リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
  • 八東ふるさとの森
    鳥取県にある有名な「森を楽しむ」町営の施設。 こちらのブログには私の撮った写真も載っています。
無料ブログはココログ

« 滋賀医大生の性的暴行事件 | トップページ | 寒がり »

2023年1月13日 (金)

定期診察(治療終了後 6年4ヶ月)

【2023年 1月12日】
治療終了後、はや6年4ヶ月となりましたが、定期診察に宇治病院に行ってきました。




psa2301
腫瘍マーカーのPSAは前回の半年前からさらに下がり、0.029となりました。
<グラフはクリックで拡大します>

前回も下がっていたので、今回は振れの範囲で上昇もありかなと思っていただけに、連続の下降はうれしい限りです。
岡本医師は「テストステロン」の値が高い状態でのPSA低下はとても良い結果であるとおっしゃいました。(グラフの青線)

一般的にホルモン治療によるテストステロン値が低下した場合はPSAの上昇はなく(ホルモン治療薬の耐性ができてしまうと別問題)、それはがんが治ったことではないということ。

岡本医師はホルモン治療を極力短期で終わらせ、テストステロン値が上昇してもPSAが低く維持する(再発しない)治療を行っているのです。
感謝です!
現在、岡本医師の小線源治療は好評となり、9月まで埋まっているそうです。

診察は「滋賀医大性的暴行事件」に関して大学・病院の組織解体が必要と大いに盛り上がり、念のための膀胱がんエコー検査の後、次回診察は従来6ヶ月後から9ヶ月後と延長してもよいというお話の後、終了となりました。

さらに帰路の電車の中で、初孫誕生の連絡と画像が届き、嬉しさ倍増となる良い一日となりました。

« 滋賀医大生の性的暴行事件 | トップページ | 寒がり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 滋賀医大生の性的暴行事件 | トップページ | 寒がり »