リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
  • 八東ふるさとの森
    鳥取県にある有名な「森を楽しむ」町営の施設。 こちらのブログには私の撮った写真も載っています。
無料ブログはココログ

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

2024年1月30日 (火)

鹿児島の旅(観光)

【2022年 1月12~14日】
今回の鹿児島の旅は主目的が探鳥でしたので、観光はほとんどしておりませんが、楽しい思い出もたくさんできました。



Dsc_8869
今回は神戸空港からスカイマーク便。
朝一の便は便利ですね~。
何より割引のない新幹線よりよっぽど安いです。



Kdsc_0350
今回は空港からレンタカーを利用します。
まずは日本百名山に惜しくも漏れた桜島。
標高1,117mですが、噴火のため登れるのは湯之平展望所の373mまで。
車で湯之平展望所まで行くと登ったことになるんですね~。



Kdsc_0371
今日の宿泊は休暇村指宿。
今まで泊まった宿でこんな広い部屋は初めてですね~。
食事も食べきれないほどの地元料理(半分くらいしか食べられなかった…)で、しかもリーズナブルで大満足の宿でした。



Kdsc_0356
休暇村内の砂蒸し温泉。(写真撮影は休暇村のみOKのようです)
芯から温まりますが、20分間が限度でした。(以前入ったぬか風呂より砂がずっしりと重いのはメリットかも)

実はこちらは地熱ではありません。
なので人が入れ替わるごとに高熱の湯で砂を煮沸してあっためています。
当初はな~んだと思いましたが、地熱でやっているところの衛生面はどうなの?と考えると…それもいいのかなと(^^)



Dsc_0395
スナップエンドウと日本百名山の開聞岳。
1月中旬に露地モノが採れるのはさすがに南国です。
しかし宿でいただきましたが、それほど甘くなかったなぁ。



Dsc_0396
日本最南端の「西大山駅」。
列車が来ればよいのですが…2-3時間に一本くらいですね。
背景は満開の菜の花と開聞岳。



Dsc_0389
40年前に訪れた長崎鼻。
こんな♡はなかったなぁ。



Dsc_0393
テレビに出たという長崎鼻のお土産屋さん。
文言は何かきっかけがあったのでしょう…^^;


Dsc_0432
その後は出水市のツル渡来地へ。
ナベヅルは約9,000羽が渡来、世界中のナベヅルの8割以上。
マナヅルで約3,000羽が渡来、世界中のマナヅルの5割だそうです。
もしここで鳥インフルエンザ等の感染が拡大すると、地球規模での絶滅につながるため、消毒のための石灰があちこちに撒かれている他、散水車での薬剤散布や、車のタイヤの除菌も行われています。(私の車も消毒された)




Dsc_0424
2泊目はツルのエリア近くの蕨島のペンション「わらびの丘」。
八代海を望むとても明るい斜面に立地、牛窓を思い出しました。
オーナーは大手企業を60歳で退職され起業、この場所での生活をとても楽しんでおられるようでした。



Dsc_0443
夕日を浴びる日本百名山の霧島連山。
40年前にも登るチャンスがありましたが、今回も登れずで残念。



Collage_20240130173001
<美味しい地元料理>
指宿の食べきれない郷土料理、また新鮮・大盛・格安のマグロ丼、地元で評判のザボンラーメンなど…。
高級グルメではありませんが、楽しくて美味しい料理をたくさんいただきました。


移動中に薩摩川内市の『甲冑工房丸武産業』の看板を見かけたのですが、帰宅した後で大谷翔平のカブトも作ったと知りました^^;
33万円するそうですが、一時は注文しても5ヶ月待ちだったそうです。


野鳥もドライブも宿もグルメもすべて楽しく過ごせました。
何より私達には珍しく3日間共に好天だったことです(^^)/

2024年1月27日 (土)

鹿児島の旅(出水の野鳥)

 【2024年 1月13~14日】
出水市のツルのポイントは、ツル以外の野鳥もたくさん見られます。
その中には珍鳥もいて楽しく過ごせるエリアです。




Z8b_3534
まずは大勢のミヤマガラス。



Kz8b_3621
その中に小振りなカラスはコクマルガラス(左の2羽)で、右が大量にいるミヤマガラス。
コクマルガラスの中でも全身が黒いのが黒コクマルガラス、一部が白いのが白コクマルガラスで別名「パンダガラス」。
前日には1羽、当日には4羽見られたようですが、数千羽の中で家内が見つけました。



Z8b_3580
白コクマルガラス。



Z8b_3178
近くの河口にはハマシギ?




Z8b_3627
壮観なカモの群れ。



Z8b_3790
ツクシガモの群れ。



Z8b_3331
マガン(後ろの一羽)、ヒシクイもいます。



Z8b_3728
田んぼにいたタシギ。



Z8b_3939
同じく色鮮やかなタゲリ。



Z8b_3884
1羽だけ見つけたヘラサギ。


ツルで有名な出水ですが、ツル以外でも日本で見られる野鳥の約600種類のうち、約300種類を見ることができるという「バードウォッチングの聖地」です。
今回は2日間の滞在でしたが、まだまだいろんな野鳥に会えそうで後ろ髪を引かれる思いで出水を後にしました。
いつかこんなところでのんびりと1週間くらい滞在してみたいものですね~。

2024年1月24日 (水)

鹿児島の旅(ツル)

 【2024年 1月13~14日】
今回の旅のメインイベント。
出水市のツルを見に行きます。




Kdsc_9094
朝焼けの中を飛ぶ、ツルの軍団。



Kkdsc_9092
ナベヅル。



Kz8b_3391



Kz8b_3555



Kz8b_3230



Kz8b_3343



Kz8b_3215



Kz8b_3300
以上がナベヅル。



Kz8b_3446
マナヅル。



Kz8b_3314
飛んでいる姿は優雅そのもの。
ここでしか見ることができない風景に感動です。



Kz8b_3682
舞い降りる姿も優雅❣



Kz8b_3974
1羽しかいないソデグロヅル。
前日にはいたカナダヅルが見られなかったのがちょっぴり残念です。


出水市はツルの日本一の渡来地で12月~1月が頃がピーク。
常時1万羽を見ることができます。

ここでしか見られないツルの映像が瞼に焼き付いています。
また来たいなあ~と思える、飽きることのない2日間でした。

2024年1月21日 (日)

鹿児島の旅(イソヒヨドリ)

【2024年 1月13日】
今日は宿泊先の指宿から出水に向かいます。
途中、長崎鼻に立ち寄りました。




Dsc_0384k
快晴の開聞岳。
こちらも日本百名山で、40年位前に登頂しています。
標高924mと高くはありませんが、海に近い所から登るので結構登り応えがあります。
展望抜群で、珍しいらせん状の登山コースと印象に残る楽しい山でした。



Dsc_9014
朝日に映える長崎鼻のイソヒヨドリ♀。
こちらではカツオドリも飛んでいました。


懐かしい…というより風景を覚えていなかった長崎鼻ですが、開聞岳の華麗な山容だけは記憶にあります。
どこにでもいるイソヒヨドリですが、なんだか印象に残る一コマでした。

2024年1月19日 (金)

鹿児島の旅(カツオドリ)

【2024年 1月12日】
今年初の探鳥旅行は鹿児島へ。
目標を絞り、あちこち立ち寄らず、でもできれば美味しいものも食べて、温泉にも入ってなどととりとめのないことを考えながら出かけました。




Dsc_8872
好天の鹿児島湾の谷山港付近から日本百名山の桜島頂上付近を望む。
標高1,117mですが、現在は頂上は入山禁止で湯之平展望所までしか登ることはできません。
ちなみに桜島は1914年(大正3年)1月12日に58名の死者、行方不明者を出した 「大正大噴火」から、今日で丸110年となります。

こちらでカツオドリを探します。
最初のポイントでは発見できず。その後2羽のみ発見、昼食を食べて仕切り直しです。



Resize_kz8b_2864
その後、車で5分位のところにいっぱいいました❣❣
見るのは今回初めてです。



Resize_kdsc_9003
顔の青いのがオス。



Resize_kz8b_2992
淡黄色なのがメス。



Resize_kz8b_2773
カツオドリの名称は、カツオなどの魚に追われて海面に上がってきた小魚を餌にするからとのこと。
漁師にとっては魚群の案内役となるそうです。



Resize_kdsc_8959
目が横ではなく、前についている感じ…。



Resize_kcollage
狩りではかなりのスピードで急降下して飛び込みますが、なかなかゲットできず、同じ個体が何度も。
歩留まりが悪いようです…^^;


その後、指宿までの道すがらや長崎鼻などでも見られました。
カツオドリは伊豆諸島南部や、小笠原諸島、硫黄列島、薩南諸島、琉球列島などで繁殖するようで、地元では見られない鳥なので楽しめました。

2024年1月16日 (火)

阪神・淡路大震災から29年

【2024年 1月16日】
能登半島地震から15日経ちまだまだ大変な状況が続いている中ですが、明日は阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)から29年となります。
本日夕方から三宮で開催される、「犠牲者を追悼するつどい」の準備が行われていました。




Dsc_0455
毎年、神戸市役所に隣接した「東遊園地」で開かれます。
たまたま近くに出かける用事があったので立ち寄りました。
コロナ禍で4年ぶりに1月19日から開催される「神戸ルミナリエ」もこちらが会場です。



Dsc_0451
亡くなったのは6,434人。(関連死含む)
本日の夕方から竹で作られた灯篭に火がともされます。
灯籠の文字は能登半島地震で被災した方々とともに助け合おうということで「ともに」。


29年前の様子は、今でもついこの前の出来事のようにはっきり思い出します。
油断しているところにまさかという感じで襲ってきました。
しかし特に大災害が増加しているこの頃、自分は大丈夫と過信している気がしています。

2024年1月 9日 (火)

「とんがり山」周回

【2024年 1月 7日・兵庫県姫路市・標高257m】
今年の登り初めは「とんがり山」、標高は257mと低いですが、山名と山容が合致している山です。

姫路バイパスから国道29号線バイパスへ分岐し、終点の手前にそびえるさも槍ヶ岳のようにとんがった山が見えます。
ずいぶん前から気になっていました。




Img_1698
峯相大池の登山届箱よりスタート。一旦稲荷神社まで戻ってから登山開始。
稲荷神社からしばらくはルートが不明瞭で、道標もテープもなく一部ヤブコギですが、尾根筋を行けば大丈夫でした。
本来の登山口からのコースと合流してからは道標もあり、コースははっきりしています。



Img_1709
「亀岩」から南方面の山陽自動車道を望む。



Img_1717
「とんがり山」頂上は展望抜群で意外と広い。
しかし今日は西風が強く、休憩には不向きでした。



Img_1722
「大黒岩」も展望抜群。



Img_1723
鶏足寺跡。
祠の内部に鎮座する仏像は珍しい子連れの仏像でした。



Img_1726
快適なコース。



Img_1729
「峰相山」頂上。
(あちこちで峰と峯の両方が使われています)
シリーズ「今日のサバ缶」はイカです。
小さくなったなぁ(笑)…でもうまい。



Img_1732
三回拝むと鼻血がでる程の力があるという千僧塚。
拝むのは1回にしておきました(笑)



Img_1739
下山後、ふもとから望む「とんがり山」の雄姿。




登山届箱(駐車地点)10:11→稲荷神社→10:47宮が谷尾根→10:56亀岩→11:07とんがり山11:14→大黒岩→11:49峰相山12:05→12:17鶏足寺観音堂→石倉峯相の里公園→峯相山登山口→12:36登山届箱(駐車地点)


その山が「とんがり山」と呼ぶのを知ったのは昨日、登山コースがあるようなので行ってきました。
途中から風が強くなりましたが、寺跡や楽しい岩もあり、楽しい里山コースでした。

2024年1月 7日 (日)

郡上八幡城で初探鳥

【2024年 1月 1日】
年末から実家へ帰省しましたが、雪もなくあたたかくて穏やかなお正月の始まりでした。
昼過ぎにおなかも減らないので、近くの郡上八幡城へ散歩に行ってきました。




Dsc_0092_20240107205801
青空に映える「郡上八幡城」。



Dsc_8829_20240107205801
エナガの群れに会いました。



Dsc_8820
「シマエナガ」も撮ってみたいですね~。
でも北海道はとてつもなく寒そうです^^;



Dsc_8771
ジョウビタキ♂。


おだやかなお正月のスタートでしたが、この探鳥の帰路にスマホの緊急地震速報を聞くことになりました。
今年は私も転職があり、なんとか良い年になればと祈るばかりです。

2024年1月 3日 (水)

輪島朝市が焼失

【2024年 1月 3日】
今年は元旦から大地震、2日には飛行機事故も起き波乱な幕開けとなりました。

地震後の大火災の起きた輪島の朝市周辺は、一昨年にお気に入りの漆器店を見つけて汁椀を購入したところです。
大変残念なことに、そのお店も焼失したようです。




Photo_20240103171801
お店の入り口。<外観写真はホームページより拝借>
店名は「La Quarta(ラ・クアルタ)」。
吉田漆器工房で製作、塗師は4代目「吉田宏之」氏です。




Img_8239
当時のお店には塗師の奥様がおられました。
決して大きなお店ではありませんが、商品が私達夫婦の好みにピッタリの雰囲気でした。
<内部は了解を得て撮影しました>



D50_0965
購入した汁椀。
当時お店に在庫がなかったため、帰宅後も何度かやり取りがあり4箇月をかけて製作していただいた汁椀で、今も毎日大事に使っています。
<クリックで拡大します>



Img_8231
2022年4月の輪島の朝市。
手前右側のつかもとの「えがらまんじゅう」は美味しかったです。


今年の春には輪島塗のお店も再訪しようと思っていたところです。
マスコミの情報を総合するとお店はかなりの確率で焼失したようですが、工房は火事のエリアからは外れているようです。
何よりお身体が無事であること、さらに可能であれば再建を心より祈っております。


1月4日 追記

輪島から北へ50kmの海上に浮かぶ「舳倉島」について心配していましたが、毎日新聞のネット記事によるとやはり津波の被害があったようです。
写真を見ると海岸近くの港や家屋にも被害が見られます。
島は最高地点で標高が12mしかないのですが、被害の全貌はよくわかりません。

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »