探鳥

2020年4月13日 (月)

春の一日

【2020年 4月11日】
好天の朝、近所に探鳥へ。
先日見つけたエナガの子育てはどうなっているかな~。




Img_20200411_110320
満開の桜と麦。
このあたりは麦の栽培が盛んです。



デジイチで動画を撮ってみました。
つがいの親鳥が巣を頻繁に出入りしています。
巣は意外と弾力性があり、時々モゴモゴ動きます。
現在、巣の中には卵があると思います。
(☆マークでスロー再生もできます)


穏やかな春の一日でした。

| | コメント (2)

2020年4月 4日 (土)

お散歩+探鳥

  【2020年 4月 4日】
新型コロナウイルス対策で閉じこもってばかりなので、運動不足対策も兼ね、家内と近所の人の少ない所にカメラをぶら下げて出かけました。




Dsc_1283
シメ。



Dsc_1286
いつもの所にイカル。



Dsc_1289k
珍しくカワセミがいました。



Dsc_1291
きれいなソウシチョウ。



Dsc_1299
崖っぷちのキセキレイ。



Dsc_1304
アオジ。



Dsc_1306
エナガ。



Dsc_1314
ヤマガラと新緑。



Dsc_1323
ルリビタキの♀。



Dsc_1325
センダイムシクイと若葉。



油断していたらコースが急坂となり、家内もずり落ちながら頑張ってくれました。
これなら今後もっとハードなところを攻められそうです😃

知らないうちに山は若葉が出てきています。穏やかな天候で久々によく歩きましたが、途中焼き肉の匂いを嗅いだせいで滅多に食べない焼き肉+(明るいうちから)ビールで自宅にてくつろぎました。
こんな休日もいいなあ~。

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

神戸市内で探鳥

【2020年 3月 20日】
3連休初日は家内と六甲山系に探鳥に出かけました。
さすがにコマドリは早すぎるかなぁ~。

 

Dsc_1206
どこかのゆるキャラのようなクチバシ、独特の鳴き声です。



Dsc_1223
ルリビタキ♀。青色の綺麗な♂も見かけましたが撮れず…。



Dsc_1243
ソウシチョウはスズメの仲間で色がとてもキレイなんですが、外来種で日本の「侵略的外来種ワースト100」に入っています。
飼い鳥から野生化し、国内では六甲山で最初に確認されたらしいです。

新型コロナウィルスの影響で、昨日に兵庫県民は大阪府へ移動するなとの知事から要請がありました。
まあアピールも含めてしょうがないのかなぁと思いますが、今回は市内の移動でかつ人の少ない山なので許してもらいましょう~。

| | コメント (0)

2020年2月11日 (火)

近所にいたヒレンジャク

【2020年2月11日・神戸市須磨区】
昨年秋に岐阜県白川郷の山中で見たのは「キレンジャク」。
今回見つけたのは「ヒレンジャク」です。
関西以東は「キレンジャク」が多いそうです。




Dsc_0819
先日は三田まで出かけて見られなかったヒレンジャク。
午前中に 家内が近所の住宅地の電線にとまっているを偶然発見し、同じ日の午後に再度カメラを持って同行しました。


Dsc_0821
おしりが赤いので「ヒレンジャク」、たくさんいます~。
黄色いのは「キレンジャク」です。たまに見かけるようですが私はわかりませんでした。



Dsc_0908
トウネズミモチという木の実が大好物。
すごい食欲!水の飲みっぷりもすごいです。




dsc_0914
<クリックで拡大します>

 

今日は朝5時半スタートで千ヶ峰で雪と青空を満喫、その後氷上町でセツブンソウに会い、菜園で2畝を耕した後に探鳥に2箇所。
とてもお腹いっぱいで満足な1日でした。
こんな日もあるんですね~。

1日中たくさん遊びましたが、疲れは残っていません。明日から元気に仕事にも行けそうです。
身体は心地よい疲労感ですが、心が晴れ晴れ~。
これって大きいなあ…。

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

ニシオジロビタキ発見

【2020年1月13日・兵庫県明石市】
3連休は2日間に渡って探鳥に出かけました。
1日目は武田尾のヤマセミ狙い。寒い中飛んでる姿は見ましたが撮れず。
2日目は明石市内で探鳥会に同行し、予想外の珍鳥に巡り合いました。
さすがにプロの目は違います…。

 

dsc_0666
大きさはスズメ大。
<クリックで拡大します>



dsc_0667
色合いは地味な感じです~。
<クリックで拡大します>



どシロートゆえ珍しいと言われても…。
家に帰って数冊の図鑑を見ても載ってないほどのレアな鳥だったようです。
聞くところでは、夏はシベリアに住んでいて寒くなるとインドネシア方面に飛んで行くそうで、その途中に立ち寄ったらしいです。
少し大回りな気がしますが…。小さい体ですごいです。
まあお目々パッチリでかわいいですが、鮮やかな青や赤い鳥の方が映えるんですけどね~(笑)


昨秋に次女が結婚で家を出て、家内と二人っきりの生活が始まりました。
寂しい面もありますが、軽くなったところも…。
老後のスタート地点に立とうとしています。家内と共通のオフを過ごせることは幸せなことです。
良い意味で新しい風を感じます。

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

世界一美しいカモ「オシドリ」

【2019年12月8日】
オシドリは「愛(いと)おしい鳥」とか「オシドリ夫婦」とかのよいイメージがありますが、実際は浮気者で毎年相手を変えるらしいです(^^;

 

dsc_0294k
木で作った模型を水に浮かべて撮影しました…。
…てなわけではなく実際の写真ですが、なんだか作り物のような美しい配色です。
<クリックで拡大します>

 

dsc_0314kk
おっ首が伸びた!
人に驚いたようで、すぐに遠くに行ってしまいました。
珍しい鳥ではありませんが、警戒心がとても強く人を見るとすぐ離れてしまうためアップで撮れたのはラッキーでした。
<クリックで拡大します> 



10年前から使っていたデジタル一眼レフのNikonD7000を今回D500に変えました。
Product_061
世はミラーレスに向かっていますが、ファインダーがEVFでは見にくいし消費電力が大きく見送りました。
それにしてもおどろくほど絵が違います。銀塩と違ってデジタルの10年は大きいですね~。

| | コメント (2)

2019年11月 3日 (日)

郡上八幡&せせらぎ街道

【2019年11月1~3日・岐阜県郡上市】
久しぶりに好天となった週末。
家内の実家の郡上八幡に来ています。




Img_4325
ご存知、郡上八幡城。
紅葉は少し早いですが、青空に映える立派なお城です。



Img_4328
市内を流れる吉田川。
夏に子供たちが飛び込むところです。
水は澄んでいて、魚が泳いでいるのが見えます。



Img_4331
「やなか水のこみち」。



Dsc_9598
お城で探鳥しました。
「シメ」がいました。



Dsc_9600
こちらは「ウグイス」。
春だけでなく、年中います。



Img_4174
郡上八幡から、高山へ抜ける一般道の「せせらぎ街道」。
とても気持ちの良いドライブが楽しめます。
その中でも標高1,113mの「西ウレ峠」の紅葉が盛りを迎えていました。
<クリックで拡大します>

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

上高地de探鳥

【2019年7月13日】

7月の3連休の唯一の雨のない一日は、家内と上高地に出かけました。
実家からは2時間弱のドライブとバスとなります。
曇天とはいえさすがに3連休、「あかんだな駐車場」から4時50分の始発のバスは3台が出発しました。

 

 

 

Img_3624
相変わらず絵になる景色です~。


Dsc_9371
一所懸命鳴いているミソサザイを発見。


Dsc_9383
親子連れです。上高地に住むのはぜいたくですね。


Img_3610
つかの間の青空と明神橋。


Img_3619
上高地に幾晩か泊まって、ピークハントも良いかも~。
キャンプもいいなあ~。


Img_3615
明神館に舞う白い綿毛。
雪のようで、みんなが幻想的な空を見上げています。

 

Img_3621
昨年、コマドリがいたところ。
鳴き声はあちこちで聞かれるも、残念ながら今年は見られませんでした~。


7月とはいえ、上高地の朝の5時過ぎは結構寒く、ジャケットを着ても震えていました。
この日の上高地は坂道はないものの、14kmも歩きました。
なんと現地滞在は10時間も!(バスツアーのチラシっぽく…)
見つけた鳥の成果はわずかでしたが、まあこの景色の中、上を見上げて坂を登りたくなったのはいうまでもありません(^^。

| | コメント (4)

2019年5月30日 (木)

新緑の蒜山、大山

【2019年5月25~26日・岡山県真庭市、鳥取県

梅雨入り前の好天の週末、家内と探鳥の一泊旅行に行ってきました。

 

Img_3509
予想通りの快晴です。
蒜山高原は意外と広く、北海道を思い起こさせる風景があちこちにあります。

 

Dsc_0450_1
蒜山といえば、名物「蒜山焼きそば」と「ジンギスカン」。
両方いただきましたが、もちろん店によって味がさまざまです。(お店選びには失敗…)
別に「蒜山そば」(出汁でいただくそば)も有名ですので注意が必要です。


Img_3533
大山の国民休暇村は「休暇村奥大山」と改名されていました。
このような宿は以前に比べて、少しサービスの質が上がった気もしました。(値段も…)

 

Img_3532
大山鏡ヶ成には、たくさんの「ギンリョウソウ」。

 

Img_20190526_091322
有名な「鍵掛峠」より大山。
見る方向によって山容がかなり違います。


Img_3538
大山の鍵掛峠近くのブナ林。
新緑がとても気持ちよいです~。
あまり気持ちよくて、便意が…。
しょうがないので草陰で用を足していたところ、近くで話し声がしています。
双眼鏡で見られている雰囲気を感じます。そこは野鳥のポイントだったのです(--;)

 

Img_3544
大山寺付近。
この時期、人が少なめです。

 

Img_3548
大山寺近くにモンベルがあるのは知ってましたが、こんなにデカイ店とは。
駐車場も満杯、中にもたくさんの客が…。
2階ではセールをやってました。(2点も買ってしまった…)

 

Img_3551
私はこちらからの大山が好みです。
麓は田植えの準備でお忙しそうです。

 

癒される景色、時間に追われない旅で便秘も解消。
その際「アカショウビン」と間違われそうになりましたが、私のパソコンでは「アカショウビン」と入力すると「赤小便」と変換されます。
ん? 私のこと?(生検と小線源手術の直後は血尿がでました)
赤小便&くそオヤジの顛末でした~~(失礼)

ところで探鳥の成果は…。
蒜山高原、鏡ヶ成、鍵掛峠付近、大山寺付近を歩きました。
一般的な野鳥はいましたが、途中から「アカショウビン」ねらいとなり、結果は声も姿も未確認でしたが、そうなると益々見たくなるのが人情。
また近場にでも出かけようかなぁ…。

| | コメント (2)

2019年5月 8日 (水)

30年ぶりの乗鞍高原

【2019年5月4日・長野県松本市安曇

連休探鳥も、家内の実家から出かけます。
昨年は上高地へ出かけて、大きな成果(鳥がたくさんいた)がありましたが、今年は期待を込めてその近くの乗鞍高原へ。
家内と30年以上前に行って以来です。

 

 

Dsc_9156
水芭蕉が咲きかけていました。


Img_3460
逆さ乗鞍。
なぜか白い雲は池に映りません…。


Dsc_9125
シジュウカラ。
でも神戸でも見られる鳥ばかりでした(^_^;)


Img_3467
水芭蕉と逆さ乗鞍。


Img_3469
雰囲気を変えて乗鞍岳に向かって車で行ける最高地点の「三本滝」まで行きましたが、探鳥は不発でした。
さすがに標高1,800m。スキーも十分できる積雪が残っています。


Img_3475
歩き疲れたので、ソバをいただきます。
10割の手打ちそばです。


快晴の青空と雪をかぶった乗鞍岳、平原に水芭蕉やたくさんの白樺などの植生がとてもさわやかな乗鞍高原でした。
前回出かけたのは20歳台なので、景色はまったく覚えていませんでした。
1年半前に平湯温泉から登った乗鞍岳。乗鞍高原からも登ることができるのでまた挑戦してもいいかな~。

| | コメント (0)