リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« (3)治療方法の選択 | トップページ | (4)治療<ホルモン治療> »

2016年9月24日 (土)

上高地散策

36日間の入院を終え、治療としては大きな山場を越えました。
退院直後で、若干の副作用があるものの生活には支障はなく、記念としてささやかながら一泊で上高地へ散策に出かけました。

上高地は槍、穂高への登山口として利用したことはありますが、通過しただけで散策するのは初めてです。
主な目的はの~んびりすることと、家内の趣味であるバードウオッチングです。

 

P1090369
天気が…。
雨+雷。この日は台風の影響で大雨洪水警報もでました(>_<)

 

 

Dsc_6364
まあ雨のおかげで大正池の幻想的な景色もみられましたが~。

 

 

P1090468
翌日は晴れ。河童橋から望む穂高は少し雲がかかっていますがまずまずです。
また穂高登りたい~!

 

 

Dsc_64443

 

 

P1090466
河童橋から梓川と焼岳。

 

 

P1090424
今回は明神池まで鳥を見ながら散策です。

 

 

P1090362
自然にしては出来過ぎの感のある「田代池」。

 

 

P1090455
NHKの日本百名山の穂高岳のガイドをされていた山岳ライターの小林千穂さんが紹介されていた「岳沢湿原」。
楽しみにしていましたが、期待通りでした。

 

 

Dsc_0129
今回の宿泊は、大正池ホテル。
河童橋からは離れていますがその分静かです。
そして部屋の窓から大正池と焼岳が目の前です。

 

 

Dsc_6440
同じく部屋の窓から焼岳の山頂を望む。
お風呂やレストランからも望めます。

 

 

Dsc_6375
ここからは少し鳥の写真です。
「サメビタキ」の幼鳥かな?

 

 

Dsc_6416
「ゴジュウカラ」。

 

 

Dsc_6468
よく見えませんが、たぶん「ミソサザイ」。
日本で最小種の一つで、体重が7~12gしかないそうです。
それ以外に、カケス、コガラ、ヒガラ、マガモ、オシドリがいました。

 

 

Dsc_6470
オマケ。

 

 

一度上高地の朝を迎えてみたかったという家内。
予想通りとてもすがすがしい朝の空気がとてもごちそうでした。

雨も降りましたが、ゆったりとした時間、自然美を堪能した2日間でした。
来週からの36日ぶりの会社もがんばるぞ~という気持ちにさせてくれた、豪華ではありませんが、気分は贅沢な旅でした。
小さな幸せに感謝です。。。

« (3)治療方法の選択 | トップページ | (4)治療<ホルモン治療> »

コメント

ちゅた様
こんばんは、私は17年前に山歩きを始めてから何度も上高地を訪れて来ました。しかし最初はその数年前に観光で上高地に来ていました。その時には自分が河童橋を越え、北アルプスの山に登ることは思いもしなかったですね。

御体調は大変なようですが、一日も早く回復されることをお祈りさせて頂きます。

ころぼっくるさん、コメントありがとうございます。

私が上高地を初めて訪れたのは40年ほど前と思います。
当時はマイカーでも入ることができ、2度ほどは車で入りました。

一番の思い出は上高地から涸沢から北穂、奥穂、前穂を縦走し、岳沢経由上高地に。
また燕から表銀座を経て槍に登頂し、上高地に下りました。
写真を撮るべく一眼レフやレンズ数本、三脚などを持って登ったことを記憶しています。
なつかしいです。

病気に関しまして、ご心配をおかけして申し訳ありません。
おかげさまで治療も順調に進んでおり、来月から低山のハイキングを再開しようと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上高地散策:

« (3)治療方法の選択 | トップページ | (4)治療<ホルモン治療> »