リンク

  • 風に吹かれ 私の思いつくままの日々
    いろはにこんぺいとうさんは、音楽や気軽な日々の出来事をつづられています。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 山とカヌーの休日
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽もたしなむ多才な方です。
  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。

ウェブページ

無料ブログはココログ

山(⑤但馬)

段ヶ峰から平石山(ギンリョウソウの群生)

【2014年6月29日・兵庫県朝来市生野町・標高1,103m】

約25年ぶりの段ヶ峰です。
ここは但馬と播磨の境界で、日本海と瀬戸内海への分水嶺となる稜線です。

今日は頂上を一番乗りでした。誰もいない見通しのよい草原はとても爽快です。
曇りがちで氷ノ山等の遠望はありませんでしたが、朝の涼しい時間帯で暑さはほとんど感じませんでした。

「クマ注意」よりも、この時期は『ヒル注意』の方が良いと思います(^_^;)
登山口にて。
Img_0306

 

生野を望む。
Img_0309

 

かなり快適な尾根すじです~。
Img_0313

 

豪華最新版?の三角点。
買うと高そう(笑)。
Img_0317

 

 

フトウガ峰頂上へとつづく道。
Img_0321

 

とっても気持ちのよいコースです。
右の遠景は先ほど通過した達磨ヶ峰。
Img_0323

 

フトウガ峰は完全に360度の展望が待っています。
Img_0330

 

段ヶ峰も眺望抜群!
でも今日はガスっていて遠望はなし。
Img_0334

 

25年前はこの松の下で昼食をとりました。
その時は元気な松だったんですが…。
Img_0335

 

目の前には大きな「千町ヶ峰」。
Img_0336

 

段ヶ峰と千町峠の間にて。
Img_0339

 

千町峠から、平石山へ向かいます。
テープを頼りのはっきりしないコースで、トレラン向きではありません。
しかしテープを見失ったあたりで突然「ギンリョウソウ」が現れました。
Img_0355

 

群生しているのを見るのは初めてです。
う~ん。すばらしいなあ。
Img_0349

 

生野高原登山口P7:30→達磨ヶ峰→フトウガ峰8:35-8:45→段ヶ峰9:00-9:10→千町峠9:20→平石山(途中)9:45-9:50→千町峠10:05→(林道)→生野高原登山口P11:15
<トレラン>

段ヶ峰を過ぎて、千町峠からは予定していなかった平石山へ。
途中赤テープがなくなり、あと少しで登頂することはできませんでしたが、ギンリョウソウの群生がありました。
群生を見るのは初めてで、驚きと感激で満足感たっぷりとなり頂上をあきらめました~。

早朝は露で下半身がびしょ濡れになりますが、涼しいうちに稜線をクリアしておけば帰りの林道は8割が木陰です。
ヒルに4カ所噛まれました。1カ所は少し出血。タイツを忘れて短パンだったのも災いしました~。
かみついているヒルは指でつまんでもぎ取って放り投げて…体は大丈夫でした。
田舎者ゆえ、虫類には影響されない体のようです~。

後日追記
かみついているヒルは無理にもぎ取ると牙が残るのでまずいようです。
出血した1カ所はたっぷり血を吸ったあと自然に剥がれたようです。
予防策としては、専用の薬を塗る、かみついたらハサミで切る…などとネットに載っていました。

ちょっと早かった氷ノ山の紅葉

【2013年10月13日・兵庫県養父市・標高1,510m】

氷ノ山は兵庫県最高峰で、「日本200名山」、「兵庫100名山」、21世紀に残したい日本の自然100選」および「日本の秘境100選」にも選ればれているそうです。
名前の由来は、因幡側の若桜町のHPによると、天照大神が伊勢詣での途中に旭日に映える樹氷を見て、「ヒエの山」と称されたことと言われているそうです。
そういえば今日も山頂は寒かったなぁ~。

 

福定駐車場です。
6時40分スタート時は車は7-8台です。
天気も良さそう…。
Img_9006

 

地蔵堂。
加藤文太郎が3月の連休に、神戸を出てからこの地蔵堂に午前3時に到着したというのは「単独行」に書かれています。
中にはお地蔵さんがまつってありますが、それにしてもこのトタン張りとこの色は何とかならないものかと思います~。
Img_9014

 

氷ノ山越に到着。
登山口からちょうど一時間でした。
左奥が山頂です。
Img_9018

 

この氷ノ山越は但馬と因幡を結んでいます。
この峠の雰囲気はとても好きです。            
Img_9024

 

ナナカマドの実も色づいています。
Img_9032

 

いつもながら見事なブナが迎えてくれます。ここの稜線のプロムナードです。 
Img_9037          

 

一部紅葉が始まっています。
Img_9049

 

コシキ岩と山頂が見えてきました。
Img_9058

 

いよいよ山頂です。
登山口から氷ノ山越まで1時間で、さらに山頂までもちょうど1時間でした。
Img_9063            

 

今日は寒風が吹きすさんでいました。
避難小屋内の気温は8度でした、外は体感温度は5度以下に感じました。
Img_9082

 

扇の山、鉢伏山-高倉山-赤倉山のぶん回しコースを望む。
2            

 

二の丸コースを望む。
一度挑戦してみたいですね~。
Img_9086          

 

古生沼。
西日本随一の高原湿地帯だそうですが、沼という程の水はありません。
Img_9090

 

神大ヒュッテに到着。
こちらもブナが綺麗です~。
Img_9094            

 

やはり紅葉は少し早かったですね~。
Img_9099

 

東尾根避難小屋に到着。
この鉢伏山からここまでの分回しコース4つの避難小屋があります。
山頂は利用したことがありますが、尾根すじの避難小屋は空いていそうで、いろりがあって独占できれば快適な一夜を過ごせそうです。
Img_9107

 

東尾根登山口に到着。
まだ10時過ぎですので、今から登られる方もおられました。
Img_9108            

 

林道を経て、福定駐車場へ到着。
出発時7-8台だった車も、駐車場からあふれています。
山頂で過ごした1時間を除くと、周回2時間50分の山旅でした~。
Img_9110

福定駐車場6:40→地蔵堂→氷ノ山越7:40→コシキ岩→氷ノ山頂上8:40~9:40→古生沼→千本杉→神大ヒュッテ→東尾根避難小屋10:05→氷ノ山国際スキー場→福定駐車場10:30

 

今回、山頂で長崎県からの3名のパーティーにお会いし、なぜ氷ノ山に?の質問に名前に惹かれたとのことでした。
そういえば、20年ほど前に鉢伏山から氷ノ山山頂の避難小屋に1泊のブン回しコーズをグループで行った時、念のため入った山岳保険の証書に「こおりのやま」と記載されていましたっけ(^^)。

初めて登ったのは24年前の登山大会です。
第1回の前夜祭から参加させていただきましたが、当時無料で但馬牛の焼き肉をいただきとってもとっても美味しかったことを覚えています。
その登山大会は、今では「氷ノ山・鉢伏山紅葉登山フェスティバル」とハイカラな名前に変わっていて、今年も2週間先の10月26日~27日にかけて開催されます。

前回の氷ノ山は7年前ですが、いつも紅葉シーズンに登っています。
今回は北近畿豊岡自動車道が八鹿氷ノ山インターまで開通しとても便利になりました。帰路は「天女の湯」で汗を流したら、すぐにインターチェンジです。

展望、ブナなどの植生、そして氷ノ山を「兵庫槍」と呼んだ加藤文太郎をしのんでの登山。あらためて氷ノ山の魅力を味わうことができました。
やっぱり良い山です。
満足まんぞく~。

法沢山(兵庫100山登頂達成)

【兵庫県豊岡市出石町・標高644m・2010年10月31日】

ちょうど3ヶ月ぶりの「ふるさと兵庫100山」に登ってきました。
ここが100山目となりました。

<今日はブナもガスにけむっています>
Img_8721

Img_8722

<雨は降っていません…>
Img_8717

<頂上付近の「イワカガミ」>
花は5月頃のようです。
Img_8723

<法沢山(ほうたくさん)山頂にて>
晴れていれば、久美浜湾なども一望できるようです。
Img_8730

<廃道であったが新たな林道が今年できていた(右)>
往路で試しに行ってみたが、やはり登山道はつながっていた。
車は通らず、歩いても感じの良い林道の終点。
(左の傾斜が頂上へのコース)
Img_8735

<復路の駒返峠>
Img_8736

<駒返峠付近の松とクリ>
Img_8740

法沢山登山口の杭(分岐)P9:45→旧廃道の林道終点→法沢山頂上10:30-10:45→駒返峠11:05→林道→P11:20

当初に兵庫県山岳連盟から発行された「ふるさと兵庫50山」を2003年に完登。
さらに昨年7月に発売直後の「ふるさと兵庫100山」の初版を購入。
やっと100山の完登です。
ふるさと兵庫100山:(参照)

結構やぶ山も多く、登山口までのルートがわかりにくかったり、登山口からも標識が全くない山もありました。
道に迷った山、藪こぎをしたことも数回。
何とか達成出来たのは、周囲の協力と環境、そして少しの健康です。
ありがたいことです。

日本百名山ならなおよいのですが、夢としては持ち続けたいです。
最後に大好きな、深田久弥の一節です。

「山の茜を顧みて 一つの山を終わりけり 何の俘(とりこ)の我が心 早も急がるる次の山」

ムクゲ咲く室尾山

【兵庫県朝来市和田山町・標高630m・10年7月31日】

<登山口に咲く「ムクゲ」>
Img_7850

<ヒノキの植林と整備されたコース>
Img_7846

<10cm位ある巨大ナメクジ>
当ブログは時々突然に変な写真が出てきますのでご注意下さい(^^;。
ご迷惑をおかけします~。
Img_7836

<二等三角点と山頂>
Img_7839

<山頂の松>
Img_7842

<下山後の温泉、「夜久野高原温泉」>
Img_7852

<エビの香りがすばらしい「佳長」の花えびせん>
もちろんお土産に購入。北近畿豊岡自動車道の山東IC近くです。
Img_7853k

室尾山キャンプ場P10:50→室尾山11:20(昼食)12:10→P12:30

コースは道標も含めて整備されています。
しかし夏は暑いです。そのせいかナメクジ以外は誰にも会いませんでした~。      

三成山と天測点

【兵庫県美方郡新温泉町・標高536m・10年7月18日】

<途中にいたオナガアゲハ>
Img_7555

<山頂>
奥が天測点。
Img_7558

<天測点>
墓石ではありません。
Img_7564

一等三角点の山に国土地理院が地図上の地点と、天文測量とのズレを調べる目的だそうです。
Img_7563

<展望は良くないが一等三角点」でもある>
Img_7561

<春に登った「観音山」が間近に>
Img_7562

<夏空…>
真夏の里山のダブルヘッダーも無事完了。
とにかく暑さとの戦いです。
Img_7569

後山林道・作業道分岐13:55→梨畑→山頂14:50-15:00→東側尾根→林道(途中から往路と同じ)→後山・作業道分岐15:40

余部鉄橋の展望台「九斗山」

【兵庫県美方郡香美町・標高650m・10年7月18日】

梅雨明け後の猛暑の中、九斗三山(九斗山三角点、カサハ山、蓮台山)を縦走してきました。
九斗山(くとさん)と読むこの山の頂上付近からは現在工事中の「余部(あまるべ)鉄橋」を望むことができます。

<山側が新規のコンクリート橋>
Img_7538

<九斗山頂>
展望はないが、コースを含めて植林が少なく、ブナの美林が多く残っている。
Img_7545

<左から、三川山、蘇武ヶ岳、瀞川山、氷ノ山、仏の尾、扇の山>
わかりにくいです…。
1

<イノシシか鹿のヌタ場?>
やはりドロには殺菌や防虫作用があるのだろうか。
Img_7520

<そういわれても…>
ガサッと音がすると、ちと不安…。
Img_7546

甌穴公園駐車場9:25→でべそ9:55→オオカミ岩→蓮台山10:25→九斗山11:30→濃於美山→山の行き神様石碑12:20→市午→アセビ谷→甌穴公園駐車場13:00

この暑さの中、誰にも会いません…。この時期みんなアルプス行ってるんかなあ~。

御祓山とみづめ桜

【兵庫県養父市大屋町・標高773m・2010年7月10日】

久しぶりにふるさと兵庫100山に行ってきました。
山名は「御祓山」…『みはらいさん』と読みます。

この時期、山ヒルがいるのと、暑いです~。
ベストの時期は、みづめ桜とコバノミミツバツツジの咲く4月中旬~下旬がよいと思います。
とくにツツジ回廊も整備してあり、ピンク色が一面に咲くとのことです。

snailいろんな虫に会いました。
<ワラビの葉っぱにいたコガネムシ>
…だと思います。
Img_7332

<変わった色のカメムシ?>
Img_7280

<山ヒル>
この季節に多いと聞きましたが、やはりいました。
知らないうちにお腹のあたりを這っていました。服の上からなので血は吸われていませんが、木の枝から下を通る人をめがけて落ちてくると言います。タイミングをつかむのがとてもうまいようです。
Img_7293

<30cm位の巨大ミミズ>
なぜか体の色がブルーでした。
Img_7237


clover
綺麗な植物もたくさんあります。
<コース上の草>
名前は知りませんが、踏んでいくのがもったいない感じでした。
Img_7324

<ワラビのシダ>
Img_7239

<でかいキノコ>
Img_7246

<鬼グルミ>
中に少しだけある実は美味しい。
実を集めて木綿で包み、白木を磨くと油で艶が出る。
その時期はまだです。
Img_7249

<秋には美味しく食べられる>
名前は知りません。
Img_7273

<みづめ桜>
開花は4月中旬~下旬であるが、咲かない年もあるそうです。
Img_7257

<幹のまわりは5mで樹齢600年>
桜の種類は「エドヒガン」で、長寿の種類とのこと。
Img_7259

<山頂>
今回は山登りが目的なので(^^)、一応山頂の写真も…。
Img_7286

田野駐車場11:00→東屋→ツツジ回廊→見晴台→みづめ桜11:55→御祓山12:30(昼食)13:55→往路と同じ→田野駐車場15:10

今週は、南アルプス塩見岳の強行日帰り山行を予定を急遽変更。
ここはやっぱり春がいいですが、誰にも会わずのんびりと楽しめました~。

こしあぶらと赤谷山

【兵庫県宍粟市・標高1,216m・10年5月15日】

但馬出身の”孤高の人”加藤文太郎が氷ノ山の眺望に万歳三唱したという「赤谷山」へ。
確かに360度の大展望はうなずけます。

国道29号線旧道終点P13:30→旧戸倉峠標柱→赤谷山14:35(昼食)15:35→(往路と同じ)→国道29号線旧道終点P16:40

<新芽のブナが青空に映える>
Img_6852

<山頂下より氷ノ山とブナ林>
大きなブナがたくさんある。
Img_6847

<山頂より氷ノ山を望む>
加藤文太郎は、ここで万歳三唱した~~。
(パノラマ写真)
Photo

<国道29号線の旧道の県境トンネル「戸倉隧道」>
ここに駐車し、さらに旧道(未舗装の林道)を10分て戸倉峠へ。
そこが登山口となっている。
Img_6855

<昼食はワンパターンのラーメン>
播州ラーメンは、播州織の女工さんたちの口に合わせるために、タマネギを多く使い甘口に仕上げたスープが特徴。
有名なのは、西脇市にある大橋ラーメン等があるが、行列のできるラーメン屋さんです。
私は好みでした。
今回は、地元スーパーで仕入れた、地元メーカーの「イトメン」が作ったカップラーメンです。
登りのコース上で仕入れた「こしあぶら」のトッピング付き。
このカップラーメンは播州赤穂の天塩、播州龍野のしょうゆを使用し、播州そうめんの麺作りの技から生まれた細めでコシのある麺を使用しているとのこと。
予想外にも侮れない味でした。
(写真はスープ投入前)
Img_6825

<山菜「こしあぶら」をお土産に…>
タラの芽の数倍の風味がある。
帰路の道の駅でもタラの芽は販売していたが、こちらはなかった。
少し見分けにくいのが難点。
今しか味わえない山の幸です~。
Img_6859

朝来山&染毛剤

【兵庫県朝来市・標高757m・10年4月30日】

結構白髪なので染めていますが、そのせいで髪の毛が細くなってきます。(茶髪ではありません~~)
そこで家内が見つけてきたのが、「カミクローネ」。
マニキュア染毛なので傷みが少ないのと、洗髪が不要なのがミソ。
でも平日染めるわけにはいかず、休日の山行の日がベストです。
ひかり(感光)染毛タイプだからです。

でも乾くと髪の毛がカピカピとなり、1年間風呂に入っていない浮浪者のようです。
まあ、山ならいいかぁ~ってことで、しょうがなく今日もつけていきました。
髪の傷みはまだよく解りませんが確かに日に当てると黒くなってきます。
これからは山に行きたい時は、「染めようかな~~」なんて言えばよいかも…。
K

気を取り直して、本題です(^_^;)。
今日は、但馬の吉野と呼ばれる桜の名所の「立雲峡」から朝来山へ。
竹田城を望むことができます。

立雲峡P10:20→愛宕神社→未整備コース→朝来山11:30→展望台11:40(昼食)12:45→(むささびコース)→大成池13:25→立雲峡P13:50

<登山口の立雲峡>
さくらは終わり人影はない。
Img_6438

<立雲峡の八重桜と竹田城>
Img_6432

<ミツバツツジ>
Img_6440

<朝来山の山頂は展望が無く、10分程東の展望台は昼食に最適>
Img_6460

<同じく展望台にて>
Img_6471

<整備された展望台付近>
Img_6480

それ程山深くないのに、山リス、鹿、狸に会う事が出来ました。
そのはずです。左回りのコースは100山のガイドにはルートとなっていましたが、まだ未整備で、踏み跡とテープが頼りで、案内板はゼロでした。
頂上にはその旨の看板が設置してありました。(登山口に設置すべきでは…)
 

文太郎の故郷「観音山」

【兵庫県三方郡新温泉町浜坂・標高245m・10年4月2日】

浜坂は登山家加藤文太郎の生まれた町。
「ふるさと兵庫100山」の中で最北端となるこの山は、文太郎も自宅からよく登ったとのこと。

<「加藤文太郎記念図書館」と、後ろは「観音山」>
建物は、山の形をしている。
Img_5605

<登り口は、波打ち際>
鳥居の先を海の方へ向かうと登山口がある。
案内板がなくわかりにくいが、登り始めるとコースははっきりしている。
登った日は、海からの風が強く、本当に波しぶきを浴びた。
Img_5574

<雨上がりの新芽>
Img_5577

<頂上からの絶景>
左は浜坂市街地。
加藤文太郎も同じ絶景を見たと思うだけでうれしくなる…。
Img_5594

浜坂駅11:20→白馬橋→神社横登山口11:30→相応峰寺、観音堂12:00→頂上12:05~12:20→清富橋→加藤文太郎記念図書館12:45→浜坂駅13:00

久しぶりに訪れた浜坂。
青春18切符を利用し、神戸から日帰りした。
滞在時間は2時間しかなかったが、浜坂駅から周回コースを堪能し、「加藤文太郎記念図書館」に立ち寄った。

大ファンである「単独行」の著者、また新田次郎の「孤高の人」モデルとなった加藤文太郎(1905~1936年)は、私と誕生日が同じ3月11日である(^^)。

より以前の記事一覧