リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« まむしよけまんじゅう | トップページ | 新龍アルプス縦走 »

2014年2月11日 (火)

雪の炭ヶ谷から石楠花山

【2014年2月9日・兵庫県神戸市・標高652m】

 

2月8日の大雪は、神戸市西区の自宅でも10cm程度積もりました。
これを逃す手はなく、近くの六甲山でも雪を楽しめるチャンスです。
翌朝、早速地下鉄に乗って登山口の谷上まで~。

 

 

 

昨日の雪で登りはじめから雪を楽しめます。
Img_9452

 

 

 

途中、阪神高速北神戸線をくぐって行きますが、雪で全面通行止めです。
おかげでとっても静かです~。
Img_9458

 

 

 

このコースは二度目です。(一度目はこちら
郷愁をそそるコース名ですが、なんといっても静かな山歩きが楽しめます。
出会ったのはお一人だけ…。
Img_9464

 

 

 

まむし谷?
でも先週にまむしよけのお参りをしたので大丈夫!
(まむしはこの時期、この雪ではどこにもいるはずはありません・(^^)
Img_9465

 

 

 

Img_9471_2

 

 

 

 

 

石楠花山の山頂。
展望なし、標識なしです。
Img_9477

 

 

 

でも5分ほど行けば見晴らしのよい展望台があります。
Img_9482

 

 

 

明石海峡大橋だって見ることができます。
Img_9487

 

 

 

こちらは昨年の夏にトレランで通ったところです。
Img_9495

 

 

 

今日は六甲山の北側から南側へ横断です。
北側の雪模様とはうって変わって南側は日差しがとても柔らかいですね~。
(熊のぬいぐるみがひなたぼっこしています。紅葉茶屋にて)
Img_9501

 

 

 

Img_9516

 

 

 

昨日の大雪のせいか、今日は空気が澄んでいます。
Img_9513

 

 

 

本日のランチは山でラーメンのはずが…コンロに燃料が空っぽでして(^^;
三宮のガード下、ご存じ「餃子の珉珉」へ直行。
Img_9519

 

 

 

とりあえず餃子に生ビール。見てくれはイマイチですが、ビールにはぴったり!
Img_9522

 

 

 

 

 

 

 

神鉄谷上駅10:40→(炭ヶ谷)→石楠花山11:55→展望台→(黄連谷)→(トゥエンティクロス)→市ヶ原→新神戸駅→三宮駅15:20

 

 

予想通りの積雪量で、石楠花山付近で20cm余り、裏六甲からスタートは正解でした~。
唯一の危険箇所は谷上駅から炭ヶ谷コースに入るまでの住宅街の舗装道路が圧雪され凍結していたくらい。雪景色もまずまずでした。
でも今日は、先日行った有馬の七曲滝で午前と午後に滑落事故があったようです。へりでの救出で共に重傷とのこと。

その後は久しぶりに三宮をぶらぶら…。
週半ばに休日を控えた癒される日曜日でした。
やっぱり週休3日位がちょうどいいなあ~(^_^)

« まむしよけまんじゅう | トップページ | 新龍アルプス縦走 »

コメント

ちゅたさん、こんばんは。

大雪の翌日に山歩きとは、その行動力にいつもながら驚かされます。
ちゅたさんが山の上から神戸の街並みや明石海峡大橋を眺めてらした頃、私は高層ビルの上から東京の街と富士山を眺めていました(笑)

今週末はまたしても関東で大雪でした。そしてまた水曜と木曜にも雪の予報とか...。
本州で最も早いという伊豆の河津桜の開花も今年はだいぶ遅れているそうです。
いったい全体どうなってしまっているのでしょうねぇ?

Newmanさん、こんばんは。

私も東京に居た頃はよく始発電車で出かけましたが、神戸は電車で30分余り乗れば登山口の駅に到着です。
なので朝起きて、のんびりと朝食をいただいた後、天気良さそうだしちょっと山行ってくるかなあなんて感じで前日からの意気込みが不要なんです。
でも東京はどこに行っても富士山が見えるのでとてもうらやましいなあ。

大雪は大変ですね。
最近は暖冬の雰囲気でしたが、今年はそうではないようですね。
桜も遅いとは…気候が大陸化しているのかなあ、季節は帳尻を合わせるというのは昔の話なんでしょうか…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の炭ヶ谷から石楠花山:

« まむしよけまんじゅう | トップページ | 新龍アルプス縦走 »