リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月23日 (火)

みのりの秋

【2014年9月21日・岡山県美作市】

実家では稲刈りの季節を迎えました。
写真の通り、律儀な田植えは稲刈りの時にとても楽です~。
(稲株が直線的で、コンバインの扱いが楽ちん)
Img_0672

 

籾を見るとみのりの秋を実感です~。
(操作は父ですが、交代で私もやります)
Img_0674

 

こちらも律儀です。
冷夏であっても、台風が来て雨が多くても毎年同じ時期に咲く「彼岸花」。
バックの田んぼの稲は大雨で少し倒れていますが、彼岸花は毎年ですが元気そのもの。
<クリックで拡大>
Img_0678

 

実家の83歳の父はまだまだ農作業は現役です。
ただ80歳を過ぎたあたりから、苗作り(苗代に籾を蒔く)はやめて苗を購入しています。
そして収穫後の籾の乾燥と籾すりは、袋詰めの単位は30kgありますがこれが持てなくなったらあかんなあ~と言ってやめてしましました。
同じく83歳の母は貧血がひどく、今年から田んぼはできなくなりました。でも目を離したすきに手伝おうとするので油断禁物です。
なんだかんだと今年も台風が来る前に田舎の秋は終わりました。

2014年9月22日 (月)

舞鶴で岩ガキ

【2014年9月9日・京都府舞鶴市】

舞鶴には2度目。35年ぶりくらいです。
街の景色もまったく覚えてなく、まあ初めてのようなものです。

 

舞鶴港とれとれセンターの魚屋さん。
Img_0631

 

カレイの一夜干しを購入。
本日のおすすめ品の「えてカレイ」(中央)は1枚だと600円、3枚だと1500円。明日は店が休みなので1200円にしますとのこと。
1000円なら買うというと、上司に相談しOKとなりゲット。
観光客向けの商売を感じますねえ。
でも肉厚で絶品でした~。
Img_0641

 

このあたりや福井県にかけてのサバは有名です。
POPは「トロサバ」となっていました。
とても美味しそう~。はたはたも一夜干しです。
Img_0642

 

焼いている香りもただよっていて、一杯欲しくなります~。
Img_0643

 

「ととや」の海鮮どんぶり群。
右下でひたすら食っている方がいますが私ではありません(^^)
Img_0632

 

そしてこのあたりの夏の日本海といえば「岩ガキ」。
シーズンは8月までらしいですが販売していました。
Img_0633

 

当然いただきます~。
初めてですが、冬の瀬戸内の牡蠣とは味も食感もまったく違います。
ゼッピン!(10個は食べたいなぁ~)
Img_0638

 

場所は変わって、「赤煉瓦倉庫群」ですが、平日ゆえにだ~れもいません。
Img_0644

 

もう一つの名物は「肉じゃが」。
発祥の地らしいですが、私が食べそうにないのを横目にお店を閉めてしまいました(^_^;)
(閉店時間だったようです~)
Img_0649

 

舞鶴といえば「岸壁の母」など思い出しますが、他にも海軍自衛隊も有名です。でっかい護衛艦などがたくさん停泊していました。
また豪華客船「飛鳥Ⅱ」も停泊していました。写真はありませんが、デカイです(^.^)

現在、舞鶴若狭自動車道は全通していますが、途中の山肌にはブルーシートで覆われているところがありました。
まだ国道175号線は先日の大雨で数カ所が通行止めのため、舞鶴若狭自動車道が春日から福知山の区間のみ利用の場合は無料となっています。

2014年9月 5日 (金)

夢高原「かっとび伊吹2014」参加

【2014年8月31日・滋賀県米原市、長浜市・標高1,377m】

 

昨年は台風で中止となりましたが、今年で7回目(昨年も入れると連続8回目)の参加となり、自身では夏の恒例行事となっていて年間では一番好きなマラソン大会です。
スタート地点ではいつも気温が30度以上あるのですが、今日は例年になく少し涼しいです。

 

 

 

スタート地点。
例年は青春18切符利用で、スタート直前に到着となっていましたが、今回は車のためスタートまでをのんびり過ごせます。
001

 

 

 

スタート地点よりゴールの日本百名山である伊吹山山頂を望む。
今日の山頂付近は時々ガスがかかっています。
002

 

 

 

選手がたくさんに見えますが、本日の参加者(申込者)は1324名です。
8年前の初参加の時は800名余りでしたが今年のネットでの応募は2-3日で締め切られ、年々人気が高まっているようです。
003

 

 

 

いきなりゴール後のそば屋さん。
米原市内にある「伊吹野」。
ここ伊吹は日本のそば発祥の地とのことです。
味は…(コシはありません~・悲)
004

 

 

 

その後は車で15分ほどいった長浜市の「あねがわ温泉」。
入浴料785円の値段の割に立派な温泉でした。
005

 

 

 

 

 

 

 

薬草の里文化センター9:40→三之宮神社→1合目→3合目10:40→伊吹山頂11:30

 

いつもながら、私の参加する中でM度はMaxの大会です。
アスファルトの1合目まで(約5kmで距離では全体の半分)は追い越されまくり(^^)で、その後のオフロードに入って少し挽回できたかな。

よく言われるのは自身のハーフマラソンのタイムとなるようですが、目標は1時間40分台、順位が半分以下。
ゴール手前の渋滞がなければ目標タイムは達成していたと思います。…「たら」、「レバ」はいい訳ですね(^_^;)
9合目付近からは雨が降り出し、とても滑りやすくなり、また今日は例年にも増して登山者が多く、ゴール手前での渋滞が悔しかったなあ~。

それにしてもゴール後の山頂の寒かったこと。標高の割に気温や積雪量が高山並みなのが伊吹山です。
山頂の山の家では、おでんが欲しくなりました~。
メイン会場に戻り、とてもグルメな(B級)のアテを横目で見ながら、伊吹が発祥の地というそばを食べにいきました。いつもは青春18切符での参加ですが、今回は初めて車で出かけたので、行動範囲が広がります~。
その後温泉でくつろぎ、フルコースの一日を楽しめました~。

 

夢高原かっとび伊吹」過去の記録
2013年(台風で中止)
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

 

 

 

<9月9日追記>
米原市より(やっと)結果が公表されました。
申込受付数:1,324人
当日参加者:1,198人
完走者数:1,053人(制限時間2時間30分)

自身の結果
タイム:1時間50分05秒
総合順位:545位
今年の目標はタイムが1時間40分台、順位が半分以下でしたので、タイムはわずか5秒の未達成、順位は達成(対参加者数)というところです。
来年はタイムが1時間40分台、順位は400番台でゴールできればいいなあ~。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »