リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がん情報発信サイト。 日本の前立腺がんに関して最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、また新たにサイクリングや写真も始められました。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。

ウェブページ

ブログ村

無料ブログはココログ

« 農園収穫祭2014 | トップページ | 六甲高山植物園散歩 »

2014年10月27日 (月)

六甲逆登山

【2014年10月25日・兵庫県神戸市】

 

家内が六甲山に探鳥会にでかけるというので、一緒に車で出かけました。
県立自然保護センター(記念碑台付近)で家内は探鳥会へ、私は単独でトレランへ。
9時15分スタートして、ノースロードからシェラインロードを下り、登りは小川谷を詰めて六甲山頂まで行ったあと、スタート地点に戻ってくる約15kmのトレランです。待ち合わせは12時。
…最近このパターンでよく出かけますが、交通費浮きます(^^)/

出発地点は標高約800m。
最初は下って、その後登ってゴールという逆登山?です。
なんとも精神衛生上よろしくない予感です。

 

 

 

スタート直後の快適なコース(ノースロード)にて。
Img_1246

 

 

 

シェラインロード登山口まで下ってきました。
尾根筋に比べ、下るにつれだんだんに道が狭くなってきます(^_^;)
Img_1248

 

 

 

小川谷から登りにかかります。
こちらは今年の台風11号の被害があちこちに。直径1m位の岩がごろごろ流れ出しているところもあります。
Img_1253

 

 

 

※クリックで拡大
小川谷にて。
Img_1256

 

 

 

 

小川谷をほぼ詰めたあたり。
上の紅葉を楽しんだあとは、土砂流出のためにコースがわからなくなり、10分程藪こぎしました・汗。
やっとコースに戻った瞬間…。
突然不気味な赤いものが。どきっとしました~。
Img_1257

 

 

 

小川谷の終点(最上部)です。
右に見えるのが(はっきりしない)コースで、地図ではもともと点線で一般的ではありません。
Img_1259

 

 

 

極楽茶屋にて。
裏六甲とちがって、尾根から南側は陽光が明るいです。(ヤブコギしたからかなぁ?)
Img_1265

 

 

 

※クリックで拡大
六甲山頂手前のグミ。
子どもの頃よく食べました~。
Img_1266

 

 

 

 

 

六甲山頂に到着。
Img_1271

 

 

 

スタート地点の自然保護センターに到着。
県立だけあって立派な施設です。
Img_1282

 

 

 

 

 

自然保護センターP9:15→唐櫃道行者堂9:30→シュラインロード登山口10:40→極楽茶屋9:45~9:50→六甲山頂11:15~11:20→自然保護センターP12:00

 

 

 

小川谷は今年の台風11号の被害でコースの数カ所に土砂、岩、倒木が流出していますが通ることは可能です。
林道終点の堰の上部が不明なところあり。10分程藪こぎしましたが、なんとか家内との待ち合わせの12時ちょうどに帰還しました。

 

山上に車を止め、下山してから登山という逆パターン。
まあ紅葉もあり、トレランでも楽しめるコースで、これもありかなぁ~。
意外とよかったです~。

 

 

 

★現在の六甲山について
10月25日現在、六甲山の山頂付近に出かけるには、車では裏六甲ドライブウェーしかありません。表六甲、西六甲の各ドライブウェーは土砂崩れのため通行止めです。
また登山道も紅葉谷、アイスロードが通行止め。
ただし通行止めになってないところも土砂崩れのところもありますので注意が必要です。
ロープーウェイ、ケーブルは動いています。
まあこの時期にしては人が少なくてのんびりできましたが…。

詳細は下記の神戸市の情報を参照下さい。
http://www.city.kobe.lg.jp/life/town/road/tsukodome.html

« 農園収穫祭2014 | トップページ | 六甲高山植物園散歩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六甲逆登山:

« 農園収穫祭2014 | トップページ | 六甲高山植物園散歩 »