リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 鮒寿司(発酵食品) | トップページ | (3)治療方法の選択 »

2016年9月 2日 (金)

(2)ステージ確定

8月7日に受けたがん宣告ですが、その進み具合(ステージ等)により予後が大きく大きく左右されます。
その結果は8月28日に聞くことになっています。

ところがその日の朝、入院中だった母危篤の一報が入り、急ぎ岡山の実家まで走ります。
まずは緊急を要しないことが判明し、再度神戸にもどり、午後から診察です。

 

◆2016年8月13日
休暇を取り、N医療センターで採尿、採血、レントゲン、心電図、触診、超音波、問診と盛りだくさんの検査を受けます。

◆8月17日
午後から休暇。骨シンチグラフィー(放射性像影材を注射しCT撮影)し骨への転移の有無を検査。

◆8月24日
針生検(needle biopsy)のために十数年ぶりの入院。
前立腺の組織を採取するために、手術室で約20分間、局所麻酔ですが鈍痛を我慢し、10個のサンプルを取り後日結果を聞きに行きます。
検査後は血尿や血便の為に1泊の入院となります。
嫁が付き添ってくれましたが、手術室から出てきたときは、初めて動きが病人になっていました。

◆8月28日
結果を聞きに行く日、朝3時半に親父から入院中の「母危篤」の電話。
友人にインコを預け、実家近くの岡山の病院へ向かうも、親父の早合点で命に別状はありませんでした。
とんぼ返りで午後からN神戸医療センターで検査結果を聞きに行きます。
結果は・・・
・TNM法…T3bN?M0 嚢へ浸潤あり(N?は骨転移の有無が数ヶ月後に判明予定、なければ0)
・グリソンスコア8(4+4)…悪性度は2~10のうち8つ目
・生検のヒット率6割(6本/10本中)
・PSA(腫瘍マーカ)49.1(0~4が正常)
結論は『超ハイリスク』で、厳しい内容でした。

肝心なことは、転移の有無ですが、主治医は「びみょ~」などと無神経な言い方。
骨シンチグラフィーで、影が2カ所ありそのうち1カ所は17歳の時の骨折跡で、これはOK。
残る一つは骨盤あたりに影があり、怪我等の心当たりはありません。
今後始めるホルモン治療により3~4ヶ月後にその部分が縮小していればがんだったことになり、変化がなければ元々あったもので、画像上では転移はなしということになります。

この転移の有無で今後の治療方針が大きく変わります。
放射線か化学治療(抗がん剤)の大きな境目です。
思ったより進んでいること、医師の「びみょ~」の言葉が耳に残り、また母のこともあり眠れぬ夜が続きます。

 

Prostate
「がん情報サービス」hpより拝借

骨盤への転移の結果が出るのが来年1月頃になるので、まずは本日(8月28日)よりカソデックス(ホルモン剤)の投薬開始。
生き残ることができるのかそうでないのか厳しい状況であること、転移の有無という不確定要素の課題を残し、ひとまず治療がスタートします!

 

                            前立腺がんとの闘い〈INDEX〉

« 鮒寿司(発酵食品) | トップページ | (3)治療方法の選択 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (2)ステージ確定:

« 鮒寿司(発酵食品) | トップページ | (3)治療方法の選択 »