リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
  • 八東ふるさとの森
    鳥取県にある有名な「森を楽しむ」町営の施設。 こちらのブログには私の撮った写真も載っています。
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2022年6月29日 (水)

真っ赤なクワガタムシ

【2022年 6月27日】
昨年8月のジョギング中に見つけたでっかいカブトムシがいたすぐ近くに、今度は見たことがない真っ赤なクワガタムシを発見しました。




Dsc_0263
体長は30㎜位、見るからに外来種って感じですが、検索すると「ヒラズゲンセイ(平頭芫青)」。米津玄師ではありません^^;

外来種ではなく日本原産の昆虫だそうで、
体液には漆程度の強さの毒があり、水ぶくれができたりするようです。
しかも鹿児島県、高知県、徳島県では準絶滅危惧種でマニア間では標本でも1万円前後とのこと。

もともとは四国や九州で見られたものが温暖化で北上しているようです。
自転車で走っていた近眼の私でも見つけられるくらい鮮やかな目立つ色で少し驚きました。

今年は史上初の早い梅雨明けとなりましたが、これ以上不穏な夏になりませんように…。

2022年6月27日 (月)

44年前の能登の自転車旅

今年のゴールデンウイークは、44年ぶりの能登に車で出かけました。
その44年前は東京に住んでおり、今はなき寝台列車を利用し、能登半島を自転車で右回りに一周ました。
当時の切符が見つかったので記念に残しておきます。




20220613_161359
往路は上野から上越線経由で金沢までは寝台急行「能登」。
国鉄時代の10系3段の寝台車に、
昭和53年(1978年)5月2日に乗車しています。
たしか窓が開くタイプで、走行音や連結器の音が大きかった気がします。
<クリックで拡大します>



20220613_161407
復路は特急「北陸」の寝台車。
さすが特急、14系で走行音も静かで快適でした。
<クリックで拡大します>



20220613_161359-_01
復路に乗車したのは、能登半島の穴水にある「甲(かぶと)」駅。
今はなき「硬券」の乗車券。



20220613_161759
「千枚田」はあまり変わっていない気がします~。
当時は21歳。若い!


自転車は「輪行」で分解して列車に乗せます。
寝台車ではデッキに置きましたがとても心配だったのを覚えています。

ユースホステル4泊と夜行2泊の合計6泊の旅行でした。
元気やったぁ~!

当時のカメラは「オリンパスOM1」で、当時日本の一眼レフでは最小の機種で、自転車の前バックに入れていたのを思い出します。

2022年6月11日 (土)

ササユリ咲く高御位山

【2022年 6月 8日・兵庫県加古川市・標高300m】
年に1度くらい登っている高御座山。
この時期はササユリが咲いています。




1_20220611140701
ササユリの咲く季節は、いつもこちらの成井登山口よりスタート。
平日にもかかわらず、駐車場は路上も含めて満車でした。



2_20220611140701
満開の時期は過ぎていますが、ところどころ残っています。



img_8661
頂上にて。
<クリックで拡大します>



6
頂上で泳ぐこいのぼり。



5
加古川、神戸製鋼加古川製鉄所、淡路島を望む。



4
こちらも頂上の天乃御柱天壇(あめのみはしらてんだん) 。
撮影ポイントとアングルがワンパターンになってしまいます^^;



7
至極のベンチ。



img_8685
シリーズ「今日のサバ缶」。
デザインは抜群。ゆず+オリーブオイル+塩で甘さを抑えたあっさり系の味でした。
<クリックで拡大します>




成井登山口9:53→10:25高御位山10:46→11:06小高御位山(昼食)11:43→11:55成井登山口



ササユリは1週間~10日ほど遅かった気がします。
希少な八重咲きのササユリは、残念ながら昨年に引き続き 終わっていました…。
まだ咲いたところを見たことがありません(^^;

下山後、現役時代に高御位山をこよなく愛した加古川市に住む Kさんを5年ぶりに訪ねて、山談義に花を咲かせました。

2022年6月 3日 (金)

「セグウェイ」に乗ってみた

【2022年 5月30日】
鳥取のキャンプ場で「セグウェイ」が置いてあるのを見つけました。
前から気になっていたので、今回試乗させていただきました。




Dsc_0225
「SEGWEY ninebot(セグウエイ ナインボット)」。
重心移動で前進、後進、また中央のバーを倒すことで曲がる、回転ができます。
3分程で乗れるようになりました。
原理がまったくわかりませんが、乗り物としては初めての感覚で、乗り続けたくなります。

有料で借りられますが、こちらの施設のスタッフは業務で使用されています。
かなりの坂道もOK。車だと1速でないと登れないところも平気です。(ただしオフロードは無理)
こちらでは、ゴルフ場で使っていたカートや、電動自転車(アシストではない)を施設内で使用されていますが、一番坂に強く、バッテリーも長持ちするとのこと。

おもしろい! 欲しいなあ~。
たぶん10万円台だと思いますが、公道を走れないようで広い敷地を持っているなら便利かも。
なので買っても乗るところがない…残念。

2022年5月15日 (日)

サンコウチョウに3度目の挑戦

【2022年 5月15日】
懲りずに今年3度目のサンコウチョウに挑戦です。
ここは県内K市で8年前のハイキングで見つけたポイント。
その後探鳥やハイキングで3回出かけましたが、内2回は会うことができました。
さて今回は…?




Photo_20220515202101
「コサメビタキ」



Photo_20220515202102
「カワラヒワ」

Dsc_9002
「アオスジアゲハ」は森林植物園でも見ました。



Photo_20220515202201
しょうがないので道端の朴の葉を数枚いただき、家内が帰宅後に「朴葉寿司」作ってくれました。
岐阜県の郷土料理で、素朴で美味しく実家を思い出します。


てな具合で、今年3度目のサンコウチョウ。さえずりは聞こえましたが、気温が12℃位と寒かったせいか不発に終わりました。
まあこういう日があってこそ、会えた時の感激が大きいわけで…。

2022年5月 5日 (木)

初めての森林植物園

【2022年 5月 5日】
神戸市立森林植物園は、自宅から車で30分あまりと手軽で探鳥でよく出かけています。
入園は昨年まで有料年間フリーパスを利用していましたが、私は今年から不要に…。




Dsc_8894
朴の木の花。葉っぱと共に良い香りがするそうです。
家内の実家あたりでは、朴葉味噌や朴葉寿司に利用し、敷地内にも植えてあります。



Dsc_8906
アオスジアゲハ。



そんなこんなで今日の探鳥はほぼボウズ。
しょうがないので植物や蝶を撮ったりして、お弁当をいただいたり新緑を愛でながら家内とのんびり過ごしました。

こちらの入園は、昨年まで年間フリーパスの四季トリコロールカード(900円/年)を利用していましたが、私は今年65歳を迎え入園料金が無料となりました(^^;
高齢者としての仲間入りということで、このような特典を受けるのは初めて。
でもまだそんな歳ではない気でおりますのでうれしくはありません(笑)。

2022年3月11日 (金)

節目の誕生日

【2022年 3月11日】
3.11は東日本大震災の11年目の日。
私の65歳の節目となる誕生日でもあります。




Dsc_0026
先月(2022年2月14日)に近所に移転後新規オープンした神戸市西区役所。
外観、内部や業務体系なども新しく、こじゃれています~。



Dsc_0063
その新しい区役所から届いたのは「介護保険被保険者証」。
もう介護認定があればいただける立場になったんですね~。

そして一般的な定年退職の年齢です。
私が入社したころのわが社は55歳定年でしたが、今は65歳。
でもあっという間の人生、これから健康寿命(男性で72.7歳)が尽きるまでいかに有意義にすごすか、でもたった8年ほどしかありません。
しかも病気の再発がなければのこと。
もしそうなれば健康寿命が縮まって、周辺に負担をかける期間が延びる形になるかも…。

でも最近は親父の介護、家族の病気もかかえて少し重い生活です。
ブログ記事は遊んでばかりですが、いろいろ抱えているのは私達だけではないでしょう。
何より平穏な老後が過ごせたらよいなあ~と切に思います。

今日は東日本大震災の記念日でもありますが、阪神淡路大震災も思い出します。
少し重たい気分の節目の誕生日でした。

2022年2月26日 (土)

三寿ゞ刃物製作所が「景観形成重要建造物」に

【2022年 2月26日】
昨日の地元新聞に先日包丁を購入した三木市の『三寿ゞ刃物製作所』の建物が、この度兵庫県の「景観形成重要建造物」に指定されたとの記事が載っていました。

1885年(明治18年)で、137年ほどの歴史があるそうです。
従来から国の「有形文化財」に登録されていますが、さらに箔が付いた感じです。

 

Img_20220124_110723
先月ジョギングで立ち寄った際の写真。
裏側に工場があるそうです。

外観は大きくありませんが、風格がありとにかく敷居の高いお店と感じます。
そのために包丁を買うために事前に下見をしたんです^^;

入りにくいのは…
・外から店内が見えない。
・客が他にいなさそうで緊張する。
・値段が高そう。(外に値段が表示されてない。10万円もしたら困る…)
・店の前の人通りが少なく、30m位先はアーケードがあるがシャッター街で暗い。
・変な勧誘があるかも…。
・店員がどんな人か見えない。(あっち系の怖いオジサンだったらどうしよう…)
・でも怖いぶっきらぼうのオジサンの方が包丁は切れそうな気がする…。
・何か購入しないと出られない気がする。(入った途端、扉に鍵がかかり出られなくなるかも…)

…などと妄想しながらも、ジョギングでハイになっているから入れたようなもんです(笑)

しかし入ってみるとご夫婦と思しき2名の方がおられ、気取らず丁寧に説明をしていただき、無事に包丁を買うことができました。
めでたし、めでたし~。

2022年2月 8日 (火)

ワイヤレスイヤホン

 【2022年 2月 8日】
ワイヤレスイヤホンを購入し、4ヶ月間使ってみました。
Bluetoothで接続し、形状はネックバンドです。
完全ワイヤレスも検討しましたが、電池の持ちが悪く、また線がないので紛失しそうだったこと。

 

<購入したもの>
RZ-NJ320B (panasonic)
Photo_20220206192401



<購入時に比較したもの>
WI-C310 (SONY)
C310kk


<比較表>(黄色は優れた方)

機  能 RZ-NJ320B
(Pana)
WI-C310
(SONY)
連続再生時間 18時間 15時間
マルチペアリング対応 ×
自動電源OFF機能 ×
重 量 18g 19g
発売時期 2021年 5月 2019年 7月
価格(価格.com) ¥3,065¥4,290 ¥3,650¥6,939 

      ※同じ仕様の項目は省略(大半が同じです)

 

購入したRZ-NJ320B(panasonic)は、明らかにWI-C310(SONY)を意識した仕様になっていて、注目したのは発売時期が2年近く遅いこと、そして連続再生時間が長いことでした。



4ヶ月間使用した感想です。
<良かった点>
・ワイヤレスのメリットは電車内やジョギングでは当然ながら線のわずらわしさから解放される。
・バッテリーが思った以上に長持ち。
・ウオークマン、スマホ、タブレット、パソコン、カーナビなど様々なものに接続可能。

<デメリット>
・使用前に出力側の本体との接続の操作が毎回必要が手間。
・小さい音量の微調整が効かない。(主に使用するSONYのWALKMANとの相性かも?)
・ジョギング時にリモコン部・バッテリー部が揺れる。
 これは非常に使いづらく、対策として下記のように∮1.5㎜のアルミ製の針金を沿わせました。
 格好悪いですが実用的です。重さは2g増加し20gとなりましたが大勢に影響なし。
 Dsc_0013k


ノイズキャンセリングタイプも考えましたが、何よりバッテリーの消耗が大きく再生時間が短いこと。
従来のWALKMANの標準のイヤホンのノイズキャンセリングが秀逸なので、そういう環境の時(電車内等)は有線を使用することにしてワイヤレスのメリットを楽しめばよいと判断しました。
現在も両方のイヤホンを活用しています。
まあ3,000円台の買い物なのでコストパフォーマンスは十分、主にジョギングでの使用のため音質は二の次でよく(耳の機能が低いし…)、満足しています。

2022年1月23日 (日)

手づくり味噌が完成

【2022年 1月 22日】
最近、食材の手づくりを楽しんでいます。
今回は発酵モノの「味噌」が完成しました。
仕込んだのは昨年の2月、はたしてどんな様子かな…?

 

 

Img_6221
まずは仕込みから。
材料は大豆1kg、米麴1kg、塩400g、酒粕少々。
完成すれば4kgの味噌になります。



Img_6232
大豆を茹でて、つぶして、米麴と塩を入れてよ~くかき混ぜます。



Img_6241
空気を抜きながらみそ玉にします。



Img_6247
さらに空気を入れないように樽に漬け込みます。
カビないように表面に塩をふり、その上から酒粕で蓋をします。

ここまでは昨年2月の作業、半年間寝かせます。



<…そして11か月後>
Img_7780
「みそたまり」ができています。
酒粕の蓋のおかげかまったくカビていません。
成功かも…。



Img_7783
見た目はいい感じ~。



Img_7788
購入した味噌と味比べ…。
キュウリでは違いがわかりづらいので、温かいご飯にのせて食べてみます。



Img_7797
さらに味噌汁にしてみました。
正直、『うまい!』
香ばしくてコクがあり、購入していた味噌とは別物です。
「みそだまり」も刺身でいただきましたが、濃い醤油という感じでおいしいです。
まあ手前味噌ですが^^;


今まで自分たちでつくった発酵モノとしては、豆乳ヨーグルト、甘酒、納豆、漬物、パン、米粉パン、塩麴…など。
実際は家内がやっていたのをほぼ脇で撮影していただけですが(^^♪

自宅はマンションのため、夏季も含めてうまく発酵するかとても不安でしたが、意外とうまくできました。
小さい頃、実家ではでっかい桶に大量に仕込んでいたのを覚えていますが、実際に自分たちで作ってみると楽しいし、おいしくて何より安全・安心です。
もちろん今年も再挑戦のために材料調達中。。。

より以前の記事一覧