リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がん情報発信サイト。 日本の前立腺がんに関して最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、また新たにサイクリングや写真も始められました。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。(現在治療はされていません)

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 快晴の野谷荘司山から三方岩岳 | トップページ | なんちゃって循環型菜園 »

2019年11月13日 (水)

ハードディスクのクローン

【2019年11月13日】
6年間使用しているノートパソコン。ハードディスクが壊れかけのようです。
再インストールかぁ~😵



Img_4342
見たこともないメッセージです。
検索すると「SMARTエラー」は、ハードディスクの自己診断機能でもうすぐ壊れますというメッセージで不具合がある基準を超えていて故障は時間の問題のようです。
すぐにバックアップをとり、スキャンディスクやデフラグをやってみましたが(負担がかかるのでやらない方が良かったと思います)、改善しません。


Img_4348
まずはACアダプタやバッテリーを取り外したあと、ハードディスクを抜きます。
とりあえず同じ型番のハードディスクを調達し、購入時に作成していたリカバリーディスクで再インストールを行います。


Img_4349
ところが会社のベテランSさんに聞くと、いいものがある!とのこと。
「ハードディスクケース」。
新旧のハードディスクを挿入し、スイッチを押すだけ…。
容量にもよりますが、今回は3時間ほどかかりました。



Img_4350
無事に復活❗❗❗


幸運にもメッセージがでてから数日間は動作したため、今回お借りしたツールが使えました。(壊れたところまではコピーされません・当たり前…)
再インストールはデータのバックアップや、インストール後のOSやアプリのバージョンアップなどのその後の設定がとても面倒なので、助かります。
さらにディスク上のデータが整理されるようで、処理速度が若干速くなりました。

この方法で2台のハードディスクを定期的に交換していけば、バックアップも取れて安心して使えそうな気もします。
この際なのでハードディスクのアップグレードとかSSDにすればよかった~。(SSDは飛躍的に処理速度が上がるようです)
まあ、再インストールで断捨離してハードも気持ちも軽くなるのも良いかもしれませんが…。
いずれにしても、Sさんありがとうございました~。

<追記>
コメントにも記載していますが、このクローンのハードディスクはまったく同じパソコンに戻すことが前提で、あくまで現状復帰させるものですので、別なパソコンでは動作しません。(違法コピーとしていくらでも増やせることにはなりません)

« 快晴の野谷荘司山から三方岩岳 | トップページ | なんちゃって循環型菜園 »

コメント

ちゅた様
こんにちは、ハードディスクをコピーする方法があるのですね。私は知りませんでした。今年の2月にデイスクトップのパソコンをWindouws10のパソコンに移行しましたが、古いパソコンのハードディスクを、友人に外してもらってから家電量販店に持ち込んで引き取ってもらいました。
復旧出来て良かったですね。

ころぼっくるさん、こんばんは。

苦労せず復旧できたのは幸運もありました。
通常の再インストールでは、夜更かしが必須ですよね~。

なお今回のコピーはまったく同じパソコンに戻すことが前提で、あくまで現状復帰させるものですので、別なパソコンには使えません。
もしそうなら違法コピーとなってしまい、いくらでも増やせることになってしまいますので…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 快晴の野谷荘司山から三方岩岳 | トップページ | なんちゃって循環型菜園 »