« 快晴の母袋烏帽子岳 | トップページ | 「快晴の荒島岳」その後 »

2015年5月17日 (日)

摩耶山周遊

【2015年5月10日・兵庫県神戸市・標高702m】

 

快晴の下、大龍寺から市ヶ原、摩耶山を経由して一周(距離約13.5km)しました。
ツツジ、新緑がとてもきれいで快適なコースです。

 

六甲山のツツジは、コバノミツツジが終わり、今はモチツツジがキレイです。
摩耶山天狗道にて。
<クリックで拡大>
001

 

 

 

摩耶山に到着前の最後の階段。
六甲全山縦走大会の時、ここまで来るとホッとします~。
002

 

 

 

掬星台に到着。
朝早いので広場にはのんびりと数人がおられるだけです。
今回はスタートが大龍寺7時40分と少し早かったため、ほとんど人に会いません。
トレランは朝早くがいいですね(^^)。
003

 

 

 

いつ見ても良い景色です。
<クリックで拡大>
004

 

 

 

ハーバーランド、和田岬付近を望む。
<クリックで拡大>
005

 

 

 

下から見上げるヤマツツジ。
ヤマツツジが満開です。
アゴニー坂にて。
<クリックで拡大>
008

 

 

 

 

静かで良い感じの「穂高湖」。
正面ととがった山が「シェール槍」です。
010

 

 

 

穂高湖から「シェール道」へ。
途中「シェール槍」に登ってみました。(写真は山頂)
さすがに槍ヶ岳とは比べられませんが、ちょっぴりその雰囲気が…。
すぐわきには「新穂高」なる山もあります。
北アルプスにも行きたいなあ~。
011

 

 

 

シェール道の新緑。
<クリックで拡大>
012

 

 

 

トゥエンティクロスに入ります。
この道は神戸にある山岳会がボランティアで補修したものです。
良い感じに仕上がっています。
013

 

 

 

トゥエンティクロスから分水嶺越え分岐方面に進んだところに、シャガの花がきれいに咲いていました。
<クリックで拡大>
014

 

 

 

 

 

修法ヶ原池に到着。
いつ来てもきれいなところです。
015

 

 

 

どこも新緑がキレイです。
ココは紅葉もバツグンですね。
<クリックで拡大>
016

 

 

 

見上げる新緑もきれいです~。
<クリックで拡大>
017

 

 

 

大好きな大龍寺の山門。
山門の四角形の向こうに広がる緑(秋は紅葉)の雰囲気がとてもお気に入りの場所です。
<クリックで拡大>
018

 

 

 

 

 

 

 

大龍寺7:40→市ヶ原→天狗道分岐点7:56→掬星台8:45~08:50→杣谷峠9:07→シェール槍9:16→桜谷出合9:41→大龍寺10:45

 

 


今日も快晴、途中で母親の体調不良の連絡が入り、少しストイックなTrail runningとなりましたが、この後すぐに車で岡山の実家へ、大きな問題はなく大丈夫でした。

六甲山は分岐が多く、たまに行くと迷いやすいんです。
今回はガーミンを持って行きましたが、どうしても地図(山と高原地図)を見てしまうのは歳のせいでしょうか(^_^;)

 

2008年5月から7年間、これで記事数500件となりました。
しょぼいブログにお付き合いありがとうございます。
今後も細々と続けていきたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。

|

« 快晴の母袋烏帽子岳 | トップページ | 「快晴の荒島岳」その後 »

山(①兵庫)」カテゴリの記事

山(⑭兵庫100名山)」カテゴリの記事

ランニング(Trail)」カテゴリの記事

コメント

ちゅたさん

6月7日(日)神戸中央山の会のクリーンハイクに参加しました。
仲間はゴミいを拾いながら、摩耶山に登り、神戸高校の裏にでるコースを行きます。

私は市が原から大龍寺→大師道を下り、隈病院西側の銭湯に入って帰りました。
これが精一杯です。

毎朝5時から1時間、天満大池を歩いています。お会いしたいです。 まもる

投稿: まもる | 2015年6月 9日 (火) 18時54分

まもるさん、ありがとうございます。

私も先日2週連続で大龍寺周辺に行きました。
手頃ですし、登り方によってはハードで、いろいろ楽しめる山域ですね。

毎朝1時間のウォーキングを継続されるのはすばらしいです。
天満大池あたりは、景色も良くて歩くには最適な良いコースですね。
県内で一番古いため池と聞いたことがあります。
バーベキュー、バードウォッチングなども楽しめますね~。

投稿: ちゅた | 2015年6月10日 (水) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 摩耶山周遊:

« 快晴の母袋烏帽子岳 | トップページ | 「快晴の荒島岳」その後 »