リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がん情報発信サイト。 日本の前立腺がんに関して最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、また新たにサイクリングや写真も始められました。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 梅林と雌岡山×4 | トップページ | 六甲全山縦走路旧道を行く »

2015年3月25日 (水)

半世紀ぶりの「城山」

【2015年3月21日・岡山県美作市壬生・標高366m】

お彼岸らしいとても暖かい日差しに誘われて、約50年ぶりの山に登ってきました。

 

ぽかぽか陽気にツクシも暖かそう…。
<クリックで拡大します>
Img_2206

 

50年前と違い林道が伸びていますが、予想通りのところに登山口が見つかりました。
(偶然ですが…)
実家からは車で5分の所です。
登山口の看板はありませんが、テープがあり、それらしい道がありました。
Img_2213

 

コース上の珍しい植物。
ではなく、ビニールヒモが風と紫外線で糸状になったものでした(^^)
Img_2216

 

小学校の遠足ではここまで来たのではと思います。
この坂道を滑って遊んだ覚えがあります。
(城山の山頂への分岐を15分位通り過ぎたところ)
Img_2214

 

さらに進んでみましたが、倒木でこれ以上進むのはは容易ではないと判断、ここで引き返します。
Img_2217

 

引き返して「城山」へ。
(途中で道を間違えましたが…)
山頂からは我が家(実家)も見えて、標高は低いですがまずまずの展望です。
Img_2224

 

登山口に戻って来ました。もちろん誰とも会いませんでした。
Img_2225

 

帰路の登山口からすぐのところある「高林稲荷神社」に寄ってみました。
お参りをしていきます。
Img_2226

 

おまけ。
旧大原町古町では3月21日、22日に「ひなまつり」の催しがあります。
Img_2232

 

22日はなぜか「くまもん」も来るそうです。
Img_2234

 

この辺りのひな祭りは旧暦で行います。
古いひな人形の展示も。
Img_2231

 

かわいいものも…。
Img_2240

 

おしゃれなものも…。
Img_2241

 

登山口8:50→ザレ場9:05→行き止まり9:20→頂上10:10~10:15→登山口

登山口、頂上、また途中に道標はまったくありません。
頂上まではテープがあります。(といっても登山口から10分程度で山頂ですが)
その先は踏み跡程度のところもあり、幾度か道を間違えました。
たった1時間半のハイキングでしたが、人はいませんでしたが鹿に4回も会いました。

小学生の時に登って以来の「城山」。正式にはに「尼山城」というようです。
「城山」はどこにもある山名ですが、我が母校の「城山中学校」(じょうざんと読み、今は廃校)の名前の由来となった山です。
ハイキングは小学校の時に、2度行った覚えがあります。

もうすぐ還暦ですので、登ったのは約50年ぶりとなりますがこの辺と思ったところに登山口がちゃんとありました。(道標は一切ありませんでしたが)
若いときのことは覚えているものです。
…が今では数秒前のことも忘れてしまうのが悔しい今日この頃です~。

« 梅林と雌岡山×4 | トップページ | 六甲全山縦走路旧道を行く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半世紀ぶりの「城山」:

« 梅林と雌岡山×4 | トップページ | 六甲全山縦走路旧道を行く »