リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。
  • 山とカヌーの休日
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽もたしなむ多才な方です。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 風に吹かれ 私の思いつくままの日々
    いろはにこんぺいとうさんは、音楽や気軽な日々の出来事をつづられています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がん情報発信サイト。 日本の前立腺がんに関して最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、また新たにサイクリングや写真も始められました。

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 梅雨明けの「太陽と緑の道」 | トップページ | 「鬼やらいの道」byMTB »

快晴の空木岳

【2011年7月17日・2,864m・長野県駒ヶ根市】

好天の三連休初日、17年ぶりの中央アルプスは快晴で360度の展望が開けていました。

<駒峰ヒュッテから御岳(左)、乗鞍(右奥)を望む>
ヒュッテ内の寒暖計は17℃でした。木陰でビールに最高の気温です。
Img_1101

Img_1013

Img_1022

<池山小屋分岐の水場>
Img_1025

Img_1028

<大地獄付近>
Img_1042

<ナナカマドと宝剣岳>
Img_1047

<南アルプスのほぼ全景>
Img_1054

Img_1067

<ゴゼンタチバナ>
Img_1081

<ナナカマドと空木岳頂上付近>
Img_1085

<駒峰ヒュッテから宝剣岳>
赤い屋根は檜尾避難小屋
Img_1088

<シナノキンバイ>
Img_1097

<空木岳頂上より御岳>
Img_1107

<イワツメクサ>
Img_1140

<登山口に咲くホタルフクロ>
Img_1150

池山尾根登山口5:30→池山小屋分岐水場6:55→駒石10:20-10:50→駒峰ヒュッテ10:45→空木岳11:00-11:25
→駒峰ヒュッテ12:00(昼食)12:15→池山尾根登山口16:25

17年前は単独でに木曽駒から越百山までの縦走しましたが、今回は5人パーティーです。
好天に恵まれましたが、花は思ったより少なかったです。

17年前も天気が良く、その分水がなく縦走時に小屋でも泊まり客以外には水を分けてくれませんでした。
そのために縦走の継続を諦める人もいました。
縦走を続けるために空木岳から空木避難小屋のさらに15分下の合計1時間以上下り、やっと見つけた水場は1リットルを汲むのに30分かかったのを覚えています。

頂上直下の駒峰ヒュッテは相変わらずキレイでした。無人なのはもったいなく感じます。(利用は有料です)

夜はなぜか岐阜県の平湯温泉「ひらゆの森」の露天風呂へ。
ここは源泉64℃、湯量が豊富で天然温泉を100%掛け流し。
大好きなイオウ臭のするホンマモンの温泉です。(でもちょっと人が多い)。
お風呂上がりは歩いてすぐの平湯キャンプ場へ。
しゃぶしゃぶは、涼風の中で疲れた筋肉にタンパクを補充できとても美味でした。

往復で約11時間ののんびりピストンでしたが、とにかく最高の天気、展望、温泉、宴会に大満足の1日でした~。

« 梅雨明けの「太陽と緑の道」 | トップページ | 「鬼やらいの道」byMTB »

山(⑫中央アルプス)」カテゴリの記事

コメント

 ちゅたさん 
濃紺の空、素晴らしいです。いいタイミングで登られましたね。貴兄に遠慮していたのでしょう、
台風は。以前登られたのは17年もなりますか?つい先だってのように思いますが、あの時も水場まで随分歩いたとの記録を思い出します。
御岳、乗鞍岳、北アルプスからか見ていません。東方向からの写真、くっきり浮いていますね。
5人の仲間は、若いですか?
                 まもる

ちゅた 様
こんばんは、宝剣岳は去年の同じ時期に千畳敷カールから近くまで行きました。コマウスユキソウの美しい姿に感動しました。

空木岳山頂におられたちょうど同じ時刻に、私は遥か東北の方角に約180kmにある尾瀬の至仏山の頂上に到達していました。夏山は花が登山道を彩り楽しい季節ですね。ロングドライブと過酷な登山の末に訪れることが出来る天空の異次元です。

まもるさん、ありがとうございます。

この三連休は前2日を山で過ごすことができ、とにかく最高の天気で、3日目は雨で自宅でのんびりと休養できました。
これだけ天気がよくて展望が開けていると写真を撮るのがとても楽しいですね。
動画も含めて300枚以上撮りました。
久しぶりの大ヒットの山行でした~。

ころぼっくるさん、ありがとうございます。

当初は鳥海山、月山の予定でしたが、片道1,000kmと遠いので予定変更しました。
とにかく梅雨明け10日間を思わせるような天気が最高でしたね~。

尾瀬はお一人で出かけられましたか?ドライブが少し辛いですがそれを吹き飛ばす山との出逢いがありましたね~。
尾瀬の写真、楽しみにしています。

ちゅたさん、おはようございます&お久しぶりです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

私はいまだ中央アルプスの山々を訪れたことがないのですが、空木岳はぜひいってみたいと思っている山です。
「うつぎだけ」という名前の響きもどことなく王朝風で素敵ですよね。
南アルプスの間ノ岳や赤石岳の山頂などからは伊那谷を隔てた向こうに中央アルプスの山塊群がよく望めましたが、空木岳からだとそれとちょうど反対に南アルプスの全景が眺められるのですね~。
写真からもこの日の澄んだ空気感と、そこから見える素晴らしい景色のようすが伝わってきます。
う~ん、ますます行ってみたくなってしまいました♪(笑)

Nwemanさん、ありがとうございます。

お久しぶりです。
中央アルプスは名前のごとく(?)、展望が南アルプス、御岳、乗鞍、白山、八ヶ岳、そして北アルプスと全部見えます。
特に今回は午後になっても快晴で澄んだ青空でしたので、上記全部が見えました。
駒ヶ岳ロープ-ウェイ周辺以外は、人も少なく静かで楽しい山と思います。ぜひいらして下さい~。

ちゅたさん、こんにちは。

連休の中央アルプス、お疲れさまでした。台風が接近していましたので、タイミング良く登られたようで、良かったですね。天気が本当に良くて、素晴らしい光景です。

団体行動の登山は、ペースが難しいように感じますが、仲間と一緒に登るのは独りより心強いような気もしますし、どちらがいいんでしょうか。本来、高山は単独登山は避けた方が、無難なのかも知れませんが。今年の夏こそは、アルプスかとも考えていましたが、諸般の事情により、少々延期のようです。初挑戦の折には、ぜひご教授下さい。それまではもう少し、ちゅたさんのブログで想いを馳せておきますf^_^;)

いそしずさん、ありがとうございます。

三連休は前2日を山行に、最終日は帰宅して雨模様でゆっくり休めて、タイミングが良かったです。

私は基本的にはアルプスでも単独行です。じっくり写真撮影をやりたいときなどはメンバーに迷惑をかけてしまいますし…。
やはり安全面ではグループが望ましいですよね。往復の運転、荷物の分担、交通費などもグループが有利です。
まあ、行きたいときに行きたいもの同志が行くのが一番ですよね~。
またご一緒できる日を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 快晴の空木岳:

« 梅雨明けの「太陽と緑の道」 | トップページ | 「鬼やらいの道」byMTB »