リンク

  • 風に吹かれ 私の思いつくままの日々
    いろはにこんぺいとうさんは、音楽や気軽な日々の出来事をつづられています。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 山とカヌーの休日
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽もたしなむ多才な方です。
  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。

ウェブページ

無料ブログはココログ

山(⑥兵庫100山)

冬枯れの紅葉谷から六甲山頂

【2017年12月28日・兵庫県神戸市・標高931m】

今年もいろいろありましたが、自分だけの納山祭は六甲山にしました。
例年と違い仕事が一日早く終わり、平日の静かな山を期待してでかけます。

 

Img_1519
紅葉谷の通行止め区間を迂回するために、炭屋道を利用。
それにしても開通に時間がかかっています。

 

Img_1530
街では見かけない霜柱。

 

Img_1539_1

 

Img_1543
極楽茶屋の「みつまた」。

 

Img_1544_1
大阪湾を望む。

 

Img_1546
車だとノーマルタイヤでギリギリです。

 

Img_1553
お昼時にだーれもいない六甲山頂は初めてです。
日頃見られない景色ですが、静かでとても良いです~。

 

Img_1552_1

 

Img_1554_1
久しぶりにコーヒーを入れます。

 

Img_1559
3日前に新聞に載っていた、ペンキで全面真っ黒に塗りつぶされた震災犠牲者の鎮魂碑。
とても残念です。

 

Img_1563
「カヤクグリ」。
ペアでしたが、怖がらない鳥です。

 

Img_1567

 

ロープウェイ有馬温泉駅9:21→極楽茶屋跡11:16→六甲山11:52(昼食)12:36→一軒茶屋→13:38ロープーウェイ有馬温泉駅駐車場

 

ほぼ平日に近い28日で、さすがに紅葉谷では一人も会わず、六甲山頂も誰もいない時間もありました。
住吉道で一部凍結していましたが、雪は思っていた通りほとんど無く、もちろん滝の氷結もみられませんでした。

平日とはいえ、有馬温泉は外人さんも含めて多くの人出でしたので、下山後のお風呂はみのたにグリーンスポーツホテルの「銀河の湯」へ。
高台にあり、露天風呂からの景色はとても開けて気持ちいいですが、個人的には「すずらんの湯」か「からとの湯」の方がよいですね~。

今年も少しですが山で楽しませてもらいました。
ありがとうございました。来年もたくさん行けたらいいなあ~。

見事な紅葉の雄鷹台山と高山

【2017年11月25日・兵庫県赤穂市・標高284m】

兵庫100名山の雄鷹台山は、JR赤穂駅や赤穂ICからもすぐのところにあります。

 

Cig_img009
このコースは終始防火帯の尾根道を進みます。
本当に防火の役目を果たすのか疑問ですが…。

 

Cig_img011
海に続くかのコース。

 

Cig_img014
素敵な雑木林です。

 

Cig_img090
雄鷹台山の頂上。

 

Cig_img015
さざんか+紅葉。
<クリックで拡大します>

 

Cig_img018
頂上より千種川河口付近を望む。
小さい頃、赤穂イコール潮干狩りでしたが、この河口付近でたくさん拾いました。

 

Cig_img023

 

Cig_img068
ドウダンツツジの紅葉は見事です。
<クリックで拡大します>

 

Cig_img079
4合目付近が見頃です。

 

Cig_img094
以前は「赤穂高山観光牧場」でしたが、現在は「ピクニック公園」。
こちらの駐車場を利用させていただきました。

 

ピクニック公園駐車場11:20→高山11:45→雄鷹台山12:50→紅葉エリア→雄鷹台山14:19→ピクニック公園駐車場15:10

とにかくドウダンツツジの紅葉は見事でした。
雄鷹台山から北のコースでは一人も会いませんでした。
意外にも人が少ないのもうれしかったです。

もう秋も終わり。あっという間です~。

須磨アルプスから「よこお野路菊の丘」

【2017年11月5日・兵庫県神戸市須磨区・標高312m】

好天に恵まれた3連休。
初日は混雑の高速道路を横目に(関係ないもんね~笑)仕事にでかけましたが、最終日の午前中は近場の山にでかけました。

 

Img_1369kk
栂尾山へはいつもの元六甲全山縦走路(分太郎道)を通らず、通常の400階段を利用。
苦しめます(笑)が、展望は抜群です。

 

Img_1348kk
栂尾山より和田岬方面。

 

Img_1354k
ご存じ、馬の背。

 

Img_1363k
最後は「よこお野路菊の丘」へ。

 

Img_1366k
満開はあと2週間位、2-3分咲きというところでしょうか。
管理されている方々、ご苦労様です。

 

奥須磨公園8:31→栂尾山8:50→横尾山9:02→須磨アルプス馬の背9:13→東山9:18→奥須磨公園10:13

 

野路菊は少し早かったですが、やっぱり花は癒されます~。

秋の三草山

【2017年9月23日・兵庫県加東市・標高424m】
彼岸の中日に小さな秋を見つけに近場の三草山に出かけてきました。

 

Cig_img010
子供の頃よく食べた「 クロウスゴ」。

 

Cig_img012
萩の花が咲きかけています。

 

Cig_img013kk
ぴかぴかに光るステンレス製のぜいたくな支柱は山には不似合いですね~。
材料費だけで1本2万円前後すると思います。
加東市は太っ腹です~。

 

Cig_img022kk
頂上の萩。

 

Cig_img029
頂上にいた「キアゲハ」。
幼虫は困ったことにわが菜園のアシタバ等に来て葉っぱをたくさん食べてくれますが、成虫は意外ときれいです。

 

Cig_img035kk
頂上直下にて。

 

Cig_img039kk
昭和池を望む。

 

Cig_img040kk
この数年間でずいぶんとコースが整備されました。

 

Cig_img1007
今日は彼岸の中日。
冷夏だろうが猛暑であろうが、毎年彼岸に咲く彼岸花。
(登山口の近くにて)

 

Cig_img1013
柿も色づいています。

 

山口登山口駐車場11:31→(三草コース)→頂上12:34~13:26(昼食)→(三草古道コース)→山口登山口駐車場14:12

 

少し暑い日でしたが、秋を満喫できました。

3年前に比べ、コース・道標が整備されていて以前はマイナーなコースだったのがわかりやすくなっています。
下山後は三木市の「湯庵」で汗を流し、のんびりとした秋の1日を過ごすことができました。

快晴の六甲最高峰

【2017年2月4日・兵庫県神戸市・標高931m】

好天の穏やかな休日。
裏六甲の滝は氷結しているかな?

 

P1100229
期待がふくらみます。

 

P1100233
ところが白石谷の滝の氷結は全くありません。

 

P1100268
帰路、紅葉谷から筆屋道コースへ。
もちろん太鼓滝は氷結はなし。

 

P1100236
予定よりコース変更しました。

 

P1100241
無事山頂へ。

 

P1100244
11時過ぎ、誰もいない六甲山頂。         

 

P1100250
まあこの青い空は少し得した気分です~。

 

ロープウェイ有馬温泉駅駐車場8:47→白石滝9:46→白竜滝9:59→六甲山11:11~(昼食)12:11→瑞宝寺公園13:19→ロープウェイ有馬温泉駅駐車場13:47

 

白石谷は滝の氷結はまったくなく、楽しみにしていた雪も少なかったけれど、空の青さとぽかぽか陽気はとてもごちそうでした。

半年ぶりの高御位山

【2016年12月18日・兵庫県加古川市・標高304m】

前回の「高御位山」は今年6月、手術の10日前でした。
しばらく行けなくなるなぁとの思いで登りました。
あれから半年、たくさんの出来事を思い出しながらのハイキングです。

 

002
のじぎくは兵庫県花です。

 

001
ツツジがたくさん咲く山域ですが、季節外れのものも…。

 

008

 

003
山頂にて。

 

004
ロッククライミングの方もおられました。

 

006
工業と瀬戸内海を望む。

 

007
快晴でポカポカ陽気の山頂です。

 

辻登山口10:47→旗振山11:06→北山奥山11:13→中塚山11:17→高御位山11:45~12:11→中塚山12:44→辻登山口13:05

 

低山ですが、通常の里山と違って、ガマンの樹林帯を登ることなく、いきなり展望が開けるのが高御位山のよいところです。
ぽかぽか陽気の中、思い出に浸りながら、たっぷりと楽しい汗をかきました。

笹ユリ咲く高御位山

【2016年6月11日・兵庫県高砂市・標高304m】

播磨地方の名峰の高御位山は、4月のツツジも有名ですが、6月はじめの笹ユリもきれいと聞いて行ってきました。

 

1
成井登山口からスタート。
標高は低いですが、さすがに人気の山ですねぇ、曇天の今日も駐車場は満車でした~。

 

2
スタートしてすぐの分岐を「笹ユリの道」方面へ、初めてのコースです。
けもの道とありましたが、コースははっきりしています。
…が、直登でいい汗を流せます~。

 

3
笹ユリはシーズン終了間近ですが、数カ所に残っていました。
こちらは頂上付近のもの。
<クリックで拡大します>

 

4
今日もにぎわっている頂上。
写真では写っていませんが見えませんが、かすんでる先に地元の雄岡山、雌岡山が見えていました。

 

5
頂上より東方向を望む。
曇天ですが、いつもながら晴れやかな展望です。
でも残念ですがこの景色もしばらく見られなくなります。
ずっと見ていたいなあ~。

 

6
成井地区のたんぼ。
今は田植えの真っ最中、農家の方はご苦労様です~。

 

成井登山口9:35→(けもの道コース)→高御位山10:04~10:30→小高御位山10:52→成井登山口11:05

6月第一日曜日には「笹ユリまつり」も開かれているそうです。
まつりの雑踏も避けたいので少しずらせましたが、花はまだ少し残っていました。
今回は登り下りともマイナーなコースで、1/25000の地図にも出ておりませんが、頂上からコースが見えているので安心です~。
いつもの山でのんびりと癒されるハイキングができました。

なお、今回でしばらくハイキングを休止します。再開できる日を楽しみに~。

静かでのんびり有馬三山

【2016年4月2日・兵庫県神戸市・標高884m】

有馬温泉からの六甲山頂へのコースは紅葉谷(豪雨で現在通行止め)や魚屋道が一般的ですが、今回の有馬三山から30年ぶりに登ってみました。

 

有馬の温泉街の山肌にはモクレンが満開です。
Img_4180

 

有馬三山の一つ目「落葉山(おちばやま)」。
あまり展望はありません。
Img_4178

 

二つ目は「灰形山(はいがたやま)」。
Img_4184

 

定番のアングルの雑木林。(俗にワンパターンという…)
Img_4195

 

ロープーウェイを下から。
Img_4201

 

「ソウシチョウ」に出会いました。
Img_4204

 

三つ目の「湯槽谷山(ゆぶねだにやま)」。
三つの中の最高峰です。
Img_4193

 

このコースはUPDOWNが結構あり、六甲山の中では気持ち的に辛いコースです。
トレーニングなのか学生らしき二つのグループに出会いました。
Img_4190

 

「六甲枝垂れ」に到着。
Img_4214

 

なんと帰路はロープーウェイで有馬温泉まで。
(軟弱!) 満員です。
(乗客の数割は外国の方でした)
Img_4222

 

2014年8月の台風による紅葉谷コースの土砂崩れ現場。
シロウト目にも開通までに時間がかかりそうです。
(ロープーウェイより)
Img_4236

 

せっかくなので、有馬温泉街を散策します。
「温泉禅寺」。桜満開!
Img_4244

 

ごった返す足湯(金の湯)付近。
こちらも外人さんがたくさん。
Img_4272

 

銀の湯の斜め向かいに「モンベル」もあります。
他に「好日山荘」だってあります。
登山者は多いのですが…、お客さんはいませんでした~。
Img_4260

 

「極楽源泉」。
Img_4259

 

「極楽源泉」の隣りにあるのが「銀の湯」。
今日は温かくいっぱい汗をかいたので、入浴することにします。
源泉脇にあり見た目も良いのですが、露天風呂ははく、お湯も無色無臭で街の銭湯という感じで満足感はイマイチ…。
Img_4262

 

「金の湯」。こちらのお湯は茶褐色。
有馬温泉の日帰り入浴は「金の湯」、「銀の湯」の他に「太閤の湯」、「かんぽの宿」があります。
Img_4275

 

ロープウェイ有馬温泉駅9:16→落葉山9:42→妙見寺9:51→灰形山10:18→湯槽谷山10:43→湯槽谷峠10:58→極楽茶屋跡11:46→有馬ロープーウェイ六甲山頂駅12:03

 

コースはUPDOWNがあり、時間もかかることから利用者が少なく、その分静かな山歩きが楽しめます。

今回は車で出かけましたが、ロープーウェイ駐車場を利用したところ、ロープーウェイに乗車すると駐車代が無料とのこと。
それならということで、紅葉谷は通行止めだし(言い訳)、帰路をロープーウェイにしました(^_^;)。
(片道でもOK。駐車場代620円、片道ロープーウェイ代1,010円で、390円の負担)
中央アルプスの駒ヶ岳、宝剣岳に登るのでさえロープーウェイを使用しなかったのに…軟弱やなあ~。

雌岡山は満開の梅

【2016年3月6日・兵庫県神戸市西区】

陽気に誘われ車で15分の雌岡山へ。
梅林は満開でした。

 

梅にウグイス…ではなく、ジョウビタキです。
Dsc_5659

 

雌岡山頂より望む、春霞に浮かぶ明石海峡大橋。
Dsc_5666

 

同じく山頂から望む、麓のため池。
幾何学的な模様は…?
Dsc_5667

 

ソーラーパネルが浮かんでいます。
優れたアイデアですね~。
Dsc_5646

 

春霞、ポカポカ陽気、ちょっとした風と春本番を思わせる一日でした。
本当の春はまだ遠いかなあ~。

ポカポカ陽気の高御位山

【2016年2月28日・兵庫県高砂市・標高305m】

春本番を思わせる朝、いつもの高御位山に出かけました。
ここは自宅から車で30分で登山口へ行けて、終始展望の開ける大好きな低山です。

 

阿弥陀池駐車場より、高御位山山頂を望む。
今日は直登せずに回り道をして登ります。
Img_3955

 

登山口から東へ向かいます。
辻登山口方面と加古川市街地を望む。
Img_3958

 

「太閤岩」と、加古川市の北方面を望む。
Img_3962

 


ここからいったん辻登山口に下山します。
Img_3967

 

下山後、西山コースから登り直して山頂に到着。
Img_3968

 

快晴ですが、あったかく春霞といったところ。
Img_3971

 

こちらも山頂です。
Img_3980

 

今日は祈祷の日だったようです。
(白い服の方は神職さんです)
Img_3976

 

阿弥陀池(駐車地)と町並み。
手前は山火事の後の葉っぱのない木です~。
Img_3982

 

長尾コースを下ります。
(山頂を望む)
Img_3984

 

駐車場付近は梅が満開です。
Img_3988

 

背景は高御位山山頂。
Img_3998

 

<おまけ>
帰宅後、陽気に誘われ菜園でニンジンの種まき。(不織布が足りない…笑)
奥は昨日植え付けたジャガイモ。
冬を越したのらぼう菜、スナップエンドウ、ソラマメは順調に育っています。
あったかいだけで畑も楽しくなります。
Img_3999

 

 

今回は新たなコースを歩いてみました。
ポカポカ陽気で、駐車場や山頂は大盛況でしたが、辻登山口や西山からのコースはほとんど人に会わず静かな山歩きが楽しめました。
たっぷりと良い汗をかき、大満足な一日でした~。

より以前の記事一覧