リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 白石谷から六甲最高峰 | トップページ | 拡大コピー »

2013年2月24日 (日)

「なでしこの湯」から仏谷洞窟

【2013年2月24日・神戸市西区】

 

久しぶりのトレランです。
冬場のジョギングは何かと自分に言い訳して出かけにくいものです~。
今日も冬型でちょっぴり寒い天候ですが、たまには走らないと…と自分に言い聞かせます。
先輩のK氏と同行ですが、のんびりとファンランを楽しみました。
ゴール後の足湯は意外にもいい感じでした。

 

<太陽と緑の道は良く整備されています>
でも出会う人はほとんどいません~。
130224_095001

 

<コース脇の倒木に生えたキノコ>
なんだかぎっしりです。
130224_101201

 

<目的地の「仏谷洞窟」>
いつ来ても不気味です。
130224_102001

 

<往復10kmのランの後は…>
「なでしこの湯」の足湯(無料)に入らせていただきました。
Img_6654

 

 

太山寺(なでしこの湯)9:10→高畑城跡→弁慶よき(斧)研ぎ石9:55→仏谷洞窟10:20~10:30→弁慶よき(斧)研ぎ石→高畑城跡→県道65号線脇道→太山寺(なでしこの湯)11:30

 

このパターン、温泉の駐車場を起点に10kmをのんびり走った後、足湯でホッコリ。
足湯の価値倍増でなかなかのええ感じです。(金払えよ~)

« 白石谷から六甲最高峰 | トップページ | 拡大コピー »

コメント

この神戸市の太陽と緑の道はハイカ-も少なく又、歩きやすいのでトレランは最高ですよネ
適当なアップダウンがあるけど、全体的にはなだらかなコ-スが続き本当に近場にこんなところがあるのが信じられないです。  特に仏谷の景観は素晴らしく写真で見たよりも想像を絶し
現世と掛け離れた深山幽谷の世界に引き込まれ、感銘に浸ったものです。
あの大きな岩(砂岩)はどうして出来たのだろうかと考えるだけで大自然のロマンを感じますネ
とにかく、このコ-スは超素晴らしいです。 私も再度行ってみたいコ-スです。!

となりのトロロさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
喜んでいただいて嬉しいです~。
仏谷洞窟は、谷へ降りていく際にある地点から空気が変わります。
洞窟だけでなく、周辺も含めて独特な雰囲気を持ったエリアと思います。
太陽と緑の道は全部で27コースあり、昨日のコースはNo.27となります。
トレランにも向くコースが他にもありますので、またご一緒しましょう。
それにしても、トレラン後の足湯は良かったですね~。

ちゅたさん、こんばんは。

冬場のジョギング、おつかれさまでした!
仏谷洞窟、相変わらずいい雰囲気を漂わせているみたいですね。
今回の写真は前に見せていただいたものよりもなんだか明るく感じます。
それでも、岩と祠と、それからなんともいえないしっとり感と...
幽玄でタダモノでない様子は十分に伝わってきます。

ひとっ走りのあとは足湯でホッコリのお楽しみありですか~♪
これまた「タダモノでない」ようで...。
いやはや失礼いたしました~(^^;

Newmanさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
神戸市西区から三木市にかけて、このような洞窟というか崖のようなものがあちこちにあります。
その中の私が行った中ではダントツの不気味さ、周辺の異様さです。
いつも一人でしたが、今回初めて同行者がおりましたが、しきりに変わっとるなあと言っていました。
まあ最近訪問者は少ないようで、途中の道も荒れています。その分不気味さが増しているとも言えますが…。

温泉は、駐車、足湯、屋外の東屋でランチ(ラーメン)までお世話になりながら、お金を落とさずでした。
休日の半日あまり、かなりリーズナブルに過ごしてしまいました・笑。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「なでしこの湯」から仏谷洞窟:

« 白石谷から六甲最高峰 | トップページ | 拡大コピー »