リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がん情報発信サイト。 日本の前立腺がんに関して最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、また新たにサイクリングや写真も始められました。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。(現在治療はされていません)

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 西郷輝彦さん、オーストラリアで治療② | トップページ | カブトムシ »

2021年8月16日 (月)

ユリとお墓参り

【2021年 8月16日】
お盆を迎えて、以前飼っていたインコのお墓参りに行ってきました。
近くにはユリの花がたくさん咲いています…。

 

Img_20210816_162023
お散歩がてらに出かけます。



Photo_20210821224001
お墓参りに行ったのは、15年ほど前に飼っていたセキセイインコの「キーちゃん」と5年前の8月16日に亡くなったオカメインコの「オカちゃん」。
共に病気で亡くなりましたが、特に「オカちゃん」は私のがん治療と同時期で、まるで私の身代わりのように突然亡くなりました。しかも原因不明のまま…。とても悲しい思いをしました。



2_20210821224001
その「オカちゃん」はその時の山に咲いていたタカサゴユリと一緒に送ってあげたのです。
この時期あちこちに群生しているのを見ると思い出します。

タカサゴユリは日本的な名前ですが原産地は台湾。
琉球語で台湾の「タカサング」に由来するとのこと。
つまり外来種で日本のユリの生育に悪影響を及ぼしたり、交雑したりしているそうです。

ブラックバスのように駆除対象ではありませんが、姿がキレイなのでコノヤロー!と引き抜いたりしないので、どんどん増えています。
また1つの花で1,000個のタネがばらまかれ1~2年後には花が咲きます。
かたや日本のササユリは発芽から花をつけるまで7年かかるそうです。(上の写真は高御座山のもの)

タカサゴユリは連作障害があり突然に絶えるそうですが、その時にはすでに1,000個/株の種がばらまかれた後で繁殖力は強いのです。
見分け方は花の外側に紫色の線があるのがタカサゴユリ。テッポウユリと似ていて交雑もしているようです。
「歩く姿はユリの花」…でも残念ながら駆除してもよい植物なのです。
(オカちゃんの時はそんなことは知らなかったんです…)

« 西郷輝彦さん、オーストラリアで治療② | トップページ | カブトムシ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西郷輝彦さん、オーストラリアで治療② | トップページ | カブトムシ »