リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 雪の炭ヶ谷から石楠花山 | トップページ | まだ早かった雌岡山梅林('14) »

2014年2月23日 (日)

新龍アルプス縦走

【2014年2月22日・兵庫県たつの市・標高458m】

 

兵庫県の西部のJR姫新線に近いところにある、「新龍アルプス」に行ってきました。
新宮とたつの(龍野)の間にあるからの命名でしょうか?
本日は南から北へほぼ全山縦走です。

 

龍野といえば童謡「赤とんぼ」の作詞者『三木露風』の生まれた地。
「鶏籠山(けいろうさん)」の麓に立派な家が残っています。

 

今回の縦走の一つ目の山はその「鶏籠山」。
新龍アルプス最南端に位置し、たつの市のシンボルの山だそうです。
驚くことに、登山口は龍野城の敷地内なんです。
Sn3j0901

 

 

 

「鶏籠山」の山頂。
展望は一部ですが、まずますです。
「三木露風」は幼少の頃、別れた母親を思いここから遠くを眺めていたそうです。
『赤とんぼ』の歌詞がさらにもの悲しくなります~。
Sn3j0902

 

 

 

次の山は「的場山」。山頂よりの瀬戸内海の家島等抜群の展望です。
鶏籠山と違いとても明るい雰囲気です~。
山陽自動車道や龍野太子バイパスを走っていると、北側にアンテナのある山がここです。
140222_115501

 

 

 

しばらく縦走すると「亀山」で本日の最高峰で458m。「城山」ともいうようです。
先週の雪が残っていますが、この地域で1週間も雪が残るのは珍しいです。
140222_124401

 

 

 

亀山の山頂近くにある「亀石」。
山名の元でしょうか?
140222_125601

 

 

 

こちらも「亀の池」。
以前、Oさんと馬立から登ったときに昼食をとったのを思い出します。
140222_125901

 

 

 

いくつかのピークを越え、ラストは「祇園嶽」。
こちらが新龍アルプス最北端の山です。
しゃれた山名ですが、景色もよいです~。
Sn3j0903


 

 

 

麓に降りた後、田んぼの中にある「お玉の清水」。
わき水のようです。
でも今日は水分を忘れて行動中は一滴も飲んでいませんが、ここの水は飲める雰囲気はありませんでした(^^;)。
Sn3j0906

 

 

 

 

 

 

龍野公園P11:10→鶏籠山11:30→両見坂→的場山11:55→亀山(城山)12:40→亀の池→祇園嶽13:15→市野保→お玉の清水→三坂神社→両見坂→紅葉谷→龍野公園P14:40

 

 

 

標高は低いものの、終始展望がよく、市街地や家島などの瀬戸内海、姫新線のコトンコトンとディーゼルカーの音を聞きながら楽しめました。
今日はトレランでしたが、水分を忘れてもまあいいか~と登りはじめて、帰着の14時40分までチョコ1本だけ。
空腹のせいもありますが(笑)、帰り道のアスファルトはちょっと苦手です。
やっぱり、ランも自転車も山の方がいいなあ~。

« 雪の炭ヶ谷から石楠花山 | トップページ | まだ早かった雌岡山梅林('14) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新龍アルプス縦走:

« 雪の炭ヶ谷から石楠花山 | トップページ | まだ早かった雌岡山梅林('14) »