リンク

  • 風に吹かれ 私の思いつくままの日々
    いろはにこんぺいとうさんは、音楽や気軽な日々の出来事をつづられています。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 山とカヌーの休日
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽もたしなむ多才な方です。
  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 上高地散策 | トップページ | 食欲の秋 »

(4)治療<ホルモン治療>

実際に行った治療についての記録です。
1回目はがん宣告直後から行った、ホルモン治療(内分泌療法)についてです。

前立腺がんは男性ホルモンの影響で増殖・進行していくため、男性ホルモンをブロックすることで進行を抑えることができます。

男性ホルモンは95%が精巣から、5%が副腎から分泌されているそうですが、ホルモン治療は投薬と皮下注射で男性ホルモンをカットし、がんで肥大した前立腺を小さくし、その後に放射線治療を行いやすくします。

ホルモン治療は腫瘍マーカーを下げるには効果がありますが、一時的なもので根本的な治療ではありません。

 

◆方法
「カソデックス錠(非ステロイド性)」の1日1回の服用と、平行して皮下注射(LH-RHアゴニスト製剤)のリュープリン、またはゾラテックスをおへその下あたりに注射します。
投薬と注射を合わせてCAB療法と呼びます。

 

◆副作用
(上段が一般的なもの、下段の「→」が私の場合の副作用)

1.排尿障害(尿が出にくい、排尿時の痛み、尿失禁、尿漏れ、血尿、頻尿など)
→頻尿のみあり。

2.ホットフラッシュ(顔面のほてりや発汗等)
→ホットフラッシュが1日に数回ありますが、生活や仕事に影響はありません。

3.骨粗しょう症(長期におよぶ場合、骨密度が低下し骨折のリスクが高まる)
→初期の数ヶ月、朝起きた時に間接からポキポキと音がしましたが、現在はありません。
 骨密度の評価は機会がなくやっていませんが、実感はありません。

4.女性化乳房
→ありません!

5.肝機能障害(倦怠感や食欲不振など)
→一時肝臓系の値が悪化しましたが、投薬(ウルソデオキシコール酸錠)により、現在は正常値に戻りました。

6.性機能障害、性欲減退
→チン黙です(-.-)

 

Psa1606k
<縦軸がPSA、横軸は時間です。クリックで拡大します>
腫瘍マーカーであるPSAは、人によってはある程度までしか下がらないこともあるようですが、私の場合は順調に下がっており、とてもよく効くようです。

 

問題なのは体が抵抗性を持ち、やがて効き目が薄れてしまうことです。
そのため長期継続の場合は、薬をかえたり一時的に休止するなどの方法がとられます。
現在はPSAは下がり続けており問題になっていませんが、既に開始から1年以上継続(途中3ヶ月間の休薬あり)しており、今後投薬(注射含む)を止めた時には不安です。
主治医に相談すると、「今からそんなことを気にしないことだ」と言われました。そうします。

ホルモン治療は乳がんでも行われていて、共に性ホルモンが影響するがんで、治療法は似ているところもあるようです。

前立腺がんでの副作用は、男性ホルモンをカットしますので、体が一部女性化し、女性の更年期のような症状が現れます。
私の場合は上記の外に体毛が若干薄くなる、運動しても筋肉がつかない等がありますが、ジョギング等はやる気も含めて従来通りできており、生活や仕事は従来通り可能で副作用はとても少ない方のようです。
言っておきますが、男性に興味がわいてきていることは一切ありません(笑)

 

                            前立腺がんとの闘い〈INDEX〉

« 上高地散策 | トップページ | 食欲の秋 »

前立腺がんとの闘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514347/64318326

この記事へのトラックバック一覧です: (4)治療<ホルモン治療>:

« 上高地散策 | トップページ | 食欲の秋 »