リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« ツツジ満開の高御位山 | トップページ | 鎌倉山分回しコース+行列のできる讃岐うどん »

2014年4月21日 (月)

ツツジ満開の三草山×2

【2014年4月20日・兵庫県加東市・標高423m】

 

先週の高御位山に続き、ツツジ満開でした。
源氏が夜半に平家を襲撃した「三草山合戦」で有名な山です。

こちらも高御位山と同様でコース上に高い樹木が少なく、終始展望が開いており、緑の水面が鮮やかな「昭和池」を終始眺めることができます。
(写真は携帯電話にて)

 

 

 

まずは「三草コース」を登ります。
サルトリイバラの芸術的な枝振り。
<クリックで拡大>
Sn3j5297

 

 

 

 

 

頂上は桜の花が残っています。
バックは「西光寺山」。
Sn3j5285

 

 

 

満開のツツジと緑の鮮やかな昭和池。(同じく山頂にて)
Sn3j5278

 

 

 

少し色の違うツツジです。咲き始めは色が濃いそうです。(山頂直下にて)
ここにイタチのような、オコジョのような?動物がいました~。 
Sn3j5291

 

 

 

それにしても昭和池の緑色は鮮やかです。(鹿野コース稜線より)
Sn3j5294

 

 

 

三草登山口から頂上を経て、「鹿野コース」の登山口まで到着。
 Sn3j5300

 

 

 

さらに引き返して少しマイナーなコース「炭焼跡コース」を行きます。
テープを頼りに踏み跡程度のところもありました。
Sn3j5302

 

 

 

再度「鹿野コース」に合流。
再度山頂を目指します。
Sn3j5303

 

 

 

本日2度目の山頂です。
朝よりも人が多く4-5名程度、展望は朝より少しかすんでいます。
Sn3j5305
      

 

コース図

 

 

 

昭和池駐車場8:30→(三草コース)→頂上(1回目)8:55-9:15→(鹿野コース)→鹿野登山口9:50→(炭焼窯跡コース)→頂上(2回目)10:45-10:50→(三草コース)→昭和池駐車場11:15

 

 

 

今回は「三草コース」、「鹿野コース」、「炭焼窯跡コース」をたどり、山頂は2回登頂しました。
三草山はふるさと兵庫100山にも選ばれていて、よく登られていますが、「炭焼窯跡コース」は赤テープ頼りの少しマイナーなコースで途中、誰にも会いませんでした(^_^;)
登山者には気を遣うトレランですので、「炭焼窯跡コース」は人が少なく気楽です~。

« ツツジ満開の高御位山 | トップページ | 鎌倉山分回しコース+行列のできる讃岐うどん »

コメント

ちゅたさん、こんばんは。ごぶさたしてま~す。
サルトリイバラ面白いですね~。初めて見ました。
ツツジもきれいですね。我がホームグラウンドの鳩吹山もきれいですよ。
なんだかちょっと似てますね~。
ただ、鳩吹はメインコース以外は立ち入り禁止のトラサクが立ってモノモノしい感じになってきました。
ちょっと残念です。トレランも原因かな?なんてちょっと思ったりもして・・・。
登山者には気を使いますよね~


jion-beeさんこんばんは。

こちらこそごぶさたしております。
この時期の低山のツツジはきれいですよね。
こちらは今のところモノモノしいところはありませんが、登山者なら挨拶するだろうけど、ランナーだったら…なんて一部ですけどね。
最近の山行はハイキングやMTBよりトレランが多くなりました。(低山ですけど)
手軽で短時間で(遅いですが)とても楽しめますね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツツジ満開の三草山×2:

« ツツジ満開の高御位山 | トップページ | 鎌倉山分回しコース+行列のできる讃岐うどん »