リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
  • 八東ふるさとの森
    鳥取県にある有名な「森を楽しむ」町営の施設。 こちらのブログには私の撮った写真も載っています。
無料ブログはココログ

山(④岐阜・三重・福井・石川)

2024年5月25日 (土)

長良川鉄道の終着駅

【2024年 5月4日】
長良川鉄道の終着駅「北濃」駅に行ってきました。
国鉄時代は越美南線と呼び、計画では福井県の越美北線とつながる予定でしたが、実現されていません。




Img_2439
昭和を感じる駅舎。



Img_2440
新緑の中、折り返しの列車が停まっています。



Img_2416




Img_2431
亡くなったさくらももこさんデザインのラッピング列車。
「GJ8マン」などが描かれています。
冬は「コタツ列車」も運行されているとか。



Img_2418
列車内もデザインされています。



Img_2434
転車台が残されています。
日本で2番目に古いという手動式でアメリカ製のもの。
今は使用されていません。



500_0583
こちらは山田~自然園前間で撮影した「パーシモン美濃里号」


長良川鉄道株式会社もラッピング列車、イベント、オリジナルグッズなど積極的に展開されています。
また乗ってみたいですね。



以上で今年のGWの記事は終了です。(やっと…)
11日間の内、探鳥6日、山登り2日、出勤1日、畑の土いじり3日(一部ダブルヘッダー)とすべてアウトドアで過ごしました。
長崎、岐阜、福井に出かけ、船、新幹線、車で移動し、自走は1,400km。
正直疲れもありますが、満足感たっぷりの休日でした。

2024年5月23日 (木)

山で探鳥(岐阜)

【2024年 5月 4日】
GWはスケジュールが詰まっていて(^^; 好天の中、今日も帰省先で探鳥に出かけます。




Img_2402
今日は白山信仰で栄えた集落「石徹白(いとしろ」へ出かけます。
檜峠(ひのきとうげ)を越えて…地理的にはどう見ても福井県ですが、住所は岐阜県です。
中居(ちゅうきょ)神社の神秘的な杉の大木。


Img_2403
この時期、ミズバショウが咲いています。
GWに見るのは3か所目。
今年はザゼンソウは終わったのか、見つけられませんでした。



Z8b_5716
マミジロツメナガセキレイ…てな訳でなく、"タダ"キセキレイ。



Z8b_5722
イワツバメ。



Z8b_5731k
カワガラス。



Z8b_5724
ミヤマカラスアゲハ?



Img_2411
白山。
白山へはこの石徹白道が一番長いコース。
コースタイムで12時間、距離は20km前後です。一度は行ってみたいな。



Img_2413
野伏ヶ岳。
今年は全く雪がありませんので、登ることは不可能です。


石徹白は登山でよく利用した地域ですが、昨年から探鳥にも出かけています。
今日は探鳥は不発でしたが、快晴の山をふもとから見るのもいいものです。

2024年5月21日 (火)

バイカオウレン咲く取立山

【2024年 5月 3日・福井県勝山市・標高1,307m】
好天の中、福井県の取立山へ。
計画では大長山に登る予定が、登山口までの小原林道が通行止めで急遽変更です。




Img_2337
登山口の臨時駐車場はGWで好天でもあり、8時半でざっと40台。
登り始めてすぐの「大滝」。水量もあり見ごたえあります。



Img_2342
わずかな雪渓とミツバツツジ。



Img_2349
モクレンも満開です。



Img_2357
「こつぶり山」に到着。ここで初めて白山が登場する展開。
左が白山、右端が別山。



Img_2308
昨日にひるがの高原から見た白山と別山の向きが反対です。



Img_2355
ショウジョウバカマはたくさん咲いていました。



Img_2350
イワウチワもあちこちに咲いています。



Img_2365
こつぶり山と取立山の間の水芭蕉。
わずかに残雪がありました。



Img_2366
今日の山で一番きれいだったバイカオウレンは1輪だけ見ました。



Img_2382
取立山山頂に到着。背景は白山です。
白山の雪も少ないですが、この取立山も雪は全くありません。
経ヶ岳と荒島岳を望むことができましたが、こちらも雪はほとんどありません。
13年前のこの時期に登った経ヶ岳は谷筋で2-3mの残雪があったのに…。



Img_2398
勝山城。
きれいで立派なお城ですが、誰もいませんでした。




Img_2400
荒島岳は見る場所によって形が変わりますが、勝山からはなかなか良いですね~。
この後、最近できたふもとにある道の駅「越前おおの荒島の郷」に立ち寄ってみました。
大きなモンベルもあってたいそう賑わっていました。




取立山夏期駐車場8:33→8:50大滝→9:37こつぶり山9:41→取立平避難小屋→10:09取立山(昼食)11:21→12:00取立山夏期駐車場

歩くペース とても速い(0.50.6)

快晴の中、バイカオウレン、イワウチワや水芭蕉も見られ、また白山の大展望も素晴らしいものでした。
例年だとこの時期は残雪があるはずですが、今年はとても少ないですね~。

岐阜県からは中部縦貫自動車道が1区間を残して開通したおかげで福井・石川の山には出かけやすくなりましたが、九頭竜湖の脇が残っていて、全通が待ち遠しいです。

2024年3月15日 (金)

雪の蕪山

【2024年 3月10日・岐阜県関市・標高1,069m】
今年は雪が少なくどこに登ろうか迷っていたところ、前日に里にも雪が降ったので、実家近くの山に登ってきました。




Img_2004
推定樹齢400~500年といわれる株杉の中を進みます。 付近には50株ほどあるそうです。



Img_2018
ブナも混じる素敵な雑木林を進みます。
この辺りでウソが3~4羽いました。



Img_2027
頂上到着、20人ほどの大盛況でした。



Img_2020
残念ながら御嶽、乗鞍、北アルプスは望めませんでした…。



Img_2024
しかし高賀山はこちらから見るといい形してます。




関市板取運動公園8:38→株杉の森→9:29蕪山自然観察道分岐→10:52蕪山(昼食)11:24→12:23蕪山自然観察道分岐→13:10関市板取運動公園



5年ぶり6回目となる蕪山。

特にお正月には実家から近く、適度な雪が楽しめて、展望ヨシ、温泉ありとよく出かけます。

久しぶりの適度な雪で、その後の筋肉痛と共に、満足満足。

2023年12月31日 (日)

2023年を振り返って

【2023年12月31日】
あっという間の一年でした。
初孫の誕生、久しぶりのアルプステント泊登山、そして超望遠レンズや新しいカメラの購入など探鳥に多くを注ぎました。



<1月>
Mitenebd0bb119c92e448795d2153c6e9ecd83
1月12日に初孫誕生。
ついにおじいになりましたが、想定以上に可愛いものですね^^;



<2月>
d50_3005
湖北で奇跡のオオワシに出会いました。
歳をとっても毎年長旅もして頑張っているなぁ~。



<3月>
Img_9960
実家の近く、那岐山の冬景色は素晴らしかった。
毎年のことながらカタクリやセツブンソウのスプリング・エフェメラルも楽しみました。



<4月>
Img_0114
初めてのミラーレスカメラ「Zfc(クリムゾンレッド)」を購入。
しかし11月に手放すことになりました。
デザインは良いのですが、探鳥には向きませんでした。



<5月>
Img_0356
昨年に続き、離島を楽しみました。
九州までフェリー、山口県の見島まで探鳥へ。
人の少ないところは私達夫婦に会っています(^^)♪



<6月>
D50_6997
舞子海岸の生まれたばかりのヒナを子育て中の「コアジサシ」。
1箇月の間に4回も見に行きました。



<7月>

Img_0957
北アルプスは6年ぶり、テント泊は12年ぶりという久しぶりだらけの登山でしたが、とても楽しい時間でした。
我が家(テント)の背景は剱・立山のモルゲンロート\(^o^)/



<8月>
D50_7510
初めて見るヤイロチョウ。
二度と会えない鳥かもしれません。



<9月>
Dsc_0042_20230901173801
いろいろ回り道をしましたが、超望遠レンズの800㎜を購入。
写真は手持ちのNikonのpfレンズの300,500,800㎜。
さらに新たなミラーレスカメラも購入しました。



<10月>
Dsc_0115
古典芸能の「薪能」を鑑賞。
明石城を背景に、日暮れと薪の火が幻想的な和の雰囲気でした。



<11月>
Z8b_1635
三重県に探鳥へ出かけました。
ツレの体調不良で早めに切り上げましたが、伊勢えび、アワビなどの船盛りを堪能しました。



<12月>
Z8b_2542
青空に映えるコウノトリ。
1ヶ月に3回も会えました。



ブログの記事の分類
1.探鳥:57件 45%
2.山:25件 20%
3.旅行:9件
4.畑:8件
5.前立腺がん:6件
6.カメラ:4件
7.その他:18件
2023年の年間記事数の合計は127件、TOPの探鳥は45%を占めていますが、実際は記事にしていない探鳥もありますのでダントツ多くの時間を費やしました。しかし相変わらず鳥の名前をお覚えられないです…^^;

大きな出来事として、記事にしていませんが47年間務めた会社の退職、そして新たな職場が決まったこと。
正式には来年2月20日に退職、翌日からの勤務です。
全く違う分野での業務で不安もありますが、あと3年間頑張ってみようと思っています。


1年間お付き合いいただきありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。

2023年5月 6日 (土)

鳩ヶ湯温泉から「赤兎山」

 【2023年 5月 3日・福井県大野市・標高1,629m】
20年ほど前、福井県勝山市側から登ったことがある「赤兎山」ですが、ガスガスでしたのでリベンジに大野市側から登ってみました。

<写真はクリックで拡大します>



Img_0493
鳩が湯温泉からスタート。
ブナの美林が続きます。



Img_0578
話題のバイカオウレン+ブナ林。
(朝の連続テレビ小説でおなじみ)



Img_0491
セリバオウレン。



Img_0489
変わった形のエンレイソウ。



Img_0449
イチリンソウ。



Img_0446
キクザキイチゲ(ブルー)。



Img_0470
同じくホワイト。



Img_0609
ヤマシャクヤクのつぼみ。



Img_0477
あちこちに咲くカタクリ。



Img_0598



Img_0525
稜線に咲く、ショウジョウバカマ。



Img_0574
残雪のブナ林は、まだ芽吹いていないようです。



Img_0570
頂上間近で夏道が残雪に覆われ、手前に向いた枝のヤブ漕ぎ^^;



Img_0565
長い登りでした~。
この坂を登ったら…。



Img_0562
幸せが待っていました!
後ろは白山。今年は雪解けが早いようです。



Img_0552
ステキな湿地帯。もうすぐいろんな花が咲きそうです。



Img_0544
避難小屋先の展望所に到着。
標柱などはなく、年代物の重厚な三角点があります。
そのわきに「七七七」の標柱も。(意味は分かりません)



Photo_20230506143401
白山(左)と別山(右)。
<パノラマ合成>


Img_0612
最後にオオルリ登場。
きれいなさえずりと共に見送ってくれました。




鳩ヶ湯温泉7:13→9:45奥ノ塚峠→11:02赤兎山11:10→11:26赤兎避難小屋・展望所(昼食)12:01→12:18赤兎山→13:23奥ノ塚峠→15:18鳩ヶ湯温泉


鳩が湯温泉から赤兎山まで9km、標高差は約1,100m。
GPSでの累計標高差は1,570mあまりとちょっと登りがいがあります。

山頂からは、
別山の反対側に12年前に登った「経ヶ岳」がでっかく望め、さらに日本百名山の「荒島岳」の少し印象が薄い感じですが望めます。
赤兎山避難小屋は清潔で、一度は泊まってみたい雰囲気。

今回は鳩ヶ湯温泉からの少し頑張るコース、でも途中のお花や素敵な植生などとても楽しめました。

何よりさらに頂上にたどり着くと突然大展望が開ける予想外のドラマが待っていて、満足感たっぷり。

反省点はスタート前にヤマレコの地図がダウンロードできておらず、勘に頼る登山となりました。
残雪で夏道が消えているところがあり、少しヤブコギも^^;
下山は地図なしですが、登った時のGPS軌跡が参考になりました。

出会ったのはひとりだけで、静かな山歩きができましたが、
もっと歩かれてもよい楽しいコースと思います。

2022年12月31日 (土)

2022年を振り返って

【2022年12月31日】
今年もいろいろありました。
父親の逝去、山登り、バードウォッチング、旅行、家庭菜園、それらの写真撮影…。
思いつくままに振り返ります。



・父親の逝去

Dsc_0358
「急性心筋梗塞」で10日間の闘病。
十分な親孝行はできませんでしたが、苦しまずに逝ってくれました。



・闘病

psa2207
前立腺がんの治療後6年経過。
マーカーのPSAは0.039と順調に推移しており、医療や日々の家内の努力に感謝です。

<クリックで拡大します>



・山登り

Img_7861
2月の偏妙の滝。



img_9003
「白草山」からの「御嶽山」は見事。
<クリックで拡大します>



Img_9381
「段が峰」は適度な雪を楽しめました。

今年の山行は少なく14回にとどまり、百名山や2,000mを超える山も行けず、また楽しみにしていた「白山」にも天候の都合で行けずと少し残念。



・バードウォッチング

Img_8277
4月は初めての「舳倉島」へ。
何もない離島の雰囲気が最高です。



Dsc_8668s
舳倉島ではめずらしい「キガシラセキレイ」など珍しい鳥を発見。
ワクワク感がてんこ盛りな島でした。



dsc_9385
5月は鳥取で長年探していた「アカショウビン」を初めて撮影、感動です。
<クリックで拡大します>




dsc_9847
7月の岡山でも初めての「ブッポウソウ」を撮影。
<クリックで拡大します>




d50_0965
4月に現地で注文した初めての輪島塗の汁椀が9月になって到着。
良いものは良い…を実感。以降毎日楽しんで使っています。
<クリックで拡大します>




D50_1794
11月は「東よか干潟」へ。
神戸では見られない野鳥や景色に感動です。



d50_2175
12月は紅葉の中の「ニシオジロビタキ」の撮影に成功。
<クリックで拡大します>



・家庭菜園

D70_0599
畑を始めて12年。
なんちゃって有機無農薬(堆肥・肥料は植物性)は小さいけど、美味しく安全な野菜が獲れるようになりました。
さらに近年はうれしいことに虫がつかなくなりなりました。



バードウォッチングはのべ63回と出かけたのは過去最多。
 主な探鳥場所:雌岡山、加古大池、江井島、和合成池(出かけた回数は4回程度)
 印象的な場所:舳倉島、八東ふるさとの森、東よか干潟
 楽しかった鳥:アカショウビン、ブッポウソウなど
特に、家内と探鳥と旅行をセットで出かけたのは楽しめました。



前半は父親の介護と葬儀等で慌ただしい日々でしたが、まずは健康でいられたのが何よりの1年だった気がします。

2022年11月 4日 (金)

快晴の白草山&箱岩山

【2022年 11月 3日・岐阜県下呂市標高1,669m】
8年前に登った「白草山」に登ってきました。
岐阜・長野県境にあり、「御嶽山」の展望台として「ぎふ100山」に選定されています。




Img_8971s
朝から快晴~。
山頂から御嶽の展望に胸が膨らみます。



Img_9031s
紅葉は標高1,000m付近がちょうどよい感じです。



img_9003
山頂到着。
雲一つない空にデカイ「御嶽山」が望めました!
<クリックで拡大します>



img_9005
さらにUP。雪は少ない感じです。
<クリックで拡大します>



Img_9007s
「笠ヶ岳」。また登りたいなぁ~。



img_9013
「箱岩山」を望む景色もブルーの空と共に素晴らしい
<クリックで拡大します>



Img_9023s
「箱岩山」山頂、こちらが本日の最高地点で1,669m。
展望は良いですが、頂上から「御嶽山」は見えません。
前回は手前に水芭蕉が咲いていました。
1/25000の地図には、北西に「高森山」までのコースがありますが、一部かなりのヤブコギがありそうでした。
(頂上から5m進むとヤブでした)



Img_9022s
今日のサバ缶は、「焼きサバのアヒージョ」。
オリーブオイルとニンニクの味付けが美味しかったです。
背景の「白山」は意外と雪がないです。



歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率

駐車場8:15→8:44黒谷林道終点→9:43白草山10:23→10:37箱岩山10:49→11:34黒谷林道終点→11:51駐車場

8年前に訪れた時は、水芭蕉やバイカオウレン、ショウジョウバカマが咲いていて、さらに快晴の御嶽が見られました。
その時は、ダブルヘッダーで寺田小屋山にも登頂しました。(若かった…)

アプローチが容易であるにもかかわらず、展望がよいコスパの良い山と思います~。
秋に訪れるのは初めてですが、2回共に快晴で感動の御嶽を見ることができました\(^o^)/

2022年5月 4日 (水)

クマガイソウ満開の簗谷山

【2022年 5月 2日・岐阜県下呂市・標高1,214m】
3年前に簗谷山(やなだにやま)のクマガイソウに会いに行きましたが、まだつぼみでした。再度リベンジです。




Img_8339
新緑で気持ちの良い登山口。



Img_8373
マムシグサがあちこちに。



img_8385
すぐにクマガイソウ発見。
2019年5月6日はつぼみでしたが、満開です!
<クリックで拡大します>



img_8380
新緑とクマガイソウ。
<クリックで拡大します>



img_8379
何かに似てるなあ…^^
<クリックで拡大します>



Img_8396
ミツバツツジ?



Img_8404
シロヤシオ。



Img_8442
クロモジ。



img_8414
頂上直下の好きなアングルです。
<クリックで拡大します>



Img_8416
頂上は御嶽、乗鞍の展望台ですが、今日は少しかすんでいます。



Img_8420
シリーズ「今日のさば缶」。



Img_8428
岳見岩でいただいた、輪島で買った「笹寿し」。
もちろんサバ味(^^♪



Img_8435
御嶽山がだんだんくっきりしてきました。


Img_8434
岳見岩からの新緑。



Img_8444
ブナの新緑。



img_8464.
ヤマシャクヤク。
<クリックで拡大します>



img_8456
ヤマシャクヤク。
<クリックで拡大します>



Img_8473
南尾根,ぶなの木ルート合流地点



Img_8474
登山口の駐車場に帰着。
朝は7時過ぎでも4台目。皆さん早いです。
帰着時は11時前で14台。満車で路肩駐車も4台ほど。
この時期大盛況ですね~。




簗谷山登山口7:17→8:12小鹿の涙→8:55簗谷山9:13→9:15岳美岩(食事)9:52→南尾根,ぶなの木ルート合流→10:48簗谷山登山口


3年前に「三方岩岳」でお会いしたloveriverさんも本日、登られていました。
1時間の差ですれ違いでした。そんなこともあるんですね~。
帰路は難所だった小川峠へ。「めいほうトンネル」が開通し、郡上まではとても便利になりました。

クマガイソウはちょうど満開でリベンジ達成です。

ヤマシャクヤクも最盛期は過ぎていましたが、まばゆい新緑とともに楽しめた一日でした。

2022年3月22日 (火)

お彼岸の母袋烏帽子岳

【2022年 3月20日・岐阜県郡上市大和町・標高1,341m】

母袋烏帽子岳は岐阜100山に属し、場所は実家の町内、登山口まで14km、30分弱で到着という手軽に楽しめる山です。
でも最近はご無沙汰で登るのは6年ぶりとなります。




Img_8034
登山口の「母袋温泉スキー場」。
今シーズンの営業は3週間前の2月27日で終了していますが例年よりは多くの雪が残っています。



Img_8009
道標の根元の雪解けがちょっぴり春を感じます。



Img_8016
しかし途中から雪も降ってきました。



Img_8020
山頂に到着。
朝早いこともあり、誰もいません~。



Img_8030
西側の展望はありますが、楽しみにしていた東側に見えるはずの御岳は雲に隠れています。



Img_8028
シリーズ「今日のさば缶」。



Img_8035
登山口からすぐのいつも立ち寄る豆腐屋さん「奥の奥」。
お土産にどぶろくと油揚げを購入、オマケで冷凍のおからをいただきました。




母袋温泉7:57→林道分岐→母袋烏帽子岳登山口→お助け水→9:45母袋烏帽子岳10:08→(ピストン)→11:04母袋温泉



事前の予報は晴れでしたが、途中から小雪混じりの曇天で楽しみにしていた御岳の展望はありませんでした。
しかし今年は雪が多く、例年この時期にはない残雪が楽しめました。
またスタートしてすぐに「ミソサザイ」がキレイなさえずりが聞こえ「カケス」も大騒ぎだった他は、出会ったのは1パーティーのみで静かな春山を楽しめました。

より以前の記事一覧