リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« ささゆり咲くシビレ山・丹生山 | トップページ | 食べずに眺める「アーティチョーク」 »

2014年6月30日 (月)

段ヶ峰から平石山(ギンリョウソウの群生)

【2014年6月29日・兵庫県朝来市生野町・標高1,103m】

 

約25年ぶりの段ヶ峰です。
ここは但馬と播磨の境界で、日本海と瀬戸内海への分水嶺となる稜線です。

今日は頂上を一番乗りでした。誰もいない見通しのよい草原はとても爽快です。
曇りがちで氷ノ山等の遠望はありませんでしたが、朝の涼しい時間帯で暑さはほとんど感じませんでした。

 

「クマ注意」よりも、この時期は『ヒル注意』の方が良いと思います(^_^;)
登山口にて。
Img_0306

 

 

 

生野を望む。
Img_0309

 

 

 

かなり快適な尾根すじです~。
Img_0313

 

 

 

豪華最新版?の三角点。
買うと高そう(笑)。
Img_0317

 

 

 

 

 

 

フトウガ峰頂上へとつづく道。
Img_0321

 

 

 

とっても気持ちのよいコースです。
右の遠景は先ほど通過した達磨ヶ峰。
Img_0323

 

 

 

フトウガ峰は完全に360度の展望が待っています。
Img_0330

 

 

 

段ヶ峰も眺望抜群!
でも今日はガスっていて遠望はなし。
Img_0334

 

 

 

25年前はこの松の下で昼食をとりました。
その時は元気な松だったんですが…。
Img_0335

 

 

 

目の前には大きな「千町ヶ峰」。
Img_0336

 

 

 

段ヶ峰と千町峠の間にて。
Img_0339

 

 

 

千町峠から、平石山へ向かいます。
テープを頼りのはっきりしないコースで、トレラン向きではありません。
しかしテープを見失ったあたりで突然「ギンリョウソウ」が現れました。
Img_0355

 

 

 

群生しているのを見るのは初めてです。
う~ん。すばらしいなあ。
Img_0349

 

 

 

 

 

 

 

生野高原登山口P7:30→達磨ヶ峰→フトウガ峰8:35-8:45→段ヶ峰9:00-9:10→千町峠9:20→平石山(途中)9:45-9:50→千町峠10:05→(林道)→生野高原登山口P11:15
<トレラン>

 

段ヶ峰を過ぎて、千町峠からは予定していなかった平石山へ。
途中赤テープがなくなり、あと少しで登頂することはできませんでしたが、ギンリョウソウの群生がありました。
群生を見るのは初めてで、驚きと感激で満足感たっぷりとなり頂上をあきらめました~。

 

早朝は露で下半身がびしょ濡れになりますが、涼しいうちに稜線をクリアしておけば帰りの林道は8割が木陰です。
ヒルに4カ所噛まれました。1カ所は少し出血。タイツを忘れて短パンだったのも災いしました~。
かみついているヒルは指でつまんでもぎ取って放り投げて…体は大丈夫でした。
田舎者ゆえ、虫類には影響されない体のようです~。

 

後日追記
かみついているヒルは無理にもぎ取ると牙が残るのでまずいようです。
出血した1カ所はたっぷり血を吸ったあと自然に剥がれたようです。
予防策としては、専用の薬を塗る、かみついたらハサミで切る…などとネットに載っていました。

« ささゆり咲くシビレ山・丹生山 | トップページ | 食べずに眺める「アーティチョーク」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 段ヶ峰から平石山(ギンリョウソウの群生):

« ささゆり咲くシビレ山・丹生山 | トップページ | 食べずに眺める「アーティチョーク」 »