リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がん情報発信サイト。 日本の前立腺がんに関して最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、また新たにサイクリングや写真も始められました。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。

ウェブページ

ブログ村

無料ブログはココログ

« 山頂独占の雨飾山 | トップページ | 異空間の仏谷洞窟 »

2011年10月22日 (土)

戸隠、妙高、小谷周遊(山麓編)

【2011年10月9日・長野市、妙高市、小谷村】

この日は戸隠のキャンプ場で朝を迎え、小谷村へ移動後に当日中に雨飾山への登山を控えていますが、せっかくなので観光地めぐりもやってしまいました。

<戸隠イースタンキャンプ場の朝>
標高1,117mの朝は気温3℃。
これといった立派な設備はありませんが、とても雰囲気が良く、また来たいキャンプ場です。
Img_2361

<戸隠の鏡池より戸隠山の山並み>
??空から草が生えています。
実はカメラを上下ひっくり返して撮影したものです。
つまり上側が池です。
ずっと眺めていたい景色です~。
Img_2387

<戸隠神社中社の大鳥居>
Img_2411

<戸隠牧場入り口>
看板の文字は、白樺のような木でできていました。
(ストロボを使用)
Img_2417

<戸隠牧場より前日歩いた九頭竜山、五地蔵山を望む>Img_2418

<いもり池より百名山の妙高山(2,454)を望む>
ここは新潟県です。
Img_2439

<新潟県といえば「沖漬け」>
アテに最高です~。
Img_2553

<タラ汁>
甘エビ、ぶりも新鮮でした。
R148沿いの「銭形」にて旅の締めくくりです。
Img_2556

<今回の山旅の成果、山バッチ>
戸隠山…200名山 高妻山、雨飾山…100名山
Img_2811

<拾ったトチの実>
戸隠神社の奥社からしばらく登ったところに落ちていたもの。
直径3cm位です。
Img_2563

10月7日の金曜日の夜から9日(帰宅は日が変わり10日の夜中)にかけて、長野、新潟の山行は好天に恵まれ、山中の紅葉、また山麓の美しい自然ともふれあうことができ、ソバや沖漬けなど美味しものもいただき、とても楽しい連休でした。
やっぱり信州はいいなぁ~。

« 山頂独占の雨飾山 | トップページ | 異空間の仏谷洞窟 »

コメント

ちゅた様
おはようございます、鏡池は冬になると凍結して雪が積もりスノーシューで歩くことが出来ます。
戸隠奥社の参道から鏡池へのスノーハイクをお正月に行っています、綿帽子のような雪をかぶった森は美しいです。
妙高山も美しい山でしたが、少し手ごわいです。また来年挑戦して下さい。

ころぼっくるさん、コメントありがとうございます。

戸隠の冬も良さそうですね~。
森、樹木、借景の山々…それに雪がプラスされるととてもよい感じが想像できます。
被写体としても楽しそうです。
今回の鏡池は風もなく、まさに「鏡」状態でした。冬は鏡ではなくなるのでしょうが(^^)、とてもよい雰囲気なのでしょうね~。

ちゅた様
こんばんは、鏡池の冬は砂糖をふりかけたホワイトアイスデコレーションケーキの感じですね (o^-^o)

ころぼっくるさん、ありがとうございます。

アイスケーキ、美味しそうです。
雪で冷やした純米酒「戸隠」もいいかも。
雪の中で鍋を囲むのもオツかもしれません~。

ちゅたさん。
鏡池、上下反対で写したとは、説明を読むまで解かりませんでした。
水質がよほど良いのでしょう。
続いて雨飾山と凄い行動力ですね。透明感のある写真、感心しました。

まもるさん、コメントありがとうございます。

鏡池は少し紅葉が早かったですが、無風で空気も澄んでいてとても感動的でした。
なんといっても前日に登った山が池に映っているのは何ともよい気分でした。
戸隠でキャンプして地酒を飲みながら周囲の山々を登る…そんなことができたら最高の贅沢だなあ~なんて思いながら景色を眺めていました~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸隠、妙高、小谷周遊(山麓編):

« 山頂独占の雨飾山 | トップページ | 異空間の仏谷洞窟 »