リンク

  • 風に吹かれ 私の思いつくままの日々
    いろはにこんぺいとうさんは、音楽や気軽な日々の出来事をつづられています。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 山とカヌーの休日
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽もたしなむ多才な方です。
  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「にんにく」バンザイ! | トップページ | 扁妙の滝&笠形山ブルー »

浜坂にて

【2018年1月19日・兵庫県美方郡新温泉町浜坂】

浜坂は「単独行」や「孤高の人」で有名な登山家『加藤分太郎』の生誕地でもあり、好きな街です。
以前、会社OBの故O氏と浜坂に近い扇の山に幾度か登ったことを思い出します。
さらに同じ但馬には日本人初のエベレスト登頂、世界初の五大陸最高峰を登頂した植村直己(豊岡市)もいてお気に入りのエリアです。
温泉も城崎温泉とちがって、硫黄臭があり何より静かで好みのお湯です。

 

Img_1653
スタートは明石駅。特急「はまかぜ」に乗ります。
何より、在来線の特急に乗るのは30年以上ぶりです。
ちょっぴりワクワク~。

 

Img_1663
播但線から山陰本線に入って、のんびり走ります。
写真は餘部(あまるべ)鉄橋ですが、今はコンクリート製で昭和の面影がなくなりました。

 

Img_1659
明石から浜坂まで3時間。
城之崎温泉で9割の乗客が下車。
(そんなに?)

さらに香住を過ぎると、2号車の車両の乗客は私たち(家内)1組だけとなりました。<上の写真>
(少しやな予感…)

下車した浜坂駅には、出迎えのバスが待っています。
…えっ私たちを含めて2組?
(さらにやな予感…)

 

Img_1651
ちなみにこの日のために発券されたチケット(の山)。
2人分でなんと15枚。

 

Img_1667
まあ、今日は暖かくて海岸も散歩できます。
写真は以前登った兵庫100名山の「観音山」。

 

Img_1672
まあ、松の美林もあったりします。

 

Img_1679
『加藤文太郎』の「孤高の人」の碑を見つけました。
彼の誕生日は私と同じです(^^)

 

Img_1666
何しに行ったって?
JRの「かにカニエクスプレス」を利用して、カニを食しに行ったのです。

料理を見て、えっ?これ?
往復6時間かけて、これ?
チケット15枚も発券して、これ?
とにかくとてもとてもひどい内容です。
他の1組の方も同様で、昨年JRで和歌山のクエを食べに行った際もこんなレベルだったとのこと。
JRというブランドを期待していたのに…。
正直、ちゃぶ台をひっくり返しそうになりました!

まあ、30数年ぶりに特急列車にも乗れたし、天気も良かったし、日本海はキレイだったし…。
まあ、いっかぁ~。

« 「にんにく」バンザイ! | トップページ | 扁妙の滝&笠形山ブルー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ちゅた様
こんにちは、浜坂まで列車の旅も楽しそうですね。私は9年前の夏に古座川をカヌーで下った後、こちらの海岸に来ました。海でも出艇して楽しく漕げました。加藤文太郎のお墓にもお参りしました。静かな海なのでまた行ってみたいところです。

ブログURL http://outdoor-holiday.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-fc6e.html

ころぼっくるさん、ありがとうございます。

今回は加藤文太郎のお墓や記念図書館は残念ながら行けませんでした。
七釜温泉は掛け流しで良いお湯で、再び訪れたい温泉の一つです。
列車も良かったですが、浜坂までの高速道路が早く全通するといいなぁ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514347/66304985

この記事へのトラックバック一覧です: 浜坂にて:

« 「にんにく」バンザイ! | トップページ | 扁妙の滝&笠形山ブルー »