リンク

  • 風に吹かれ 私の思いつくままの日々
    いろはにこんぺいとうさんは、音楽や気軽な日々の出来事をつづられています。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 山とカヌーの休日
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽もたしなむ多才な方です。
  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。

ウェブページ

無料ブログはココログ

山(⑩岡山・四国)

半世紀ぶりの「城山」

【2015年3月21日・岡山県美作市壬生・標高366m】

お彼岸らしいとても暖かい日差しに誘われて、約50年ぶりの山に登ってきました。

 

ぽかぽか陽気にツクシも暖かそう…。
<クリックで拡大します>
Img_2206

 

50年前と違い林道が伸びていますが、予想通りのところに登山口が見つかりました。
(偶然ですが…)
実家からは車で5分の所です。
登山口の看板はありませんが、テープがあり、それらしい道がありました。
Img_2213

 

コース上の珍しい植物。
ではなく、ビニールヒモが風と紫外線で糸状になったものでした(^^)
Img_2216

 

小学校の遠足ではここまで来たのではと思います。
この坂道を滑って遊んだ覚えがあります。
(城山の山頂への分岐を15分位通り過ぎたところ)
Img_2214

 

さらに進んでみましたが、倒木でこれ以上進むのはは容易ではないと判断、ここで引き返します。
Img_2217

 

引き返して「城山」へ。
(途中で道を間違えましたが…)
山頂からは我が家(実家)も見えて、標高は低いですがまずまずの展望です。
Img_2224

 

登山口に戻って来ました。もちろん誰とも会いませんでした。
Img_2225

 

帰路の登山口からすぐのところある「高林稲荷神社」に寄ってみました。
お参りをしていきます。
Img_2226

 

おまけ。
旧大原町古町では3月21日、22日に「ひなまつり」の催しがあります。
Img_2232

 

22日はなぜか「くまもん」も来るそうです。
Img_2234

 

この辺りのひな祭りは旧暦で行います。
古いひな人形の展示も。
Img_2231

 

かわいいものも…。
Img_2240

 

おしゃれなものも…。
Img_2241

 

登山口8:50→ザレ場9:05→行き止まり9:20→頂上10:10~10:15→登山口

登山口、頂上、また途中に道標はまったくありません。
頂上まではテープがあります。(といっても登山口から10分程度で山頂ですが)
その先は踏み跡程度のところもあり、幾度か道を間違えました。
たった1時間半のハイキングでしたが、人はいませんでしたが鹿に4回も会いました。

小学生の時に登って以来の「城山」。正式にはに「尼山城」というようです。
「城山」はどこにもある山名ですが、我が母校の「城山中学校」(じょうざんと読み、今は廃校)の名前の由来となった山です。
ハイキングは小学校の時に、2度行った覚えがあります。

もうすぐ還暦ですので、登ったのは約50年ぶりとなりますがこの辺と思ったところに登山口がちゃんとありました。(道標は一切ありませんでしたが)
若いときのことは覚えているものです。
…が今では数秒前のことも忘れてしまうのが悔しい今日この頃です~。

四国剣山と次郎笈(ランチは地元食材)

【2013年7月20日・徳島県美馬市、三好市・標高1,955m】

四国の100名山は2つ、石鎚山には以前テント泊で登っています。
今回、残っていた剣山に行ってきました。

予想通り晴れ晴れとして雄大な景色で、心配していた暑さは曇りがちでかつ遠望もきくというベストの状態だったと思います。
コースもきれいなブナ林など楽しめるものでした。
なんといっても地元で仕入れた食材を山頂で頂けたのが何よりのごちそうでした~。

<終始感じのよいコースです>
Img_8611


<次郎笈を望む>
Img_8614

見ノ越10:15→西島11:00→次郎笈峠→次郎笈12:05(昼食)13:00→次郎笈峠→剣山13:50-14:25→見ノ越15:20

続きはこちら→
(ハンドル名:takibi)

「星祭山」…山名に惹かれて

【2013年4月27日・岡山県美作市小松・標高580m】

地図を見ていたら面白い山名を見つけて、たまたま実家の近くだったので登ってみることにしました。

山名に付いている『星祭』は、wikipediaによると「仏教で災いを除くための祭りのことで星供養とも。七夕まつりも星祭と呼ばれていますが内容は異なる」そうです。
なんだかよくわかりませんが(^_^;)、春たけなわの花もちょっぴり楽しめました。


<ミツバツツジは終盤を迎えています>
Img_7671

<満開のクロモジ>
葉っぱを手で揉むととてもよい香りがします。
Img_7631

<とっても美味しい「コシアブラ」>
タラの芽よりも数段うまいですよ~。
Img_7644

<藤もあちこちで満開です>
Img_7655

<八重桜は終わりかけ>
Img_7658


<「星祭山」の八合目>
山っぽい標識はコレが唯一。他に案内等は一切ありません。
展望は八合目手前で後山や日名倉山が望めます。
Img_7629


<「竹山(標高424m)」からの眺望(設置されている看板)>
復路に立ち寄った「竹山」の頂上は城跡になっていて太平記にも名が出てくる山城があったところです。宮本武蔵の父の平田無二斎はこの城の家老であり、剣道師範役として仕えていました。
ちなみに宮本武蔵の生家はここから直線距離で1.5km位です。
標高430メートルの山頂は展望台で、眼下には宿場町の大原の街並みと、智頭急行、今年3月に全通した鳥取道を望めます。
中央が「後山」で岡山県最高峰(1,345m)。右端は美作富士と呼ばれている「日名倉山」です。
Img_7649


<「竹山」からの下りは遊歩道…>
…と思いきや途中から荒れており藪こぎとなります。
Img_7669


<おまけ>
これは実家のたけやぶに生えているもの。
例年は人より先にイノシシさんの食材となっていましたが、なぜか今年は人が優先です・笑。
この日は30本程収穫。結構疲れますが、出始めでとてもやわらかく、甘いです。
Img_7675k





<コースタイム>
国道429号の峠にある池の脇P13:40→星祭山14:45~15:00-→竹山分岐点→竹山15:25~15:35→432mの東屋15:50→町民グランド手前国道出会い→P16:25


名前につられて登りましたが、山名の云われについては知ることができませんでしたが、とにかく夜の星は綺麗そうです。(この地域なら天の川や流れ星は間違いなく見ることができます)

途中でコシアブラに目がくらんだせいもありますが(笑)、コースはとてもわかりにくく、今回は迷うことなくいけましたが、運が良かっただけと思います。

夕立受山ハイク&焼き牡蠣

【2012年3月4日・岡山県備前市・標高210m】

夕方受山(ゆうがたうけやま)は標高は低いですが、穏やかな瀬戸の海の絶景ポイントで、岡山県100名山にも属しています。
桜の木もたくさんありますし、ツツジの頃はにぎわいそうです。

その後は日生といえば牡蠣。たっぷり焼いて食べてきました。
暦は春ですが、惜しみながらの冬の味覚を楽しむことができました。

<山頂よりパノラマ写真>
駐車場から山頂まで25分程度。
今日は小雨模様ですが、無風で穏やかな瀬戸を望めます。
※クリックで拡大
3

<下山後は、ご存じ日生の「五味の市」>
今日は2,000円+1,000円のものを各一皿を2,000円で購入。
向かいの「道の駅 しおじ」で焼きます。
Img_3955

<バーベキューは1時間待ち>
お昼前に到着しましたが、雨にもかかわらず1時間待ちです。
以前のように予約制でなく、行列に並びます。
しかし、一組だけ屋根のないところで焼いているグループがいますが、私たちです。
なんとこちらは待ち時間ゼロで、貸し切りです。
訳あって全員雨合羽を用意しており、ラッキーです!
Img_3971

<な~んでも持ち込みOK>
日生駅前で仕入れた、シャコ、穴子、椎茸、ふぐ、豆大福等を焼いて食べます~。
ビールも…。
Img_3959

<でかい牡蠣にこちらも名産のシャコも炭火で絶品ですshine>
Img_3966



駐車場10:10→山頂10:35-10:50→駐車場11:00

金比羅さんから大麻山

【2010年10月24日・標高616m・香川県善通寺市、仲多度郡琴平町

大麻山(おおさやま)は四国百名山で、高松道の善通寺ICを降り、金比羅さんに向かう国道312号線の右手に見えます。
琴平山と象頭山とが連なり、よ~く見ると象の頭のような…。ちょうど金比羅さんが目のあたりの位置です。
その三山を金比羅さんの参道から登ってみました。

<まずは金比羅さんの参道からスタート>
相変わらずの人出です。
Img_8644

<いつもおられる飴細工販売の4人(右側に2人)>
売れたところを見たことがない気がします(^^)。
Img_8617

<本宮境内>
奥に讃岐富士がキレイな形に見える。
Img_8622

<本宮>
785段の階段を登って到着。大半の方はここまで。
Img_8623

<奥社の途中にある白峰神社>
こちらからも大麻山に登れる…らしい。
Img_8629

<奥社>
ここまで1,368段。登ってくる人は本宮までの人数の十分の一以下であろう。
境内から10mほど下ってトイレの横を入っていくと登山道です。
Img_8630

<奥社から讃岐富士>
Img_8631

<大麻山頂上付近の桜並木>
大木が相当数あり、少し紅葉している。春は見応えありそう…。
Img_8635

<大麻山の二等三角点>
展望はほとんどなし。少し先に展望台があるが、今回は省略。
Img_8637

<頂上付近の栗>
植えてあるので盗ってはいけません。(盗っていません、撮っただけ…)
Img_8638

<アケビ>
こちらは天然もの。
Img_8640

<利用した駐車場>
とにかく金比羅さんの駐車場の客引きはスゴイ。
神戸ナンバーと見るや、一つの駐車場で100回位手招きされます(^^)。
10箇所位の駐車場の前は充分通るので、合計1,000回以上の手招きを受けることになります(^^;。
それらの手招きをかいくぐり、無料駐車場を発見\(^_^)/。(県立琴平公園駐車場、10台位可能)
しかも参道まで3分です。
Img_8613

琴平公園P12:20→参道→本宮12:40→白峰神社→奥社13:00→龍王社→大麻山13:35→龍王社→象頭山→琴平山→本宮14:30→参道→琴平公園P14:50

今回は曇天と時間の都合で行けませんでしたが、大麻山の展望台は雄大な景色が広がっているそうです。

その後せっかくなので、象頭山と琴平山へ登り、白峰神社へ降りられるコースが看板に出ていたので、行ってみると…。
ここがそうなのかな?という山はあったものの、看板もなく、しかも白峰神社までのコースが分からず、そのうちテープだけの道になり、だんだんとテープもなくなって、とうとう藪こぎに…。

40分位を金比羅さんの太鼓の音を頼りに、急坂を藪こぎと蜘蛛の巣をかき分け、やっとの事で降りたところが本宮の裏手。頭は蜘蛛の巣だらけでした(笑)。
四国100名山でもあり、遊歩道位だろうと地図も用意しておらず油断して、おりました。
反省…(^^;。

鳴門山

<徳島県鳴門市・標高98.7m・08年10月22日>

所用で鳴門市まで。
仕事を終え、ちょうどお昼になったので…言い訳がましいですが(^_^;)、鳴門北ICから5分位の鳴門公園の駐車場に車を止め、食事。
その後、裏手にある鳴門山へ登山。…な~んてホンの5分程度歩くだけ。でも眺望は抜群です。
(撮影は携帯電話)

<エスカヒル>
…というのは鳴門山に登るためのエスカレーター。
先が見えないほど長い…ってなわけはなく全長は68m。
一応、山屋の端くれなので、5分で登れる山を300円も払うのはもったいないと、写真を撮っただけ(^_^;
Ts2b0461

<大鳴門橋。淡路方面に向かって撮影>
Ts2b0462

<途中の展望台より>
Ts2b0465

<この辺りによくうず潮が>
Ts2b0464

<雨が降ってなければ、絶景です!>
Ts2b0468

徳島は意外と近いです。明石海峡大橋から1時間少しです。ちと高速代が高いですが…。
少し前見た映画の眉山にも行きたかったなあ。
阿波踊りも見たことないです~。

天狗山と牡蠣

天狗山登山と牡蠣の旅<'08年2月23日>
《392m 岡山県》

■登山の部(天狗山)
・雨、風の中、岡山県日生町の天狗山(392m)へ。登頂後はなぜか晴れてきた。瀬戸内海の眺望よし。
快く駐車させていただき、頂上からの展望の地図までいただいたコミュニティーセンターの担当の方は親切でした。ありがとうございました。
(写真は携帯電話使用)

コミュニティセンターparking9:00→寒河八幡宮(Aコース)→天狗山山頂10:00→三ツ池(Bコース)→コミュニティセンターparking11:30

【天狗山山頂】
360度の展望、瀬戸内海もキレイ。
Sts2b0317



・下山中の三ツ池
ここもキレイ。しかし牡蠣が異常に好きな3名は、気持ちは一刻も早く牡蠣にありつきたい気持ちでいっぱい。
Sts2b0319

・地図<クリックすると大きくなります>
Photo_3

■牡蠣の部(五味の市)
・日生港の五味の市で購入した牡蠣、2,000円分(+1,000円分サービス)を市場の脇のバーベキュー場で3人で焼く。
こんなに食べていいのか?
3人とも初めての量。この時期、身が大きく味も最高!
Sts2b0322

・2軒目は、「かきおこ」の店へ。
国道から入ったところは14時なのに20分待ちの行列。
国道沿いの空いた店へ。
またしても大量の牡蠣…。うまかったです。
S080223_150401

・3軒目は再び五味の市へ。
「カキフライソフト」…。味は…うーむ、姿どおりのそのまんまですなあ~
本日の昼食は、12時~15時30分の間、牡蠣づくしでやっと終了scissors
Sts2b0326




■その後①
帰路の山陽道は一時吹雪となる。今日は雨・風・雪と盛りだくさん。

■その後②
2日後のこと…3名中2名が食あたりdownwardright
病院行って点滴。2日間会社休み…という落ちがつきました。
私はなぜかカキのエキスでゼッコウチョーでもうしわけないですわ~。