リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 初収穫と失敗 | トップページ | 一円電車 »

2010年7月11日 (日)

御祓山とみづめ桜

【兵庫県養父市大屋町・標高773m・2010年7月10日】

 

久しぶりにふるさと兵庫100山に行ってきました。
山名は「御祓山」…『みはらいさん』と読みます。

この時期、山ヒルがいるのと、暑いです~。
ベストの時期は、みづめ桜とコバノミミツバツツジの咲く4月中旬~下旬がよいと思います。
とくにツツジ回廊も整備してあり、ピンク色が一面に咲くとのことです。

 

いろんな虫に会いました。
<ワラビの葉っぱにいたコガネムシ>
…だと思います。
Img_7332

 

<変わった色のカメムシ?>
Img_7280

 

<山ヒル>
この季節に多いと聞きましたが、やはりいました。
知らないうちにお腹のあたりを這っていました。服の上からなので血は吸われていませんが、木の枝から下を通る人をめがけて落ちてくると言います。タイミングをつかむのがとてもうまいようです。
Img_7293

 

<30cm位の巨大ミミズ>
なぜか体の色がブルーでした。
Img_7237

 


綺麗な植物もたくさんあります。
<コース上の草>
名前は知りませんが、踏んでいくのがもったいない感じでした。
Img_7324

<ワラビのシダ>
Img_7239

 

<でかいキノコ>
Img_7246

 

<鬼グルミ>
中に少しだけある実は美味しい。
実を集めて木綿で包み、白木を磨くと油で艶が出る。
その時期はまだです。
Img_7249

 

<秋には美味しく食べられる>
名前は知りません。
Img_7273

 

<みづめ桜>
開花は4月中旬~下旬であるが、咲かない年もあるそうです。
Img_7257

 

<幹のまわりは5mで樹齢600年>
桜の種類は「エドヒガン」で、長寿の種類とのこと。
Img_7259

 

<山頂>
今回は山登りが目的なので(^^)、一応山頂の写真も…。
Img_7286

 

田野駐車場11:00→東屋→ツツジ回廊→見晴台→みづめ桜11:55→御祓山12:30(昼食)13:55→往路と同じ→田野駐車場15:10

 

今週は、南アルプス塩見岳の強行日帰り山行を予定を急遽変更。
ここはやっぱり春がいいですが、誰にも会わずのんびりと楽しめました~。

« 初収穫と失敗 | トップページ | 一円電車 »

コメント

ちゅた様
こんばんは、塩見岳は残念でしたね、行かれたものと思っていました。暑い中御苦労さまです。森の緑が鮮やかです、燕岳の木々もきれいな新緑が爽やかでした。

ちゅたさん、こんばんは。

「御祓山」という名はなんとも意味あり気ですが、なにか山岳信仰など宗教的な由来があるのでしょうか?
その名にふさわしく、さまざまな“いきものたち”が棲む面白そうな道のりでしたね。
暑いのはちょっと...ですが、誰にも会うことなくのんびり楽しめたのはなによりでしたね♪

みづめ桜というのは初めて聞きましたが、樹齢600年で幹周り5メートルといったら相当なものですね!
長生きで名木の多い江戸彼岸とのことですが、花が咲くと一体どんな感じになるのでしょう?
それと山道の途中にあるようですが、やっぱり花の時季には多くの人で賑わうのでしょうね~。

ころぼっくるさん、ありがとうございます。

先週末のアルプスは、予報より天気がよかったようですね。
燕もお天気がよくて何よりです。
御祓山は、暑かったですが頂上での木陰のランチは、涼しかったです。
(1時間半近くもボーッと一人で頂上にいました)
いろんな昆虫にも会えたし、久しぶりの山で楽しかったです。

Newmanさん、ありがとうございます。

山の写真やガイドが全くなくて申し訳ありません(^^ゞ。
山名は気になっていましたが、そのいわれはガイドにも、現地にもありませんでした。
桜は大きさや種類が珍しく、町の天然記念物ですが、「咲かない年もある」というのも珍しいのかもしれません。
桜は山頂まで8割くらい登ったところにありますが、その途中にツツジ回廊があり、春は賑わうようです。
動物では鹿に会いましたが、人には会わず(笑)、の~んびりと過ごせてよかったです。

ちゅたさん、こんばんは。

暑くなる季節の中での登山、お疲れさまでした。昆虫図鑑かと思えるような出だしで、山に住む昆虫たちの特集でもできそうな観察ぶりですね。すごいです。

私に山を教えてくれた人は、とても山の昆虫に熱心な方でしたので、こういう記事を見ると感銘を受けます。しかし、山ヒルは気持ち悪いですね。人を察知して落ちてくるとは、とんでもない奴です。。。

そういった写真の後だけに、みづめ桜には和みました~^^

ちゅたさん、おはようございます。
御祓山お疲れ様でした。
昆虫・植物の『どアップ写真』迫力あります。
特に青いミミズは・・・夢に出そうです・・・。
 
『山ヒル』は人めがけて落ちてくるのですか?
居そうなところでは休憩しないようにしてもだめですね。
私の山で会いたくないものは、熊とヒルです。

いそしずさん、ありがとうございます。

昆虫にしても植物も名前を知っていればちゃんとご紹介できるのですが、ただ写真を撮ってきただけなんで申し訳ないです~。
でも山にいくと兵庫県にも結構変わった動植物にあったりします。
非日常的な出会いも面白くて癒されるところがあって、楽しんでいます~。

jion-beeさん、ありがとうございます。

ミミズは大変ご迷惑をおかけしました。
掲載を迷ったのですが、人生で見たミミズの中で最大だったんでつい載せてしましました~。
山ヒルは、人の検知、人の歩く速度、目標物までの高さ、風の方向・強さ(?笑)などを計算して、とてもうまく人に乗っかるそうです。
一度吸い付かれると大変なようで、この時期は要注意です。
熊に比べれば命の危険はないですよね。でもjion-beeさんなら熊に会っても走って逃げられるので楽勝ですね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御祓山とみづめ桜:

« 初収穫と失敗 | トップページ | 一円電車 »