リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がん情報発信サイト。 日本の前立腺がんに関して最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、また新たにサイクリングや写真も始められました。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。(現在治療はされていません)

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 骨密度測定 | トップページ | 副作用 »

2017年4月 8日 (土)

デジカメ購入(その2)

アウトドアに大活躍していた「Canon Powershot G10」が故障、代替品として昨年2月に発表されたNikonのコンデジ「DLシリーズ」を1年待っていました。
しかし残念ながら販売中止となってしまいました。
本来はNikon派ではありますが、今となってはハイエンドクラスのコンデジはなく、10台目に決めたのはCanonの「PowerShot G7 X Mark II」となりました。

 

Canon PowerShot G7 X Mark II(今回購入)
PowerShot G7 X Mark II の製品画像

発売日:2016年4月21日
手ブレ補正:4段分
画素数:2,010万画素
センサー:1.0型高感度CMOS(裏面照射型)
レンズ:焦点距離24-100mm(光学4.2倍)、F値F1.8-2.8
マクロ:5cm
液晶:3.0型(約104万ドット)チルト可動式、タッチパネル
ISO感度:125~12800
シャッタースピード:B、30~1/2000秒
絞り:F1.8-F11
内蔵ストロボ:付 
Wi-Fi/NFC:対応
USB充電:対応
大きさ:105.5 × 60.9 × 42.2mm
質量:319g

Powershot G10が2度目の故障、代わりにミラーレスも検討しましたが、デジイチのレンズ沼を繰り返すのもイヤでしたし、マクロ機能、レンズの明るさはこちらのコンデジの方が上、またアウトドアには小型の方がよいのが理由です。(3月29日購入)

 

********************************************************
<以下は過去に所有したカメラ>
2009年3月の記事のリメイクです)

 

Nikon D7000

D7000 ボディ の製品画像
発売日:2010年10月29日
有効画素数:1608万画素
撮像素子:APS-C
画面サイズ:3インチ
連続撮影速度:6コマ/秒
シャッタースピード:1/8000秒
ISO感度:100~25600
防水性:防滴

同時に16-85mmも購入。
使い心地はとてもよくて、主に探鳥で現在も活躍中

 

Canon Powershot G10
G10
発売:2008年10月
有効画素数:約1,470万画素
撮像素子:1/1.7型
焦点距離:28-140mm(5倍)
F値:F2.8-F8.0
その他:手ブレ補正 、マニュアルフォーカス、NDフィルター付
ファインダー:実像式ズームファインダー
液晶モニター:3.0型(約46.1万ドット)
ISO感度:80~3200
シャッタースピード:15~1/4000秒
アクセサリーシュー:付
質量:約350g

当時はコンパクトカメラのハイエンドでした。
コンデジでありながらメカニカルな外観、ファインダーやアクセサリーシューが付いて、マニュアル撮影(露出・ピント)も可能と、マニアックなところがお気に入りでした。
レンズエラーが2度発生。1度目は修理しましたが、2度目(2016年12月)でお役ご免。
昨年撮像素子の1インチ以上が欲しいなあと探していたら、察したのか故障しました。
でも8年間、主にアウトドアで時には汗まみれになり、あちこちすり切れていますが大活躍してくれました。大感謝!

 

Panasonic Lumix TZ-3
Tz3

2007年購入
画素数:720万画素
撮像素子:1/2.35
レンズ:28mm~280mm F3.3~F4.9
ズーム:光学10倍
シャッタースピード:8~1/2000 秒
撮影感度:ISO100~3200
最短撮影距離:5cm
液晶モニター:3インチ、23万画素
その他:手ブレ補正機構
連写撮影:3コマ/秒 
重量:232 g

2台目のデジカメ。
28mmの広角と当時としてはこの薄さで10倍ズームはめずらしく山行、ブログに大活躍。

 

Casio Exilim S2
Exs2
発売日:2002年 9月28日
サイズ:88×55×11.3mm  88g
有効画素数:200万画素
撮像素子:1/1.8インチ
レンズ:36mm F3.2
シャッター:1/4~1/6400秒
モニター:1.6型、8.5万画素
ファインダー:光学式

初めてのデジカメ。
同時に購入したSDカードは32MBでした。
当時(今でも)画期的な最薄、最軽量で、ワイシャツのポケットに入れてもOK。
山行やマラソンにも持参していました。

 

HUJI DL-501
Gl501

発売:1990年10月
今では珍しい28mm、45mmの2焦点切り替カメラ(パノラマ付)。
パノラマサイズは一時流行したがあまり使わなかった。
海水につけてしまい、もう一度同じカメラを購入した。
2台とも次の購入時に下取りに出す。

 

Nikon F-601
F601
発売:1990年
シャッター速度:B,30~1/2000
内蔵スピードライト:GN13

Nikon FEが調子が悪くなったため、28~80mmのズーム付で購入。
子どもの入学式や運動会に活躍。でも使用頻度は低いカメラでした。
ネガフィルムのみの使用。次の購入時に下取りに出しました。

 

Nikon FE
Fe
発売:1978年4月
露出:マニュアル、絞り優先AE
シャッター速度:B・8~1/1,000 秒

新宿の「ヨドバシカメラ」で購入。
レンズは、20mm・28mm・50mm・85mm・135mm・300mmと単焦点だけをそろえました。
主に山行に使用。槍、穂高や初めての海外出張で税関で帰国まで没収された事も。
ポジフィルムにて大量に撮影しました。
ハードな使用であちこちすり切れており、写真に目覚めた思い入れのあるカメラです。
自宅に現存。

 

OLYMPUS OM-1
Om1
発売:1973年(OMシリーズの初代機)
シャッター:B・1~1/1000秒
フィルム感度:ASA25~1600
大きさ:50mmF1.4付 136×83×86mm 740g

当時世界最小最軽量の一眼レフ。
レンズは、28mm・50mm・75~150mmを購入。
当時、サイクリングに凝っており、前かごに入れて能登、津軽、知多、磐梯山、八甲田山、八丈島などの船旅にも同行など、ハードな使用にも故障なし。
弟に譲渡。

 

minolta Himatic7s
Himatic7s

発売:1966年8月
レンズ:45mm F1.8
シャッター速度:1/4 ~ 1/500秒
絞り:1.8~22

大阪万博の前に、親父が親戚のカメラ店から購入したもの。
当時中学生で「月の石」や「太陽の塔」などを撮りました。
レンズシャッター式では当時としては高級なものだったと思います。
1回も故障せず。実家に現存。

« 骨密度測定 | トップページ | 副作用 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ購入(その2):

« 骨密度測定 | トップページ | 副作用 »