リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。
  • 山とカヌーの休日
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽もたしなむ多才な方です。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 風に吹かれ 私の思いつくままの日々
    いろはにこんぺいとうさんは、音楽や気軽な日々の出来事をつづられています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がん情報発信サイト。 日本の前立腺がんに関して最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、また新たにサイクリングや写真も始められました。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。

ウェブページ

無料ブログはココログ

山(③北摂)

千刈ダムから大岩岳

【2019年6月1日・神戸市北区道場町・標高384m

好天の土曜日は家族の用事にお付き合い、そのついでに近くの低山に登ってきました。

 

Img_3560
千刈ダムは放水中。
結構見事です!


Img_3565
水量もあって見応えあります。


Img_3567
レリーフを見ると…
・大正8年に完成。
・「日本の近代土木遺産~現存する重要な土木構造物2000選 」に選定
・登録有形文化財
・近代化産業遺産
…などなかなかの構造物の様です。


Img_3572
この時期、花は少ないです~。
山アジサイ?


Img_3575
誰もいない展望のよい山頂。
この辺り、とんがった特徴的な姿の山が結構あります。


Img_3578
眺めがよく、晴れ晴れとしています。
こちらでのんびりと昼食。



歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)

ゲート前駐車場9:55→千苅ダム→周回路、南ルート分岐→周回路、大岩岳分岐10:41→大岩ヶ岳11:12→(昼食) 11:53→南西側登り口→周回路、大岩分岐→千苅ダム→ゲート前駐車場12:39

 


他に登山者は10名位に出会いましたが、皆さん電車で来られているようで、車は私だけでした。
(駐車場はダム見学のものが10台程度は無料で駐められます)

意外にも、登山口の千刈ダムが見応えがありました。
歴史的にもなかなかの構造物ですし、放水が迫力満点!
山頂も展望がよく、一人ランチが癒されました~。

雪の棚田から三草山

【兵庫県川辺郡猪名川町・標高564m・10年2月7日】

棚田あり、雰囲気のある集落あり、炭焼きありとまさに里山ハイクという感じのとても楽しいコースでした。
思いがけず降った雪も楽しめました。

<長谷の棚田>
日本の棚田100選に入っているそうです。
Img_4842

Img_4827

<才の神峠の寒そうなお地蔵さん>
源平の云われがあったり、銀山が賑わった頃の有馬温泉への交通の要所だったそうです。
Img_4858k

<三草山頂上>
…誰もいない。のんびり昼食を楽しむ。
Img_4868

<頂上より南へ下ったところ>
鹿が2頭散歩していた。(写真は間に合わず…)
Img_4879

<「ゼフィルスの森」の雑木林>
Img_4886

<コースを間違えて能勢町の方に下ってしまった>
Img_4887

<大部峠>
穴は深く水がたまっていた。何のものか不明。
Img_4894

<炭焼き窯>
意外にも現役である。4人ほどが作業しておられた。
Img_4896k

<田畑を見ながらのんびりと歩ける>
日生中央駅まで20分ほど。
Img_4904

能勢電鉄山下駅10:18→(バス)→森上BS10:40→神山→長谷の棚田11:00→才の神峠11:50→三草山12:05(昼食)13:00→ゼフィルスの森13:10→上杉→上阿古谷14:10→大部峠14:45→炭焼き窯14:55→日生中央駅15:20

阪急から能勢電鉄に乗り換えるとすぐに線路傍に雪がちらほら。
雪は期待していなかっただけに棚田は綺麗でした。
里では標識がほとんどなく、少しコースがわかりにくい所もあります。
下りでコースを間違えて府道を30分ほど余計に歩いてしまいました~。

クロモジ咲く剣尾山

【大阪府能勢郡能勢町・標高784m・09年4月18日】

キャンプ場10:40→行者山→剣尾山11:55(昼食)13:05→横尾山→見晴岩→キャンプ場14:40

<クロモジ>
あちこちに咲いていて、目に鮮やかな黄緑色。
茶道の和菓子に使用する爪楊枝に使用されるそうで、葉っぱを指でこするととても良い香りがします。
黒文字と書きます。
「シロモジ」、「アオモジ」もあるそうです…ホントです(^^ゞ
Img_0529

<行者山>
奥の道路は、天王峠に向かうR173
Img_0495

<山桜ももう終わり…>
Img_0541

Img_0547

<ピンクのつつじも鮮やか>
Img_0612

Img_0513

Img_0512

<アセビ>
先月21日の三重県霊山のそれよりも花が小振りな気がします。
Img_0523

<剣尾山頂>
Img_0563

Img_0560

Img_0552

<何でしょう…?>
Img_0566

<クマザサ>
もっと緑っぽかった気がしますが…。
冬は、枯れた感じに変わるのでしょうか?
Img_0582

<横尾山を望む>
白い先っぽの松
Img_0606

Img_0598

<少し早いかな>
やせていてあまり美味しそうではない(^_^;)
Img_0573

百丈岩と鎌倉峡

【兵庫県神戸市北区・標高292m・09年2月8日】

標高は低いが、クサリ場やロープ、カスガイがあちこちにあり、ロッククライミングやちょっとした沢登りの気分が味わえて楽しめるコースでした。

<百丈河原駐車場10:15→(ピストン)→百丈岩→鎌倉峡→鎌倉峡出合→青石古墳→平田配水場→セミナーハウス付近13:10(昼食)14:20→狭い階段→百丈河原駐車場(14:55)

<百丈岩>
思ったより大きなスケール。奥穂のジャンダルムを思い出す。
P1030559k

P1030574

<百丈岩上部と水道タンクを望む>
形の良い松。ピンクの松もある…(枯れているだけです)
P1030584k

<鎌倉峡>
滑りやすいところや、ヘツリ気味の所、ルートが分かりにくいところもある。
雨の多い時期は難儀しそうだ。
P1030589k

P1030593

P1030596

<春を感じるネコヤナギ>
途中にセリも生えていた。もう山も春です~。
P1030598

<見た目より危険ではない>
P1030590

<結構急です>
P1030601

<こちらは急なだけでなく、異常に狭い>
…というより、狭くしてある。デブはムリ(^_^;)。なぜ?
P1030602

<百丈河原にあるブランコ>
少し乗ってみたかった…。
P1030603

<コース> ※クリックで拡大
Photo

廃線ハイク(武庫川・福知山線)

宝塚駅9:48(バス)→木ノ元バス停(10:00)→廃線→親水広場近く12:00(昼食)15:00→JR武田尾駅15:30

梅雨の中休みの6月14日(土)、少し暑かったけど、トンネルの中はとても涼しく快適。
宝塚駅より、1時間に1本しかない(9時台のみ2本)バス利用。生瀬駅から交通量の多い国道脇を歩くより、かなり快適。
歩いたのは廃線部分のみで(軟弱!)、主目的はお昼の「すき焼き」+ビール(笑)。
食材準備担当者の責任感の強さから、完璧なまでの材料が揃う。
生卵は2個/人という贅沢。(というかココはどうしても譲れないところ!卵が1個だけでそれがなくなったときのむなしさは味わいたくない!というのが皆の一致した意見!)
デザートも豊富。奥様手作りのマーブルチョコ入りクッキーはすごいアイデア!
12時~15時までの3時間というスローフードをいただく。(ただの宴会)

<思ったより人が少ない>
右が武庫川
Sp1010512

<川鵜>
博識の同行者によると、「かわう」は羽根に油分が少ないため、濡れた後に広げて乾かしているとのこと。5分くらい乾かしていた。
手がだるそう~。
Sp1010509_2

<鉄橋は渡れない>
Sp1010514


<新緑+トンネル…1>
Sp1010517


<新緑+トンネル…2>
Sp1010521


<食事は親水広場近くのせせらぎの脇>
涼しくて寒いくらい。
感動のすき焼きは食べるのに夢中で写真忘れた…。
Sp1010523

<帰路は、JR武田尾駅より>
ホームは高架橋であり、かつ半分トンネル
Sp1010528

能勢妙見山

能勢妙見山と野間の大ケヤキ
 <兵庫県川西市・標高660m・兵庫50山・06年10月14日>

能勢妙見口駅9:30→新滝道→妙見山→本滝寺→今谷池(昼食)→妙見奥の院→真如寺→野間の大ケヤキ→大堂越→能勢妙見口駅17:30

17kmのロングコースだが、高低差は少なく、のんびりと癒される道が続いている。
大堂越への分岐が分かりにくく、地元の方に聞くが少し夕闇がせまったが、事なきを得る。
能勢妙見口駅前のおみやげ屋さんで一杯。アテはお土産で売っている漬け物等で大いに盛り上がる。
二次会は三ノ宮。

<妙見山入り口>
Scimg0001

<本滝寺>
新緑がまぶしい…ではなく季節は秋です。
Scimg0002

<野間の大ケヤキ>
存在感のある立派な木
Scimg0007

Scimg0006

Scimg0005

Scimg0003

<偶然であった村祭りのみこし>
重量当てクイズがあった。う~ん800kg位か?
正解は後日とのこと…。
トラックを計るはかりに載せられるみこし。
Scimg0008