« 灼熱の石戸山から高見城山×2 | トップページ | 水量たっぷりの八淵の滝と釈迦岳+満開のサギソウ »

2014年8月19日 (火)

雨の母袋烏帽子岳

【2014年8月16日・岐阜県郡上市大和町・標高1,318m】

家内の実家から登山口まで車で20分程度の母袋烏帽子岳(もたいえぼしだけ)は1年半ぶり5回目になります。
今日は登る前から雨。しかも登山口の駐車場では、消防の広報車が「警報がでています。国道156号線が一部通行止め」との情報を流しています。
しかし、このところの週末の雨で山に飢えていて、登山コースもまったく危険箇所がないのでので登ることに…。

 

登山口の母袋温泉スキー場。
止みそうもない雨がしっかり降っています。ちょっとやけくそ気味のスタートです(^_^;)
もちろんスタート数分後にびしょ濡れ…。
001

 

白樺の路。
晴れているときれいなコースなんです~。
002

 

頂上に到着。
雨は相変わらずしっかり降っています。
003

 

帰路の林道脇にて
004

005

 

<おまけ~1>
このところの雨模様で、足首をヒルに噛まれまたり、家に雨蛙が入ってきます。
足の5本指がとても可愛い~。
006

 

<おまけ~2>
8月10日に襲来した台風12号の軌跡。(神戸の自宅にて)
時計の上部のグラフは気圧の推移です。
横軸が2時間で1目盛、縦軸が1hPaが1目盛です。まさにV字回復です(^_^)。
こんなことに使う目的で買ったんではないんですが(笑)、週末の連続天候不良で使う機会がありません~(^_^;)
Img_0521

 

母袋温泉スキー場10:00→お助け水→白樺の路→頂上10:40~10:50→(林道コース)→母袋温泉スキー場11:40

結構な雨でしたので、コースは川のようになっていたり、帰路の林道では水深20cm程度をジャブジャブとなどということもありましたが、開き直れば気持ちよいものです。でももう少し走りたかったなあ~。
登山口の温泉は、雨天とお昼前という時間帯もあって一番風呂・終始独占でとても快適でした~。

前回(昨冬)に登った白銀の母袋烏帽子岳の記事はこちら

|

« 灼熱の石戸山から高見城山×2 | トップページ | 水量たっぷりの八淵の滝と釈迦岳+満開のサギソウ »

山(④岐阜・三重・福井・石川)」カテゴリの記事

ランニング(Trail)」カテゴリの記事

コメント

ちゅた様
こんにちは、盆休みは雨に攻撃されましたね。15日は斑尾山に行っていましたが、登山口までの好天気に気を抜いてしまって、雨対策ゼロのまま山頂手前で待ち伏せに遭いました(^-^;

指に乗った雨蛙は可愛いですね、私は葉っぱに乗った蛙が関の山です。

投稿: ころぼっくる | 2014年8月20日 (水) 09時59分

ころぼっくるさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
このところの週末の雨には泣かされます。
今回も雨とずぶ濡れは事前に覚悟で出かけました。
その分、下山後の温泉は格別のものがあります。
…なんてそんな楽しみしかないのも情けないですね~。

投稿: ちゅた | 2014年8月21日 (木) 23時07分

ちゅたさん、こんにちは。

雨の中の登山、おつかれさまでした!
母袋烏帽子岳とは毎年夏に帰省されている(ではないのかもしれませんが...)郡上の山なのですね。
ウバユリのひとつ上のオレンジ色の目立つ花、雨の雫が瑞々しくてとても綺麗ですね♪
なんという花なのでしょう?

このところの大雨は各地で大きな被害を出しています。
天気もあまり思わしくないようですので、今夏は北アルプス山篭りを取りやめました。
早く天気が安定すると良いですね。

投稿: Newman | 2014年8月23日 (土) 15時56分

Newmanさん、こんばんは。

ありがとうございます。
赤い花はよくわからないんです。林道脇に咲いていたのでそうめずらしいものでもないと思います…。
今回も御嶽山に行きたかったのですが、悪天候であきらめましたが、あまりにも週末に雨が続くので、雨具もつけずにやけくそで登りました。でも雨で涼しいのは良かったですね(^^)。

山籠りを中止されたんですね。今年の夏は本当に天気が悪いです~。
そうはいいながらNewmanさんは燕、宝剣、富士山等すばらしい山行を重ねておられてうらやましい限りです。
宝剣岳のてっぺんの岩、山頂に立ったぞ~!と思えるところですよね、懐かしいです。

投稿: ちゅた | 2014年8月24日 (日) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の母袋烏帽子岳:

« 灼熱の石戸山から高見城山×2 | トップページ | 水量たっぷりの八淵の滝と釈迦岳+満開のサギソウ »