農園

2020年5月16日 (土)

旬の味

山にも行けない、アウトドアは御法度の雰囲気…。
さらに外食も行きづらい…。
しばらくの辛抱ですが、今は畑で楽しんでいます。

この時期は豆類がたくさん獲れます。
豆類は「低脂肪・高たんぱく」食品で、「ビタミンB群」や
カルシウム、リン、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などの「ミネラル類」、そして何より抗ガン作用があるそうです。




Img_20200516_155039
特に豊作なのは「ソラマメ」。今日だけで約50本収穫、今シーズンは400本くらいは穫れそうです。
14株植えているので、20~30本/株なのでまずまずです。
「スナップエンドウ」はあと1週間で終わります。
大量に食べましたが味はまったく飽きませんね~。
今年初めて栽培したのが「実エンドウ」(右)。実家の岐阜県郡上市で苗を購入。
さらに「インゲン」はつる無しとつる有りを育苗中。



Img_20200516_171920
「ソラマメ」は穫りたてをニンニクで炒めて、味付けは塩のみですが最高です!
「実エンドウ」は郡上と気候が合わないのかさやが固いですが、中の豆はとても甘い!



Img_20200516_180641
さらにソラマメを焼いてみました。
こちらも塩のみでいただきます。これまた絶品!



Img_20200510_112351
豆とは違いますが、形が似ているということで(^^)…サクランボ。
農園主さんの自宅にお邪魔して初めてのサクランボ狩り。
粒は大きくないけど穫りやすいように足場が組んであり高い所もOK。
食べながら収穫。際限なく食べられるのは夢のよう…。(もちろん無農薬)
やはり完熟は違います。



Img_20200510_130806
持ち帰ったもの。さらに2日後にもいただきました。
家内とジャムにしようか、サクランボ酒にしようかなどと検討を重ねた結果、生ですぐに食べるのが一番と決議、決行しました(笑)


Yasai


子供の頃は母が作った野菜をなんとなく食べていましたが、歳を重ねると感じ方が違いますね~。
旬の穫りたてのものは美味しいだけでなく、身体がよろこんでいる気がします~。

| | コメント (0)

2020年4月30日 (木)

GWは畑三昧

【2020年 4月29日】
新型コロナウイルスの影響で、山に行けないのは寂しい限りです。
例年だと帰省先から山で残雪とたわむれたり、つつじを愛でたりしているところですが…。

でも大丈夫!畑に行けばいくらでも楽しめるのです!




Img_20200428_090838kkk
借りている菜園は、6畝×8m/畝のわずか50㎡程度です。(緑の枠)
ここまで自宅からジョギングで15分。GWに入ってからはお昼をはさんで日に2往復出かけます(^^;
現在栽培している野菜は下記の通り…。



hasai1k
葉菜類 《クリックで拡大します》
のらぼう菜・パクチー・ニラ・アシタバ・からし菜



kasai2k
果菜類Ⅰ 《クリックで拡大します》 
甘長とうがらし・ピーマン・水ナス・キュウリ・トマト [ミニ&大玉]・からし菜
(「からし菜」は葉っぱでいただいた後で、実をマスタードにする予定)



kasai1k
果菜類Ⅱ 《クリックで拡大します》 
イチゴ・スナップエンドウ・ソラマメ・実エンドウ



konsai1k
根菜類 《クリックで拡大します》
ウコン・ショウガ・ニンニク・玉ねぎ(極早生/収穫済み)・じゃがいも・ニンジン
(他に収穫時期の「ニンジン」もあり)


また畝を利用して野菜くず堆肥の1次発酵、2次発酵もやっています。
野菜は24種類が育っていて、さらにベランダでトウモロコシ、枝豆、甜瓜、オクラが育苗中。
GWに入って今日で6日目、毎日でかけてもやることはたくさんあって飽きるどころか、土との対話は癒されます。

しかしこの好天続き、山に行きたいなあ~。
MTBにも乗りたいなあ~。(これは病気のために休止中)😃

それでも家にいるのも楽しいんです!
家内もそうですが家にいての~んびり過ごすのも、それはそれで楽しくて時間がいくらあっても大丈夫!
山は逃げないし、こんなGWもよいかも。

| | コメント (0)

2020年4月28日 (火)

アシタバ入りスムージー

【2020年 4月27日】
ガン宣告から4年弱、当初から朝食前の定番としてスムージーを作っています。
今回は畑で採れた『アシタバ』を入れてみました。




Photo_20200427075601
左が畑のアシタバ。
右上が収穫した新芽。天ぷらにすると最高に美味しいです。
右下が本日のスムージー。左が家内用(生のアシタバは苦手のため)、右がアシタバ入り。
味はまずまずで身体に良さそうな少しの苦みがあります。
スムージーのベース(2人分)は、ニンジン150g、リンゴ1/2個、バナナ1本、レモン1/2個(いただきもの、又はレモン果汁)。



20160212_762231k
がん予防に効果があると考えられる食品を、効果が期待できる順に上からピラミッド型に並べたものを「デザイナーフーズ・ピラミッド」といいます。
トップは「ニンニク」、さらにトップ集団にセリ科の『アシタバ』がいます。


<アシタバの栄養素>
「カルコン」 …強い抗酸化作用や抗ガン作用、老廃物を排出

「クマリン」…強い抗菌作用、アルツハイマーの予防

「βカロテン」…抗ガン作用、発がん予防、動脈硬化予防、免疫を高める、髪の健康維持や、視力維持、粘膜・皮膚の健康維持、喉や肺など呼吸器系統を守る

「食物繊維」…シミ・そばかす対策

「カリウム」…血圧の上昇を抑える、貧血予防

「ビタミンK」…骨の形成を助けたり、出血時に血液を凝固させる

それ以外に、便秘予防、高血圧予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防、貧血予防、風邪予防など…。
またそれぞれ栄養素の含有量が多いのが特徴です。



アシタバは八丈島等の伊豆七島などで自生、又は栽培しています。
種から植えても、苗を購入し定植してもなかなか育ちません。
関西では気候などが合わないのかもしれませんが、現在畑で1本だけ育っています。

いいことずくめのアシタバ。今日葉っぱを収穫しても明日また葉が出てくるという元気な植物です。
いい感じですね~。

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

畑三昧

【2020年3月26日】

平日なのにぽかぽか陽気の中、畑三昧。
従来の終日勤務から毎日短時間勤務に変更しました。
今日で4日目です。

 

 

Img_20200324_170851
菜園のからし菜。(結構辛くて美味しいのですが、種からマスタードやカラシを作る予定)

2年前から再雇用で嘱託となり8時間のフルタイム勤務でしたが、3月21日から毎日8時30分~15時までの5.75時間に契約変更です。
15時に退社すると午後半休のような感じですごく楽ちん!お昼のお弁当を食べるとあっという間に退社です(^^;

この4日間の退社後は菜園に直行。溜まっていることを片付けます。
今までは、週末しか行けなかった菜園。
好天の週末は登山、探鳥、菜園、ジョギング…などやることがいっぱいだったので、菜園も楽しむというよりは時間を気にしながらの作業という感じでした。
それがゆったりとした気分で楽しめます。よろしいですなぁ~。

第二の人生…までは早いですが、これからは体をいたわりながらのんびりと過ごすつもりです。

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

淡路島で3年とらふぐ

【2020年2月15日・兵庫県淡路市】
ふぐを食べに行きました。
淡路島の3年ものです。




Dsc_0953
せっかく淡路島まで行くので、午前中は探鳥。
…といっても自宅から車で30分で到着。
暖かい日の公園と家内とのんびり歩きます。



Dsc_0975
梅にウグイス…ではなく、竹にメジロ~。
珍しくはありませんが(^^



Img_4668
明石で有名な干しダコ。



Img_4697
「あわじ花さじき」にも行ってみました。
今は菜の花だけですが、ちょっぴり北海道の美瑛を思い出しました。



Dsc_0979
明石海峡大橋はかすんでいます…。


Img_20200215_0001
ふぐをいただいたのは「こゝちよ」さん。
ミシュランガイド一つ星のお店で、以前ハモ料理をいただいたところ。
<お店でいただいた冊子のイラストです>


dsc_0294k
いただいたのは「3年とらふぐの白子付コース」。
淡路島福良産の1.7kgのものを1週間熟成させ、二人で1本使用しています。
<コラージュにしました。クリックで拡大します>



Img_4676
生産者や納入業者、生産番号を明確にしたトレーサビリティを表す証明書付です。

厚めのてっさはしっかりとした歯ごたえ。白子も絶品!
丁寧に作られた感たっぷりの料理を2時間余りかけてゆっくりといただきました。
味は当然ですが、お店の雰囲気、食器や調度品、おもてなしなどくどくなく、久しぶりのスローフードをいただきました。

(でもカニもいいなあ、牡蠣はもっといいなあ~笑)

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

なんちゃって循環型菜園

【2019年11月16日】
堆肥は肥料と違い土をフカフカにして水はけをよく、また水持ちをよくするために混ぜ込むものですが、現在は自分で作っています。

 

 

Img_20191116_132920
まずは菜園で出た野菜くず、刈草、自宅の調理クズを野積みします。(ゴミ出し回数は半減しました)
しばらくすると発酵で手を入れるとやけどしそうなくらい高温になり、なんだかとても嬉しくなります~。
2-3ヶ月程度放置しますが、米ぬかや水を与えてさらに上から毛布などを掛けておくと発酵がさらに早くなるようです。


 

Img_20191116_132814
完成した堆肥。
野積み後にコンテナに入れ、米ぬか、油かす、籾殻、水などをまぜ2段に積みます。
(コンテナの底は切断してあります)
野積みを含めて半年くらいで、匂いもなくなり土のようになります。
完成したものは肥料袋に7つもできますので、私の50㎡程度の菜園には十分です。

以前は牛糞堆肥を使用していましたが、早く成長させたり、病気の未然防止の薬などを食べている可能性が高く、使用をやめました。
当然作っている堆肥には動物性の糞などは入れていません。

ちなみに肥料は自家製ぼかし肥を使っています。
こちらも動物性のものは使用しませんが、魚粉のみ使用しています

耕作面積が減ったり、少し手間はかかりますが楽しんで作っています。
我流のこだわった堆肥・肥料ですが、大きな野菜はできません~😃
小さくてもえぐみの少ない、味の濃い野菜ではないかと勝手に思っています。

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

トマト大豊作

【2019年7月18日】

今年は関西の梅雨入りは遅かったですが、関東ほどではないにしろ晴天が少ない日が続いています。
そんな中、めずらしく我が家のトマトが豊作です。

 

 

Img_20190717_181028

写真はミニですが、大玉も元気です。この時期で既に食べきれません~。
ミニでオレンジのチャペでこれが皮が薄く甘くてNo.1、他にアイコ、麗夏、桃太郎EXの合計4種類で、どれも鈴なりです。

当然有機無農薬ですが、化成肥料や堆肥も含めて動物性肥料も使用しておりません。
今年初めて、透明マルチを使用してみましたが、低温がつづいてもよくできているのはそのせいかもしれません。
でも梅雨明け後は高温障害も出そうなので、草マルチに変更しようかなと思っています。
他に透明マルチを使って元気なのは、ナス、トウガラシ、キュウリです。
でもシロートゆえ、豊作の理由はわかりません(^^;

今日の菜園で育っている野菜
インゲン(つるあり・つるなし)、赤シソ、青シソ、枝豆、かぼちゃ(ぼっちゃん、ロロン、不明1種)、しょうが、トウモロコシ、さつまいも、茄子、オクラ、ニンジン(2種類)、トマト(4種類)、アシタバ、ニラの合計21種類です。
今日も肥料づくりに頑張ります~!

| | コメント (0)

2018年9月26日 (水)

ぼかし肥作りました

現在はなんちゃって有機栽培をやっています。
畑に農薬や化学肥料はもちろん、動物性肥料は使用しておりません。

堆肥は無農薬の野菜くずや刈った草に米ぬかや油かすを混ぜて作っています。
また年に2~3回作るのは追肥等に使うボカシ肥。
材料や配分はいつも気分で決めます。

 

Dsc_0508k
今回使用した材料は、米ぬか、魚粉、油かす、牡蠣がら石灰、水(水道水ではない)、そしてEM菌と今回初めて使用する糖蜜です。

 

Dsc_0509k
混ぜた後です。
農園にある一輪車を利用して混ぜ込みます。

 

Dsc_0511k
約一ヶ月で完成しました。
白いカビが発生していますが、これは成功の証しです。
もっと均一な白カビの方がよいかもしれません。混ぜ方が足りなかったのかな?

 

いつものことですが、とってもとっても良い香りがします。
日本酒の大吟醸の香り!?
この後少し乾燥させて保存します。
作る楽しみもあって、野菜にも、体にも、心にも良さそうです~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

なんちゃって「オーガニック」

【2018年春~初夏

借りている菜園での野菜づくりは、作業が癒しとなり、安全安心で美味しい野菜もいただける一石二鳥となっています。
もちろん有機無農薬栽培(オーガニック)ですが、さらに動物性肥料を使わずに育てています。

 

Img_1877
収穫(3月)
左から、のらぼう菜、ニンジン、パクチー、茎ブロッコリー、九条太ネギ。
この季節、青物が少ないなか「のらぼう菜」は美味しくて栄養もあり、とてもうれしい存在で、5年間位は自家採種でつないでいます。


Img_2165
収穫(5月)
冬を越して奇跡的(^^;にできた、キャベツ。


Img_2167
収穫(5月)
ベト病防止のため、最近は極早生品種のタマネギ。(小さい…)


Img_2168
収穫(5月)
珍しく豊作のソラマメ、スナップエンドウ、ニンジン。

 

Dsc_0381
収穫(5月)
初めての挑戦で冬を越したニンジン。
わが菜園には常に2期分が植わっています。


2
収穫(6月)
「デザイナーフーズ・ピラミッド」の頂点のにんにくは外せません。

 

Dsc_0387
遺伝子組み換えのタネや苗を使わないために、可能な限り自家採種を行っています。
(写真は「のらぼう菜」)


Img_2184
化成肥料や動物性肥料を使わないで育てましたが、大粒で豊作でした。
でもなぜ豊作だったのかわからないのがシロートです~。
なので来年豊作になる保証が全くありません(^^;




<有機野菜>
JASでの定義
・禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
・有機栽培された種苗を使用すること

<無農薬>
JASでは無農薬といってもいくらかの農薬は許可されているそうですが、私は一切使っていません。

そこで…
堆肥は自分の畑で取れた野菜くずや刈った草に米ぬか、油かす混ぜて発酵させた堆肥。
肥料は米ぬか、油かす、蠣がら石灰、腐葉土、EM菌を混ぜて嫌気性発酵させたボカシ肥。
有機でも肥料の材料は植物性のみ使用しています。(動物性といえるのは魚粉のみ使用)
有機肥料という名で販売されている中で、例えば汚泥を加工したものも販売されています。それを使用しても「有機栽培」なんです。
一度見ましたが、とても臭いがきつく、発酵が不十分な感じでした。無料でしたがもちろん使用する気になりませんでした。

試しに…
昨年、同じ種類のじゃがいもを同じ日に別畝に植え付けました。
1つの畝は堆肥と化成肥料、もう一つの畝は野菜くず堆肥とぼかし肥を使用しました。
結果は、有機栽培の方が大きさは小さいですが、味は期待以上に全く違っていてじゃがいもの濃い味を楽しみました。

動物性肥料を使用しないのは、飼料に遺伝子組み換え食品を使用している、病気にならないように事前に抗生物質やホルモン剤などを使用していて、その糞を加工したものだからです。(肉もその理由で、さらに牛乳や乳製品は加えてホルモン系のがんにはよくないことで少ししか摂っていません)

次は不耕起無肥料…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

春の一日

【2018年3月26日

現在、仕事は従来からの会社で再雇用の身。でもこのところ残業と休日出勤の連続で、山登りも計画の余裕がなく、もっぱら好天の休日は農園に出かける程度です。
でも春は暖かいというだけで楽しいですね~。

 

Img_1852
農園までの道すがら、春の野鳥の代名詞「ウグイス」に会いました。
鳴き声はよく聞こえますが、なかなか姿を見せないウグイスは臆病で隠れるのがうまく、コンデジで撮影するのは容易ではありません。

Img_1860
春の野草の代表格「オオイヌフグリ」。

 

Img_1858
ユリの花の後。(こちらは冬の風景かも)

 

Img_1843
夕日にヒコーキが4機飛んでいます。
(自宅ベランダより)

 

Img_1862
こちらは野草ではなく、畑のものです(^^)。

 

Img_1863
畑では「のらぼう菜」、「茎ブロッコリー」、そして写真の「パクチー」で春を感じます(^^)。
香りも豊かでおいしい!

 

春の陽気の中、紙一重であっても平穏な1日を畑でのんびり過ごすのは小さな幸せ、結構贅沢な気分に浸れる今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧