リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
  • 八東ふるさとの森
    鳥取県にある有名な「森を楽しむ」町営の施設。 こちらのブログには私の撮った写真も載っています。
無料ブログはココログ

« 2024年6月 | トップページ

2024年7月

2024年7月 9日 (火)

但馬の旅

【2024年 7月 5~6日】
以前から気になっていたイカの活きづくり。
兵庫県の日本海側の但馬地区に出かけました。
もちろん探鳥セット持参です。




Dsc_0872
涼しそうでちょっと野鳥も見られそうな「たじま高原植物園」へ。
午前中の入園者は私たち2人のみ。好みの静かな探鳥です。
暑い日でしたが、午前中だったので高原ムードも少し味わえました。



Z8b_6760
しかし鳥は全く出ずボウズで終わりそうでしたが、最後にミソサザイが出てくれました。
体長6㎝とかなり小さいですが、さえずりはデカいです。



Dsc_0885
お昼は秘境の蕎麦屋へ。
床瀬そばは地域のそばの名前ですが、いただいたお店の名前も「床瀬そば」で、そば店らしい店構えです。



Collage_20240708214601
地元の「床瀬そば」。地元でとれた自然薯をつなぎにしているらしいです。
特に美味しかったのが「きゃあもち」(下)はそばがきのことで、そば粉の香りがすばらしい~。

近くに「谷間」、「ふる里」の蕎麦屋がありますが、外観はほぼ民家。
レアな店と思い入りましたが平日は予約制とのことでした。ちょっと残念。

その後は暑さに負け、珍しく14時過ぎにチェックイン。



Dsc_0891
初めて食べた透明なイカ。
まだ動いています。甘くておいしい~。



Z8b_6786
二日目、海岸で見つけたハクセキレイの幼鳥。



Collage1_20240708214601
豊岡はやっぱりコウノトリ。
「ハチゴロウの戸島湿地」で、親の給餌を待つ3羽のヒナ達。



Dsc_0900
最後はブラタモリでも放映されていた「玄武洞」。
見ごたえはありますが…とにかく暑かったぁ。


探鳥先としてもう一つの候補であった「奈佐森林公園」はレアな鳥がいるとのことでしたが、今年3月に閉園。
入口手前まで行ってみましたが、道路も封鎖されていました。
徒歩では行けそうでしたが、数日前の同地区のクマ目撃情報と、封鎖地点でのクマ注意の看板を見て後ずさりしました(^^;

兵庫県は、摂津、播磨、但馬、丹波、淡路の五国を合わせた県ですが、今回は日本海側の但馬に出かけました。
今年4月に出かけたのは同じ日本海にある対馬、どちらも馬はほとんどいないようです(^^;)

緯度は神戸より北ですがとにかく暑かった。ここ豊岡市の今日の最高気温は37.9℃と全国で4番目の高さ。 神戸より暑かったです。

2024年7月 2日 (火)

網戸の修理

【2024年 6月30日】
1997年から暮らしている現在のマンション。
27年経って一部の網戸が破れかけているのを発見。
前日にホームセンターで仕入れておいた材料と工具で修理しました。




Img_2715
網戸の拡大写真。
特に下部の劣化が激しいです。



Img_2723
工具と材料。
購入したのは網、抑えゴム、クリップ(100均)、抑えローラーをカインズで調達。
全部合わせても1,000円ほどで手持ちの工具も使用します。



Img_2718
まずマイナスドライバーで、押さえゴムと網をはがしていきます。
ゴムは劣化が進み、弾力がなくなっています…というかボロボロです。
ゴムを外すと網が外れます。



Img_2719
網を溝に挿入するために抑えゴムを専用の抑えローラーで溝に挿入していきます。
押さえゴムはΦ4.5mmで、Φ2.8~6.8mmまで様々です。
ここがミソで、当初は網がたるむのではとか、斜めになるのではという心配がありましたが、気にすることなくどんどん進めていけば大丈夫。



Img_2722
最後に余った網をカットして完了。
網のメッシュの大きさは18~40/インチで1インチ(25.4mm)当たりの網目の数。
もともと18が付いており、涼しいのが欲しかったのですが、売り場には20が最大でした。
数字が小さいほど虫が入りやすいが涼しい。大きいほど虫が入りにくいが暑いというわけです。

なんだかんだで900×1200㎜程度の網戸2枚を張り替えるのに2時間ほどかかりました。

27年目の修理、あと27年も生きないので終の網戸ですね(笑)
まあ雨天にぴったりのメンテナンス作業、完成後のお酒もおいしくいただきました(^^)/

2024年7月 1日 (月)

ため池でクロハラアジサシなど

【2024年 6月29日】
鳥涸れの時期、迷った末にいつもの近くの大きなため池に出かけました。
梅雨に入って猛暑というのでなく、日影では水面を渡る涼しい風が吹いていました。




500_1308
ホオジロの巣立ちビナ。


Z8b_6552
そばで親が見守っています。


Collage_20240630205001
ダイサギが「ちょっとやめときなはれ」というくらいの魚をゲット。
一気に飲み込んだ後は予想通り、首が太くなった…そして中で動いている。



Z8b_6630
その後の同じ個体のダイサギ。
もう首は元通りスマートになっています。



500_1364
この池には湿地帯のような池もあります。



500_1484
相変わらず大声のオオヨシキリ。



Z8b_6578
トンボも。



Z8b_6584



500_1430



500_1395
出ました!予想外の「クロハラアジサシ」。
30分に1回位、3羽がお出ましです。



Z8b_6666
「クロハラ」なので腹が黒い…いやおなかがまだらに黒いです。
「アジサシ」なので海だけかと思ってたら池にもいるんですね~。
でも池にはアジはいませんが…。

帰宅後の夕食にアジの刺身がでてきました~。(アジサシ…)

« 2024年6月 | トップページ