リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がん情報発信サイト。 日本の前立腺がんに関して最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、また新たにサイクリングや写真も始められました。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。

ウェブページ

ブログ村

無料ブログはココログ

« 2016びわ湖大花火大会 | トップページ | (0)前立腺がんとの闘い〈INDEX〉 »

2016年8月15日 (月)

山の日は比叡山(大比叡)

【2016年8月11日・滋賀県大津市・標高848m】

 

今日は初めての「山の日」。
「山の日」ならやはり比叡山です。
「世の中に山てふ山は多かれど、山とは比叡の御山(みやま)をぞいふ」と百人一首で有名な慈円という方が、比叡山を日本一の山であると…。

そんなわけで、電車やケーブルを使って一路日本一の山、比叡山へ。

 

 

 

Img_4848
京阪の「1dayきっぷ」は、石山坂本線、京津線が乗り放題、ケーブルカー、比叡山入場料等が割引になって600円とお得です。

 

 

 

Img_4855
京阪は一部路面電車となっているかわいい電車です。
わざとカーブをつくったのではないかと思うくらい、急カーブが多いです~。

 

Img_4856
意外にも終点の坂本駅は、とてもしゃれています。

 

 

 

Img_4876
今日の山は軟弱なケーブルカー利用。
(今回は入院中の外出ゆえ、ケーブルカー利用です)

 

 

 

Img_4873
日本最長の2,025mの長さで、途中に駅やトンネルがあります。
運転手さんは盛んに指差呼称をされています。(若干の形骸化を感じましたが…)

 

 

 

Img_4890
手前から、「琵琶湖大橋」、沖島、伊吹山です。

 

 

 

Img_4897
ご存じ比叡山根本中堂。
山の日の催しが開かれていました。(撮影禁止でした)
その中で第1回「山の日」記念全国大会は比叡山で開催して欲しかったとのご発言がありました。
ちなみに今年は上高地での開催で、来年は是非とのことでした。

 

 

 

Img_4934
色鮮やかな鐘楼。(撞くのは50円/回也)

 

 

 

Img_4920
次は阿弥陀堂へ。
素敵な階段です~。

 

 

 

Img_4925
大比叡山頂へは東塔(左)と阿弥陀堂(右)の間から入っていきます。
(案内なし)

 

 

 

Img_4929
すぐに山頂です。
残念ながら展望はありません。

 

 

 

Img_4936
比叡山に戻り、くず餅をいただきます。

 

 

 

Img_4956
下山後の坂本地区の有名な「鶴喜そば」。
15時前でも行列ができています。
建物も築130年で国の登録有形文化財に指定されています。
期待大…。

 

 

 

Img_4959
ざるそばを注文。
なにより、庭を望むお座敷でいただくことができ、満足満足。

 

 

 

Img_4976
「1dayきっぷ」乗り放題なので、再度京阪に乗り反対側の終点の石山寺まで足を伸ばします。
ゆったり流れる瀬田川が良い感じです。

 

 

 

Img_4974
最後は、石山寺へ。
時間切れで内部は次回に。

 

ブログの主題は「山」ですので、山の日にはやっぱり山へと暑さをこらえて登ってみましたが、比叡山や山頂付近は意外と涼しく感じました。
のんびり、ゆったりと心休まる山の日を過ごすことができました。

« 2016びわ湖大花火大会 | トップページ | (0)前立腺がんとの闘い〈INDEX〉 »

コメント

ちゅたさん、こんばんは。
大変ご無沙汰しておりました。
ご入院中とのことですが、ご機嫌いかがでしょうか?
くれぐれもご自愛くださいね。

山の日に比叡山とはいかにもちゅたさんらしい、なかなか心憎い演出(?)ですねw
10年以上前に1度だけ坂本から比叡山(東塔と西塔のみ)にいった事はあるのですが、大比叡山というのは知りませんでした。
ちゃんと国土地理院の三角点らしきものまであるのですね~。
今度訪れた際にはぜひ頂上を極めたいと思います(笑)

Newmanさん、ありがとうございます。

比叡山は、子どもの頃親父に連れていってもらって以来40~50年ぶりです。
昔は猿がたくさんいたような…。
根本中堂の中に入りましたが、壮厳な空気にとても驚きました。
撮影禁止でしたが、とてもカメラを向ける雰囲気ではなかったです。
俗世間とはかけ離れたものを久し振りに見せてもらいました。

追伸
一部の文章を枠で囲む方法、Newmanさんのを真似させていただきました。事後報告ですがお許し下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の日は比叡山(大比叡):

« 2016びわ湖大花火大会 | トップページ | (0)前立腺がんとの闘い〈INDEX〉 »