リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がん情報発信サイト。 日本の前立腺がんに関して最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、また新たにサイクリングや写真も始められました。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。(現在治療はされていません)

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 青空と白山 | トップページ | 白山で出会った花①(大白川~室堂) »

2011年8月24日 (水)

別山とクマの親子

【2011年8月15日・標高2,399m・岐阜県白川村、石川県白山市】

白山登頂の翌日は、テント場の南竜ヶ馬場からさらに南の別山へ登りました。
こちらは白山に比べてとても静かで、登頂までに出会った方はたった1名です。
しかしクロユリをはじめ、稜線にはお花畑や池塘などもあり、とても楽しめます。
山頂は残念ながらガスのため展望はありませんでしたが、涼しくて快適なコースでした。

<満月が明るい>

テントから抜け出し、5時10分スタート
Img_1819

<この日はほぼ山頂まで私が露払いでした>
膝から下は昨夜の雷雨でずぶ濡れです(^^;。

Img_1875

<山頂はガス模様>
Img_1888

<尾瀬を思わせる池塘>
南竜ヶ馬場にて。
Img_1925

<お花の中のわが家>
Img_1927

<ここのテント場は水が豊富です>
川さえ流れています。
Img_1933

<帰路の白水湖>
Img_1954

<登山口の「大白川温泉」>
Img_1959

<混浴です>
但し隣には女性専用があります。
すべて露天風呂で、石けん使用禁止です。
奥はコバルトブルーの白水湖。
Img_1956

<湧出温度は92.5℃>
源泉は200m奥にあります。
お風呂の入り口にゆで卵用の設備があります。
脇の売店で生卵を販売しています。(100円/個)
Img_1957

<帰路の「荘川ザクラ」>
御母衣(みほろ)ダム脇に2本あります。
樹齢400年以上で、ダム建設にあたり、35~38tの桜の木を移植したそうです。
それには、いろいろ物語があるようですが、ここでは割愛させていただきます。Img_1965

南竜ヶ馬場5:10→油阪の頭→御舎利山→別山7:30-8:00→南竜ヶ馬場9:45-朝食・テント撤収11:00→(展望歩道)→平瀬道出会12:00→大倉山→大白川登山口14:10

朝方は日差しがあったものの昼前から雨に合い、帰路の展望歩道からの北アルプスは望めませんでした。
しかし沢山の花と出逢えて、楽しいコースでした。花は後日UPします。

突然親子連れのクマが目の前に…!
車で走行中での話です~。
最後の写真の荘川桜の手前の御母衣ダムの堰堤が見える付近(国道156号線)を車で走行中になんと、クマの親子が道路を横切りました。50m位先でしょうか。数秒早ければはねてしまう所でした~。まあ登山中でなくてよかったかも…。

それにしてもこの御母衣ダムやひるがの高原付近の国道は、東海北陸道が全通してからめっきり通行量が減りました。このときも高速は荘川から白鳥方面は10kmの渋滞でしたが、国道はガラガラです。
大きなドライブインも店じまいしておりました。観光バスが来なければ商売が難しいのかもしれません。
クマが出るのもしょうがないかぁ~(^^;。

« 青空と白山 | トップページ | 白山で出会った花①(大白川~室堂) »

コメント

ちゅたさん、こんばんは。

ここ数日間、私は立山方面に行っていました。
白山と立山とはともに日本三霊山に含まれるのに、御嶽山を加える場合には悲しいかなどちらかがオミットされてしまうんですよね。
そういえば、両者ともに「室堂」があったり「別山」があったりと、なんだか似ていますね。

荘川桜の「いろいろな物語」、私も何度か聞いたことありますよ。
バスツアーのガイドさんの定番話でした(笑)

Newmanさん、ありがとうございます。

立山方面は、天気が少し悪かったようですね。
そうです、語源はわかりませんが、よく似ています。
賽の河原とか、**地獄なんかもよく出てきますね。

荘川桜もお寺が絡んでいるようです。
立山は行ったことがないのですが、Newmanさんのコースは前から行ってみたいと思っていました。
機会があればご一緒できればいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別山とクマの親子:

« 青空と白山 | トップページ | 白山で出会った花①(大白川~室堂) »