リンク

  • 風に吹かれ 私の思いつくままの日々
    いろはにこんぺいとうさんは、音楽や気軽な日々の出来事をつづられています。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 山とカヌーの休日
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽もたしなむ多才な方です。
  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。

ウェブページ

無料ブログはココログ

山(⑥兵庫100山)

サギソウ咲く西光寺山

【2018年9月2日・兵庫県篠山市今田町・標高713m

暑さを避けて早朝に登り、その後は温泉でくつろぐパターンの3回目です。
今回は、登山口近くでサギソウが咲いているのではと行ってみました。

 

Img_2499
まだ咲いていました~。

 

Img_2500
良い形です~。
兵庫県では絶滅危惧II類だそうです。

 

Img_2502
タカサゴユリでしょうか。
最近めっぽう増えてきました。台湾からの外来種だそうです。

 

Img_2505
炭焼き小屋跡。
子供の頃、実家近くで実際に焼いているのを見たことがあります。
炭、七輪、サンマ…なつかしいなあ。

 

Img_2512
今日は曇りですが、遠景は望めます。
丹波篠山方面を望む。

 

Img_2514
山頂でまたまたサバ缶。
朝ご飯です(^_^;)
体に良さげな商品です。(7-11ですが)

 

Img_2517
サギソウやタカサゴユリは夏の花ですが、ちょっぴり秋の気配も…。
(山頂にて)

 

駐車地点7:33→西光寺山8:34(朝食)9:27→駐車地点10:13

 

サギソウは満開の時期は過ぎたようです。
西光寺山へは何度か訪れていますが、サギソウの時期は初めてです。
登山は暑いですが、いい汗をかけます。

下山後は、近くの「こんだ薬師温泉 ぬくもりの郷」でのんびり~。
露天風呂からは西光寺山が望めます。

残暑にも負けないぞ~。

耐暑山行「摩耶山」

【2018年7月26日

暑い暑いの毎日ですが、この時期もの好きにもほどがあると思われそうな摩耶山へハイキングに行ってきました。

 

Img_2452
山寺尾根を登るつもりが、杣谷の左折が早すぎて急登するはめに。
摩耶観光ホテルの廃墟に出ます。
廃墟マニアが訪れているようですが、ここまではやぶ漕ぎはないものの、案内はなくレアなコースです。

 

Img_2476
掬星台に到着。他に同じようなもの好き(アホなヤツ)は誰一人いません。
それはそれで初めて見る景色です。

 

Img_2474
下山後に立ち寄る温泉方面を望む。ちょっぴり楽しみ。

 

Img_2472
掬星台にいたホオジロ。

 

Img_2478
以前から訪れたかった、摩耶山天上寺。
六甲全山縦走時に必ず脇を通過していましたが、今回立ち寄ってみました。
空海ゆかりの女人守護の立派なお寺です。
昭和51年に全焼した後に現在の地に再建されました。

 

Img_2482
杣谷峠にて。

 

Img_2486
ソウシチョウを発見。

 

Img_2491
プロローグは灼熱の摩耶山。
今日の主な目的はこちら「神戸みなと温泉"蓮"」。
あか抜けた内外装のデザインや雰囲気は最高です。
海を見ながら半日ゆったり過ごしました。
お風呂だけでも2,300円(平日)で、海をみながらの食事のメニューにワインのボトル14万円とかあります。
お風呂+ランチの客単価は最低5,000円はかかりそうです。
でも癒される贅沢な空間に満足しました。

 

阪急六甲駅7:00→杣谷堰堤→摩耶ロープウェイ虹の駅7:56→摩耶山史跡公園→摩耶山→掬星台8:46~8:56→摩耶天上寺→杣谷峠9:34→杣谷堰堤→阪急王子公園駅11:19

 

山寺尾根を登るつもりが、まちがえてレアな急登コースを登ったせいもあるとは思いますが、行きも帰りも頂上でも誰一人会うことはありませんでした。
まあこの灼熱地獄の中、特に今年の夏はこの時期に六甲山系に登る人はレアでしょう。
でもいい汗をかいて、いい温泉でちょっぴり贅沢な時間を過ごせた、素敵な一日でした。

ささゆり咲く高御位山

【2018年5月27日・兵庫県高砂市・標高305m

ギター仲間(活動が途切れている)でたまには外に出かけようということで、高御位山へ。
このメンバーは尾瀬や雲取山へでかけた元ハイカーです。
とはいっても40年前の話。

今ならささゆりも咲いていて、すぐに登れる山ということで出かけました。

 

Img_2186
山全体では5分咲きというところでしょうか。

 

 

好天に恵まれ、のんびりと登りました。
ささゆりは少し早かったんですが、のんびりと日ごろの雑事をボヤキ合いながら楽しい時を過ごしました。
下山後は近くの温泉(みとろ荘)でまったり。

他に予定を作らず、ゆったりとした1日も心の肥やしですね~。

サクラ満開の須磨アルプス周辺

【2018年4月1日・兵庫県明石市、神戸市須磨区】

この終末は、桜がどこに行っても咲いている状況です。
近くの桜の名所とハイキングを兼ねて出かけました。

 

Img_1880
まずは明石公園。桜は満開です。

 

Img_1882
曇天ですが、これから人が増えてきます。

 

Img_1895
少し歩いて天文科学館の桜。
明石市は今日から全国で54例目の中核市となり、県から多くの業務を移管されるようです。

 

Img_1896
山陽電車の「人丸前」から「須磨浦公園」まで電車で移動します。
こちらも満開。

 

Img_1901
山陽電車「須磨浦公園駅」にて。

 

Img_1908
昭和41年製のカーレーターは50年以上現役です。
揺れも振動もこれでも人の乗り物?という感じです。
案内には「妊婦の方はハイキングコースを歩いてください」とあります(^^;
(今日は乗車せず)

 

Img_1909
海を望み、満開の中のロープーウェイ。
もちろん乗らずに登山道(六甲全山縦走路)を歩きました。

 

Img_1911
桜+明石海峡大橋+淡路島。
<クリックで拡大します>

 

Img_1915
須磨浦山上遊園の桜。

 

Img_1918
栂尾山山頂。
標高は低いですが、展望抜群!
(写真は私ではありません…)
50年ほど前には、奥に見えるおらが山とこちらの栂尾山は尾根で繋がっていて、途中に高倉山があったそうです。今は高倉台団地となっています。(写真中央部)
削り取られた土砂はポートライランドの埋め立てに使いました。
現在も六甲全山縦走路の一部として、歩道で繋がっています。
そんな無茶なことをするから地震が起きたんでは(-.-;)

 

Img_1923
須磨アルプス(馬の背)とツツジ。
今年は桜とツツジが同時に咲いています。

 

Img_1948
最後の桜は「妙法寺公園」の桜。

 

Img_1951
思っていた以上!

 

Img_1954
<クリックで拡大します>

 

Img_1964kk
<クリックで拡大します>

 

明石公園西入り口9:17→明石公園→天文科学館→(電車)→須磨浦公園駅10:38→鉢伏山→旗振山→栂尾山12:24(昼食)12:45→横尾山→馬の背→東山→妙法寺川公園→板宿駅15:04

 

あちこち満開の桜情報と、陽気に誘われハイキングと合わせてでかけました。
下山後はバーベキューで一杯…ならなお良かったのですが、でも桜を満喫した一日でした。

扁妙の滝&笠形山ブルー

【2018年2月4日・兵庫県神崎郡神河町・標高939m】

寒い日が続きますが、この時期ならではの氷瀑を見に、ついでにハイキングに行ってきました。

 

Img_1699ll
前日の暖かさで一部融けかかっていますが、その分周辺の雪がなく、氷の白が鮮やかです。
<クリックで拡大します>

 

Img_1702l
6~7割というところでしょうか。
<クリックで拡大します>

 

Img_1709ll
まあ、見応えは十分です。
<クリックで拡大します>

 

Img_1707lll
真下から。この時間帯だと落下してくる氷はありません。
<クリックで拡大します>

 

Img_1747l
氷瀑の後は山頂へ。
今日は空気が澄んでいて、展望がとても良いです。
千ヶ峰も雪は少なめです。
<クリックで拡大します>

 

Img_1756l
空の青さはごちそうです。(写真に着色などしていません)
こちらもこの時期ならではですね~。
<クリックで拡大します>

 

Img_1767s
山頂の雪はわずかですが、コースはほとんどが圧雪状態でした。

 

Img_1755s
今日は明石海峡大橋も見えます。

 

Dsc_0319s
お昼は昨夜の恵方巻きのついでに作った大好物の鯖寿司。
大展望の下、とてもごちそうです。

 

コテージ前P8:54→扁妙の滝9:11~9:30→滝見台9:35→笠形山10:48(昼食)11:52→コテージ前P12:54

 

兵庫県中部付近だと、寒い日が数日継続しないと滝の氷結は見られませんが、今年はチャンスが多いようです。
展望抜群の山頂でのんびりお昼をいただき、その後は温泉(西脇市・勘兵衛の湯)でまったりとありがたい幸せな一日でした。

冬枯れの紅葉谷から六甲山頂

【2017年12月28日・兵庫県神戸市・標高931m】

今年もいろいろありましたが、自分だけの納山祭は六甲山にしました。
例年と違い仕事が一日早く終わり、平日の静かな山を期待してでかけます。

 

Img_1519
紅葉谷の通行止め区間を迂回するために、炭屋道を利用。
それにしても開通に時間がかかっています。

 

Img_1530
街では見かけない霜柱。

 

Img_1539_1

 

Img_1543
極楽茶屋の「みつまた」。

 

Img_1544_1
大阪湾を望む。

 

Img_1546
車だとノーマルタイヤでギリギリです。

 

Img_1553
お昼時にだーれもいない六甲山頂は初めてです。
日頃見られない景色ですが、静かでとても良いです~。

 

Img_1552_1

 

Img_1554_1
久しぶりにコーヒーを入れます。

 

Img_1559
3日前に新聞に載っていた、ペンキで全面真っ黒に塗りつぶされた震災犠牲者の鎮魂碑。
とても残念です。

 

Img_1563
「カヤクグリ」。
ペアでしたが、怖がらない鳥です。

 

Img_1567

 

ロープウェイ有馬温泉駅9:21→極楽茶屋跡11:16→六甲山11:52(昼食)12:36→一軒茶屋→13:38ロープーウェイ有馬温泉駅駐車場

 

ほぼ平日に近い28日で、さすがに紅葉谷では一人も会わず、六甲山頂も誰もいない時間もありました。
住吉道で一部凍結していましたが、雪は思っていた通りほとんど無く、もちろん滝の氷結もみられませんでした。

平日とはいえ、有馬温泉は外人さんも含めて多くの人出でしたので、下山後のお風呂はみのたにグリーンスポーツホテルの「銀河の湯」へ。
高台にあり、露天風呂からの景色はとても開けて気持ちいいですが、個人的には「すずらんの湯」か「からとの湯」の方がよいですね~。

今年も少しですが山で楽しませてもらいました。
ありがとうございました。来年もたくさん行けたらいいなあ~。

見事な紅葉の雄鷹台山と高山

【2017年11月25日・兵庫県赤穂市・標高284m】

兵庫100名山の雄鷹台山は、JR赤穂駅や赤穂ICからもすぐのところにあります。

 

Cig_img009
このコースは終始防火帯の尾根道を進みます。
本当に防火の役目を果たすのか疑問ですが…。

 

Cig_img011
海に続くかのコース。

 

Cig_img014
素敵な雑木林です。

 

Cig_img090
雄鷹台山の頂上。

 

Cig_img015
さざんか+紅葉。
<クリックで拡大します>

 

Cig_img018
頂上より千種川河口付近を望む。
小さい頃、赤穂イコール潮干狩りでしたが、この河口付近でたくさん拾いました。

 

Cig_img023

 

Cig_img068
ドウダンツツジの紅葉は見事です。
<クリックで拡大します>

 

Cig_img079
4合目付近が見頃です。

 

Cig_img094
以前は「赤穂高山観光牧場」でしたが、現在は「ピクニック公園」。
こちらの駐車場を利用させていただきました。

 

ピクニック公園駐車場11:20→高山11:45→雄鷹台山12:50→紅葉エリア→雄鷹台山14:19→ピクニック公園駐車場15:10

とにかくドウダンツツジの紅葉は見事でした。
雄鷹台山から北のコースでは一人も会いませんでした。
意外にも人が少ないのもうれしかったです。

もう秋も終わり。あっという間です~。

須磨アルプスから「よこお野路菊の丘」

【2017年11月5日・兵庫県神戸市須磨区・標高312m】

好天に恵まれた3連休。
初日は混雑の高速道路を横目に(関係ないもんね~笑)仕事にでかけましたが、最終日の午前中は近場の山にでかけました。

 

Img_1369kk
栂尾山へはいつもの元六甲全山縦走路(分太郎道)を通らず、通常の400階段を利用。
苦しめます(笑)が、展望は抜群です。

 

Img_1348kk
栂尾山より和田岬方面。

 

Img_1354k
ご存じ、馬の背。

 

Img_1363k
最後は「よこお野路菊の丘」へ。

 

Img_1366k
満開はあと2週間位、2-3分咲きというところでしょうか。
管理されている方々、ご苦労様です。

 

奥須磨公園8:31→栂尾山8:50→横尾山9:02→須磨アルプス馬の背9:13→東山9:18→奥須磨公園10:13

 

野路菊は少し早かったですが、やっぱり花は癒されます~。

秋の三草山

【2017年9月23日・兵庫県加東市・標高424m】
彼岸の中日に小さな秋を見つけに近場の三草山に出かけてきました。

 

Cig_img010
子供の頃よく食べた「 クロウスゴ」。

 

Cig_img012
萩の花が咲きかけています。

 

Cig_img013kk
ぴかぴかに光るステンレス製のぜいたくな支柱は山には不似合いですね~。
材料費だけで1本2万円前後すると思います。
加東市は太っ腹です~。

 

Cig_img022kk
頂上の萩。

 

Cig_img029
頂上にいた「キアゲハ」。
幼虫は困ったことにわが菜園のアシタバ等に来て葉っぱをたくさん食べてくれますが、成虫は意外ときれいです。

 

Cig_img035kk
頂上直下にて。

 

Cig_img039kk
昭和池を望む。

 

Cig_img040kk
この数年間でずいぶんとコースが整備されました。

 

Cig_img1007
今日は彼岸の中日。
冷夏だろうが猛暑であろうが、毎年彼岸に咲く彼岸花。
(登山口の近くにて)

 

Cig_img1013
柿も色づいています。

 

山口登山口駐車場11:31→(三草コース)→頂上12:34~13:26(昼食)→(三草古道コース)→山口登山口駐車場14:12

 

少し暑い日でしたが、秋を満喫できました。

3年前に比べ、コース・道標が整備されていて以前はマイナーなコースだったのがわかりやすくなっています。
下山後は三木市の「湯庵」で汗を流し、のんびりとした秋の1日を過ごすことができました。

快晴の六甲最高峰

【2017年2月4日・兵庫県神戸市・標高931m】

好天の穏やかな休日。
裏六甲の滝は氷結しているかな?

 

P1100229
期待がふくらみます。

 

P1100233
ところが白石谷の滝の氷結は全くありません。

 

P1100268
帰路、紅葉谷から筆屋道コースへ。
もちろん太鼓滝は氷結はなし。

 

P1100236
予定よりコース変更しました。

 

P1100241
無事山頂へ。

 

P1100244
11時過ぎ、誰もいない六甲山頂。         

 

P1100250
まあこの青い空は少し得した気分です~。

 

ロープウェイ有馬温泉駅駐車場8:47→白石滝9:46→白竜滝9:59→六甲山11:11~(昼食)12:11→瑞宝寺公園13:19→ロープウェイ有馬温泉駅駐車場13:47

 

白石谷は滝の氷結はまったくなく、楽しみにしていた雪も少なかったけれど、空の青さとぽかぽか陽気はとてもごちそうでした。

より以前の記事一覧