リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 春のポタリングⅢ | トップページ | 台風2号 »

2011年5月22日 (日)

収穫間近のアーティチョーク

【2011年5月22日】

我が家の畑のシンボルとなっているアーティチョーク」→Photo
種から育てて、寒さと移植に耐えた苦節1年、なんとか収穫間近です。
まあ食べるよりも、成長を楽しんでいる感じですが…。

<以下ウィキペディアの抜粋+自身のコメントです>
まず、放屁の回数と臭いを抑える効果があるとされています(爆)。
   ↓
ジェシカ・シンプソンのお話を参照下さい。なかなか実用的な有効成分が入っているようです。。。)

キク科チョウセンアザミ属の多年草で、和名をチョウセンアザミといいます。
若いつぼみを食用とし、地中海沿岸原産で、高さは1.5-2m、つぼみの直径は8-15cmになります。

食用とするには、まずつぼみをレモンなどと共に茹でるか、蒸します。
食べ方は歯でしごく。でんぷんに富んでおり、食感は百合根かイモに似ているそうです。

ヨーロッパやアメリカでは広く食用とされておりますが、日本では栽培条件が合わないこともあって野菜としてはあまり普及していないそうです。
イタリア料理では、カルチョーフィと呼ばれ一般的な野菜として前菜などに使用されています。
ベトナムでは乾燥させてお茶のように飲む…。
…とのこと。

<本日のアーティチョーク>
Img_0671

<ツボミの拡大>
Img_0672_2

花もキレイそうです。
「有効成分」と共に、楽しみ楽しみ~。

« 春のポタリングⅢ | トップページ | 台風2号 »

コメント

おはようございます。コメントありがとうございます。少し料理にも目覚めています。食べてみたい衝動に駆られます。昨日は富士山からの帰りで早々に就寝していました。それでは又お伺いします。

ロボタンさん、ありがとうございます。

この時期に富士山に登られたとのこと、羨ましいです。
凍結はないのでしょうか。でも人が少なくて楽しそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 収穫間近のアーティチョーク:

« 春のポタリングⅢ | トップページ | 台風2号 »