リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。
  • 山とカヌーの休日
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽もたしなむ多才な方です。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 風に吹かれ 私の思いつくままの日々
    いろはにこんぺいとうさんは、音楽や気軽な日々の出来事をつづられています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がん情報発信サイト。 日本の前立腺がんに関して最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、また新たにサイクリングや写真も始められました。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 人工芝設置 | トップページ | 30年ぶりの乗鞍高原 »

新緑の美林コース「簗谷山」

【2019年5月3日・岐阜県下呂市

連休登山は、例年家内の実家から出かけます。
今年も残雪と戯れるコースを検討しましたが、予定も目白押しなので近くの低山に温泉をセットにしました。
ランの仲間で絶滅危惧種の「クマガイソウ」も楽しみです。

 

 

Img_3352
美林のコースをスタート。


Img_3341
クマガイソウの群落。
ランの仲間で、岐阜県では絶滅危惧I類 だそうです。


Img_3345
残念ながらツボミでした~。
(今年は少し遅いようです)

登山口には「熊に注意」との看板がありましたが、そんな雰囲気があります。
『熊が居そう』…クマガイソウ…失礼しました(^_^;)


Img_3350
マムシグサ。


Img_3360
クロモジ?


Img_3359
オオルリ発見。


Img_3367
いかにも頂上直下の雰囲気です~。


Img_3375
頂上到着。ここで朝ご飯です。
今日のサバ缶。味は金のラベルに負けていません。

 

Img_3378
季節柄おいしいですね~。


Img_3380
今日は展望はイマイチですが、頂上からかすんだ御岳山を望む。
他に乗鞍岳も大きく見えますが、穂高方面はかすんでいました。
天気が良いと、南アルプスまで望めるそうです。


Img_3391
クマザサ+美林。


Img_3399
ヤマシャクヤクもつぼみです。


Img_3406
キレイなカメムシ発見!
検索すると「セアカツノカメムシ」らしいです。
(匂いはしませんでした~)


Img_3410
新緑の美林です。


Img_3413
駐車場も新緑でキレイです~。
今日は私が駐車場も頂上も一番乗りでしたが、下山時は11台で満車でした。


Img_20190503_112440
登山口近くの岩屋ダム。(東仙峡金山湖)


img_3417
こちらは帰路の高山市清見町の「カタクリ」。
<クリックで拡大します>


Img_3428
こちらも帰路の郡上市「國田家のシバザクラ」。
満開です~。



駐車場7:15→小鹿の涙7:53→梁谷山8:33(朝食)9:40→駐車場10:45


クマガイソウはツボミでちょっぴり残念でしたが、全般に美しいブナ林などが続く快適なコースでした。
頂上からは御岳山、乗鞍岳が大きく、穂高連峰や白山も望めます。
また野鳥が多く、終始鳴き声が聞こえます。
オオルリ、コルリ、ツツドリ、ヤマガラなどに会いました。
コース上の林がキレイで花もあり、標高の割にも楽しめる山でした。

誰もいない頂上で御岳を望みながら朝食がてら1時間あまり。
何も考えず一人でボーッとしていました。このところ気持ちがバタバタしていたので幸せな時間でした~。

帰路に15種類のお風呂で県内でも人気の高い「美輝の里」で汗を流して、その後に高山市のカタクリの自生地へ。
のんびりした1日を過ごせました。

« 人工芝設置 | トップページ | 30年ぶりの乗鞍高原 »

山(⑨岐阜・三重・福井・石川)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人工芝設置 | トップページ | 30年ぶりの乗鞍高原 »