リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« マクロレンズ再デビュー | トップページ | 梅雨の畑 »

2012年7月 1日 (日)

初めての小豆島(乗り物編)

【2012年6月24日・香川県】

初めて小豆島へ行ってきました。
特に島というのはなんだかとてもわくわく感があります。
また船旅も楽しみです。まずは乗り物編から~。

<神戸港出港は6時と早い>
今日は日帰りですので、朝は4時過ぎに起床です。
Dsc_1984

昨年7月に開設された神戸-小豆島便は、3,000tのジャンボフェリーが運行しています。
現在キャンペーン中で乗用車+運転手の料金が4,990円と距離の近い日生や姫路からよりもお安く、同乗者割引もあります。

<明石海峡大橋をくぐるのが出港50分後>
その後、3時間10分で小豆島坂手港に到着します。
船も3,000tと比較的大きく、穏やかな瀬戸内海ですので揺れるということは全くありませんが、寝ころんだりすると、なぜか時々不規則なエンジン音を少し感じます。
まあそんなことも雄大な海を眺めていると楽しい時間が過ぎていきます。
Dsc_2008

※このジャンボフェリーは小豆島に寄港の後、高松まで行きます。
これらの内容はいそしずさんが詳細にレポートされていますのでごらんになって下さい。
ジャンボフェリーからのコメントも載っている楽しい記事です~。

<二十四の瞳映画村のボンネットバス>
これは展示のみで動きません。
さすがに私の年代では乗ったことはありません。(ホントです)
小さいときに乗ったバスは、方向指示器が手みたいに上がるやつです・笑。
Dsc_2115

<小豆島といえば寒霞渓>
寒霞渓といえばロープーウェイですが、ここでは全国唯一の特別席があります。
スリル満点の屋上席。
定員は2名ですがカップルに大好評です~。
(…ウソ…)
Dsc_2081

<帰路の坂手港出航後、神戸からの便を望む>
Dsc_2158

<明石海峡大橋から大阪湾へ>
好天であれば夕日が望めたのに…。
Dsc_2182

<神戸港に無事到着>
曇天のせいか、3時間10分は結構長いです。
Dsc_2188

続編は、観光編とグルメ編です~。

« マクロレンズ再デビュー | トップページ | 梅雨の畑 »

コメント

ちゅた様
こんばんは、小豆島はカヤックキャンプでツアーに参加したことがあります。カヤックの組み立て、海でのツーリングなど自分の艇を購入するのに役に立ちました。

またカヤックを積んでキャンプしたいですね。

ころぼっくるさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
シーカヤックは土庄港あたりでやってました。
少し惹かれましたが、今回は日帰りだったので諦めました。
穏やかで、風光明媚な瀬戸をこぎ出すのも楽しそうです。
なんといってもここは国立公園なんですね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての小豆島(乗り物編):

« マクロレンズ再デビュー | トップページ | 梅雨の畑 »