リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
  • 八東ふるさとの森
    鳥取県にある有名な「森を楽しむ」町営の施設。 こちらのブログには私の撮った写真も載っています。
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2022年12月 8日 (木)

牡蠣の種類

BBQで焼き牡蠣をいただきました。
牡蠣は殻付きを炭で焼いていただくのが一番!

せっかくなので牡蠣に関する情報を集めてみました。
すると意外な面も…。




Dsc_0521
11月26日、炭焼きのBBQ+ビール。
殻付き牡蠣は近所の道の駅に売っていたもの。
たまりません!



Photo_20221208204401
意外と知らなかった「生食用と加熱用の違い」
加熱用は安くて美味しいらしい…。
なお、生食用の基準に新鮮さの項目はありません。
<クリックで拡大します>


◆なぜ牡蠣(かき)?
 収穫する際に岩から「かきおとす」ので「カキ」。

◆栄養たっぷり
 海のミルクといわれ、グリコーゲン、タウリンタンパク、亜鉛、カルシウム、ビタミンなど含有。

◆食あたり
 牡蠣にあたる原因のNo.1は「ノロウイルス」ですが、生産・販売にその基準はありません。
 あたる原因は…ノロウイルス、腸炎ビブリオ、貝毒、アレルギー
 発生時間による原因と症状
  ・食後30分:貝毒(下痢、吐き気、嘔吐、腹痛)
  ・食後1~2時間:アレルギー(じんましん、かゆみ、頭痛)
  ・食後数時間~2日:ノロウイルスか腸炎ビブリオ(発熱、吐き気、下痢)
    ※ノロウイルス、腸炎ビブリオは人に移す可能性がある。
    ※ノロウイルスの抗ウイルス薬はなく、対処療法となる。
 あたりやすい時期:12~1月(流通量の増加のため)
 一度あたったら、その後あたりやすくなることはないそうです。
 予防法:生食用を選ぶ、十分加熱する、殻に口をつけない。
 ※私はあたったことはありません

◆生産
 海水の酸性化や水温の上昇による牡蠣の生育不良が心配されているようです。
  牡蠣の養殖生産量(上位3県で国内の82%)
   1位:広島県 61%
   2位:宮城県 13%
   3位:岡山県 8%

◆シーズン
  ・牡蠣(真牡蠣)のシーズンは11月~4月(Rの付く月は9月~4月。ほとんど養殖もの)
  ・岩牡蠣は6月~8月(ほとんど天然もの)


意外だったのは、「生食用」より「加熱用」の方が安くて美味しいとのこと。
まあなんでもいいので「殻付き焼き牡蠣」を年に数回はいただきたいなぁ。

2022年11月 9日 (水)

皆既月食と天王星食

【2022年 11月 8日】
にわか天体観測マニア、自宅の窓から撮ってみました。




D50_1737
皆既月食の始まり。
この時は明るくて手持ちで撮影。
<クリックで拡大します>



D50_1769
皆既月食中の天王星食直前です。
左下の白い点が天王星。

さすがに月食中は暗いので三脚を持ち出しました。
ISO12800でもSSは1/8秒。

442年ぶり、次回は213年後だそうです。
それが計算できるのがスゴイ。
日頃は星に興味がなくても空を見上げる方が多かったと思いますが、私もその一人です^^;

星を撮るのは場所取りしなくてよいからいいなぁ(笑)

2022年10月 9日 (日)

図書館オープン

 【2022年 10月 5日】
自転車で5分のところに図書館が移転して10月1日に新規オープンしたので行ってきました。
区役所に続き、リノベーション神戸の取組みの一環として「なでしこ芸術文化センター」という新しい建物内にあり、とてもおしゃれな感じです。




Dsc_0515
近くなって便利な図書館は3フロアあり、蔵書は従来の3倍、蔵書も最終的には30万冊、面積も神戸市内で一番広いそうです。
見るからに新品の本がたくさんあり、折り目がついてないので読みづらいです~。
貸出や返却も端末でセルフで可能、たくさんある座席の予約もネットで…。



Dsc_0461
となりのホールもこじゃれています。


図書館は近い将来に老いぼれても、暑い日でも、寒い日でも時間をつぶせそうです(笑)

2022年9月18日 (日)

ホルモンうどん食べ比べ

【2022年 8月31日, 9月 1日】
岡山県津山市と兵庫県佐用町の「ホルモンうどん」をいただきました。
以前B-1グランプリで2位になったこともあるご当地グルメです。

 

Dsc_0361
まずは津山市の「くいしん坊」さん。
価格は910円と高めですが、想像通りの味で満足感たっぷりでした。



Dsc_0370
2日後に兵庫県佐用町のホルモンうどん「お多福」さん。
つけダレでいただきます。670円とお安い価格設定です。


どちらもゆずの風味が加えてあります。
私はつけダレでない方(津山市のもの)が好みでした。
とにかくいただくのに時間がかかります~。
でもまた食べたいなぁ。

津山と佐用はお互いによいライバル意識があるようですが、売り出したのは佐用町は2003年から、津山市は2008年からだそうです。
私は高校時代に列車通学をしていた頃、最寄り駅の「美作江見駅」近くで食べていました。
(今は店は存在しません)
美作江見駅は岡山県内にあり、JR姫新線で津山駅と佐用駅の間にあります。
約50年前にはホルモンうどんが存在していたことになります。

存続があやういJR姫新線継続の起爆剤にならないかなぁ~。

2022年9月16日 (金)

輪島塗の漆器

【2022年 9月 5日】
今年のGWに能登に出かけた際、輪島で注文した汁椀が届きました。




D50_0965
使うのがもったいないくらい…ところが使えば使うほど味が出てくるのです。(経年美化⁈)
<クリックで拡大します>

輪島で2泊した宿では驚くことに輪島塗の食器を27年間使用しているもので料理をいただきました。
もちろんとても良い状態です。

お世話になったのは民宿「満月」さん。
階段や柱など、調度品もすべて輪島塗の宿で、ご主人が常に磨いていてピッカピカです。

そんな説明を聞き興味がわいたので、翌日は意気込んでかなりのお店を回り、「吉田漆器工房」で色合いと形でとても気に入ったのが『里椀』。
しかし在庫がなく4箇月待ちに待って届きました。
しっかり使い込んでいきたいと思います。

27年間使用しても大丈夫ということは、私達の寿命よりよっぽど長持ちですね^^

2022年9月15日 (木)

父との別れ

【2022年 9月 7日】
突然父が亡くなりました。




Dsc_0358
若干の心不全がありましたが、もともと元気だった父は私が帰省中の8月29日に初めて胸が痛いと言い出し、車に乗せて行きつけの病院へ。
処置室に自分で歩いて行きましたが、「急性心筋梗塞」でAED処理を行い、大病院へ救急搬送後に2度の手術で3箇所のステント挿入は成功しました。
(動脈の詰まりが解消し、血液が流れだしている<右>)



Dsc_0390
心臓は順調に回復していたものの、その後脳出血が発覚、呼吸をつかさどる当たりに大量出血があり、その結果呼吸不全となり、旅立ちました。
脳出血の原因は古傷(心当たりなし)か、心臓の治療中に発生したのかは不明ですが、心臓の治療に当たり血液をサラサラにする投薬の影響の可能性もあるようです。
享年満90歳でした。

元々体は元気だったせいか、AEDやステント挿入手術にも耐え、計画ではリハビリ、一般病棟への移動、さらに退院予定やその後の復帰に向けて順調に回復していましたが、突然の脳出血でした。
脳外科の医師によると、処置は現状の心臓、体力、年齢的に無理との判断。

循環器の主治医より人工呼吸器をいつ外すかの判断を求められ、倫理観の葛藤もありましたが、親族で検討し9月6日10時とし実行しました。
しかし人工呼吸器を外した後も、自分で呼吸を始めました。
結果的には自身の呼吸能力が無くなり、翌日に旅立ちました。

当初の発作から10日間でほとんど苦しむことなく最後は穏やかだったのが救いでした。
またコロナ禍にもかかわらず、集中治療室は面会も許され、最後も立ち会うことができました。

7年前の母親の葬式では、次に送るのは父親ではなく葬式の1か月前に宣告を受けた私の番と思っていましたがそれは免れました。
90歳でめでたい範囲と思っています。
いままでありがとう。合掌

2022年6月29日 (水)

真っ赤なクワガタムシ

【2022年 6月27日】
昨年8月のジョギング中に見つけたでっかいカブトムシがいたすぐ近くに、今度は見たことがない真っ赤なクワガタムシを発見しました。




Dsc_0263
体長は30㎜位、見るからに外来種って感じですが、検索すると「ヒラズゲンセイ(平頭芫青)」。米津玄師ではありません^^;

外来種ではなく日本原産の昆虫だそうで、
体液には漆程度の強さの毒があり、水ぶくれができたりするようです。
しかも鹿児島県、高知県、徳島県では準絶滅危惧種でマニア間では標本でも1万円前後とのこと。

もともとは四国や九州で見られたものが温暖化で北上しているようです。
自転車で走っていた近眼の私でも見つけられるくらい鮮やかな目立つ色で少し驚きました。

今年は史上初の早い梅雨明けとなりましたが、これ以上不穏な夏になりませんように…。

2022年6月27日 (月)

44年前の能登の自転車旅

今年のゴールデンウイークは、44年ぶりの能登に車で出かけました。
その44年前は東京に住んでおり、今はなき寝台列車を利用し、能登半島を自転車で右回りに一周ました。
当時の切符が見つかったので記念に残しておきます。




20220613_161359
往路は上野から上越線経由で金沢までは寝台急行「能登」。
国鉄時代の10系3段の寝台車に、
昭和53年(1978年)5月2日に乗車しています。
たしか窓が開くタイプで、走行音や連結器の音が大きかった気がします。
<クリックで拡大します>



20220613_161407
復路は特急「北陸」の寝台車。
さすが特急、14系で走行音も静かで快適でした。
<クリックで拡大します>



20220613_161359-_01
復路に乗車したのは、能登半島の穴水にある「甲(かぶと)」駅。
今はなき「硬券」の乗車券。



20220613_161759
「千枚田」はあまり変わっていない気がします~。
当時は21歳。若い!


自転車は「輪行」で分解して列車に乗せます。
寝台車ではデッキに置きましたがとても心配だったのを覚えています。

ユースホステル4泊と夜行2泊の合計6泊の旅行でした。
元気やったぁ~!

当時のカメラは「オリンパスOM1」で、当時日本の一眼レフでは最小の機種で、自転車の前バックに入れていたのを思い出します。

2022年6月11日 (土)

ササユリ咲く高御位山

【2022年 6月 8日・兵庫県加古川市・標高300m】
年に1度くらい登っている高御座山。
この時期はササユリが咲いています。




1_20220611140701
ササユリの咲く季節は、いつもこちらの成井登山口よりスタート。
平日にもかかわらず、駐車場は路上も含めて満車でした。



2_20220611140701
満開の時期は過ぎていますが、ところどころ残っています。



img_8661
頂上にて。
<クリックで拡大します>



6
頂上で泳ぐこいのぼり。



5
加古川、神戸製鋼加古川製鉄所、淡路島を望む。



4
こちらも頂上の天乃御柱天壇(あめのみはしらてんだん) 。
撮影ポイントとアングルがワンパターンになってしまいます^^;



7
至極のベンチ。



img_8685
シリーズ「今日のサバ缶」。
デザインは抜群。ゆず+オリーブオイル+塩で甘さを抑えたあっさり系の味でした。
<クリックで拡大します>




成井登山口9:53→10:25高御位山10:46→11:06小高御位山(昼食)11:43→11:55成井登山口



ササユリは1週間~10日ほど遅かった気がします。
希少な八重咲きのササユリは、残念ながら昨年に引き続き 終わっていました…。
まだ咲いたところを見たことがありません(^^;

下山後、現役時代に高御位山をこよなく愛した加古川市に住む Kさんを5年ぶりに訪ねて、山談義に花を咲かせました。

2022年6月 3日 (金)

「セグウェイ」に乗ってみた

【2022年 5月30日】
鳥取のキャンプ場で「セグウェイ」が置いてあるのを見つけました。
前から気になっていたので、今回試乗させていただきました。




Dsc_0225
「SEGWEY ninebot(セグウエイ ナインボット)」。
重心移動で前進、後進、また中央のバーを倒すことで曲がる、回転ができます。
3分程で乗れるようになりました。
原理がまったくわかりませんが、乗り物としては初めての感覚で、乗り続けたくなります。

有料で借りられますが、こちらの施設のスタッフは業務で使用されています。
かなりの坂道もOK。車だと1速でないと登れないところも平気です。(ただしオフロードは無理)
こちらでは、ゴルフ場で使っていたカートや、電動自転車(アシストではない)を施設内で使用されていますが、一番坂に強く、バッテリーも長持ちするとのこと。

おもしろい! 欲しいなあ~。
たぶん10万円台だと思いますが、公道を走れないようで広い敷地を持っているなら便利かも。
なので買っても乗るところがない…残念。

より以前の記事一覧