リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 余部鉄橋の展望台「九斗山」 | トップページ | 三成山と天測点 »

2010年7月20日 (火)

さようなら余部鉄橋

兵庫県美方郡香美町香住区余部・10年7月18日】

<橋脚。よく見ると98年間、鉄を塗装で保護してきた質感が…>
Img_7497

<慰霊碑>
1986年12月28日の吹雪の日、列車が落下し 6名の方がなくなった。Img_7471

<海もとても綺麗です>
Img_7488

Img_7477

<このあたり大好きな山椒をたくさん作っておられます>
Img_7491

Img_7498

<もうすぐペアでなくなります>
Img_7499

<鉄橋は先日7月16日に98年間の歴史を閉じました>
Img_7492

Img_7469

1912年(明治45)年に開通。
鉄橋の高さは41m、長さ310m。
当時は「東洋一の規模」とも言われたそうです。
観光客(鉄ちゃん含む)と工事の人が半々くらいでごった返している余部鉄橋の近況でした~。

« 余部鉄橋の展望台「九斗山」 | トップページ | 三成山と天測点 »

コメント

ちゅたさん、こんばんは。

餘部鉄橋も最後になりましたね。鉄道の文化財として残しておいて欲しい気がしますが、保存は一部だけのようですね。20年ほど前に通過したのが最初になります。以来、何度か足を運んで見に行きました。智頭急行が開通して、しばらくした時には、姫路→智頭急行経由→鳥取→城崎経由→姫路という一周旅をしています。

あの事故以来、風速による制限が厳しくなり、それが運休の増加を招いて、結局は新しい橋への架け替えにつながったと思うと、少しさびしい気もします。山陰本線という名称も今は名ばかりで、この辺りは本当にローカルな路線になってしまいましたね。新しい橋が建設されるだけでも、すごいと言わなくてはならないでしょうか。景観は良いのですから、城崎-鳥取の路線が便利になって欲しいです。

いそしずさん、ありがとうございます。

鉄橋の一部のみ保存されるようですね。
鉄材はアメリカ製のようですが、間近で見ると海辺故か分厚い塗装からも98年という歴史を感じました。
列車が来るのを待っていたのですが、1時間以上待ちだったので諦めました。
地元の方にとっては、鉄道も不便ですが道路も不便で、神戸から3時間以上もかかってしまいます。
高速道路なら名古屋くらいまでも行けそうです。
海や山の資源もたっぷりなので、もう少し便利になるといいですよね~。

ちゅたさん、こんばんは。

餘部鉄橋、ついになくなってしまうのですか?
周囲の景観とも合ってなかなかいい感じなんですけれどもね~。
馴染みの薄い私でさえそう感じてしまうんですから、
昔からこの橋に馴染みのある方や地元の方々、それに鉄ちゃんにとっては
たまらない気持ちがしているのでしょうね...。

写真を拝見していて、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー 3』の
最後の鉄橋をなぜか思い出してしまいました。
鉄材はやっぱりアメリカ製なんですね。

鉄橋と較べると新しいコンクリートの橋はいかにも味気ないです...。
安全であるに越したことはないのでしょうけれど、
長い歴史を刻んだものが消えてしまうのはやっぱりどことなく寂しいものですね。

Newmanさん、ありがとうございます。

1986年の悲しい事故を超越して最後のお別れに「…ありがとう餘部鉄橋」ってあるのは、やはり地元に根付いたものなんでしょうね。
密集した家屋の真上に鉄橋があるのは、当たり前で景色にも気持ちにも溶け込んでいる感じで、間近で見るととても大きく、太く、存在感もあるものでした~。

ご無沙汰してます。

あまるべ、行かれたんですね~。私は最終日(会社サボって!?)に見送りに行ってきました。鉄ちゃんの間では、新橋梁が姿を見せた時点で魅力がなくなったという方も少なくないんですが、いくら並んで立っていても余部鉄橋は壮大ですよ。欲をいえば、後2年、使って欲しかったかなぁと思います。

まさくんさん、ありがとうございます。

あの鉄のかたまりは見応えがあります。
海辺のせいか塗装も分厚くて、丁寧に塗り重ねているように感じました。
この4月には、18切符で浜坂まで日帰りしました。当然あまるべもとおって。
でももう二度と乗れないんですね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さようなら余部鉄橋:

« 余部鉄橋の展望台「九斗山」 | トップページ | 三成山と天測点 »