« 別府の温泉はすごいです! | トップページ | 世代交代(車) »

2017年6月30日 (金)

ミシュラン登録店で「はも料理」

【2017年6月25日・兵庫県淡路市】

淡路島の南側にある小島、沼島周辺で獲れる鱧(はも)は胴が太く小顔で、また漁法の影響で体に傷が少ないことから「べっぴん鱧」と呼ばれています。
また、コンドロイチン、カルシウム、ビタミンAなどが豊富で、美肌効果、アンチエイジングにも期待できるそうです。

 

Img_0650
梅雨空の幻想的な明石海峡大橋。(神戸側より)

 

Img_0651
今日はバスで出かけます。
JR舞子駅で高速バスに乗り換え。バス停は明石海峡大橋のたもとです。
下車は2つめの東浦IC。10分余りで到着します。便利!

 

Img_0655
バスをおりて癒される景色の中、お店まで歩きます。
淡路島の有名なタマネギ小屋です。
他に枇杷もあちこちに実っています。

 

Img_0680
あじさいもきれいです。

 

Img_0677
プロローグはその辺で終了。
今日のお店の「こゝちよ」に到着。
ミシュランガイドブック兵庫特別版にて、星1つの評価のお店です。

 

Img_0675
カウンター席の前で骨切りを行っています。
シュー、シューとリズミカルな音が響きます。
味はこの骨切りで決まるとか。
いかに薄く、等間隔に、しかも皮を残して切るかの職人芸。
ちなみに包丁は微妙な焼き入れが必要で、一般的に数十万円はするとのこと。
(写真撮影は事前了承済み)

 

Img_0658
古民家を改造したカフェ風のお店です。
調度品や食器もしゃれています。
(写真は日本酒)

 

Img_0667
定番の湯引きの梅肉和え。

 

Img_0661
今日はしゃぶしゃぶでいただきます。

 

Img_0666
淡泊ですので甘ダレか梅肉でいただきます。

Img_0672k
デザートは味噌。…ではなくきな粉と黒糖のシャーベット。

 

お店のアクセスは非常にわかりにくいところで、ナビでも迷うという細くて急坂で曲がりくねって、かつ標識がないところにあります。
少し前、迷ったあげく山道に迷い込み、脱輪した車があったとのこと。
今回は東浦ICのバス停から歩きましたが、店としてはタクシーを利用願いますとのことでした。(徒歩10分程度ですが…)

この時期のランチタイムは11時からと13時からの交代制で、満員でした。
奈良や中国地方のナンバーもありました。
とても癒される空間で、楽しい仲間達(先輩)と久しぶりにスローなおいしいランチをいただき、満足満足。。。

|

« 別府の温泉はすごいです! | トップページ | 世代交代(車) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ちゅたさん、こんばんは。

鱧ですか~。美味しいですよね♪
以前いた職場のビルの最上階(正確には管理人さんのお住いの1フロア下だったみたいですが...)
の食堂横に割烹があって、そこで歓迎会をした折にいただいた鱧の揚げ物餡かけ仕立て
みたいなのが絶品だったのを思い出しました。

鱧って基本的には西の文化圏の食材ですよね。
残念なことに関東ではあまり食す機会がないんですよ。
定番の湯引きの梅肉和えもいいですね。
鰻と一緒で精力つきそうだし、暑さで体力消耗した時なんぞは「景気づけに鱧料理」と
洒落込みたいところです。(こちらでは鱧は高級魚ですので...)

投稿: Newman | 2017年7月 6日 (木) 00時00分

Newmanさん、コメントありがとうございます。

関東ではあまり鱧を食べないのですね。知りませんでした。
鱧は梅雨の雨を飲んで旨みを増すらしく7~8月が旬で、会社の詳しい人に聞いたところ、新鮮さでは淡路、味は京都らしいです。
祇園祭の時期と重なるようで、祇園祭は別名「鱧祭」と呼ばれるらしいです。
祇園あたりで鱧を食べてみたいものですが、たぶん相当な価格になると思います(^^)。

私はバカ舌ですので、微妙な味はわかりません(笑)。結局一番美味しいと感じたのは、最後の雑炊です(^^)。
名産の玉葱を使った濃いダシ、淡路島のこだわりの卵。味が濃くて最高でした。

でも何よりは店の雰囲気です。不要なものは何も置かない、飾らないところがとてもステキでした~。

投稿: ちゅた | 2017年7月 9日 (日) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミシュラン登録店で「はも料理」:

« 別府の温泉はすごいです! | トップページ | 世代交代(車) »