« 淡路島で3年とらふぐ | トップページ | 快晴の高御位山 »

2020年2月21日 (金)

定期診察(治療終了後3年半)

【2020年 2月21日】
治療終了したのが2016年9月、3年半経ち定期の診察へ。
いつもドキドキのマーカーの数値は…?

診察は治療を受けた滋賀医科大病院(放射線科)と、同じ大津市内にある、くどうクリニック(泌尿器科)の2箇所にはしごです。




Img_20200221_121309
滋賀医科大病院の後、「くどうクリニック」に初めて行きます。
「京阪三井寺」下車。周辺には「三井寺」の他に、明治時代に琵琶湖の水を京都まで引いた「琵琶湖疎水」が近くにあります。
桜の時期はよさそうです。



Img_20200221_124406_burst015
「くどうクリニック」は京阪石山坂本線の沿線にあります。
(中央の車が2台止まっている建物)
今日は電車を利用しましたが、お隣の休業した銭湯の駐車場も使用できるようです。



psa200221
診察の結果は…OKでした!
マーカーのPSAはここ1年で小さな変動がありましたが、今回は-0.027ng/mL減少し、0.051ng/mLとなり順調です。
(細かい増減は測定誤差で気にする必要なしとのこと…ですが気になりますねえ)
もし転移があればPSAに出てくるので継続監視は必要です。
また放射線による大腸炎の血便は少しありますが、増加がなければ経過を見ることでよいとのこと。
<クリックで拡大します>

いつもの滋賀医科大病院で血液検査と診察、その後バス、JR、京阪を乗り継いで「くどうクリニック」へ。
ここでは昨年12月に滋賀医科大病院を退職された岡本先生の診察を受けます。
順調ですねえの一言で、世間話が大半ですが(^^

岡本先生は関東へ行かれるとのうわさはまだ何も決まっていないとのこと。
次回の岡本先生の診察は諸事情により京都府宇治市の「宇治病院」に変更となります。
世界遺産の「平等院」とセットにしてみようかな~。(結果がよければ)

|

« 淡路島で3年とらふぐ | トップページ | 快晴の高御位山 »

前立腺がんとの闘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 淡路島で3年とらふぐ | トップページ | 快晴の高御位山 »