リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月27日 (土)

白山で出会った花①(大白川~室堂)

【2011年8月14日・岐阜県白川村、石川県白山市】

 

天候に恵まれたお盆の白山。
今年の山の花は少し遅いとも聞きましたが、その分、お花畑もとてもにぎやかで、たっぷりと楽しめました~。

 

<マツムシソウと白水湖>
Img_1650

 

<シモツケソウ>
Img_1562

 

<オニアザミorハクサンアザミ?>
大倉山付近にて。
Img_1566

 

<?>
Img_1567

 

<クモマニガナ>
Img_1578

 

<ミヤマシシウド>
Img_1581

 

<ニッコウキスゲ>
Img_1594

 

<ハクサンフウロ>
Img_1605

 

<カラマツソウ>
Img_1606

 

<シモツケソウ>
大倉山付近にて。
Img_1611

 

<オタカラコウ>
Img_1635

 

<ミヤマキンポウゲ>
大倉山付近にて
Img_1638

 

<ホタルブクロと別山>
Img_1652

 

<マツムシソウ>
Img_1653

 

<ベニバナイチゴ>
直径2cm位のもありデカイくて美味しそうでした~。
(食べていませんが、外観ほどでもないらしいです)
Img_1667

 

<ハクサンフウロ>
Img_1686

 

<クルマユリ>
室堂付近にて。
Img_1687

 

<翠ヶ池にて>
Img_1732

 

<コイワカガミの花の後>
翠ヶ池にて。
Img_1733

 

<イワツメクサと翠ヶ池>
Img_1738

 

<シナノオトギリ>
翠ヶ池付近にて。
Img_1753

 

<イワギキョウと血の池>
Img_1762

 

<チングルマ>
室堂付近にて。
Img_1771

 

<チングルマ>
花の後ですが味があります。
Img_1755

 

<クロユリ>
正式には「ミヤマクロユリ」だそうです。
室堂付近にて。
Img_1791

 

Img_1793

 

<アオノツガザクラ>
千蛇ヶ池付近にて。
Img_1796

 

<ミヤマリンドウ>
Img_1797

 

使用カメラはCannon Powershot G10という09年購入のコンデジです。
花名は間違っているかもしれません。ご指摘下さい~。

 

……別山方面の花の続編へ(後日UP)……

2011年8月24日 (水)

別山とクマの親子

【2011年8月15日・標高2,399m・岐阜県白川村、石川県白山市】

白山登頂の翌日は、テント場の南竜ヶ馬場からさらに南の別山へ登りました。
こちらは白山に比べてとても静かで、登頂までに出会った方はたった1名です。
しかしクロユリをはじめ、稜線にはお花畑や池塘などもあり、とても楽しめます。
山頂は残念ながらガスのため展望はありませんでしたが、涼しくて快適なコースでした。

<満月が明るい>

テントから抜け出し、5時10分スタート
Img_1819

<この日はほぼ山頂まで私が露払いでした>
膝から下は昨夜の雷雨でずぶ濡れです(^^;。

Img_1875

<山頂はガス模様>
Img_1888

<尾瀬を思わせる池塘>
南竜ヶ馬場にて。
Img_1925

<お花の中のわが家>
Img_1927

<ここのテント場は水が豊富です>
川さえ流れています。
Img_1933

<帰路の白水湖>
Img_1954

<登山口の「大白川温泉」>
Img_1959

<混浴です>
但し隣には女性専用があります。
すべて露天風呂で、石けん使用禁止です。
奥はコバルトブルーの白水湖。
Img_1956

<湧出温度は92.5℃>
源泉は200m奥にあります。
お風呂の入り口にゆで卵用の設備があります。
脇の売店で生卵を販売しています。(100円/個)
Img_1957

<帰路の「荘川ザクラ」>
御母衣(みほろ)ダム脇に2本あります。
樹齢400年以上で、ダム建設にあたり、35~38tの桜の木を移植したそうです。
それには、いろいろ物語があるようですが、ここでは割愛させていただきます。Img_1965

南竜ヶ馬場5:10→油阪の頭→御舎利山→別山7:30-8:00→南竜ヶ馬場9:45-朝食・テント撤収11:00→(展望歩道)→平瀬道出会12:00→大倉山→大白川登山口14:10

朝方は日差しがあったものの昼前から雨に合い、帰路の展望歩道からの北アルプスは望めませんでした。
しかし沢山の花と出逢えて、楽しいコースでした。花は後日UPします。

突然親子連れのクマが目の前に…!
車で走行中での話です~。
最後の写真の荘川桜の手前の御母衣ダムの堰堤が見える付近(国道156号線)を車で走行中になんと、クマの親子が道路を横切りました。50m位先でしょうか。数秒早ければはねてしまう所でした~。まあ登山中でなくてよかったかも…。

それにしてもこの御母衣ダムやひるがの高原付近の国道は、東海北陸道が全通してからめっきり通行量が減りました。このときも高速は荘川から白鳥方面は10kmの渋滞でしたが、国道はガラガラです。
大きなドライブインも店じまいしておりました。観光バスが来なければ商売が難しいのかもしれません。
クマが出るのもしょうがないかぁ~(^^;。

2011年8月19日 (金)

青空と白山

【2011年8月14日・標高2,702m・岐阜県白川村・単独】

 

お盆は22年ぶりとなる白山に行ってきました。
以前からあこがれていた南竜ヶ馬場でのテント泊です。

 

<白山神社奥宮と稜線>
Img_1672k

 

<暑い日です>
Img_1548

 

<乗鞍岳を望む>
Img_1549

 

Img_1556

 

Img_1569

 

Img_1614k

Img_1622

 

Img_1625

 

<阿弥陀が原のナナカマドと別山を望む>
Img_1669

Img_1671

 

Img_1674

<紺屋ヶ池と剣が峰(右)を望む>
Img_1698

 

<紺屋ヶ池>
Img_1711

 

<白山山頂(御前峰)>
Img_1705

 

<御前峰の近くの御宝庫>
Img_1709

 

<お池巡りのメイン、翠が池>
Img_1745

 

大白川5:35→(平瀬道)→大倉山避難小屋7:20→室堂9:20→御前峰(山頂)10:10→池巡り(翠が池等)→室堂11:50→(トンビ岩コース)→南竜ヶ馬場12:50(テント泊)

 

登り始めてすぐのブナの大木の森、それを過ぎるとダケカンバの芸術的な植生。
その後の盛りだくさんのお花畑、色鮮やかな池や湿地帯と、すべてがプロムナードという感じでした。

22年前と比べ、ずいぶん歩きやすくなっています。
クロユリや翠ヶ池にも再会でき、とても楽しい白山でした。

2011年8月17日 (水)

デジイチデビュー

【2011年8月8日】

念願のデジイチを購入しました。
2年ほど前にUPした過去のブログのリメイクですが、過去に使用したカメラのリストアップです。

①minolta Himatic7s
Himatic7s
発売:1966年8月
レンズ:ROKKOR-PF 45mm F1.8
シャッター速度:1/4 ~ 1/500秒
絞り:1.8 ~ 22
露出:プログラムAEとマニュアル
ピント調節:2重像合致式距離計連動

親父が親戚のカメラ店から、大阪万博の前に購入したもの。
「月の石」や「太陽の塔」などを撮った。
当時中学生で、父のモノだがよく借りたし、旅行や正月に家族でもよく撮った。
レンズシャッター式では当時としては高級なものだったと思う。
1回も故障せず。実家に現存。


②OLYMPUS OM-1

Om1
発売:1973年(OMシリーズの初代機)
シャッター:B・1~1/1000秒
露出計:TTL式Cds2個 解放測光中央重点測光
フィルム感度:ASA25~1600
大きさ:50mmF1.4付 136×83×86ミリ 740グラム

世界最小最軽量の35mm一眼レフ(当時)であった。
自分で購入した最初のカメラ。
レンズは、28mm・50mm・75~150mm。
当時、サイクリングに凝っており、小さくて軽いので購入。
ランドナー(今のクロスバイク)の前籠に入れて走り回っていた。
ユースホステルに泊まり、能登半島、津軽半島、知多半島を回ったり、会津磐梯スカイライン、八甲田山等の山岳道路や、八丈島などの船旅にも同行した。
ハードな使用にも故障はなく、弟に譲渡。


③Nikon FE

Fe
発売:1978年(昭和53年)4月
キャッチフレーズ:「シンプル・ニコン」
露出:マニュアル、絞り優先AE(電池消耗時の非常用シャッター(1/90秒のみ)を備える)
露出計:アナログ追針式
電源スイッチ:巻き上げレバー

突然Nikonが欲しくなり新宿の「ヨドバシカメラ」で購入。
絞り優先の名機。
レンズは、20mm・28mm・50mm・85mm・135mm・300mmと単焦点だけをこだわってそろえた。(レンズは弟に譲渡した300mm以外現存)
主に山行に使用。槍ヶ岳、穂高に同行。重かった~。
海外出張先の韓国の税関で帰国まで没収された事もある。
撮影枚数はこのカメラが最大で、ほとんどをポジフィルムにて撮影。
ハードな使用で、あちこちすり切れている。
私自身の中では一番想い出の詰まったカメラ。
自宅に現存。


④Nikon F-601

F601
発売:1990年
シャッター:電子制御縦走り金属幕
シャッター速度:B,30~1/2000
スピードライト同調 X接点:1/125sec
露出モード:プログラムAE(P,PM),シャッター速度優先AE,絞り優先AE,マニュアル
露出計:5分割マルチパターン測光,中央部重点測光,スポット測光
内蔵スピードライト:GN13

Nikon FEが調子が悪くなったため、新たに購入。
初めてのオートフォーカスであるが、Nikonのレンズの完全互換はありがたい。レンズは28~80mmのAFズームと今までのマニュアルフォーカスのもの。
子どもの入学式や運動会に活躍したが、この頃からビデオカメラも使用開始する。
しかし、コンパクトカメラの携帯性が優先され、下記のコンパクトカメラの方が使用頻度が高かった。
この頃はネガフィルムのみの使用。
現存し、外観は極上であるが裏蓋の爪がいつの間にか破損し、使用不能。


⑤HUJI DL-501

Gl501
発売:1990年10月
2焦点切り替カメラ(28mmF3.5と45mmF5.5)パノラマ付
今では珍しい2焦点切り替えは、ズームがあっても高倍率でない限り、両極端を使う場合が多いため実用充分と判断し購入。
子どもが小さい時は、外出するのも荷物が多く、ついコンパクトカメラを持っていく。
パノラマサイズは一時流行したがあまり使わなかった。
潮干狩りで海水につけてしまい、もう一度同じカメラを購入した。
1台目は下記のTZ-3の購入時に壊れていてもOKという下取りに出す。
2台目は現存。


⑥Casio Exilim S2

Exs2
発売:2002年 9月28日
サイズ:幅88×高さ55×奥行き11.3mm 
質量:88g
有効画素数:200万画素
撮像素子:1/1.8インチ
レンズの焦点距離:F3.2、f=7.5mm固定(35mm換算36mm相当)
絞り:F3.2
デジタルズーム:4倍
露出制御 測光方式:撮像素子によるマルチパターン測光
制御方式:プログラムAE、動画撮影可能
シャッター:CCD電子シャッター/メカシャッター併用 1/4~1/6400秒
モニター:1.6型TFTカラー液晶 8.5万画素
ファインダー:液晶モニター/光学式ファインダー

初めてのデジカメを「八千代ムセン」で36,000円で購入。
当時(今でも)画期的な最薄、最軽量で、200万画素でワイシャツのポケットに入れてもOK。
山行や家族旅行に大活躍で、特に軽量ゆえにマラソンに持参したりした。
自宅に現存。


⑦Panasonic Lumix TZ-3

Tz3
画素数:720万画素
形式:1/2.35型CCD
レンズ:焦点距離  28mm~280mm
F値:F3.3~F4.9
ズーム:光学10倍、デジタル4倍
シャッタースピード:8~1/2000 秒
撮影感度:ISO100~3200
最短撮影距離:50cm(標準)、5cm(マクロ)
液晶モニター:3インチ、23万画素、ファインダー無し
その他:手ブレ補正機構、連写撮影 3コマ/秒 バルブ撮影  
サイズ:幅x高さx奥行き 105x59.2x36.7 mm 重量 232 g

2台目のデジカメ。
2007年に28mmの広角とズーム倍率が気に入り、「キタムラ」で1GのSD付で29,000円で購入。
「きみまろズーム」と呼ばれ、当時としてはこの薄さで光学10倍ズームはあまりなかった。
光学28mm~280mm(デジタルを入れると最大60倍で、35mm換算で1680mmまで望遠が可能)動画もOK。
山行、ブログに活躍した。
昨年CCDが壊れて修理。「キタムラの5年保障」に入っていた為、12,000円の修理費用は無償。
現役で家内が使用中。


⑧Canon Powershot G10

G10
発売:2008年10月
有効画素数:約1,470万画素
撮像素子:1/1.7型CCD
ズーム:光学倍率 5.0倍、デジタル4.0倍
焦点距離:28-140mm
F値:F2.8-F8.0
その他:手ブレ補正 、マニュアルフォーカス可能、NDフィルター(減光3段分)付
ファインダー:実像式ズームファインダー
液晶モニター:3.0型TFTカラー液晶(約46.1万ドット)、視野率:100%
ISO感度:ISO80~3200
露出制御方式:プログラムAE、シャッタースピード優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出
シャッタースピード:15~1/4000秒
アクセサリーシュー:付
データタイプ:静止画 JPEG、RAW
大きさ:109.1×77.7×45.9mm
質量:約350g

Cannonのカメラは初めてであるが、マニアックな機能と外観に惚れて購入。
ずーっとデジタル一眼が欲しかったが、使用はアウトドアが大半であり、携帯性を重視し、コンパクトカメラの最高峰と言われているG10に決定。
現役であるし、デジイチ入手後もセカンドカメラとして、アウトドア時はファーストカメラとして活躍予定。


⑨Nikon D7000
  AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
  (今回購入)

D7000

1685

<本体>
ニコンDXフォーマット16.2メガピクセルCMOSセンサー使用。
防滴防塵のマグネシウム合金採用ボディーに、SDメモリーカードダブルスロット搭載。
約6コマ/秒の連写、39点AFシステム。
視野率約100%、約0.94倍の高倍率ファインダー。
フルハイビジョン(1920×1080)対応動画撮影機能搭載
液晶モニター:3.0型 約92万ドット
シャッタースピード:1/8000~30秒
ISO感度:100~6400(増感で最大ISO25600相当)
質量:約690g(本体のみ)
寸法:(WxHxD):約132×105×77mm
撮影可能枚数:1050枚

<レンズ>
広角側の画角が83°と広く本格的な広角撮影が楽しめる、約5.3倍の高倍率DXズームレンズ。シャープな描写力とダイナミックな画角変化が特徴。
手ブレ補正機構(VRⅡ)付。

世界中で一眼レフはやはりNikonかCannonと思っておりますが、私はNikon派です。
FE時代からのレンズの資産も使用可能です。
まあ、大事なのはツールではないので、写真がコンデジと変わらんなあ~と言われないようにしないと…。(言われると思います(^^;)

2011年8月11日 (木)

円高です

【2011年7月21日~22日】

久しぶりの韓国です。
相変わらず食事は美味しい…。

<街に自転車は少なく、車ばかりでしかも大きいのが多い>
Img_1343

<焼酎は甘い…>
ホテルでちょっと飲み直そうと購入しましたが、さすがに甘いのは…。
半分残しました…(^^;。
Img_1350

<結構最近まで漢字も使ってました…>
悲しい歴史の一端でもあります。
Img_1368

<今欲しいレンズ…>
免税店にてU$816。
このときのレートは78円/U$。
63,648円で、kakaku.comの最安値とほぼ同額です。
マジで買おうかと…。
Img_1382k

<大韓航空機だらけ…於仁川空港>
現在日本の外務省は7/18から1ヶ月間、職員に大韓航空機の利用を自粛するように指示しています。
ちょっぴり不安ながら、既にチケット発券後でしたので往復共利用しました。
Img_1398

中国は筆談も出来るし、店の看板も道路標識も何となくわかりますが、ハングルはまったくわかりませ~ん。
仁川のホテルで地図をいただいたところ、ハングルと中国語の併記で、日本語や英語の表記なし。ここにも中国の方が沢山来られているようです。

前に行ったのは15年程前なので、街は変わっているのは当然ですが、レートが0.08なので、1万円が125,000WONととにかく旅行者には大変ありがたい。
以前は0.3とか0.5だった記憶があります。
今だと、とてもお得ですよ~。

2011年8月 6日 (土)

太陽と緑の道(衝原-白川)

【2011年7月31日】

 

8月28日の「かっとび伊吹」に備えて、暑い中ジョギングばかりも面白くないので、前回7月10日に行った、白川-藍那の太陽と緑の道を距離を延長して丹生神社からMTBで行ってみました。

 

自宅→押部谷→(神出山田自転車道)→衝原湖→丹生会館→(太陽と緑の道)→藍那→国立明石海峡公園→(太陽と緑の道・徳川道)→白川→自宅

 

<丹上神社近く>
太陽と緑の道の入り口付近にて。
日本の原風景が残っています。
Img_1514

 

<南下して、長坂山への分岐点にて>
Img_1516

 

<藍那付近>
Img_1517

 

<前回もたずねた国立明石海峡公園>
淡路島の同名の公園と趣きが違います。
手前はグミの木ですが、実は終わっています。
Img_1519

 

<太陽と緑の道の南端、白川にて>
Img_1521

 

少しぬかるんでいましたが、木陰が多く手軽で楽しいコースでした。
でもマラソンの練習にはならんなぁ~~~。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »