« 神戸市内で探鳥 | トップページ | やっぱり焼き牡蠣 »

2020年3月21日 (土)

快晴の三濃山から感伏山周遊

【2020年 3月21日・兵庫県相生市・標高509m】

「羅漢の里」の案内では、通常コースの他に健脚コースがあるとのこと。健脚コースは復路に行ってみることにします。
登山口では新型コロナウィルスの影響か、多くのキャンパーが見られました。




Img_4857
登山口の「羅漢の里」。このあたりは手作りの案山子がたくさんあります。



Img_4824 
山深いのに整備されている求福教寺。
この山は頂上直下で急に雰囲気が良くなります。



Img_4807
明るく広い頂上は展望抜群、小豆島も見えて気持ちよく、1時間以上滞在しました。
またたくさんの馬酔木(アセビ)が満開です。



Img_4791
今日のサバ缶。
若干甘めの味付けですが、濃くなく美味しい。
マルハニチロさんは缶のデザインが昔ながらで、せっかくコンビニに置かせてもらっていて美味しいのに、デザインを変えてみたらとシロートながら思います。

背景に倒れかけた赤樫があります。15年ほど前はたしかまだ立っていた気がします。
泣ける内容の看板がありますが、元気になってほしいです~。



Img_4799
今日のデザート。



Img_4846
通常コースは谷筋ですが、健脚コースは尾根筋をたどります。
いつの間にか新緑が芽生え始めているなぁ~春やなぁ~。
それにしてもアップダウンと距離が長い…。
飽きてきた頃、「感伏山城跡」到着。
意外とよい雰囲気で頑張ってきた甲斐があります。



羅漢の里P9:18→(通常コース)→三濃山10:21(昼食)11:29→感状山城跡12:48→羅漢石仏→羅漢の里P13:42


この山は3回目ですが、通常コース3.9km(片道1.5時間)に対して、健脚コースは6.1km(2.5時間)と表記されています。
健脚コースのルートははっきりしていますが、幾度となく繰り返すアップダウンで、もうここには来ないだろうなと思いながら歩いていましたが、最後に現れた感伏山城跡はご褒美のような見事な景色、雰囲気でした。

快晴の中、展望もよく、思いのほか良い汗をかくことができました。

|

« 神戸市内で探鳥 | トップページ | やっぱり焼き牡蠣 »

山(①兵庫)」カテゴリの記事

山(⑭兵庫100名山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神戸市内で探鳥 | トップページ | やっぱり焼き牡蠣 »