リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
  • 八東ふるさとの森
    鳥取県にある有名な「森を楽しむ」町営の施設。 こちらのブログには私の撮った写真も載っています。
無料ブログはココログ

« サンコウチョウに再挑戦 | トップページ | 探鳥の島「舳倉島」 »

2022年5月 8日 (日)

国境の島「舳倉島」

【2022年 4月30日】
石川県の輪島市沖にある「舳倉島(へぐらじま)」へ行ってきました。
渡り鳥の楽園であり、聖地と言われるところへの探鳥が目的です。



Img_8252
島への唯一の交通手段である定期船「希海(のぞみ)」。
1日1便の往復。
前日は悪天候による欠航で、滞在を一日延長しました。

輪島から50km、1時間30分、片道2,300円。
総トン数98トン、定員93名、3年前に運航開始した新しい船で快適そうです。
さらに貨物運賃は144品目について詳細に決められています。
面白いのは漬物桶(小)は360円、(中)、(大)も分類されていて、タライ530円なども細かくリストアップされています。



Img_8255
しかし!出航直後、上下動、横揺れがすごく、船を超えるような波しぶき。
アトラクションだ。これは面白そうだぞ…ワクワク。



Img_8260
…と思ったのは出航後20分間位。
少しヤバイ雰囲気に。
イス席40名の部屋は会話が一切なくなりました……。
酔った方は私達も含めて2~3割程度。
この部屋の乗客は船酔いのため甲板や船底に移動し、残ったのはわずか。
後で聞くと全員が酔い止めの薬を飲んでいるとのこと。
家内は飲んでいてもダメでした。私は無防備で酔いました。
船員の方は4名、船長を除いて乗客の船酔いの後始末に忙しそうでした^^;




これは、復路に撮影した揺れの様子。
横揺れ、上下動もなかなかです。
体を支えるのに精いっぱいで、撮影も難しいです。



Img_8266
そんなこんなで島に到着。
北緯37度51分で、韓国と北朝鮮の軍事境界線や佐渡ヶ島と同じ緯度です。



Img_8271
島は周囲4km、歩くだけなら1時間くらい。人口105人。
昭和初期の原風景といった家並みが続きます。


Img_8291
生計は漁業と江戸時代から続く伝統的素潜り漁の海女。
(写真はメカブを干しているところ)


Img_8268
中学校は廃校のようです。



Img_8277
離島好きの私達は歩くだけでも楽しい景色が広がります。
島内に商店はなく、自動販売機が1台だけ。
車は病院の軽自動車が1台のみで、荷物は主にリヤカーを利用。



Img_8282
何もない島ですが、神社だけは7つほどあります。
神社も絵になります。



内閣府が指定する「国境の島」の15エリアの一つが舳倉島エリア。
私達の乗った船の約8割がバードウォッチャー、釣客が1割、植物探索の方1組でした。
渡り鳥の休憩ポイントとして絶好の場所にあり、ここでしか見ることができない珍しい野鳥もたくさん見られます。


島には日帰りでしたが、離島の大自然の魅力を満喫できました。
もっと居たかった…。

« サンコウチョウに再挑戦 | トップページ | 探鳥の島「舳倉島」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンコウチョウに再挑戦 | トップページ | 探鳥の島「舳倉島」 »