リンク

  • 風に吹かれ 私の思いつくままの日々
    いろはにこんぺいとうさんは、音楽や気軽な日々の出来事をつづられています。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 山とカヌーの休日
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽もたしなむ多才な方です。
  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。

ウェブページ

無料ブログはココログ

山(②播磨・淡路島)

見事な紅葉の雄鷹台山と高山

【2017年11月25日・兵庫県赤穂市・標高284m】

兵庫100名山の雄鷹台山は、JR赤穂駅や赤穂ICからもすぐのところにあります。

 

Cig_img009
このコースは終始防火帯の尾根道を進みます。
本当に防火の役目を果たすのか疑問ですが…。

 

Cig_img011
海に続くかのコース。

 

Cig_img014
素敵な雑木林です。

 

Cig_img090
雄鷹台山の頂上。

 

Cig_img015
さざんか+紅葉。
<クリックで拡大します>

 

Cig_img018
頂上より千種川河口付近を望む。
小さい頃、赤穂イコール潮干狩りでしたが、この河口付近でたくさん拾いました。

 

Cig_img023

 

Cig_img068
ドウダンツツジの紅葉は見事です。
<クリックで拡大します>

 

Cig_img079
4合目付近が見頃です。

 

Cig_img094
以前は「赤穂高山観光牧場」でしたが、現在は「ピクニック公園」。
こちらの駐車場を利用させていただきました。

 

ピクニック公園駐車場11:20→高山11:45→雄鷹台山12:50→紅葉エリア→雄鷹台山14:19→ピクニック公園駐車場15:10

とにかくドウダンツツジの紅葉は見事でした。
雄鷹台山から北のコースでは一人も会いませんでした。
意外にも人が少ないのもうれしかったです。

もう秋も終わり。あっという間です~。

半年ぶりの高御位山

【2016年12月18日・兵庫県加古川市・標高304m】

前回の「高御位山」は今年6月、手術の10日前でした。
しばらく行けなくなるなぁとの思いで登りました。
あれから半年、たくさんの出来事を思い出しながらのハイキングです。

 

002
のじぎくは兵庫県花です。

 

001
ツツジがたくさん咲く山域ですが、季節外れのものも…。

 

008

 

003
山頂にて。

 

004
ロッククライミングの方もおられました。

 

006
工業と瀬戸内海を望む。

 

007
快晴でポカポカ陽気の山頂です。

 

辻登山口10:47→旗振山11:06→北山奥山11:13→中塚山11:17→高御位山11:45~12:11→中塚山12:44→辻登山口13:05

 

低山ですが、通常の里山と違って、ガマンの樹林帯を登ることなく、いきなり展望が開けるのが高御位山のよいところです。
ぽかぽか陽気の中、思い出に浸りながら、たっぷりと楽しい汗をかきました。

淡路島で里山散策

【2016年10月16日・兵庫県淡路市】

淡路島へ里山ハイキング。
明石港から船で岩屋港へ、そこから歩いて「あわじ石の寝屋緑地」をのんびりと散策します。

 

P1090596
いつも見とれてしまう、船から見る明石海峡大橋。

 

P1090603
人よりもネコの方が多い感じがする「岩屋商店街」。

 

P1090604
昭和を感じる「扇湯」。

 

P1090647
じつにレトロです。しかしお風呂はとても清潔感があります。

 

P1090605
この「扇湯」や淡路島を舞台にした映画『あったまら銭湯』の淡路島先行上映会が本日開かれているようです。ちょっと見たいなあ~。

 

P1090609
「淡路SA」を望む。
サービスエリアの中ではピカイチの絶景ではないかと思います。

 

P1090613
「あわじ石の寝屋緑地」は兵庫県が整備して昨年4月に開園した、新しい公園です。
整備前の少し荒れた道とは雲泥の差です。

 

P1090611
恐竜の卵発見!
今年の秋は雨が多いですね~。(きのこです)

 

P1090621
ケガを負った「とんび」を発見。
左側の翼が折れたように見えます。
鳥は体重が重いと飛べないため、多頻度の小食で食いだめができないそうです。
歩くことしかできなくなった「とんび」さんは、食べ物を摂ることができずあと数日の命と思われます。とてもかわいそうです…。

 

P1090628
明石海峡大橋の真正面。あまり見たことのないアングルです。

 

P1090631
鳥の糞。(アケビの種?)

 

P1090632
鹿orウサギの糞。
ひろい芝生広場は誰もおらず、のんびりと昼食をいただきました。

 

Awaji
本日の歩いたコース。
スマホのGPSですが、合計10kmほどの距離でした。
上部の斜めの線は明石海峡大橋です。

 

入院前の6月に歩いたコースです。
相棒(先輩)と、退院後に行けたらまた同じコースを行こうねと約束していました。
約束を果たすことができてよかったです。
次は山登りに行きたいなぁ。。。

笹ユリ咲く高御位山

【2016年6月11日・兵庫県高砂市・標高304m】

播磨地方の名峰の高御位山は、4月のツツジも有名ですが、6月はじめの笹ユリもきれいと聞いて行ってきました。

 

1
成井登山口からスタート。
標高は低いですが、さすがに人気の山ですねぇ、曇天の今日も駐車場は満車でした~。

 

2
スタートしてすぐの分岐を「笹ユリの道」方面へ、初めてのコースです。
けもの道とありましたが、コースははっきりしています。
…が、直登でいい汗を流せます~。

 

3
笹ユリはシーズン終了間近ですが、数カ所に残っていました。
こちらは頂上付近のもの。
<クリックで拡大します>

 

4
今日もにぎわっている頂上。
写真では写っていませんが見えませんが、かすんでる先に地元の雄岡山、雌岡山が見えていました。

 

5
頂上より東方向を望む。
曇天ですが、いつもながら晴れやかな展望です。
でも残念ですがこの景色もしばらく見られなくなります。
ずっと見ていたいなあ~。

 

6
成井地区のたんぼ。
今は田植えの真っ最中、農家の方はご苦労様です~。

 

成井登山口9:35→(けもの道コース)→高御位山10:04~10:30→小高御位山10:52→成井登山口11:05

6月第一日曜日には「笹ユリまつり」も開かれているそうです。
まつりの雑踏も避けたいので少しずらせましたが、花はまだ少し残っていました。
今回は登り下りともマイナーなコースで、1/25000の地図にも出ておりませんが、頂上からコースが見えているので安心です~。
いつもの山でのんびりと癒されるハイキングができました。

なお、今回でしばらくハイキングを休止します。再開できる日を楽しみに~。

船で行く淡路島「汐鳴山」

【2016年5月28日・兵庫県淡路市・標高305m】

15年前に旧淡路町(現在は淡路市)が発行した「北淡路ウォーキングマップ」に掲載されているコースに行ってきました。

淡路島の玄関口である岩屋港からスタートするウォーキングコースは、花の道、水の道、海の道、風の道と4つがあります。

現在は一部整備されていないコースもありますが、今回は比較的荒れていない「水の道」を歩きました。

 

1
明石港から高速船に乗り、明石海峡大橋をくぐった後、岩屋港へ向かいます。
それにしても船旅はワクワク感がありますね~。

 

2
岩屋港に到着後、すぐに歩き始めます。

 

3
涼しくて気持ちいい~。
<クリックで拡大します>

 

4
昔なつかしい、ホタルブクロ。
子供の頃、本当にホタルを入れて遊んでいました。

 

5
ヘビイチゴ。
子供の頃、よく食べました~(うそです。食べられません)

 

6
萩の木に似ていますが、萩は秋ですので…なんでしょう?
<クリックで拡大します>

 

8
アザミの花もシーズンです。

 

9
こちらは私の菜園で育てている、「アーティーチョーク」。
巨大アザミですが、ゆり根のような味です。今が食べ頃。
近年は花を楽しむために食べていません。
(ハイキングとは関係ありません…)

 

7
山頂に到着。
最近綺麗な看板が設置されました。

 

10
新しく整備された道を発見。         

 

11
兵庫県が整備したようです。

 

12
MTBで走りたくなるコースです。

 

13
「あわじ石の寝屋緑地」として整備されたようです。

 

14
岩屋の集落に戻ってきました。
公道と思われますが…。

 

22
昭和を感じさせる、癒される商店街です~。

 

15
ゴミ屋敷ではありません。売り物です。
このような展示をしている店があちこちにあります。

 

16
レトロな銭湯。昭和と言うより大正かもしれません。
(今日は入りません)

 

17
岩屋港の売店で販売していた淡路島の名物タマネギ。
今は新玉葱の時期ですが、今年は全国天気に天候不順により不作です。(私の畑のタマネギも病気がちです)

 

18
帰路の船。
双胴船は新造で高速でも揺れません。

 

19
クラゲもよく見ると芸術的ですね~。

 

20
明石港に帰着。
すぐそばの「魚の棚商店街」へ。

 

21
魚の棚商店街の中にある、知る人ぞ知る行列のできる立ち飲み屋「たなか屋」。
アテもなかなかです~。

 

岩屋港8:19→(水の道)→汐鳴山11:08→(淡路石の寝屋緑地)→岩屋港14:14

久しぶりに再会した先輩と、のんびり~。
つのる話にしゃべりっぱなしの10km、休憩込みで6時間。
朝はどんよりとした天気で、2週間前の山仲間(大先輩)のご逝去など、気分もイマイチでしたが、歩き終わったときのすっきり感を久しぶりに味わえたハイキングでした。

毎日登山継続中

【2016年3月26日・神戸市西区】

毎朝やっている出勤前のジョギング&ウォーキングは、ちょっとした小山(標高101m)を2往復して約30分。
9月26日から約半年継続しています。
お出かけの日を除いていほぼ毎日、体調不良で休んだのは風邪気味だった1回のみ。

1日の距離2km、標高差30m×2回ですので、今日までの累計距離は360km、累計標高差は10,800mにも…。

前回の記事は12月でしたが、朝6時はまだ懐中電灯が必要な夜間登山状態でした。

 

ちょうど彼岸の頃の朝6時が日の出の時刻となり、懐中電灯は不要となりました。
(山の中腹から東方面を望む)
Img_4129

 

そしてツツジも咲く季節となりました~。
(今年は少し早い気がしますが…)

Img_4134

 

12月は同じ時刻に懐中電灯をともしていたコース。
Img_4154

 

こちらは本日の菜園。
ニンジンの芽が出たところ。
最近のニンジンの消費量はスムージーなど週に10本位。
やはり自分で作った無農薬のものを食べたいものです。
ニンジンは発芽すれば8割成功らしいですが、大きく育ってほしいなあ~。
<クリックで拡大します>
Img_4163

 

まあ、それなりに順調な日々ではあります~。

雌岡山は満開の梅

【2016年3月6日・兵庫県神戸市西区】

陽気に誘われ車で15分の雌岡山へ。
梅林は満開でした。

 

梅にウグイス…ではなく、ジョウビタキです。
Dsc_5659

 

雌岡山頂より望む、春霞に浮かぶ明石海峡大橋。
Dsc_5666

 

同じく山頂から望む、麓のため池。
幾何学的な模様は…?
Dsc_5667

 

ソーラーパネルが浮かんでいます。
優れたアイデアですね~。
Dsc_5646

 

春霞、ポカポカ陽気、ちょっとした風と春本番を思わせる一日でした。
本当の春はまだ遠いかなあ~。

ポカポカ陽気の高御位山

【2016年2月28日・兵庫県高砂市・標高305m】

春本番を思わせる朝、いつもの高御位山に出かけました。
ここは自宅から車で30分で登山口へ行けて、終始展望の開ける大好きな低山です。

 

阿弥陀池駐車場より、高御位山山頂を望む。
今日は直登せずに回り道をして登ります。
Img_3955

 

登山口から東へ向かいます。
辻登山口方面と加古川市街地を望む。
Img_3958

 

「太閤岩」と、加古川市の北方面を望む。
Img_3962

 


ここからいったん辻登山口に下山します。
Img_3967

 

下山後、西山コースから登り直して山頂に到着。
Img_3968

 

快晴ですが、あったかく春霞といったところ。
Img_3971

 

こちらも山頂です。
Img_3980

 

今日は祈祷の日だったようです。
(白い服の方は神職さんです)
Img_3976

 

阿弥陀池(駐車地)と町並み。
手前は山火事の後の葉っぱのない木です~。
Img_3982

 

長尾コースを下ります。
(山頂を望む)
Img_3984

 

駐車場付近は梅が満開です。
Img_3988

 

背景は高御位山山頂。
Img_3998

 

<おまけ>
帰宅後、陽気に誘われ菜園でニンジンの種まき。(不織布が足りない…笑)
奥は昨日植え付けたジャガイモ。
冬を越したのらぼう菜、スナップエンドウ、ソラマメは順調に育っています。
あったかいだけで畑も楽しくなります。
Img_3999

 

 

今回は新たなコースを歩いてみました。
ポカポカ陽気で、駐車場や山頂は大盛況でしたが、辻登山口や西山からのコースはほとんど人に会わず静かな山歩きが楽しめました。
たっぷりと良い汗をかき、大満足な一日でした~。

快晴の千ヶ峰+節分草

【2016年2月11日・兵庫県多可郡多可町加美区・標高1,005m】

年に一度はお邪魔する千が峰。
好天に誘われて行ってきました。

三谷登山口からスタート。
井戸元兵庫県知事作とのことですが、立派な看板です~。(^^)
Img_3909

 

雄滝。
氷結はまったくなし。
Img_3914

 

頂上直下の素敵な青空です。
<クリックで拡大します>
Img_3919

 

頂上に到着。
展望抜群!
Img_3933

 

快晴の空と明るくて広い頂上。
ポカポカ陽気です。
Img_3920

 

多可町を望む。
Img_3925

<クリックで拡大します>
Img_3934

 

市原峠方面を望む。
雪も少ないですが、期待していた霧氷もなし。
(気温も高く、何よりもっと朝早く来ないとね~)
Img_3922

 

「氷ノ山」もくっきり望めます。
Img_3926

 

下山しました。
登山口に咲いていた、ミツマタの花。
<クリックで拡大します>
Dsc_5632

Dsc_5627

 

下山後は、丹波市の節分草を見に行きます。
一昨年前の12月に開通した「清水坂トンネル」は約2kmの長さ。
少しショートカットできます。
Img_3939

 

「江古花園」の節分草。
咲いているのはわずかですが、控えめな可憐さが素敵です。
見ていて飽きないですね~。
<クリックで拡大します>
Dsc_5636

 

<クリックで拡大します>
Dsc_5641

 

山行1時間37分 休憩32分 合計2時間9分(GPSで自動計算)

三谷登山口9:28→三谷・岩座神分岐10:06→千ヶ峰10:29~11:01→三谷・岩座神分岐11:14→三谷登山口11:37

 

山頂はポカポカ。快晴で展望抜群。
雪を楽しみに出かけましたが思ったより少なく、また気温が高いせいで霧氷も見られませんでしたが、もう一つの楽しみの節分草を見ることができ、素敵な一日でした~。

毎日夜間登山

【2015年12月9日・神戸市西区】

出勤前の毎朝のウォーキングは、ちょっとした小山(標高101m)を2往復して、約30分。
歩き終わった時は、汗をかく手前でほっこりと暖まります。

 

この時期の朝6時過ぎはこんな感じ。
<クリックで拡大します>
Img_3588k

 

もちろん、懐中電灯必携です。
Img_3593k

 

登った山の遠景。
Img_3545k

 

自宅近くの交差点からガーミンで測定してみました。
2k

 

小山(標高差30m程度)を登り縦走後に下山、再度登り直します。
1k

 

ある朝、いつも出会う方から「暗い山は怖くないですか?」と聞かれて、まあチョットは…と答えたら、「ここはキツネがいますよ…」。まあいいか~。

9月26日から約70日継続しています。
もちろん雨の日や当日に別なハイキングに行く以外は毎日です。
この地域、ほとんど雨の日はなく、休んだのは2日程度です。晴れの国(岡山のキャッチフレーズですが)なんです。

1日2km、標高差30m×2回ですので、今日までの累計距離は140km、累計標高差は4200mとなりました。
いつまで続くかな…?

より以前の記事一覧