リンク

  • 風に吹かれ 私の思いつくままの日々
    いろはにこんぺいとうさんは、音楽や気軽な日々の出来事をつづられています。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 山とカヌーの休日
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽もたしなむ多才な方です。
  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。

ウェブページ

無料ブログはココログ

旅行・地域

40年ぶりの潮岬

和歌山県東牟婁郡串本町潮岬

20歳位の時に1度訪れた潮岬。本州最南端です。(日本最南端でなく、本州最南端です)
40年ぶりの景色を覚えているかな?違って見えるかな?楽しみです…。

 

Dsc_0327
芝生の広場は覚えています。もっと広かったような…。
近くの紀伊大島は歌にある巡航船はなくなり、橋ができていました。
紀伊大島はトルコの船が座礁沈没し、乗組員を救助したことで友好が深まったお話しのところです。

 

Dsc_0335effects
冬の日本海を思わせる荒波、透き通っています!
ダイビングもできるようです。

 

Dsc_0330pano
雄大な景色。向こう岸はオーストラリアかな?
何もないところがよいですね~。



Dsc_0326
こちらで美味しいのはマグロ、カツオ、トビウオなど。
大衆食堂で新鮮な「マグロ丼」をいただきました。

遠いです!
神戸から4時間、和歌山市からでも高速道路終点まで100km以上、さらに一般道を30分くらい走ります。4時間あれば静岡県まで行けます。

40年前から覚えていたのは芝生広場のみでした。
でも本州最南端の雄大な景色、海の綺麗さはもちろんですが、何もない広い景色は瀬戸内海と違います。(当たり前…)

趣味の山は垂直方向の先っぽ、水平方向の先っぽもこの先に何もないというところが楽しいですね。
天気は曇りがちでしたが、暖かくてちっぽけなことを忘れてしまう気分になれる素敵なところでした。

浜坂にて

【2018年1月19日・兵庫県美方郡新温泉町浜坂】

浜坂は「単独行」や「孤高の人」で有名な登山家『加藤分太郎』の生誕地でもあり、好きな街です。
以前、会社OBの故O氏と浜坂に近い扇の山に幾度か登ったことを思い出します。
さらに同じ但馬には日本人初のエベレスト登頂、世界初の五大陸最高峰を登頂した植村直己(豊岡市)もいてお気に入りのエリアです。
温泉も城崎温泉とちがって、硫黄臭があり何より静かで好みのお湯です。

 

Img_1653
スタートは明石駅。特急「はまかぜ」に乗ります。
何より、在来線の特急に乗るのは30年以上ぶりです。
ちょっぴりワクワク~。

 

Img_1663
播但線から山陰本線に入って、のんびり走ります。
写真は餘部(あまるべ)鉄橋ですが、今はコンクリート製で昭和の面影がなくなりました。

 

Img_1659
明石から浜坂まで3時間。
城之崎温泉で9割の乗客が下車。
(そんなに?)

さらに香住を過ぎると、2号車の車両の乗客は私たち(家内)1組だけとなりました。<上の写真>
(少しやな予感…)

下車した浜坂駅には、出迎えのバスが待っています。
…えっ私たちを含めて2組?
(さらにやな予感…)

 

Img_1651
ちなみにこの日のために発券されたチケット(の山)。
2人分でなんと15枚。

 

Img_1667
まあ、今日は暖かくて海岸も散歩できます。
写真は以前登った兵庫100名山の「観音山」。

 

Img_1672
まあ、松の美林もあったりします。

 

Img_1679
『加藤文太郎』の「孤高の人」の碑を見つけました。
彼の誕生日は私と同じです(^^)

 

Img_1666
何しに行ったって?
JRの「かにカニエクスプレス」を利用して、カニを食しに行ったのです。

料理を見て、えっ?これ?
往復6時間かけて、これ?
チケット15枚も発券して、これ?
とにかくとてもとてもひどい内容です。
他の1組の方も同様で、昨年JRで和歌山のクエを食べに行った際もこんなレベルだったとのこと。
JRというブランドを期待していたのに…。
正直、ちゃぶ台をひっくり返しそうになりました!

まあ、30数年ぶりに特急列車にも乗れたし、天気も良かったし、日本海はキレイだったし…。
まあ、いっかぁ~。

すてきな和歌山

【2017年11月16~17日・和歌山県田辺市、西牟婁郡】

和歌山は和歌山市に叔父さんが住んでいたり、出張では海南市までは何回か出かけましたが、それより南部は近年行っていません。

 

Dsc_0284
2016年10月に世界遺産登録された田辺市の「鬪雞(とうけん)神社」は勝負の神様。
そして熊野三山へ行けない方はこちらを参拝するだけで行ったことになるというお得なところ。社も本宮にそっくりです。

 

Dsc_0277
地元の方に教わった西牟婁郡の「長生の湯」。
紀州の杉などの自然素材を利用し、アルミサッシなどは使用されていません。
こぢんまりとしていますがとても癒される雰囲気に、もちろん源泉掛け流し、イヤミがなくセンスのある造りでした。
とても良いお風呂に出会えて満足感たっぷりです。

 


阪和道、紀勢道を南に走っていると、和歌山市あたりからの沿道はみかんの林、さらに南下すると梅がたくさん植えられています。
とんでもない広さです。たしかインターチェンジ3つ位の山々は梅林です。
もちろん生産量は日本一でシェアは6割だそうです。

ちなみに今まで広いと思っていた兵庫県内で有名な綾部山梅林の生産量は90トン/年、和歌山は6万トン/年と3桁も違うのです。
膨大な面積の梅林、沢山の加工工場など、地域での梅に関わる産業の大きさ、たずさわる人の膨大さにとても驚きました。

お土産はどこに行っても梅干し。
味は酸っぱくなく塩辛くなく、甘く味付けされたものばかり。(ちょっとお気に入りでない…)

<写真はネットから借用>

ちなみに梅干しと梅漬けの違いは、天日干しをするのが梅干しで、しないのは梅漬けらしいです~。

ミシュラン登録店で「はも料理」

【2017年6月25日・兵庫県淡路市】

淡路島の南側にある小島、沼島周辺で獲れる鱧(はも)は胴が太く小顔で、また漁法の影響で体に傷が少ないことから「べっぴん鱧」と呼ばれています。
また、コンドロイチン、カルシウム、ビタミンAなどが豊富で、美肌効果、アンチエイジングにも期待できるそうです。

 

Img_0650
梅雨空の幻想的な明石海峡大橋。(神戸側より)

 

Img_0651
今日はバスで出かけます。
JR舞子駅で高速バスに乗り換え。バス停は明石海峡大橋のたもとです。
下車は2つめの東浦IC。10分余りで到着します。便利!

 

Img_0655
バスをおりて癒される景色の中、お店まで歩きます。
淡路島の有名なタマネギ小屋です。
他に枇杷もあちこちに実っています。

 

Img_0680
あじさいもきれいです。

 

Img_0677
プロローグはその辺で終了。
今日のお店の「こゝちよ」に到着。
ミシュランガイドブック兵庫特別版にて、星1つの評価のお店です。

 

Img_0675
カウンター席の前で骨切りを行っています。
シュー、シューとリズミカルな音が響きます。
味はこの骨切りで決まるとか。
いかに薄く、等間隔に、しかも皮を残して切るかの職人芸。
ちなみに包丁は微妙な焼き入れが必要で、一般的に数十万円はするとのこと。
(写真撮影は事前了承済み)

 

Img_0658
古民家を改造したカフェ風のお店です。
調度品や食器もしゃれています。
(写真は日本酒)

 

Img_0667
定番の湯引きの梅肉和え。

 

Img_0661
今日はしゃぶしゃぶでいただきます。

 

Img_0666
淡泊ですので甘ダレか梅肉でいただきます。

Img_0672k
デザートは味噌。…ではなくきな粉と黒糖のシャーベット。

 

お店のアクセスは非常にわかりにくいところで、ナビでも迷うという細くて急坂で曲がりくねって、かつ標識がないところにあります。
少し前、迷ったあげく山道に迷い込み、脱輪した車があったとのこと。
今回は東浦ICのバス停から歩きましたが、店としてはタクシーを利用願いますとのことでした。(徒歩10分程度ですが…)

この時期のランチタイムは11時からと13時からの交代制で、満員でした。
奈良や中国地方のナンバーもありました。
とても癒される空間で、楽しい仲間達(先輩)と久しぶりにスローなおいしいランチをいただき、満足満足。。。

別府の温泉はすごいです!

【2017年6月9日・大分県別府市

うどん県は香川、おんせん県は大分です。
その大分県は温泉の源泉数は4,381孔で、湧出量も279k㍑/分で日本一だそうです。
せっかくなので神戸にはない温泉に入れたらいいなあ。

 

Img_0490
まずは観光から。
別府地獄巡りといって、温泉の噴き出しているところを巡るツアーができます。
まあその中でインパクトがありそうな名前の「血の池地獄」です。
まあたしかに赤い…。(写真に着色はしていません)

 

Img_7223
いよいよ温泉です。
行ったのは、デトックス効果があって、ここでしか入れない泥湯温泉。
「別府温泉保養ランド」というおもしろくない名前ですが、やはり中身で勝負という感じです。
あったまり度は最高、香りは大好きなイオウ臭とおまけに泥湯、もちろん混浴と盛りだくさん。
効きそうです!
3日ほど体からイオウ臭がとれませんでした。
(この温泉はカメラ持ち込み禁止ですので、写真はnetから拝借しました)

 

Img_0507
お風呂の後の夕食はお魚料理店へ。
さすがに九州の芋焼酎は、芋の香りがはんぱなく、とてもとても美味しい~。
(コップの文字は別物です)

 

Img_0506
大分の郷土料理「りゅうきゅう」。
沖縄でもないのになぜりゅうきゅう??
ゴハンの上に醤油ダレに漬け込んだお刺身、その上にゴマや大量のネギを載せたもの。
シメに美味しかったです。
楽しみにしていた「関サバ」はシーズンではないとのこと。残念!

 

今回の温泉、お湯は最高で何年ぶりかでホンマモンの温泉に入った気がしました。
やはり露天風呂が最高です。
特に「自律神経」と看板のお湯がどろどろ感があって一番でした。
すべてのお風呂がイオウ臭満載で効きそうです。

まあ一部混浴はよいのですが、蒸し風呂にたっぷり入って、ボーッと出てきたところに女性が2名入浴しておりまして…お互いにビックリ!(その内一人は知人にそっくりで2度ビックリ)
私が間違ったのかとよく見ると男湯でした。よかったぁ~!
後で調べると、たくさんのお風呂をつなぐ通路はとても入り組んでいて、どこかで動線が交差しているようです。

女性達に罪はないですが、逆なら犯罪ですよね~(^_^;)

湯布院は思いのほか…

【2017年6月9日・大分県由布市湯布院町】

今回のお出かけは家内と1泊で新幹線とレンタカーを利用し、湯布院、別府、久住を巡る大分の旅です。
まずは湯布院へ。

湯布院?由布院?さいきんは「ゆふいん」の表現も。
高速道路のIC名は湯布院、JRの駅は由布院、地名は由布市湯布院町になっています。
まあどちらもなんとなく情緒がありそうなそそられる名前ではあります。

 

Img_0417
こじゃれたJR由布院駅。
観光客の人種はなんとなく若年層が多い感じです。

 

Img_0418
停まっていた列車。
九大本線ですが各停は1両編成です。

 

Img_0419
駅前から由布岳を望む。
豊後富士1,583mの双耳峰の雄姿。

 

Img_0423
名前は良い感じですが…。

 

Img_0431
なんだか思っていたイメージと違います。

 

Img_0429

 

Img_0430
ますます…。

 

Img_0445
基本的に乗り物は嫌いではないのですが…。

 

Img_0444
ついに…。
なぜ湯布院にこれが必要?

 

Img_0453
気を取り直して金鱗湖近くで昼食、相方は名物のだんご汁をいただきます。
だんごといっても小麦粉の平たい麺のような感じです。
(スープを味見しただけですが…)

 

Img_0462
でも探せばひなびた感じの銭湯があります。
来るのは近所のお年寄りと思われますが、この昔ながらの温泉がいいのになあ…。

 

Img_0463
私たちはこちらの景色が一番です~。
登りたい!
(登山口の標高は780m、山頂は1,583mです)
日本二百名山、九州百名山に属します。
登りたいなあ~。

 

Img_0470
由布岳山頂を望む。
こちらもミヤマキリシマが見えます。ますます登りたい…。

 

湯の街湯布院は、浴衣に下駄履きが似合うしっとりとしたイメージでしたが、思った以上にチャラけた感じで、大量の観光客(大半がアジア系の外国人)にうんざりのちょっぴり残念なところでした。

迎えた人生の節目

2017年3月は人生にとってちょっとした節目となりました。

 

◆3月8日
3ヶ月に一度の前立腺がんの診察に行きました。
結果は問題なしで、今回で治療も終了。
次回診察は半年後の9月となりました。

昨年の入院での外部照射終了後半年が経過し、ホルモン注射のゾラテックスは1月4日が最後となり(3ヶ月製剤ですので、効果は計算上4月4日まで)、ホルモン剤(投薬)のカソデックスは3月16日で終了です。

1年半続いた治療はここで終わりです。
ステージ4に近い3からここまでたどり着けたのは、標準外治療を行っていただいたO医師のなせるわざ。他の医師ではダメだったと思います。
家内もがんばってくれました。
宣告の時、親より早い死を覚悟した時から思えば奇跡に近いものがあり、感慨深いです。

でもこれからが勝負。
外部照射終了後、現在0.3程度のテストステロンが2.0~7.6の間まで上昇し、安定したところまでPSAが上がっていきます。
そこからPSAが下がっていけばOK。上がっていけば再発です。
およその時期は外部照射終了後1.5年、今からが勝負です。

 

◆3月11日…還暦の誕生日
今までになかった人生の節目を感じる60歳です。
誕生日は土曜日だったので、のんびり、のんびり畑ざんまいで過ごしました。ちいさな幸せを感じる1日でした。

 

P1100410
◆3月12日
還暦の記念に家内と25年ぶりのカニを食べに日本海へ。
焼きガニをお腹いっぱい食べました~。

 

◆3月20日
会社を退職。その内13年勤めた所属長の管理職も(やっと)解任となります。
一つの会社で生涯勤めたのは良かったのか悪かったのか…、でも今となってはつくづく幸せな事だなあと思っています。
また役職も含めてよく勤まったなあと感慨にふけっているところです。
(今後の仕事は再雇用として同じ職場で働きます)

 

健康寿命はあと15年、再発したならその半分かな?
でもこれからまだまだ働きますし、主に自然と親しむ余暇も続けたいと思います。
あと1回、新車も買いたいな~。

この平穏な日々が続いてくれるよう祈りながら、大きなテーマである今の大病を治すためにバックアップをしてくれている家内、家族に感謝し、病に打ち勝っていきたいと思っています。

 

                            前立腺がんとの闘い〈INDEX〉

厄年の祈祷へ

【2017年2月18日・兵庫県加古川市】

寒い日が続きます。
今年、ついに還暦を迎えます。
つまり厄年ということで、加古川市の「宗佐厄神八幡神社」に厄除祈祷に行ってきました。
朝9時半頃なのでとても空いていますが、この後は行列ができます。

 

P1100293
「数え年」で61歳。男性は25歳、42歳が厄年だそうですが、その時に厄除の祈祷に行ったかどうか覚えていません(^_^;)

でも厄年には体調不良やなにかよくないことが起きた気がします。
今回も命に関わる病気のこともあり、家族への気持ちも含めてなんとなく出かける気になりました。
厄年は一生のうちでこれで最後ですが、歳のせいかなんとなくお祓いが体に浸みてくる思いです。

とにかく今は病気を治して家族や周辺に迷惑をかけないこと。
今まで生かせてもらったことに感謝し、そしてなんとか定年(あと1ヶ月)まで1つの会社で働くことができたこと。
本当にありがたいことです。

 

                            前立腺がんとの闘い〈INDEX〉

「酵素風呂」初体験

【2017年1月14日・兵庫県三木市】

以前から気になっていた「酵素風呂」に行ってきました。
三木市にある『ぬか天国』です。

がんの治療には病院で受けられる標準治療(手術、放射線、抗がん剤)と代替療法があり、代替療法はバラエティに富んでいます。(眉ツバ注意 (^_^;))
代替療法のひとつに温熱療法というものがあります。
がん細胞は42.5度以上で死滅すると言われていて、体温をあげることによってがん細胞にダメージを与える療法です。
乳がんの小林麻央さんや海老蔵さんも入っているという酵素風呂って(自宅に作ったらしいですが)どんなものなのだろう?
あったまるけど臭うのでは? 効果は? …とにかく大丈夫?などと出かける前は家内と疑問符だらけでした。
場所は自宅から車で30分程度のところ、まずは体験です。

 

P1100114
結構辺ぴなところにあります。
ナビも出てきませんし、道路は未舗装です。
お客さんは自分たちだけかと思いきや駐車場は満車で県外ナンバーもあります。
酵素風呂はがん治療の為だけでなく様々な疾患に効果があるということです。

 

P1100111
ちょっと独特な雰囲気で家内は引き気味。(^_^;)
施設にはあまり投資されていないようです。
でも対応は丁寧でした。
料金は初回のみ1,000円、通常は1回3,500円で、70回の回数券は133,000円と高めの印象ですが、常連の方が多いようでした。女性が大半です。

 

P1100108
こちらがお風呂。混浴ではありません。(撮影の許可はいただいています)
入る時は下着一枚で係の方が掘ってくれた穴に横たわると、砂風呂のように頭だけ出して埋められます。
普通シャワーキャップをかぶって入りますが、女性風呂では髪にもぬかをもみこみ顔にも塗っていた方もおられたとのことです。
入り方を教わり初回体験者は30分入りますが、2回目からは時間無制限です。

今日の温度は62~63℃。若干高めだそうで温度は日によって違うのだとか。
この温度は電気やガスなど熱源があるわけではなく、ぬかの発酵熱だけというのが驚きです。
埋めてもらってから時々からだを動かすと奥の方から熱い空気が吹き上がってきます。
熱いけれど火傷はしない熱さで、サウナのような我慢もなくポカポカとリラックスできます。
出た後はからだが熱く汗が止まりません。
ご担当者によると温度は高ければよいというものではなく、「波動」が下から伝わってくるのが効果だそうです。でも「波動」って何なんでしょう(^^;
材料は米ぬか主体で、動物性のものは入っていないために臭いが少ないそうです。
確かに嫌なにおいはなく、私の作っている野菜くず堆肥の発酵末期と似た臭いがします。
面積は日本で一番広い酵素風呂で12m×12m 深さ1.2m、一度に約100人が利用できるそうです。

 

1袋5,000円の堆肥や、健康食品、有機野菜などの販売をされていて、ネットを見ると、うんちくをたくさんお持ちの社長さんのようです。
でも内容は食べ物、生活習慣、冷え、便秘、運動のことなど、いつも思っていることとほとんど同じで共感を持てます。

 

結果は…。
半端なくあったまります。出た後も少なくともその日いっぱいはポカポカです。
しかし続けなければ効果がないかも…

 

                            前立腺がんとの闘い〈INDEX〉

淡路島で里山散策

【2016年10月16日・兵庫県淡路市】

淡路島へ里山ハイキング。
明石港から船で岩屋港へ、そこから歩いて「あわじ石の寝屋緑地」をのんびりと散策します。

 

P1090596
いつも見とれてしまう、船から見る明石海峡大橋。

 

P1090603
人よりもネコの方が多い感じがする「岩屋商店街」。

 

P1090604
昭和を感じる「扇湯」。

 

P1090647
じつにレトロです。しかしお風呂はとても清潔感があります。

 

P1090605
この「扇湯」や淡路島を舞台にした映画『あったまら銭湯』の淡路島先行上映会が本日開かれているようです。ちょっと見たいなあ~。

 

P1090609
「淡路SA」を望む。
サービスエリアの中ではピカイチの絶景ではないかと思います。

 

P1090613
「あわじ石の寝屋緑地」は兵庫県が整備して昨年4月に開園した、新しい公園です。
整備前の少し荒れた道とは雲泥の差です。

 

P1090611
恐竜の卵発見!
今年の秋は雨が多いですね~。(きのこです)

 

P1090621
ケガを負った「とんび」を発見。
左側の翼が折れたように見えます。
鳥は体重が重いと飛べないため、多頻度の小食で食いだめができないそうです。
歩くことしかできなくなった「とんび」さんは、食べ物を摂ることができずあと数日の命と思われます。とてもかわいそうです…。

 

P1090628
明石海峡大橋の真正面。あまり見たことのないアングルです。

 

P1090631
鳥の糞。(アケビの種?)

 

P1090632
鹿orウサギの糞。
ひろい芝生広場は誰もおらず、のんびりと昼食をいただきました。

 

Awaji
本日の歩いたコース。
スマホのGPSですが、合計10kmほどの距離でした。
上部の斜めの線は明石海峡大橋です。

 

入院前の6月に歩いたコースです。
相棒(先輩)と、退院後に行けたらまた同じコースを行こうねと約束していました。
約束を果たすことができてよかったです。
次は山登りに行きたいなぁ。。。

より以前の記事一覧