リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
  • 八東ふるさとの森
    鳥取県にある有名な「森を楽しむ」町営の施設。 こちらのブログには私の撮った写真も載っています。
無料ブログはココログ

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月

2023年10月30日 (月)

山でムギマキ

【2023年10月28日】
懲りない夫婦は再びムギマキを見つけに約5年ぶりの懐かしい山へ…。




Z8b_0636
キビタキは♂が出てきました。(♀も出ました)
<クリックで少し拡大します>



Z8b_0669kk
ソウシチョウは相思鳥という素敵なネーミングなのですが、特定外来生物で日本への侵略的外来種ワースト100に入ります。
もちろん捕獲・飼育は禁止というよろしくない野鳥です。
<クリックで少し拡大します>



Z8b_0691
出ました!ムギマキ(♀ですが…)
結局昼過ぎまで頑張りましたが、♂は出ませんでした。
<クリックで少し拡大します>


風もあり寒い日でしたがバーダーは十数人、とりあえず撮れたから良しとしよう~。

2023年10月25日 (水)

通りがかりのオシドリ

【2023年10月22日】
ムギマキを見つけに行く道すがら、通りがかったため池でオシドリを見つけました。




Z8b_0488q

前日のムギマキ探鳥の帰路に、家内の千里眼がオシドリらしき姿を車中から一瞬見たらしいのですが、翌日よく見てみるとホントにいました。
道路沿いのため池の50mあまり先の対岸に1羽だけ…。

この日はラッキーで、その後にムギマキも見つけることができました(^^♪
たまにはこんな日もあるのですね~。

2023年10月24日 (火)

「薪能」鑑賞

【2023年10月21日】
明石市で開催された伝統芸能の「薪能」を初めて見に行きました。




Dsc_0115
開園は17時30分、会場は屋外でライトアップされた明石城を背景に、日暮れと薪の火が幻想的な和の雰囲気です。
<撮影が許可された時の撮影です/クリックで少し拡大します>



Dsc_0124
舞台の脇のかがり火は常に世話をされています。
<クリックで少し拡大します>

題目
 狂言 「鎌腹(かまばら)」
 能  「天鼓(てんこ)」

「鎌腹」は現代にも通じる夫婦の話を面白おかしく演じています。
メインの「天鼓」は中国の鼓のお話で、笛や太鼓と多くの演者が語りと踊りで楽しませてくれます。

協賛している勤務先でもらった招待券で、鑑賞は初めてでしたが、意外と内容も理解できて飽きない時間でした。
しかし気温が低く、ダウンジャケットやひざ掛け、手袋と完全防備で臨みました。
でも来年も行こうかな(^^)

2023年10月23日 (月)

近所でムギマキ

【2023年10月22日】
稲刈りの後、近所で麦を蒔いたわけではありません^^;

好物のカラスザンショが食べ頃のこの時期、北から南へ向かう旅の途中で日本に立ち寄るムギマキを探しに行きました。




Z8b_0502
♀でした。



D50_8209
出てきたのは10秒位。


昨日も同じ場所に出かけましたが、現地到着後の機材準備中に一瞬見かけるも撮れず。
リベンジで本日は証拠写真ですが撮れました。

11時頃まではこの1回のみの登場だったようです。
前日は私達が見たのも含めて2回。
個体数が少ないのか、手強いです~。

2023年10月21日 (土)

「干し柿」仕込みました

【2023年10月21日】
ほぼ毎年作っている干し柿。
今年は大量に仕込むことができました。




Dsc_0097

今年は先輩から大量にいただいきました。
干し柿は大好物で、いくつあってもOK^^

この「日に当たるオレンジ色の干し柿」、和む景色ですね~。
すべて大好きな西条柿。正月が楽しみです!

2023年10月19日 (木)

近所でノビタキ他

【2023年10月15日】
コスモスにとまるノビタキを「コスノビ」、ソバの花にとまるのを「ソバノビ」などと呼ぶらしいです。
でもソバは鳥がとまると傾いてしまいそうです…。

 

D50_8130
出かける前に我が菜園に寄ったところ、隣の田んぼにいた「ノビタキ」。
コスモスではありませんが…。
<クリックで少し拡大します>



Z8b_0361
まずは西方面の公園に出向き「コサメビタキ」。
<クリックで少し拡大します>



Z8b_0370
おめめぱっちりです。
<クリックで少し拡大します>



Z8b_0322
初めて見た「カラスの行水」。
確かに秒単位を数回でした~。

ちなみに漢字では…
「烏(からす)」
「鳥(とり)」

線が一本少ないのがカラスです~。



Z8b_0420
さらに河口に移動するもボウズ。
そしてさらに別な河口に。
獲物を見つけた「ミサゴ」。



Z8b_0471
真っ逆さまに海面へ。
でも狩りは失敗でした…。
<クリックで少し拡大します>


本日も4箇所の探鳥で、お疲れモードでした^^;

2023年10月14日 (土)

ふる里の最高峰「高照峰」

【2023年10月11日・岡山県美作市・標高655m】
帰省したついでに岡山県東北部の(旧)大原町の最高峰である「高照峰」へ登ってきました。




20231011_082136k
登山口の駐車場。



20231011_070606
登り始めてすぐのしゃれた水場。



20231011_073627
頂上手前の雰囲気のあるコース。
分岐点にはすべてタイヤが置いてあり、こちらには行くなという意味のようで迷うことはありません。
登りは林道を利用しましたが神戸とは違う植生も楽しく、鳥もたくさんさえずっていたりで快適でした。




20231011_074023
最近手入れされたという頂上はとても明るく広々としています。



20231011_074222
ふもとを望む。
今は亡き両親が入院していた病院や智頭鉄道の線路が見えます。



20231011_081026
帰路に出会ったとても大きなキノコは「カラカサタケ」だと思います。
ペットボトルの高さは約23cm。それよりも高さがあります。



20231011_081206
笠の直径も25cm程度あります。
いままで見た中で一番デカいキノコです^^




駐車地点7:03→7:41高照峰7:54→8:19駐車地点


美作市発行の「美作トレッキングマップ」のNo.12に記載されています。
道標は一切ありませんが、迷うことはありません。
初めての場合、登りは分岐点にタイヤが目印になっている林道がわかりやすいと思います。
下りはテープが目印の尾根の直登コースを利用しました。
平日でもあり《鹿以外》の誰にも会わず、静かな山行になりました。

2023年10月 8日 (日)

山の公園でエゾビタキ他

【2023年10月 7日】
家内ともどもまだ体調が完全でないのですが、新たなカメラを調達したの車で30分の山の公園に試し撮りに出かけました。




Z81_0056 
エゾビタキ。
<クリックで少し拡大します>



Z81_0092
遠くにサメビタキ。
目つきよくないなぁ~(^^



Z81_0160
食べごろの朴の実をついばむコゲラ。
アオゲラはいませんでした~。
<クリックで少し拡大します>



Z81_0142
アサギマダラ。
もうすぐ南へ旅立つのでしょうか。
<クリックで少し拡大します>


とても暑かった夏も探鳥には快適な気候となりました。
野山へ出かけるだけで癒されます。

D500+500㎜f5.6→Z8+800㎜f6.3 = 終のカメラとレンズですね^^;

2023年10月 6日 (金)

ため池でセイタカシギ

【2023年10月 1日】
近所の大きなため池に出かけたところ、ボウズ。
帰路に立ち寄った小さめのため池になぜかセイタカシギが1羽いました。
いつ見てもカッコイイ鳥です~。




zfc_3012
モデル立ちのセイタカシギ。
脚の長さやスマートさはピカイチですね~。
<クリックで拡大します>




動画も撮ってみました~。

2023年10月 5日 (木)

コロナ感染

【2023年9月25日~30日】
油断していたつもりはないのですが、新型コロナウィルスに感染してしまいました。

 

Dsc_0090
家内の会社で一度に6名が感染し家内も感染、私も2日遅れで感染しました。
家内も私も会社ではマスクもしており、油断していたつもりはないのですが…。
さすがに自宅ではマスクはしておりません^^;
一説によると家庭内感染は戸建て住宅よりもマンションの方が高い確率だそうです…(マンションだもんね…悲)

症状は38.8~38.5℃の高熱が3日間、喉の痛みが3日間、3日目は両方一度にきたので苦しかったです。
合計5日間の苦痛が続きました。
想定外のしんどさですね~。

ワクチンは2回しか打っておりません。それは従兄がワクチン接種の翌朝急死したから…。
ワクチン接種回数が少なかったために症状がきつかったのかどうかはわかりません。

コロナでの高熱には市販の解熱剤であるバファリンなどのイブプロフェン系のものは全く効きませんでした。
ロキソニン系のものは12時間位効きますので助かりました。
ただ喉の痛みは薬がまったく効かないのには参りました。
家内の経過がそのまま2日遅れで私に回ってきますので精神的には大丈夫。ただ家内と違い咳は出ませんでした。
症状が回復後に味覚障害はありませんでしたが、嗅覚がダメになりました。
しかし3日位で徐々に改善しています。

いずれにしても、ここまで症状が激しいとは思いませんでした。
人によって違うようですし、その時の体調にもよるかもしれません。

さらにその後(療養期間の5日間を過ぎてから)、歯科医院で歯周病菌がすごく増えていたこと。
なにか病気をされましたか?と鋭い質問が…。
やはり免疫力が急激に下がることで歯周病菌が増えたとのこと。
体は正直ですね~。
現在は症状が回復後5日間ほど経ちましたが嗅覚障害は改善、でもまだ日中に少し体がだるい状態が続いています。

皆さんお気を付けてください…。

2023年10月 3日 (火)

一周忌、七回忌の併修

【2023年9月24日】
父親の一周忌、および母親の七回忌の合同の法要を実家で行いました。



Dsc_0064
遠くは大阪から来てくれました。
<実家の最寄り駅(智頭急行/大原駅)>

父親:2022年9月7日没 享年91歳(1周期)
母親:2015年9月18日没 享年85歳(7回忌)

二つ以上の法事を同時に行うことを「併修」、今回初めて知りました。
二人の命日が同じ9月で11日しか離れてないこと、また母親の7回忌は本来2年前に行うべきでしたが、当時父親の体調が悪かったこと、新型コロナが流行していたことで、今回遡って行うことにしました。
1周期までは単独で行った方がよいとの情報もあったようですが、事前に住職にも相談させていただきました。



Img_3096
<8年前、母親が亡くなった時の実家の「彼岸花」>
今年は暑かった夏のせいで開花が遅れていてまだほとんど咲いていません。
1週間前までは真夏の陽気でしたが、おかげ様で今週から涼しくなり過ごしやすく何よりでした。

家族4名、親戚6名の親しい方のみの開催となりました。
まあ食事会のような雰囲気でしたが、今後このような親戚を交えての法事はこれで最後となると思います。
皆様、ありがとうございました。

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »