リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がん情報発信サイト。 日本の前立腺がんに関して最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、また新たにサイクリングや写真も始められました。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。(現在治療はされていません)

ウェブページ

無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2021年6月19日 (土)

花嫁の父

【2021年 5月30日】
娘が結婚しました。
結婚式は昨年5月に計画していましたが、新型コロナの影響で4度の延期となり、一時は中止の検討もありましが何とか開催することができました。




Img_6776
式場の決まりで延期は1年までとしており、さらにこの秋に廃業するとのことで最後のチャンスでした。
神戸で好感度No.1になったこともあるところでしたが、コロナには勝てなかったようです。

テレビでは見たことのある花嫁の父を実体験ということになりました。
延期の連続で気持ちの中で盛り上がりに欠けるかなと思っていましたが、やはり感じるものがたくさんあって…。
一時は子供の結婚式よりも私の葬式が先と思っていた時期もありましたが、このような節目を迎えられて感慨深いです。

しかし緊急事態宣言のさなかで何より本人たちが一番苦労したと思います。
人数を絞って、お酒の提供なし、参加者は全員マスク(新郎新婦と両親はフェイスシールド)で写真撮影時のみ外すという形でした。
でも本当に祝っていただける方達だけでコンパクトでシンプルな形となり、またこんな時期だからこそ記憶に残る形となり新郎新婦も満足げだったのが何よりです。

2021年6月 9日 (水)

コロナワクチン接種

 【2021年 6月9日】
新型コロナワクチンの1回目の接種に行ってきました。
私は64歳ですが、来年3月中に65歳になるので今回の接種範囲となります。

 

 

Photo_20210609221601
場所は、大規模接種会場の「ノエビアスタジアム神戸」。
一番早く接種ができるところだったので予約していました。(通知が届いた予約日から12日目に接種)
入場から退場まで、接種後の待機を含めて30分とスムーズでした。
ワクチンはファイザー製で接種時は痛くも痒くもありませんでしたが、現在5時間経って接種した方の肩が少しだるい感じがします。



しかし接種に関してはいろいろ取り沙汰されています。
まずファイザーからワクチン提供を受けている国は「ワクチン接種で死んでもファイザは1円も保証しない」という契約です。

公表されていませんが、国内でコロナワクチン接種600万回の内、85名が死亡(0.014%)、インフルエンザワクチン6500万回の内、6名が死亡(0.000009%)
実際の死亡率の差はもっとある可能性が高く、国民はそれを知らされていない。
さらに死亡者の多くは合併症のない医療従事者(とくに2040歳代)の看護師が多くを占めるそうです。

遺伝子ワクチンは安全か!?

ところで私は基礎疾患がない…ということでよいのでしょうか? まあいっか…。


後日談

厚生労働省が公表した死亡事例は6月4日までで計196件に達しています。

ところで…
私のいとこが先週、コロナワクチン接種の翌朝に心不全で突然亡くなりました。
ドクターヘリが来ましたが、すでに心肺停止でヘリに乗らないまま亡くなりました。

72歳で大きな基礎疾患はなく、体力・気力ともに同年齢では平均以上だと思っていました。
主原因ではないかもしれませんが、きっかけになった可能性を感じています。

ドクターヘリにしろ病院に担ぎ込まれたにしろ、死因がコロナワクチンかどうかの調査など普通はしないと思いますので、今回は上記196件には入らない?
いずれにしても同様の事例が全国で発生している気がします。

2021年6月14日追記

 

2021年4月25日 (日)

防護柵の設置

【2021年 4月25日】
実家の墓は道路との段差が3mほどあり危険なため、簡単な防護柵を設置しました。




Img_20210410_100952
業者による土手の工事で、あらかじめコンクリートの縁に穴をあけてあります。



Img_20210410_150637
穴を乾燥させた後、穴に支柱を立て周りを砕石(溶岩)を詰めます。
垂直に立てるためにナットをおもりにしたヒモを下げて確認。



Img_20210410_152540
その上からモルタルを塗ります。
親父が合板で作ったコテ板。


Img_20210410_152747
といっても穴の縁を埋めるだけ…。


Img_20210410_155614
上端部は浸水しないように、100均で買った円形のスポンジを挿入し、その上にシリコンを流します。



Img_20210410_162250
少し盛り上げ気味に、また支柱の端面にも塗り、錆防止に。
(支柱の上下端面には事前に錆止めを塗布)



Img_20210425_143353
チェーンを取り付けて完成!


業種によって、防護柵は支柱の高さやチェーンの位置、埋め込む深さなどが決まっているそうですが、敷地内のことなのでテキトーです。
本当はステンレス製が良かったのですが…錆びそうだったら塗装することにします。
素人工事ですが、たぶん目的は果たすと思います(^^;

2021年4月11日 (日)

山菜の季節

【2021年 4月11日】
今年は桜も早かったけど、山菜も1-2週間早い気がします。
山菜は採ること、食べること、両方の楽しみがあります。
今回は実家で収穫です。



Img_20210411_100436
まずはタケノコ。
何といっても収穫は重労働です。
急斜面のヤブの中で、固い土を鍬で掘り、さらに搬出はとても重いのです。
さらに皮をむくのも一苦労で、ヌカを入れた鍋であく抜きをしてやっと調理できる状態になります。
でも煮物、タケノコご飯(我が家は山椒とサバ入り)、山椒を加えた味噌あえ、春巻き等…料理のパターンが多く、どれも美味しいですね~。


Img_20210411_102543
タケノコにつきものの山椒。
野生のものはトゲがあって採る際には注意が必要です。
たくさんあればこれだけを佃煮にするとまた最高です。



Img_20210411_103827
なんといっても山菜の王様は「コシアブラ」。
タラの芽よりも濃い味がします。

どれもこの時期しか味わえないものです。
山菜は年中販売はされていても、天然ものの味は圧倒的に美味しいですね~。
歳と共に山菜の素材の味がとても美味しく感じます。

2021年2月21日 (日)

勤務形態変更

【2021年 2月21日】
2月21日付で勤務形態が変わり、週3日出勤でさらに8時30分~15時までの5.75時間/日となりました。

早速4連休。贅沢な時間の過ごし方ができ、ウキウキ気分です。

 

Mg_8809
岐阜県石徹白道(美濃禅定道)の三ノ峰付近にて。 
<写真は記事内容と直接関係ありません>


この日が来るのを楽しみにしていました。
しかし1年前から考えていたのは退職。
一般的な健康寿命(人に負担をかけずに楽しく過ごせる時)が75歳として、あと10年と少し。私の場合は病気の再発リスクがあり、あと数年間の可能性もあります。

45年程ほとんど休みなく働いてきたつもりです。
元気なうちに少しは好きなことに打ち込んで、また心を軽くして過ごしたいと思っています。
山にも登りたいなあ~。少しのんびりもしたいなあ~。

2021年2月10日 (水)

バッテリー交換 その3

【2021年 2月10日】
今まで「バッテリー交換」の記事は次の2件を書きました。
ウォークマン
シェーバー
性懲りもなく、今回は車です~。

 

プリウスは2種類のバッテリーを搭載しています。
今回交換したのは「補機バッテリー」で、システムの起動や電装品の駆動などを行っていて、寿命は
3年~5年と言われています。
なおもう一つの「駆動バッテリー」は動力用で、一般的には15~20万kmは交換不要だそうです。
もし10万kmまでに故障の場合は無償で交換です。(トヨタの場合)



Img_20210210_155358k
従来品(右)は新車時についていたもの。
納車から3年7か月で55,000km走行していて、1月の点検時に中程度の劣化と言われています。

交換するのは「ACDelco製 Euro-Next 355LN1」。(左)
トヨタのディーラーで調達後、3か月使用したものをいただきました。
(馴染みのないブランドですが、純正のようです)
従来品が45Ahに対して50Ahなので、少しの容量upとインジケーターが付いています。


Img_20210210_164959
場所は従来トランクルームだったのですが、50系からはエンジンルームに移っていて一般車と同じです。

物理的な交換は簡単です。
…が、メモリーのバックアップが面倒。
ご存知の通り一度電源が途切れると、ナビの設定、時計やパワーウィンドウ、蓄積した学習値などが初期化されたりするほか、特にナビのセキュリティのパスワードがわからない場合はディーラーへの持ち込みとなってしまうようです。
また、特にハイブリッド車はさらに不安が増します。

そこで事前にバックアップを取りますが、バッテリー交換時の電源供給方法として…
・シガレットライターから
・OBD2コネクターから
・バッテリー端子に直接クリップで
・初期化されたものを手動で再入力(^^;
などがあります。

前車では乾電池を8個つないてシガレットライターに接続、キーをアクセサリー(ACC)の位置で作業し問題ありませんでした。
今回の方法はバックアップの電源を使用せず、エンジンをかけたままの状態で作業しました。(ガソリンエンジンは回りませんでしたが…)
リスク感満載でしたが無事完了。
しかも費用0円!

パソコン修理に続き、「お金たまるわ~その2」でした(^^;;;

2021年2月 2日 (火)

ノートパソコン「ニコイチ」で復活

【2021年 2月 2日】
ノートパソコンが壊れました(^^;
デスクトップは部屋が寒いため、この時期リビングの「コタツパソコン」はとっても便利。
ないと困るので修理することにしました。




Img_6147_00002
上:液晶の枠のひび割れ
下:昨年に蝶番が壊れたため、自分で穴をあけてネシ゛止めした(^^;

壊れた理由は、家内と共有のため稼働率が高く頻繁に表示部を開け閉めしたことで蝶番が壊れ、変形を繰り返したためキーボード部分が変形、ついには多くのキー(ファンクション、del、テンキーの一部などなど)が効かなくなりました。
頻繁に使用する「ー」キーなどは「マイナス」と単語登録をして変換させたりと手間がかけていました・笑。
また液晶の枠のひび割れ、マイク故障、USBは無理やりでないと挿入できない…などなど。


Img_6140
2013年に購入したsony「VAIO」。
8年目なので新規購入も考えましたが、intel i5でそんなに陳腐化してないし、中古を買ってニコイチではどうか…?
結局、ヤフオクで同じ型番のものを購入。
シリアルナンバーは従来品は1000番台、今回購入は12000番台でしたが互換性はあると信じ進めます。
(左が従来品、右が今回購入品)

 

Img_6143
ハードディスクが入っておりませんが、外観はまずまず。
この時期なのでアルコールで拭いてから(^^;  電源を投入、BIOSが立ち上がるのを確認し、その後現行品のハードディスクとメモリーを入れ替えます。。。

 

Img_6144
Bluetoothの再設定とofficeのライセンス認証の確認(個体識別までやっているんですね…)がありましたが、「ニコイチ」修理が無事完了、完全復活です!


今回購入のものは、12,300円で落札。
これであと数年は使用できそうです。
(お金たまるわ~笑)

2021年1月 9日 (土)

そごう・東急ハンズの閉店

2020年はコロナ禍の影響なのか、便乗してなのかわかりませんが、身近なお店が閉店しました。
そんなに頻繁に利用していたわけではありませんが、2店共に開店が結婚直後、30年あまりいつも眺めていた景色が変わってしまいます。




Img_5419
最寄り駅にあった「そごう西神店」。
1990年に開店後、2020年8月31日に閉店し、30年間の営業でした。
ピ-ク時は257億円/年の売り上げがあったようですが、最近は半分以下に落ち込んでいたようです。
改札口前の立地で賃料3億6000万円/年は相当重荷だったようです。
まあ贈答品やデザートを買うくらいで、めったに利用はしませんでした。

 

Img_5423
最終日の賑わい。
これで関西圏のそごうはなくなりました。



Img_20200930_1230241_00001
もう一つは「東急ハンズ三宮店」。
1988年に開業し、2020年12月31日に閉店。阪神淡路大震災を乗り越え32年間の営業でした。
俵万智さんのサラダ記念日「大きければいよいよ豊かなる気分東急ハンズの買い物袋」の句が有名になったのは1987年。
もう34年も経つんですね~。

初めて行ったのは渋谷店でしたが、この店でも同様なつくりでいつも最上階の6階までエレベーターで昇り、独特な階段で下りながらウインドウショッピングをしていました。
当時は楽しかったんですが、だんだんに目的なしで行くとつまらなくなりました。(歳のせい?珍しさが無くなった?)
マイホームを東急系で購入したのでいつでも5%引きのカ-ドを持っていますが、あまり使った記憶がありません。

一度弁当箱を買って満足感たっぷりに使っていたのですが、しばらくして同じものがホ-ムセンタ-でも販売しているのを見つけました。しかも安価で(^^;
まあネットでも買えるし、特色が出せなくなったのかもしれません。


あっという間に過ぎ去った感がある私の壮年期。もうすぐ退職です。
馴染みのお店とのお別れは寂しいですが、気分を入れ替えるのもよいかもしれません。

2020年12月30日 (水)

経年美化⁈

【2020年12月30日】
経年美化」とは時が経ち、使い続けることで出てくる馴染み、風合い、味わい深さのこと。(Google検索)
なお広辞苑等には載っていませんでした。

高級品に使われる言葉かもしれませんが、私の場合はその辺にあるもので、お気に入りの使い込んだものです。

 

Img_6029
約30年前に娘と行った日本海のキャンプ場で拾った「鬼クルミ」。
中身を取り出し、穴をあけてホルダを取り付けています。
仕事用のバックにぶら下げていましたが結構ツヤが出てきました。
ワックスなどは塗っていません。
小さい頃、亡き祖父が腰の刻みタバコ入れに付けていたクルミの黒光りの艶があまりにもすごかったを見ていいなあと思った記憶があります。


Img_6026
20年以上使っている製図用シャ-プペン「ペンテルPG505-AD」。
若い頃に機械図面をよく書いていましたが、当時CADはなくドラフターの時代でしたので、シャ-プペンが大活躍。
もちろん事務用にも使用していて、いつも胸ポケットに入っていました。


Img_60262
《拡大》
メッキがはがれ、つかむところのギザギザの部分も摩耗するほど使い込みました。
今でも使っていますし、販売もされています。


Img_6033
1970年代に購入した絞り優先機の一眼レフ「Nikon FE」です。
当時1店舗しかなかった新宿の『ヨドバシカメラ』で購入。
レンズは、20mm・28mm・50mm・85mm・135mm・300mmと単焦点だけをそろえました。
主に山行に使用。槍、穂高や野趣あふれる温泉、また海外出張時に税関で帰国まで没収された事も。
ポジフィルムでの撮影がメインでした。


Img_6034
ハードな使用であちこちすり切れており、写真に目覚めた思い入れのあるカメラです。
自宅に現存していますが銀塩ゆえ使用しておりません。


Img_6087
30年前に購入した登山靴「ザンバランフジヤマ」というイタリア製の登山靴。
11年前にソ-ルの張り替えを行い、頻度は低いものの現役で活躍中です。
特に革製品はメンテナンスも楽しいものです。愛着たっぷり!
(1月6日追記)



Img_5784
今年11月に購入した「セルウッド チロリアン D216211(ダナー)」。
ダナー社の日本工場で生産したもので、登山靴ではなくアウトドアや街履きです。
ソ-ルはビブラムで張り替え可能。
以前からこのタイプの靴が欲しかったのですが、退職記念に自分へのご褒美として購入。(その後に退職は少し延期となりましたが…)
履き込んでメンテナンスをしっかりやって経年美化となるよう、また一生モンにしたいですね~。


他人にとってはただの使い古しで「経年劣化」では? 捨てたら? と思われるものでも大事にするのは自己満足ですが、思い入れの強いものはきちんと手入れを行って、使い込んでいくのも楽しみの一つです。

2020年8月13日 (木)

いつもと違ったお盆

【2020年 8月13日】
コロナの影響で帰省ができないだけでなく、いつもと違ったお盆を迎えています。

 

Img_20200814_072157
最近あちこちで大量に咲いている「タカサゴユリ」。
別名「タイワンユリ」で外来種です。
お盆前後に咲くこの花は私にとっては忘れがたい存在です。


2013/09/01/dsc_2554k
4年前の8月、私のがん治療の入院と同時期に突然原因不明の嘔吐を繰り返し元気がなくなり入院、その後亡くなりましたが、私の身代わりだったのかなと今でも思っています。
見送る際には「タカサゴユリ」を飾ってあげました。
そして私の入院中の病院周辺に咲いていたのも「タカサゴユリ」でした。


今年のお盆はいつもの家内の実家への帰省はコロナの影響で控えることにしました。当然白山やアルプスなどの登山も中止です。
さらに私の父親の高齢化による健康面の不安から金銭面(わずかですが)の管理や介護に向けての準備を進めています。
思うようにいかない所や、離れて暮らしているもどかしさもあり少し疲労のお盆となりました。

母親が亡くなってから、また私のがん宣告から5年。私の治療終了、またインコが亡くなって4年が経ちました。
この5年間で良くも悪しくも心の中は大きく変化しましたが、さらにこのお盆は父親の介護のスタートとなり、節目となる気がします。

より以前の記事一覧