては探鳥のポイントとなっています。
今回はまだ行ったことのない宍粟市の「国見の森公園」に行ってきました。




Dsc_0525
この公園の一番のウリ(?)は「ミニモノレール」。
乗車待ちをしていると折り返す便が下りてきました。
車体は常に水平になるように設計されているすぐれもの。



Dsc_0528
先頭に乗車。
前方の急傾斜は38度。モノレールでは日本一だそうです。
モーターで走り、レールはアプト式(ラックとピニオンで滑らない)です。



Dsc_0531
最大斜度38度、迫力です!



D50_2105
急傾斜を降りてくるモノレール。

乗車前はNHKの「やまと尼寺 精進日記」に出てくる、ひもでエンジンをかけるモノレールを予想していたのですが、結構でかい!
高低差は300m、距離1,100mを18分(片道)で走ります。
1時間に1本の運航です。



Dsc_0542
上の写真を車内から見たところ。
急傾斜の下りもちょっとしたアトラクションです。



Dsc_0533
平らなところでは、電車のように連結されています。
定員は40名で車椅子も乗車可能。




Dsc_0535
モノレールを降りて700mの雰囲気のよい道をあるいて山頂へ。
『宍粟50名山』に属し、標高は465m。
(「国見山」山頂付近。)



Dsc_0534
山頂から山崎市街地、中国道を望む。



D50_2121
「明神山」、「薬師峰」を望む。



D50_2123
雪をかぶった「三室山」(たぶん)。


この公園へ出かけた目的は探鳥ですが、野鳥は全く見つけられず、唯一コゲラの幹をたたく音が聞こえただけ…。
結果的に頂上でお弁当をいただいたピクニックとなりました^^

ミニモノレールは予約が必要ですが、なんと無料です。
駐車場も入園料も乗車賃もすべて無料。(兵庫県は太っ腹~)
そして想定外の楽しさでした。

また今回は楽チンのモノレールを使用しましたが、『宍粟50名山』の一つ「国見山」の頂上を踏むことができ、展望を楽しめました。
これで『宍粟50名山』の内、24座に登頂したことになります。

2022年12月 1日 (木)

山でハギマシコ

 【2022年 11月 27日】
「ハギマシコ」を探しに車で1時間の山へ出かけました。




D50_2026
おなかに赤紫の斑が萩の花のように見えるので「ハギマシコ」。
見えにくいですが…。



D50_2091
到着してしばらく期待した「ハギマシコ」はさっぱり出ず。
しかし1時間のガマンの後、大群が現れそのうち3羽位が近くに来てくれました。



D50_1993
「マヒワ」も一時大群が。



D50_2098
「カヤクグリ」はいつも近くまで来てくれます。


日曜日の好天でもあり、いつもの駐車エリアが4台しか停められなくなったとの情報を得て、悩んだ末先日ジモティで購入後に整備したての折りたたみ自転車をトランクに。
現地から2.5km離れたところに駐車、坂道を漕ぎました。
20インチの折りたたみ自転車は走りづらいなぁ。
翌日、最近使ってなかった筋肉が痛みました。(情けない…)

紅葉も終わった地域ですが、標高のわりに暖かい小春日和の中、目的を達成し満足感たっぷりで帰路につきました。

2022年11月21日 (月)

九州の旅(佐賀/ムツゴロウ)

 【2022年 11月 12日】
「東よか干潟」でたくさんの海鳥を見た後、同じ佐賀県にある鹿島市の「中央干潟」にも行ってみました。

Img_9216
河口付近のあちこちに干潟が広がっています。(浜川の河口)



D50_1913
またもや「ハマシギ」がいました。
さすがに脚やクチバシが泥んこです。



D50_1856
無数にいるのが「シオマネキ」。
沖縄で初めて見ましたが、九州にもいるんですね~。



D50_1878
初めて見る「ムツゴロウ」。



D50_1884
愛嬌たっぷり~。


佐賀県には「ムツゴロウ」を題材にしたマスコットキャラクターがたくさん。

佐賀県警察 シンボルマスコット ごろうくん  有明ガタゴロウ 

左から
・賀県警察 シンボルマスコット「ごろうくん」
有明海のムツゴロウの非公認キャラクター「ガタゴロウ」
佐賀空港マスコットキャラクター「むっぴー」

などなど…偉大なムツゴロウさんです。

干潟だけでも見たことがない規模で驚きですが、初めて見た「ムツゴロウ」がかわいくて佐賀県のイメージとなりました~。

2022年11月20日 (日)

九州の旅(佐賀/東よか干潟)

 【2022年 11月 12日】
佐賀県に観光で行くのは今回の「東よか干潟」が初めてとなりますが、家内がこの旅で一番楽しみにしてしていたのがここでの探鳥です。




Img_9201
「東よか干潟」は有明海の北部にあり、ラムサール条約に登録された湿地です。
※ラムサール条約:特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約

干満差が最高で6mもあり、また長さは2,000kmあまりと小さな空港の滑走路位あります。
(すぐそばの佐賀空港の滑走路が2,500mです…そういえば空港近くにこんなにたくさんの鳥がいて大丈夫なのでしょうか?)



Img_9204
今が見頃の「シチメンソウ」。
かつての昭和天皇がたいそう気に入られたとのことで、有名になったそうです。
それにしてもず~っとシチメンソウです。



D50_1786
「スグロカモメ」。
手前の赤いのはシチメンソウ。



D50_1794
NHK「ダーウィンが来た」風の“ハマシギ大乱舞”。
神戸では到底考えられない、夢のような景色です。



D50_1814
奥から「クロツラヘラサギ」、大型シギ(名前不明)、ハマシギ等。
わからないのもたくさんいます。



D50_1823
「シロチドリ」。


今日は出かけた時間は満潮時でちょうどよかったのですが、 前日までの5日間が潮位が5mを超えるベストの日でした。
(潮が満ちてくことで、鳥が岸に近づくので見やすい)

今日の探鳥は事前にガイドさんを予約させていただきました。
ボランティアのガイドさんは鳥以外の情報も詳しく、楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。

家内は今回の九州旅行で、「ここさえ行けば他は行かなくてもよい」とまで…とても楽しそうでした^^
シギ、チドリ類野飛来数で日本一というだけあり、見ごたえがありました。

2022年10月31日 (月)

六甲山でムギマキ

【2022年10月29日】
この時期ムギマキを探しに六甲山系へ。
2020年に初めて見つけたところです。




D50_1606
珍しいゴシュユというミカン科の木。
しかし来るのはほとんどキビタキ。



D50_1629
しかもメス。



D50_1701
たまにムギマキのメス。



D50_1618
結局オスは来なかった…。


Dsc_0486
紅葉は少し早く、昼間は温かかったのですが…。

場所は有名なところで、ポイントにはバーダーが一時50人はいました。
どなたかがオスは16時頃に来ると…。

しかしその時間帯は日差しもなくなり、気温13℃で風もあり寒い!
結局15時45分頃まで頑張りましたが、その間オスは出ませんでした。
帰宅してアツ~いお風呂と熱燗がとてもごちそうでした~。

2022年10月10日 (月)

近所で探鳥

【2022年10月 9日】
懲りない週末バーダーは、雨にも負けず今週も近所のため池と山へ探鳥です。




D50_1462
<クリックで拡大します/以下同様>
「メボソムシクイ」?
ムシクイも判別が難しいです…。



D50_1507
「エナガ」。
可愛らしいなあ~。



D50_1509
「コサメビタキ」。



D50_1526
「エゾビタキ」。

2022年10月 6日 (木)

干潟散策

【2022年10月 2日】
好天の休日、車で1時間程の干潟に出かけました。
シギ目当ての探鳥でしたが…。

 

Dsc_0442
遠浅で有名な干潟。
干潮時間に合わせて出かけます。
引いてる引いてる…。



D50_1407
結果はサギとカラスしかおらず、シギはボウズ。



Dsc_0442
誰もいない干潟で「マテ貝」を獲っている親子が…。
見てると、砂をかいて穴を見つけたら、塩を振りかけるとニョキニョキっと出てきます。
すごい!というか面白いなあ~。



Dsc_0456
その後は久しぶりの外食。
アナゴをいただきました~。満腹!



Dsc_0457
食事の後、心地よい風の中でボーっと瀬戸の平穏な海をしばらく眺めていました。


それにしても「マテ貝」の親子連れは楽しそうだったなあ。
口数は少ないですが、楽しい感のオーラ満載。
そして親子ともに穏やかで素敵な笑顔がとても印象に残りました。

2022年10月 4日 (火)

ため池で探鳥2

【2022年 10月 1日】
兵庫県はため池の多さが日本一。
自宅から車で20~30分走るとた~くさんのため池があります。
そんな中の今回のため池は最近見つけたポイントです。




D50_1320
一羽のみ見つけた「コアオアシシギ」。



D50_1285
「セッカ」。



D50_1304
「ホシゴイ(ゴイサギの幼鳥)」。


10月になっても相変わらずの暑さ、ヒガンバナも終わりかけて時折秋の風を感じる日でしたがの~んびりできました。

2022年10月 1日 (土)

干潟で探鳥

 【2022年 9月17日】
兵庫県西部の河口に行ってみました。
ちょうど干潮の時間です。




<すべての写真はクリックで拡大します>

D50_1188
「ホウロクシギ」。



D50_1004
シギはわかりにくいです。
家内によるとよく似た「ダイシャクシギ」は翼下面が白く、「ホウロクシギ」は翼下面は横紋ありだそう…。



D50_1027
「キアシシギ」。



D50_1049
同じくペア。



D50_1145
何だかぎこちない一羽がいます…。



D50_1145s
<拡大>
よく見ると、糸が絡まっています。
しかも両足につながっていて、さらに左足は変形しているように見えます。
せめて両足の間の糸だけでも切ってあげたい…。



D50_1220
「ハッカチョウ」。


沈んでばかりはいられないので、ちょっと出かけてみました。
「キアシシギ」はかわいそうだったけど、結構近くまで来てくれて意外と楽しめた河口での干潟探鳥でした。

2022年9月17日 (土)

ため池で探鳥

【2022年 8月27日】
兵庫南部はため池の多さで有名ですが、今日は4つのため池を巡りました。




D50_0804
真夏はシギねらいがいいかなとでかけましたが、3つの池はボウズ。
写真は4つ目の池。
やなりな~んにもいないので、トンボでも撮るか…。



Photo_20220917211201
諦めかけて帰ろうとしたときに、よく見るといました!
「ソリハシシギ」



2_20220917211001



Photo_20220917211001
「コチドリ」



Photo_20220917211002
「トウネン」



D50_0944
鳥を見つけると、時はあっという間に過ぎ、夕刻を迎えました…。

より以前の記事一覧