リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
  • 八東ふるさとの森
    鳥取県にある有名な「森を楽しむ」町営の施設。 こちらのブログには私の撮った写真も載っています。
無料ブログはココログ

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月

2024年2月25日 (日)

極寒探鳥(ウソ)

【2024年 2月24日】
今日は頂上付近での探鳥です。
先週のムジセッカの時よりさらに寒く、気温は−1度




Dsc_0520
霧氷が見られます。



Z8b_4606
雪の中のカヤクグリ。



Z8b_4605
シロハラ。



Z8b_4613
ウソ♀。


イスカ狙いでしたが…残念でした^^;
まあ霧氷がきれいだったからよしとしましょう。

2024年2月24日 (土)

転職しました

【2024年 2月20~21日】
2月20日に49年近く務めた会社を退職、翌日に系列の会社に転職しました…。




Dsc_0515_20240223180601
記念に自分へのご褒美として、登山靴を購入^^(mont-bell マウンテンクルーザー600 レザー)
もちろん「終のシューズ」となるでしょう。
今まで使用していたローカットのハイキングシューズ(奥)は、外観がくたびれたのと、靴底がすり減っています。
でも探鳥用に継続使用予定です。



Img_5784
思えば3年あまり前の2020年11月にも退職記念にダナーのチロリアンシューズを購入。
しかし結果的には退職せず、本日に延長となりました。

今回の2度目の退職のタイミングにも、偶然ですが靴を購入しました。
靴が、というより皮革が好きなのかもしれません~。(経年美化が好き…)


最終日は退職のイベント盛りだくさん、皆さんに感謝感謝の一日でした。
…ところが直前になって、元の会社に席が残り、業務は系列会社でというパターンに変更です。(ちょっと間が悪いなぁ~)

<定年への経緯>
・55歳で規定により収入が2割弱のダウン(役職・業務は継続)
・60歳で役職を外れて再雇用契約(フルタイム)
・62歳で2~3日/週、かつ5.75時間/日に変更
・66歳で転職(3~4日/週、7時間/日)
・70歳位で退職(予定/途中でクビになるかも…)

まあなんだかんだで仕事は全く変わりますが、あと3年位頑張ろうかな~と思っています~。

2024年2月21日 (水)

1羽だけのオシドリ

【2024年 2月17日】
幅の狭い水路にオシドリが1羽。
場合によってはフレームアウトするくらいの距離です。




Z8b_4560



Z8b_4579


それにしてもきれいな配色。
(写真の色付け等は一切行っていません)

2024年2月19日 (月)

快晴のレンジャク

【2024年 2月17日】
昨日の寒空から一転、ポカポカ陽気の探鳥です。
目指すは街なかのレンジャク。




Z8b_4509
いました!
ヒレンジャク。



500_9618
Lock ON!
(目の前の虫を捉えています)



500_9551



Z8b_4440
こちらはキレンジャク(黄連雀 )。
尾の先の色が黄色。
ヒレンジャク(緋連雀)は同じく赤色。




Z8b_4453



Z8b_4456


偶然に見つけた街中のレンジャク。
昨日に引き続き、ラッキーな日でした。

2024年2月16日 (金)

寒中探鳥(ムジセッカ)

【2024年 2月16日】
昨日は北陸・関東・四国で「春一番」が吹き、暖かい一日でしたが、今日は一転して北風の寒い朝。

お目当ての「ムジセッカ」を見つけることができました\(^o^)/




Resize_dsc_9506



Resize_dsc_9512



Resize_z8b_4377



Resize_z8b_4356



Resize_z8b_4398


「ムジセッカ」は大きさも外観もウグイスに似ています。
繁殖地はシベリア~モンゴル~中国で、越冬地は、中国南部~インド方面なので、このルートからはずれている日本へは稀にしかこない鳥です。しかもいるのは1羽のみ。

寒風、小雨(一時みぞれ)の朝9時から14時30分まで昼食をはさんで5時間半。
それまでは30分に1回ほど、数秒間のお出ましでしたが、証拠写真も撮れず帰ろうとしたときに大サービスをしてくれました\(^o^)/

豚まんのコマーシャルのように…
成果がない時⇒疲労感満載
成果がある時⇒疲労感なし
…顕著です。もちろん本日は疲労感なし。

いつも探鳥よりハードな山登り後の疲労感はないのに、(成果がない時の)探鳥の時の方がつかれるのはやはり山登りはいつも達成感があるからなのだろうというのに気が付いた次第です^^;

2024年2月15日 (木)

干支の山「竜ヶ岳~大井戸山」

【2022年 2月12日・兵庫県多可郡多可町・標高817m】
干支の山に登ってきました。
竜ヶ岳はずいぶん前に登ったことがありますが、目の前の「千ヶ峰」と比べ静かな山歩きができます。




Img_1774
この登山口の雰囲気、いいですね~。



Collage_20240215080001
清水坂を良い雰囲気の清水峠まで登ってきました。
(コラージュ)



Img_1779
昨日降ったと思われる雪がきれいです。



Img_1781
いい雰囲気。



Img_1785
竜ヶ岳山頂。



Img_1801
山頂からは多可町加美地区が一望。
千ヶ峰、笠形山も見えます。



Img_1792
少しの霧氷と、これから初めての登頂となる 「大井戸山」まで縦走です。



Img_1797
一度清水峠まで戻って、さらに南進し「大井戸山」到着。
「今日のサバ缶」。
ニンニクにオリーブオイル、なかなか美味しい。



Img_1782
山頂からすぐの展望場所。」 こちらからも加美地区、千ヶ峰、笠形山が一望。



Img_1806
朝から雲に隠れていた「千ヶ峰」山頂。
一瞬、山頂が見えました。
登った方に聞くと、山頂で積雪10cm、寒風でしたが霧氷は見られなかったとのこと。



Img_1808
この地域の登山口によくあるミツマタ。



Img_1816
フクジュソウが咲いています。 見頃です~。
<クリックで拡大します>




9:13登山口駐車場→9:28清水峠→10:29竜ヶ岳10:52→清水峠→11:33大井戸山(昼食)12:16大井戸山→清水峠→12:58登山口駐車場
歩くペース:速い(0.7~0.8)
(標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率)


竜ヶ岳までは歩きやすいコースですが、大井戸山は尾根筋のゴツゴツしたしかもアップダウンが連続、でも危険個所はなく、山頂で10cm程度の積雪で楽しめました。
旧正月という訳ではありませんが、辰年の今年1年が無事に過ごせますように…。

またこの地域は仕事でよくお邪魔ところ、お世話になりました。
1週間後の転職を控えて、思い出深い登山となりました。

2024年2月14日 (水)

神戸市内の公園で探鳥

【2024年 2月11日】
節分が過ぎ、寒さは少し和らいだ気がします。
今日はいつもの公園で探鳥です。




Z8b_4174
イソヒヨドリ。
枝かぶりですが、色がきれいだったので…。



Z8b_4216
ルリビタキ♀。



Z8b_4219



Z8b_4209
アトリ。



Z8b_4226
ジョウビタキ♂。



Z8b_4245
ジョウビタキ♀


今回出かけた公園は、この時期人が少なくてゆっくりと探鳥を楽しめます。
まあ少し寒いですが、ベンチでランチタイムはOKでした。

この度愛機Nikon z8のファームウェアが2月7日に2.00にバージョンアップ。
早速インストール。鳥モードも追加されましたが、zfの機能も入っているようです。
少なくとも鳥を追尾する機能は強化されている気がします。
詳細は少し使い込んでから報告させていただきます。

2024年2月13日 (火)

春を告げる花

【2024年 2月10日】
近くの公園で撮っただけですが、寒い中けな気に咲いていました。




Dsc_0466k
昨年の朝のNHK朝の連続ドラマ「らんまん」でよく出てきたバイカオウレン。
綺麗な花ですね~。



Dsc_0469k
セツブンソウ。



Dsc_0470k
福寿草(フクジュソウ)。
福を招き、長寿を想像するいい名前の花です。



Dsc_0479k
狼狽…ではなく、蝋梅(ロウバイ)



Dsc_0482k
くちなしの花ではなく、実。
漢方薬、着色料、染料などに使われるそうです。


スプリングエフェメラルは直訳すると「春のはかなさ」、また「春の妖精」とも呼ばれるらしいです。
種類は決まっているようで、上の写真の中ではセツブンソウとフクジュソウのみ。
けな気で良い雰囲気です~。

節分が過ぎ、もうすぐ春。
仕事面ではめんどくさい春になるかも、ヤレヤレ…。

2024年2月 7日 (水)

近所で綿花とアトリ

【2024年 2月 4日】
寒い中、当てもなくカメラをぶら下げて近所をお散歩。




Z8bs_4155
アトリ。
できたらレンジャクが見たいなぁ…。



Z8bs_4159
綿花は夏に花が咲き、秋に収穫だそうです。
まだ残っていましたが、真っ白でフカフカ。

昔は布団といえば綿でしたが、最近は羽毛が多いのでしょう。
でも寒い季節は綿の重さがよく眠れる気がするのは歳のせいでしょうか…。

2024年2月 4日 (日)

ため池でケリ

【2024年 2月 3日】
いつもの近所のため池で探鳥。
この時期のため池を渡る風は冷たいです。




Z8b_4088
太陽光パネルの上にケリ。


Z8b_4102
別な池のこちらも太陽光パネルにはタゲリ。
幾何学的な模様と不釣り合いな野鳥ですが、同じ方向を向いているのは面白いですね~。



Z8b_4105
寒いせいなのか、風上に向かってお昼寝中です。


タゲリの構造色はきれいですが、あまりにも遠いです…。
寒くてお昼に撤収しました。

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »