リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がん情報発信サイト。 日本の前立腺がんに関して最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、また新たにサイクリングや写真も始められました。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。(現在治療はされていません)

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「分水界の径」はヒカゲツツジ満開(五大山) | トップページ | 長良川鉄道「ながら」 »

2016年5月 6日 (金)

水芭蕉咲く「奥三界岳」

【2016年5月2日・岐阜県中津川市・標高1,811m】

「日本三百名山」と「ぎふ百山」に属していて、長野県境にある『奥三界山(おくさんがいざん)』に行ってきました。
大半の方は夕森公園口から登りますが、今回は夕森田立林道からスタートします。
こちらは林道歩きが長くなります。
※今回よりコメントは写真の下へ変更しました。

 

Img_4440
ゲートから10分位で、山頂まで8km。GPSでは駐車地から山頂まで9.7kmでした。
結構奥まっているところです。
今日、このコースを利用したのは私一人だけでした。(全コースで出会った方は4名) 

 

Img_4445_2
道端のクレソン。買ったものと比べ物にならない、ピリ辛さと甘さがあります~。

 

Img_4449
スイッチバックの橋。(そんなことはありません…)
特に上側のしゃれた造りの木製の橋を渡ってみたかったんですが、通行止めでした。

 

Img_4462
急登の後は、明るく開けてきます。奥には中央アルプス。

 

Img_4506
頂上手前の鏡池には水芭蕉が群生しています。
<クリックで拡大します>

 

Img_4549
ちょうど見頃です。
<クリックで拡大します>

 

Img_4511
山頂に到着。
展望台には「奥三界岳」と「奥三界山」の看板。
ガイドブックや地図は『…山』のようです。

 

Img_4528
山頂のシンボルツリー?

 

Img_4513
山頂から御嶽山。
<クリックで拡大します>

 

Img_4546
肉眼でも噴煙が確認できる近さです。
<クリックで拡大します>

 

Img_4548
あちこちに咲く「ショウジョウバカマ」。
<クリックで拡大します>

 

 

Img_4563
「バイカオウレン」も咲いています。
<クリックで拡大します>

 

Img_4579
イチゴ?
<クリックで拡大します>

 

Img_4580
ガレ場のコースも一部あります。奥は「恵那山」。

 

Img_4589
ちょっと寄り道をします。
かなりとうせんぼ状態の倒木。(なんとか通れました)

 

Img_4590
吊橋は定員1名です。

 

Img_4596
水量がまずまずの「銅穴の滝」。
<クリックで拡大します>

 

Img_4599
実はここが「銅穴の滝」からの分岐点だと後でわかりました。
(2万5000分の1の地図は点線で残っています)
「銅穴の滝」から駐車地に戻るにはこのコースしかなく、一部で熊笹のヤブ漕ぎを強いられることに…。
(銅穴の滝から夕森田立林道へのショートカットは廃道になっていて通行禁止です)

 

 

林道ゲート前駐車地8:07→林道終点9:37→鏡池10:50→奥三界岳10:55~11:49→鏡池11:51銅穴ノ滝13:53~14:12→駐車地14:44

林道歩きが長く、あまり期待していませんでしたが、お花や水芭蕉、御岳の展望、明るい尾根等楽しさは充分でした。
累積標高差は2000m近く、最後にヤブ漕ぎもありましたが、満足感たっぷりでした。
下山後は「おいぽいの湯」でさっぱり。
こちらもかけ流しで、お湯も期待以上で満足満足の一日でした。

« 「分水界の径」はヒカゲツツジ満開(五大山) | トップページ | 長良川鉄道「ながら」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水芭蕉咲く「奥三界岳」:

« 「分水界の径」はヒカゲツツジ満開(五大山) | トップページ | 長良川鉄道「ながら」 »