リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
  • 八東ふるさとの森
    鳥取県にある有名な「森を楽しむ」町営の施設。 こちらのブログには私の撮った写真も載っています。
無料ブログはココログ

山(①兵庫)

2022年12月 6日 (火)

「国見の森公園」でピクニック

 【2022年 12月 3日】
兵庫県立公園のなかで『ふるさとの森公園』として6公園が整備されていて、公園によっては探鳥のポイントとなっています。
今回はまだ行ったことのない宍粟市の「国見の森公園」に行ってきました。




Dsc_0525
この公園の一番のウリ(?)は「ミニモノレール」。
乗車待ちをしていると折り返す便が下りてきました。
車体は常に水平になるように設計されているすぐれもの。



Dsc_0528
先頭に乗車。
前方の急傾斜は38度。モノレールでは日本一だそうです。
モーターで走り、レールはアプト式(ラックとピニオンで滑らない)です。



Dsc_0531
最大斜度38度、迫力です!



D50_2105
急傾斜を降りてくるモノレール。

乗車前はNHKの「やまと尼寺 精進日記」に出てくる、ひもでエンジンをかけるモノレールを予想していたのですが、結構でかい!
高低差は300m、距離1,100mを18分(片道)で走ります。
1時間に1本の運航です。



Dsc_0542
上の写真を車内から見たところ。
急傾斜の下りもちょっとしたアトラクションです。



Dsc_0533
平らなところでは、電車のように連結されています。
定員は40名で車椅子も乗車可能。




Dsc_0535
モノレールを降りて700mの雰囲気のよい道をあるいて山頂へ。
『宍粟50名山』に属し、標高は465m。
(「国見山」山頂付近。)



Dsc_0534
山頂から山崎市街地、中国道を望む。



D50_2121
「明神山」、「薬師峰」を望む。



D50_2123
雪をかぶった「三室山」(たぶん)。


この公園へ出かけた目的は探鳥ですが、野鳥は全く見つけられず、唯一コゲラの幹をたたく音が聞こえただけ…。
結果的に頂上でお弁当をいただいたピクニックとなりました^^

ミニモノレールは予約が必要ですが、なんと無料です。
駐車場も入園料も乗車賃もすべて無料。(兵庫県は太っ腹~)
そして想定外の楽しさでした。

また今回は楽チンのモノレールを使用しましたが、『宍粟50名山』の一つ「国見山」の頂上を踏むことができ、展望を楽しめました。
これで『宍粟50名山』の内、24座に登頂したことになります。

2022年12月 5日 (月)

塩屋から「よこお野路菊の丘」

【2022年 12月 4日・神戸市須磨区標高253m】
昨年も出かけた「よこお野路菊の丘」。
いつもの仲間と出かけました。




Img_9319
塩屋駅からちょっとした異人館の中を通り抜けて、旗振山へ。



Img_9320
「キンカン」と須磨の海岸。
ここ旗振茶屋では数十人のBBQで盛り上がっていました。
何故かこの山の上に地元選出の国会議員も登場。



Img_9322
高倉台の階段。一説では323段あるそうです。
奥に見えるのは栂尾山への階段は400段。
その栂尾山の左側の斜面下方にあるのが「よこお野路菊の丘」。



Img_9324
「よこお野路菊の丘」に到着。
満開の時期は過ぎたもののまだまだ咲いています。



Img_9325
ボランティアの方々によって毎年立派な花が咲きます。



Img_9330
ゴールの塩屋駅近くの昭和の原風景。
いつもながら、いい感じです。




塩屋駅9:23→10:46旗振山→鉄拐山→おらが茶屋→高倉山→12:15よこお野路菊の丘(昼食)13:42→14:59塩屋駅


同行の会社OBの先輩と共に、いつものだべり中心のハイキング。
「よこお野路菊の丘」は満開の時期は少し過ぎましたが、まだ楽しめます。

帰路は初めて塩屋の市街地を通りましたが、こんなに急傾斜地だったのですね。
でも味わい深い町並みを見ながら楽しく歩くことができました。

2022年8月 5日 (金)

真夏の鎌倉山周回コース

【2022年 8月 1日・兵庫県加西市・標高452m】
6月以降に山に登っておらず禁断症状が出そうなため^^;猛暑の中、果敢にも低山へ。
鎌倉山と言ってもNHKの「鎌倉殿」とは関係ありません^^;




Img_8744
いつもの普光寺からスタート。
登山口は右ですが、今回はヤブコギ覚悟で直進してみます。
やはり途中で道はなくなりましたが、なんなく尾根筋のコースに合流。



Img_8747
よい汗をかきました^^;
しかし尾根筋は涼風が…
でもすぐに秋。
今年は特に待ち遠しいですね~。



Img_8750
晴れやかな「東ののぞき」到着。



Img_8751
峠っぽい「柳峠」。
いい感じです。



Img_8756
糞虫「オオセンチコガネ」。
糞の分解作業中。
取り組む対象と裏腹で、何ゆえにこうも美しいんでしょう。



Img_8780
「鎌倉山」山頂。
意外とこちらも涼風で快適。
シリーズ「今日のサバ缶」は大根おろし煮。

大量の大根おろしでとてもあっさり味。リピートしそう。



Img_8787
周遊コースを無事下山。
中央が今回最高峰の「鎌倉山」。



img_8790
下山後に登山口の「普光寺」に参拝しました
<クリックで拡大します>



Img_8809
帰路に初めての「網引湿原」に立ち寄りました。
楽しみにしていた「サギソウ」はまだ早く、見ることができませんでした。




普光寺6:35→7:27小天井→7:46東ののぞき→7:51柳峠→8:31鎌倉山(食事)9:12→10:25普光寺


平日でもあり、出会った人はありません。
登山口から尾根筋までと尾根筋から下山口までは、地形図にはコースが載っていましたが、どちらも廃道でした。

出来れば探鳥と、湿原で花が見られたらと期待するも、どちらもかないませんでしたが、意外にも早朝のせいか尾根筋は適度の風で快適でした。

2022年6月11日 (土)

ササユリ咲く高御位山

【2022年 6月 8日・兵庫県加古川市・標高300m】
年に1度くらい登っている高御座山。
この時期はササユリが咲いています。




1_20220611140701
ササユリの咲く季節は、いつもこちらの成井登山口よりスタート。
平日にもかかわらず、駐車場は路上も含めて満車でした。



2_20220611140701
満開の時期は過ぎていますが、ところどころ残っています。



img_8661
頂上にて。
<クリックで拡大します>



6
頂上で泳ぐこいのぼり。



5
加古川、神戸製鋼加古川製鉄所、淡路島を望む。



4
こちらも頂上の天乃御柱天壇(あめのみはしらてんだん) 。
撮影ポイントとアングルがワンパターンになってしまいます^^;



7
至極のベンチ。



img_8685
シリーズ「今日のサバ缶」。
デザインは抜群。ゆず+オリーブオイル+塩で甘さを抑えたあっさり系の味でした。
<クリックで拡大します>




成井登山口9:53→10:25高御位山10:46→11:06小高御位山(昼食)11:43→11:55成井登山口



ササユリは1週間~10日ほど遅かった気がします。
希少な八重咲きのササユリは、残念ながら昨年に引き続き 終わっていました…。
まだ咲いたところを見たことがありません(^^;

下山後、現役時代に高御位山をこよなく愛した加古川市に住む Kさんを5年ぶりに訪ねて、山談義に花を咲かせました。

2022年5月22日 (日)

クリンソウ満開の多紀連山

【2022年 5月19日 兵庫県丹波篠山市・標高793m】
「クリンソウ」を見たくて多紀連山の小金ヶ嶽から三嶽周回コースに出かけてきました。
天然に咲いている「クリンソウ」を見るのは、南アルプス北沢峠で見て以来23年ぶりです。

 

Img_8503
初めて見た電線にとまる「ウグイス」。
元気よくさえずっていました。



Img_8513
食べごろを過ぎた道端のタケノコ。



img_8523
ほどなく小金ヶ嶽コースにある「クリンソウ」群生地。
満開です❗
<クリックで拡大します>



img_8545
上から見ると円形です。
<クリックで拡大します>



img_8547
こんなに広範囲の群生地は初めて見ます。
<クリックで拡大します>



Img_8557
コースをそれて「畑山」まで行ってみます。
快適な尾根筋ですが、山頂は木々で展望はほぼなし。



Img_8559
「小金ヶ嶽」山頂に到着。
展望よし。



Img_8565
見事な杉の美林。



Img_8566
「大タワ」到着。
以前来た時はひっそりとした峠のイメージでしたが、現在は全国展開している「フォレストアドベンチャー」が営業しており、明るい雰囲気となりました。



Img_8568
大タワから御嶽への登りの階段。
ずっと先まで見えていて、このコース最大の難所^^;



Img_8563
デラックスな(SUS製にカラー印刷?)道標。



Img_8574
痩せていておいしそうでないワラビですが、可愛いです~。



Img_8576
苔の中の新芽。



Img_8580
石の祠。



Img_8579
「三嶽」山頂に到着。
表記は手書きで「御嶽」とありました。



img_8578
「今日のサバ缶」。
本日はイワシです。一口サイズで食べやすい~。
<クリックで拡大します>



img_8600
三嶽コースのクリンソウ群生地。
<クリックで拡大します>



img_8620
「マムシグサ」と「クリンソウ」。
<クリックで拡大します>




多紀連山登山者駐車場7:07→8:43畑山→9:05小金ヶ嶽9:16→9:42大タワ→10:14三嶽(昼食)10:47→大岳寺跡→12:05多紀連山登山者駐車場(左まわり)

楽しみにしていた「クリンソウ」はが満開で、さらに予想を超える大群落、また複数個所で咲いていて、感動ものです。
色合い、茎がまっすぐ伸びてその先に咲く形はとても好みです。

兵庫県絶滅危惧種Bで、こちらの自生地は日本での西南限の分布で面積も広く、自生種のみで園芸種がないのが特徴とのこと。
保護活動をされている方々のご努力のたまものだと思います。
おかげさまでとても楽しいハイキングとなりました。
ありがとうございました。

2022年4月24日 (日)

新緑の再度山

【2022年 4月23日】
新緑まぶしい六甲山系、布引から再度山を登り、兵庫県庁に下るコースをハイキングしてきました。




Img_8213k_01
久しぶりの「布引の滝(雄滝)」。水量はまずまずです。



Img_8217
大龍寺山門と新緑。
土曜日なのに静かです。



Img_8219
「ボケ封じ」にもご利益のある大龍寺。
しっかりお祈りしてきました^^




Img_8221
大龍寺境内からのコースの山頂直下はちょっとしたはしご、ロープまで出てきます。
さらに頂上で急に展望が開けて達成感があります。



Img_8222
何があったのか、枝を折られながらも賢明に生きている山頂の木。
自身を見るようで^^;、つい撮影。



Img_8223
再度谷で下山。
山中にジャズの流れるこじゃれたカフェ「はなれ家」。
意外にも脇で採れたタケノコを販売していました。(売れていました)



Img_8225
無事下山。
登山口(下山口)が県庁というのも珍しいのかもしれません。




JR三ノ宮駅9:59→神戸駅→10:45布引の滝(雄滝)→布引貯水池→桜茶屋(市が原)→大龍寺→12:38再度山→再度越→猩々池→再度山荘→14:01県庁前


帰路、バーダーに聞いたところ「コマドリ」はさえずりは聞こえるが出てこないそうです。
今年はどこへ行ったのでしょう…。
ハイキングにはちょうど良い気候、また新緑がきれいで癒される一日でした。

2022年4月14日 (木)

向山のヒカゲツツジ+カタクリ

【2022年 4月13日・兵庫県丹波市氷上町・標高569m】
この時期ならではの「ヒカゲツツジ」に会いに3年ぶりとなる「向山」へ出かけました。




Img_8071
この感じ、好きな登山口の一つです。



Img_8076
まずは満開の「ミツバツツジ」が出迎えてくれます。



img_8118
満開です!
<クリックで拡大します>



Dsc_0148
「ヒカゲツツジ」のトンネル。



Img_8147
「ヒカゲツツジ」と戯れる「ソウシチョウ」。
「ソウシチョウ」は姿も鳴き声もきれいですが、日本の「侵略的外来種ワースト100」に入り、魚の「ブラックバス」と同類です。



Img_8140
シリーズ「今日のさば缶」。
塩分控えめでまずまず、八戸産は間違いないですね~。



Img_8165
下山した鳳翔寺付近に自生する「ツルニチニチソウ」。



Photo_20220414211701
本日のぶん回しコース全景。
左から右へ歩きました。



Img_8204
下山後は近くのカタクリの咲くところへ行ってみました。



img_8194
ピークは1週間前かな?
でもさすがスプリング・エフェメラル、見ごたえあります。

<クリックで拡大します>




水分れ公園駐車場9:07→観音堂登山口→二の山→三の山→四の山→10:48向山三角点→11:12五の山(昼食)11:31→宝来山(仮)→珪石山→清水山→13:05駐車場



朝から気持ちが乗らない雰囲気だったのですが、満開のヒカゲツツジを見て気分が晴れました。
何度か来ていますが、こんなにたくさん咲いているのは初めて見ます。
しかも満開にもかかわらず、出会ったのは3組のみという静かな山行でした。
平日の山行はゼイタクですね~。
さらに下山後にカタクリも見られて素晴らしい一日になりました。

2022年3月 9日 (水)

苦行 極寒探鳥(六甲山)

【2022年 3月 6日】
冬の恒例だったJR福知山線の駅近くの極寒のヤマセミ狙いは、全く情報がなく絶滅したのでは(笑)などという噂もあり、おかげで今冬は行かずに済みました。(助かったぁ~)

それでも寒空の中、六甲山へ行ってきました。




Dsc_0046
六甲全山縦走路の尾根は、時々展望の良いところがあります。
大会に出たのが懐かしいなぁ…。



Dsc_0049
地元に住んでいながら「六甲枝垂れ」には立ち寄ったことがなかったんです。



Dsc_0050
まぁ一風変わった感じの施設でした。


Dsc_0054
「六甲ガーデンテラス」も曇り空。



Dsc_0057
…と空が怪しくなってきました。



Dsc_0059
尾根筋を6kmほど歩きましたが、さすがに標高900mでは一部凍結しています。
一時はアラレの吹雪(?)で、残念ながら探鳥はボウズ^^;
まあ機材も持っているし、濡らしたくないので足早に車ヘ。

家内は先日のポカポカ陽気+淡路バーガーの淡路島探鳥よりも、今日の極寒探鳥の方が楽しかったと…。
カヤクグリ、アカウソなど地域ならではの鳥が見られるというワクワク感が勝っているそう。(負けた)
残念ながら目標未達でしたが、ベテランさん(毎日通っているという他県の方・スゴイです)などの情報をもとにまた出かけたいと思います。
(寒くない日に…)

2022年3月 3日 (木)

快晴の千ヶ峰&フクジュソウ

【2022年 2月28日・兵庫県多可郡多可町・標高1,005m】

この時期の千ヶ峰はお手軽に雪を楽しめ、毎年のように出かけています。
三谷コースを利用することが多かったのですが、 岩座神からの周遊コースを15年ぶりに登ってみました。
下山後はフクジュソウ(福寿草)を見に行きます。




Img_7895
岩座神登山口よりすぐのミツマタ。



Img_7900
いつもの山頂直下の千ヶ峰ブルー。
木々に雪や霧氷はありません…。



Img_7923
山頂は本日一番乗り。(たぶん)



Img_7927
加美の集落を望む。



Img_7931
「段が峰」付近を望む。



Img_7934
「笹が峰」付近を望む。



img_7911
「本日のさば缶」。
ハリッサの味付けはバッチリ。久しぶりのヒットです。
<クリックで拡大します>



Img_7958
登山口の「岩座神」の棚田。
日本棚田百選に選ばれています。



Img_7960
棚田付近にはわらぶき屋根も見られ、20戸程度の小さな集落ですが、感じのよいところです。



img_7911
さらに車で10分程度のところに咲いている「福寿草」。
<クリックで拡大します>




Img_7974
満開でした~。



Img_7977
ラベンダーパークより千ヶ峰頂上付近を望む。
(手前はラベンダー)




七不思議コース入口8:58→岩座神登山口→9:42三谷・岩座神分岐→10:04千ヶ峰10:59(昼食)→七不思議コース分岐→11:44唐滝コース分岐→12:00見晴らし台・唐滝分岐→多田川砂防堰堤→12:24七不思議コース入口

歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較)


一番乗りの頂上は無風・快晴・ポカポカでした~。
下山は七不思議コース。思ったより雪もあり静かで楽しめました。
下山後はいつも丹波のセツブンソウを見に行くのですが、今年はフクジュソウです。
初めて見ましたが、ひっそりと咲くセツブンソウよりは華やで、一日で冬と春を楽しめた感じです。

千ヶ峰頂上付近は私有地。
地主によるとお石塔は無断で建てられたとのこと。
本日、さらに小さなお社がありましたが、どういうものかはわかりません。

下山後に立ち寄った岩座神地区は20戸にも満たな地区で、このままでは「限界集落」へなるかもしれませんが、「抵抗集落」としての意気込みや様々な取り組みを実践しておられ、気持ちだけですが応援しています。

初めてGPSログをスマホで記録しました。やはり併用したガーミン(2015年製の旧式)の方がコースに忠実に記録され、ブレも少ないようです。

2022年2月12日 (土)

偏妙の滝から笠形山

【2022年 2月 9日・兵庫県神崎郡神河町・標高939m】
氷瀑とハイキングを楽しめるコースはこの時期ならでは。
少し暖かい朝でしたが、出かけてきました。




Img_7846
まずは「オウネン滝」へ。
例年、こちらの氷結はありません。



Img_7859
「偏妙の滝」へ。



Img_7861
6割くらいの氷結。
まあ誰もいないのもごちそうです~。



Img_7862
笠形山へ向かいます。
滝からすぐの階段。



Img_7865
五合目のなめたところは一部が氷結。



Img_7875
頂上へ。



Img_7870
シリーズ「今日のさば缶」&雪だるま。
本日はとりレバー。
肉質は良好、味は野生的でした。



Img_7876
1時間近く、一人の山頂を楽しみました。



Img_7887
下山後、「新松か井の水公園」へ。
平日ゆえ? お客さんは1名のみ…。
ところが直後に満員になりました~。



駐車場8:38→8:54扁妙の滝9:21→滝見台→三合目→五合目→(尾根コース)→10:29笠形山11:18→五合目→三合目→滝見台→12:26駐車場

「グリーンエコー笠形」上の駐車場は8時半で先客1台。
(下山後は平日にもかからわず16台)


4年ぶりの「偏妙の滝」の氷瀑。

氷は6割程度でしたが、人も少なく楽しめました。
笠形山山頂までは少しの積雪と展望で、冬の静かなハイキングをのんびり楽しめました。

より以前の記事一覧